最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 人工透析~本当の意味 | トップページ | 小説~男の言葉のランキング »

2016年1月19日 (火)

運命論~天皇明仁の研究

避けられないことから目を背けるという思想だ。
実際には出来ることしかできないからだ。
どんな言葉を発すればいいのか?悩んでしまう。
何が生産的な議論なのか?も悩んでしまう。
それは神がいて、私が神だからだ。
1900年に、「2100年1月1日に海戦が起きるだろう」と誰かがいうと、そんなはずはないと次の人はいう。
その必然性とは何か?
その解決法とは何か?
考えているのだ。
「本当かどうかわからない」
というバランスが存在する。

病気をテーマにすればわかる。
治るか治らないか分からないんだよ。
アイドルは「お医者さま」なんだ。

高等学校の学生さんが、雨の中、お茶屋に立ち寄る。
踊り子との出会いだった。
踊り子は、そっと灰皿を差し出す。
お茶屋の婆さんが「おやまあ、学生さんお濡れになっているではございませんか。火の気がございます。奥にいらっしゃいましよ」
「じいさんですが、方々から処方を取り寄せてもどうにもこうにも。お見苦しいでしょうが」
学生さん「あの方たちは今夜どこに止まるんでしょう」
「あんなもの、どこに泊まるやら。客があればあり次第、どこにだって泊まるでございますよ」
「お婆さん。お爺さんが待っているから帰ってあげてください」
「五〇銭もいただきまして、お顔は覚えておきます。お粗末さまで御座いました」
「伊豆の踊り子」吉永小百合

光太郎は2004年に天皇と直接コミュニケーションをした。
司法試験の問題の発信源は法学教室であるということをつかんでいた33歳の時だったが、天皇にMBOをしかけた。
「株主にとって魅力を失った会社でも経営者にとってはそうではない」
「経営者しか打開策を知らない」
時に、経営者が、株を全部買い取ってしまうのだ。
世の中にはそのような局面が多いことを知らなければならない。

1999年にノストラダムスの大予言というのがあった。
合意するものもいたし、否定するものもいた。
「どちらかが間違う」ということには違いないが、この議論に中間層はどんどんどちらかの側に巻き込まれていった。

「インターネット」「NIFTYサーブ」「ホリフィールド対ルイス戦」で、ネットがテレビをコントロールできることを証明したのが横浜の小野光太郎だった。

二者択一。これを天皇に迫れば、議論の必要性抜きに、天皇は悩む。
日本国の伝説「拉致問題」で、本当に殺害された人がいたことを日本のすべてのメディアが流したときに安倍晋三がスターになった。

皇太子殿下の「意思の弱さ」を、アメリカの文献で研究してみると、
「天皇になったら女を変えてしまう」ということは絶対に理解しなければならない。
それはもはや動物実験をして分かった自然法なんだよ。
雅子さんは捨てられるよ。
大野も二人で愛の巣を作る気はないと言っていた。

« 人工透析~本当の意味 | トップページ | 小説~男の言葉のランキング »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運命論~天皇明仁の研究:

« 人工透析~本当の意味 | トップページ | 小説~男の言葉のランキング »