最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 共和制 | トップページ | 嘘とだましの研究 »

2016年1月 3日 (日)

宗教感情

男の声なのだろうか?
分かるのか?皆が黙るのか?
何がいいのか?
ユダヤキリスト教の感情だ。
「男がしたがってしまう」「恐怖から」
性生活から来るものだ。
無限のもの。
夕暮れの森、女性の胸、尻。
なぜ関係があるのだろう?
これは、もはや疑う余地のない宗教感情だ。
アンドレ・チカチロ。
神聖なものを隠す。
完全に依存している。
「男を狙っている」のだ。
なぜか知らないけど嬉しい。
「急ぐ議論」と、「分析が必要な議論」がある。
世界を尊敬する上で「自由」と「依存」の二つの感情がある。
胸チラ

夕方の森の中

この論文は筋がいい。読んでみてくれ。
キリスト教の宗教感情

有効性があるのがこのテーマなのだ。
人間の発展は二つの感情からなる。「地球に穴を掘る作業」などの、「男の仕事への感受性」を高め、食べることや、他者に助けられることにつながる。
女は胸を褒められるだけで男に依存してしまうのだ。
自由と依存。
「この人は絶対を信じているのでしょうね」
真っ赤なウソ 明石屋さんま
喜びや悲しみがなければ宗教ではない。
男には喜びがあるし、女は間違いを犯す。
しかし、女は利益を得る。
「隣人に嘘をついた」「神に逆らった」と、胸を見られた女性は思う。
「その場をひとつにするために」これが急ぐ議論だ。


1451850938548.jpg

赤の他人が、何の「絶対」もない世界で、語るのだ。見るだけなら「減ってしまう」と女は思う。
「危険で不確実な世界」には、必要なのだ。
神聖な父とは乳。幼児の頃から大人になっても変わらない不確実な世界。
胸を考えないものは「絶対」にたどり着けない。
もっとも基本的な「神」の体験だからだ。

宗教界は考えた。
「胸に頼るのはよくない、他に絶対があるはずだ」
これをエネルギーにして何かを考えようと思ったのだ。
「いやらしい。胸を見るのなら何か言って?」
「これが絶対って怖いよね」
おっぱいから旅立とう

生まれ、迷い、自分の安全を守り、祝福される。
この探求が始まった。
「罪、死、復活」よりも生きることでしょう?
イエスはこれを語っただけで後の世代に数世紀もかかる宿題を残した。
「自信だよ」「すべてを敵にするなよ」「耐えるんだよ」
女に語った。

カルカッタのマザー・テレサは、「傷ついた男たちがどれほど私の胸を愛してくれたか」をひたすら神に感謝した。
「すべての男がイエスに見えたわ。間違いもおかしたのよ」
苦しむに値しない人が苦しんでいる。
それが深刻であるならば、触れてもいいのです。

お父さん、ご免なさい。苦しかったから、おっぱい触っちゃった。
俺はもうあなたの奴隷になるしかないのかな?
「そうか、苦しんだか。だったら、ごちそうを食べて、この服を着ろ」

喜び、情熱があるから胸を揉むのだ。
「苦しみと女性の胸の関係」を明らかにしたのがマザー・テレサだった。
根性を生み出す「言葉にできないミステリー」だったのだ。

生き物であること。神は神であること。いいことも悪いことも人生にはあること。

「何かが許されるのかな?」キリスト教の世界は語り合った。

宗教の起源は、それぞれあるだろうが「俺はなんで揉んでいるんだろう」が、キリスト教の起源だったのだ。
デンマークルター派は、この説に復活をかけた。
さらに、キルケゴールは、この世界への憧れを口にした。
衝撃だった。
学校の定義が再編されたし、「罪、贖罪、許し、聖霊」という概念と関わった。
女の子に「あなたは愛の対象なんだよ。あなたが大人になっても、今のままでも、あなたの胸だけが男の真実なんだよ」と語るのが楽しかった。
女の子は「忠誠と忍耐」を学んだのだ。

告白の時、心の純粋さはひとつの意思。
このスピリットがいろんな方向に向かうのだ。
キリスト教の世界の興奮は治まらなかった。
これを語ってくれる人が「聖霊」に見えた。

第六感から12感まで飛んだ。

「宗教体験作りの基本」
男にとって重要性があること。
女性が幸福を感じること。
女性の感じ方の向こうにある「絶対だなと思える気持ち」
究極の現実。
見る。聞く。
体で女性がただちに逆らおうとする。
「純粋に知的」

「繁みを焼き払った」(モーゼ)
「夫が死んだ妻の兄弟が妻と再婚」(ブッダ)
健康な心で語ること。
「苦のない世界」
「伝説の教えから解き放たれること」

意味に満ちていて、現実世界で経験していること。
教科書に書いていないこと。
「分かること」
「多様性と間違える可能性のコンビネーション」
「自分の価値をおとしめることを避けること」
「未来、過去、他人の心」があること。

« 共和制 | トップページ | 嘘とだましの研究 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗教感情:

« 共和制 | トップページ | 嘘とだましの研究 »