最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« スフィンクスは何を見たのか~美智子さま | トップページ | セシルの海岸物語~三浦海岸 »

2016年2月16日 (火)

聖母マリア学~偶像崇拝の現実

クラスの目立たない女。
孤立したイケメンの標的になる。
本当はグラウンドのあの人が理想だった。
見つめていたかったのは世界の広い人。
目立たない男が本当はイエスだと知らなかった。
30代後半になって、世界を広げた目立たない男にすべてを話した。
私はソープで営業をしていました。
水野あおい 見つめていたい

水野あおいは、真面目な子で、横浜学園を卒業したあとに、家の家業のペンキ屋を手伝って統合失調症になっている。
男が「あの子と結婚しているんだ」と言っただけでしりもちをついてしまった。
結婚というものが彼女にとって神聖なものだったのだろう。
ソープ嬢の現実も彼女から聞いた。
名刺をもらって顧客を確保し、ウィスキーもタバコも自腹で用意したといっていた。
電話しては営業活動してきたそうだ。
「女の社会はドロドロしているよ?」
と男に語り、男はのちにレディチャペルという研究をした。

なぜ、このようなアイドル(偶像)が生まれたかというと、
詩篇に「王は美を愛した」とあることに由来する。

詩篇【45:11】王はあなたの美を望んだ。

王とはどの家もお父さんだ。その人に顔の美しさを誉めてもらえなかっただけでトラウマになって人混みで泡を吹いて失神してしまうのだ。

春はなんでショックを受ける季節なんでしょうね。
言葉も覚えないうちに春が来るととにかくショックなの。 
女の子の気持ちってそういうものなのよ。
水野あおい 「春の輝き」

今になって、鉄パイプで殴られて言葉を失った男に寄り添って力を与えようとしているが、有名になった男への「幼い恋」もしている。
鉄パイプで殴られた男とは関係を持っていないようだ。
しかし、幼い恋をした相手は有名だし、エネルギーを与えることができる鉄パイプ男にも種があることを知っていた。
鉄パイプ男からもらったシルバーリング(婚約指輪)を男に見せびらかせている。
「優しくしかってよ」
水野あおい 『恋のはじまり』

アゴの震えを必死でこらえるあおいさん。
ペンキが原因だ。
本人もその原因を知らずに原因不明の病を隠して芸能界を去った。
言動がおかしいと周囲が言って、戦力外とされたのだ。
水野あおい 引退直前インタビュー

織田信長がプロテスタントの影響を受けて、細川ガラシャをアイドルにしたのは目に見えている。
ハイカラな名前でそれを感じて欲しい。
しかし、自分の家の王様は光秀であり、そのマリア崇拝の現実を目の当たりにした光秀の怒りは大きかった。
敵は本能寺にあった。
「あの問題か・・・是非に及ばず」
力士として横綱になった秀吉は、光秀を討った。
秀吉も当然、「なにが問題か?」を理解していなければ光秀は討てない。
光秀は全国の大名をまとめあげるエネルギーをもつに至ったと思ったのだろう。
信長の言っていることのすべては良くわからなかったけど、秀吉はキリスト教を禁止したのだ。 

生まれたからには私のことを知ってくださいというのは罪なのだろうか。

【小野光太郎解説】私が想定しているアマテラスとは、女性(セカンドオーダー)の総称であり、アイドルであるマリアより広い概念である。
神はアマテラスに似せて女を作った。だから彼女のために泣けるのだ。

【お詫び】今回の研究は私の独自の取材をもとにして書いたものですが、NHKの調査によると、この人物は、かつてアイドルオンステージでレギュラーだった大村真由美さんだという指摘がありました。
NHK の協力に感謝すると同時に、私個人の力の限界も痛感しております。今回は水野あおいさんにお詫びをすると当時に、しかし、聖母マリア学とは何かを知っていただくために、この記事は残しておこうと思っています。
★・大村真有美・夢みるシャンソン人形

大村真由美説に立脚すると、NHKのイチオシになった子役でも生活保護を余儀なくされることがあることは知っておいてよい。

国策伝達メカニズムの探求として広まった住基ネットも、元アイドルに恐れられているのを私は確認している。
居場所がNHKによって簡単に突き止められてしまうのだ。

オールナイトのサウナ以外に、日本の犯罪者が隠れることができる場所はないことも知らないといけない。

今回の研究の経緯は、病院で女性の境遇を聞いているうちに、たとえば、加護亜依さんと似ているな、ribbon の佐藤愛子さんと似ているな、などといったことから、いろいろと元アイドルの行き着く場所の探求を始めたことにある。
カトリックが偶像崇拝を禁止していることや、それに対して、カルヴァン派、ツヴィングリ派が、カルト的人気を誇ったことの意味を知ったのだ。
なぜ、ひどい目に遭っている女を崇拝するのだろう?
それは、カトリックが一番知っていたのに、男たちのニーズに圧倒されたのがカトリックだった。
でも、本物の女性を愛しなさいよと、カトリックはその立場を堅持している。


その2

「デカい女」
デカい女がいた。
頭の位置が高く、これがトラウマとなった。
これだけで臭いが分からなくなり、ステロイド剤が必要となる。
さらに、出産してしまうと足の神経痛になる。
こんな「男」と称する女を見た。
ヘッドトラウマと呼ぶ。
飯田圭織は、矢口真里へのヘッドトラウマにより、出産したあとに男になっている。

石川梨華は、横須賀で早い時期にアメリカ軍のロッドを経験した。
それが彼女を有名希望にしている。
他の日本人とのセックスにはもはや何も感じなかった。
一番強いキャラだった。
加護亜依は、そんな石川梨華が好きだった。
何かを教えてくれる気がしたのだろう。
タンポポ 恋をしちゃいました!

稲森いずみは、未婚の出産によって、淋病になり、子宮をとっている。
淋病になると、有名人の男をじっと見つめていたくなるのだ。
この事から、彼女はモデルとなっている。
未婚の母から芸能界入りという事例を彼女から学んだ。
彼女の娘は、母とライバルであるが、稲森いずみはこれを否定し、自分の方が勝っていると思っている。
娘は体重が39キロとなり、統合失調症となった。

« スフィンクスは何を見たのか~美智子さま | トップページ | セシルの海岸物語~三浦海岸 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖母マリア学~偶像崇拝の現実:

« スフィンクスは何を見たのか~美智子さま | トップページ | セシルの海岸物語~三浦海岸 »