最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 長屋王の変 | トップページ | 株をもつ理由 »

2016年2月25日 (木)

天皇陛下の医学

自閉症というのは、autismと表記するが、英語の医学書では、外国人女とは危険なものである、という思想に基づく。
あくまでも「イズム」であり、日本国に閉じこもる病気である。
「外国女とのセックスの回数と、おっぱいの細胞」から影響を受けるものだ。
孤独を嫌い、自慰を嫌う。
治療法は、6人のテレビの美女をみて自慰をすることだが、体が敏感でセックスが好きで、23人の子供ができる。
どういうわけか天皇陛下はペニスを欠損しているようだ。
お母さんが外国人男とやったとして、お母さんが嫌いになることでも女の子は治る。
サイトカインが有効だ。

小野光太郎も、父がブルジョアで、1960年代の新宿とどのように関わったかが問われる。
16歳の時に、アメリカに放り出され、親からの自立を覚えた。
このときに、アメリカで英単語という友達を作り始めた。
REBECCA - CHEAP HIPPIES

マスターベーションへの耐性がなく、孤独への耐性もない。
REBECCA (レベッカ) "WHEN A WOMAN LOVES A MAN" at 日本…

のどが腫れたら、抗原の探求をする。
A型(キス)
B型(おっぱい)
O型(おちんちん)
AB型(キスとおっぱい)
などは、のどが腫れたときの治療法だ。

« 長屋王の変 | トップページ | 株をもつ理由 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下の医学:

« 長屋王の変 | トップページ | 株をもつ理由 »