最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 源氏物語のあらすじ | トップページ | 運命論~天皇明仁の研究 »

2016年1月19日 (火)

人工透析~本当の意味

腎臓が悪くなると透析を受けるのではない。
私は、個人的には「サリンヘス」という点滴薬が腎臓に効くと思っている。
水を飲み過ぎて便秘になったり、市販の飲み物を飲んでうつ病になるのならばサリンヘスがいい。
しかし、透析というものはアメリカでも行われているではないか。
薬をオーバードース(過剰摂取)した場合に、日本では胃洗浄をして、食事を食べさせないという対応をとっているが、これは、透析にまわしてしまえばいい。
あと、薬を80~120mg以上摂取する人は腎臓が対応できないので透析にまわす。
さらに、臓器移植を受けた人も、透析にまわせば可能性が広がるだろう。

« 源氏物語のあらすじ | トップページ | 運命論~天皇明仁の研究 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人工透析~本当の意味:

« 源氏物語のあらすじ | トップページ | 運命論~天皇明仁の研究 »