最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 人間は眠るときに何を考えているのか? | トップページ | スフィンクスは何を見たのか~美智子さま »

2016年2月12日 (金)

部落民対策(研究中)

部落というのは、織田信長が滅ぼした連中で、とにかく下水が引けないんだよ。
一度、鉄道から無視されると、家は暴力の温床になるし、子供の教育水準も低い。
家族単位で生活して、おばあさんが家を支配する。
それを「難しい問題」と中曽根康弘元首相から聞いたことがあるが、
ロシアをちょっと研究してみないと分からないんだ。
まず、子供がグスったら「眠るときの心臓のドキドキと汗が恐い」ことを正確に伝える。
その時に、ハートビートのリズムにあわせた音楽などを有効に使う。
渡辺満里奈のa piece of cake というアルバムなど。
おねしょが止まらないのは言葉を覚えないからだし、
年子の下の子が毛深いのも、上の子の泣き声が理由だ。

« 人間は眠るときに何を考えているのか? | トップページ | スフィンクスは何を見たのか~美智子さま »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部落民対策(研究中):

« 人間は眠るときに何を考えているのか? | トップページ | スフィンクスは何を見たのか~美智子さま »