最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« プロレスのキャラの探求 | トップページ | 天皇陛下の医学 »

2016年2月23日 (火)

長屋王の変

元明天皇の子供、文武天皇、元正天皇、吉備内親王の三兄弟がおり、吉備内親王の婿になったのが長屋王だ。
文武天皇には、聖武天皇という息子がいたため、文武の妻・宮子の弟、武智麿呂、房前、宇合、麿呂の四兄弟が、政界の重鎮となった長屋王の屋敷を取り囲み、自刃させた。
藤原氏の起源だ。
藤原氏には「サルメ」と呼ばれるダンサーがいた。


このような、夢のある世界が皇室であるとするのならば、それは誤解である。
雅子さまは、出産のあとに、頭の位置が高いことによるトラウマから男になっているし、皇太子は、昭和天皇に「遊びすぎ」を戒められて、お小遣いをもらえずにEDになっている。
秋篠宮は、世論の長男殺しのムーブメントに支えられたが、外国の血が入ったために目の位置がずれるほどの忍耐を強いられた。
紀子さまはB型肝炎となっている。
秋篠宮は、現在、沖縄にいるようだ。
私、小野光太郎も、「キャラの固定」を求められたが、それは、「どのようなキャラを称賛されたイエスとするか?」という問いかけであり、宮内庁書陵部所属の「サラリーマン」とすることが穏当であろう。
皇族とて、日常においては社会生活を営んでいるのである。

まあ、人間が酸欠状態になったり、マリファナをやったりすると、苦しくて、苦の世界から苦の世界へ、という負のスパイラルを描いてしまう。
この瞬間、構造が変われば世界が変わるという発想を取り、
6番目の遺伝子と22番目の遺伝子を理由とした「世界の構造が苦の世界から楽の世界へと書き換えられることを忘れる」ことに由来すると考えてみた。
頭がボーッとして眠れなくなるのだ。

幾何学は、キスの研究。
代数学は、射精の研究。

算数はヤラセの研究であり、数学はヤラセから生まれ、ヤラセの世界を証明してきた。

xとは、子供であり、
yとは、他人である。

xの勢いが2に入ると、yの勢い2がそれを減らす。

x+y
1+2=2+1 3+7=7+3
さて、1対2をどう2対1にし、そこから3対7を7対3にするかが射精の研究だ。

一人の子供が勢いが2になれば、4人分の力をもつ。
y =一人の子供の勢いが2になり、3人がいれば他人だということだ。

数学は、量を問題にできるが、哲学は、このようにアルファベットに意味を持たせて、質も問題にできる。
予測が可能であるということもあるし、論理学にしてしまうことも可能である。
ANAK(息子)杉田二郎
サクリファイスは、家庭をダメにし、パターナリズムは、家庭に力を与える。
日本国と戦うことをアイデンティティとしている連中が、皇室にサクリファイスをもたらした。
日本海側の伝説である拉致問題、抗日戦争、アジアの虎などと言って、日本国の皇室を潰そうとした。
小野光太郎の、パターナリズムだけが生命線となった。
特別永住者は、日本国への反逆行為をやったら朝鮮語ができなくても強制送還となる。
地震へのトラウマをもっている連中である。
警察が朝鮮人に対してマナーが悪いというだけで政治活動をしてしまうのだから困ったものである。

« プロレスのキャラの探求 | トップページ | 天皇陛下の医学 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長屋王の変:

« プロレスのキャラの探求 | トップページ | 天皇陛下の医学 »