最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 神社に迫る体制選択 | トップページ | 長屋王の変 »

2016年2月22日 (月)

プロレスのキャラの探求

ペラギウスという人は、ガタイのいい男の魂と肉体を高く評価し、彼らの孤独を深く理解していた人物だ。 
生まれつきガタイのいい男はいない。
彼らは自分なりに「神」だと思っているんだ。

「大人の権威のなかに見える驚き」に人々は笑う。

野豚チョップ「すべての利害関係を書き替える力をもった政権交代、しかしお前はなにもしてくれなかった」

中曽根老人「福田赳夫も俺も勃起するけど俺は論文読まなかったから第4派閥」
「Are you stud? Are you stud?」

プリンス安倍「論文で女の研究をしたから、中曽根老人よりも強かったし、金集めもうまかった。福田派のプリンスはモテモテ。しかし、中曽根老人の地位を脅かし、老人の目を泳がせる。息子を虐待し、息子は両刀遣いになっている」

小沢幹事長「金に困らなかったから、浪花節を歌っていても勃起する。勃起する男社会に禅譲はない」

ロックンローラー三木「男のボーカルを聞き、しかし、金集めに苦労した。そのため、勃起しなかった。河本敏夫に、あんた、同じ目をしてんな。という。第五派閥」

竹下さんとこのお坊っちゃん「お婆さんが若い女の子に嫉妬しないのに、なんで老人は若者の仕事を邪魔するんだろう。と言って、自由の女神まで道路を作る。二つの選択肢があるごとに年寄りが邪魔してくることを悟った人。講演会収入が資金源」

金拳固「結婚の敵は男の一度きりの過ち(セックス)だと知って、秘密を握る女。情報をオンエアするだけで男が崩壊する」

ワシントン・ジョージ「いつ、誰が、何を、どのように、取るかが政治だと考え、簡単に猪木の首をとろうとしたものは味方ですらぶちのめす」

ロッキード田中「学歴がなくても、常に最高の先生を選んで勉強した暗い男。カーニバルで踊る男を狩り続ける」

« 神社に迫る体制選択 | トップページ | 長屋王の変 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロレスのキャラの探求:

« 神社に迫る体制選択 | トップページ | 長屋王の変 »