最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 祈り | トップページ | 皇位継承と残された神道体系 »

2016年1月 9日 (土)

大人に裏切られた男~金徳大輔

経験を凝縮し、人生に意味を与える、それが詩だ。
一億人の「歴史のない子供たち」へ。

バリントシンドロームというのがある。
鏡を見るのが嫌いになると、声に反映される。
人の顔の区別がつかなくなり、車の区別もつかなくなる。
ひたすら鏡を見て、声を良くしていかなければならない。
いい声をしている男は非常に前向きだということは指摘しておきたい。

彼の誕生日はクリスマスの翌日だ。
クリスマスは、子供たちが大人に裏切られる日だ。
その翌日に彼は誕生日を祝った。
ロゴスの完成は、1492年にあったとされるが、彼はひたすらロゴスを待ち続けた。
「ハッピバースデー、トゥーユー。ハッピバースデー、ディア、ジーザス、ファッキンジーザス!」
ハッピーバースデー 金徳大輔

四つの糸からなる遺伝子。人それぞれ三百万の違いがある。
分かりあえない。
彼はひたすらロゴスを待ち続けた。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「糸」'15.10.10

お父さんは全世界を支配していた。お母さんと結婚したかった。
お母さんよりもクラスの女の子が好きになった。
しかし、女の子の心には火があって、言うことは全部嘘だった、
それが分からなかった。ロゴスが分からなかった。
センチメンタル  カバー 金徳大輔

山口県には仲間がたくさんいた。しかし、東京に憧れた。
待っていたのは孤独だけだった。
分かりあえなかった。
人間の本性を知り尽くしていた下町人情すら怖かった。
俺ら東京さ行ぐだ カバー 金徳大輔

僕は生まれた。僕のことを知ってほしかった。
知ってもらうことが愛だったし、知ることが愛だった。
金徳大輔君 大宮路上ライブ 「愛のかたまり」'15.12.10

女たちは「私たちにどんな価値があるの?」と考えていた。
彼にも分かって欲しかった。
ニューニグロのメッカはこうして始まった。
金徳大輔君大宮路上今年初「他人の関係」

僕は恋ををした。女の子の言葉をひたすら聞いた。
彼女は優しくなったし、僕はこの曲を作った。
恋は僕の栄光だった。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「恋の歌謡日」'15.10.10

女の子がどうやったら僕に振り向いてくれるのかが分からなかった。
けもの道だった。
自分が痛みを知らないと、女性の痛みも分からなかった。
女性は平気で僕を痛め付けた。
金徳大輔君 三浦市民センター「けもの道」’15.11.28

産業革命によって、直線が回転に変わったときに、男女は対等になったのではないかと思われた。
しかし、歩いているときだけは世界は男性を中心に動くのだ。
金徳大輔君 横須賀中央路上ライブ「歩いて帰ろう」'15.7.19

若者は、若さを無駄にする。
そんな時期は、天地創造だ。地球が一週間でできるような気がする。
浦島太郎のような、漁師が海岸を歩くのではなく、若者は亀なのだ。
亀が海岸を歩くと、その果てしない長さは「ビッグバン」という一瞬に表現するしかなくなる。
ウラシマ ver. Devil 金徳大輔

太陽は「炭素と水素が入れ替わることを永遠に繰り返す」ものだ。世代の憎しみもそうだし、高齢の年寄りは若者を憎むことを永遠に繰り返す。若者は、ひたすら高齢者に「感謝」される業績を残す以外に生き残っていく方法はない。若い娘を憎まない女性は太陽なのだ。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「太陽」’16.1.9

尊厳とは「その人を認めること」だ。権力者は大声でわめけば人が動かせると思っているが、そのような人は赤ん坊だ。おむつをはかせてもらいたいのが権力者なのだろうか?
ニンゲンノソンゲン 金徳大輔 2016.1.9

貴女が勉強しようがしまいが、貴女男の真実は貴女の胸にあるよ、ということが分かっていた連中は、ファラオに「チェリー」を選ぶしかなかった。
教えてくれないからやっちゃった。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「チェリー」'15.10.10

男性の知的空間は、女よりも上にある。
しかし、あなたは「天気」「宇宙」を利用して僕をコントロールしようとした。
晴れの日は、男の勝利だ。
男の勝利を願ってくれた君。
てるてる坊主 金徳大輔 2016.1.9

あなたの心には火があった。言っていることは全部ウソだった。出来事だけを聞くように耳を澄ませた。
でも、ウソを真に受けてケンカもした。
あなたが考えていることに興味を持つことが愛だった。
「what is love」 横須賀中央路上ライブ

火葬か。いつか復活したいのか。俺は花に囲まれて葬られたいな。
もし俺が何か間違ったことをしたのならば、花に囲まれた俺の亡骸を踏みつけてもいいよ。
俺は歴史の審判を仰ぎたいんだ。
「花葬」 横須賀中央路上ライブ

俺は父と母の肌の色の違いから「同調」を引き起こしてハンサムに生まれた。
モテるけど弱虫なんだ。
でも夢を見てもいいだろ。
【original】弱虫ドリーマー 2015.8.14 金徳大輔

キリスト教では真理が完成していたよ。でも、イスラム教も、ブレスレンがそれに対抗してアンダルシアに純潔をもたらしていたんだ。
アンダルシアに憧れて 金徳大輔 横須賀中央

少年は「あそこ」という言葉を口にするだけで女の子をメランコリーにしてしまうんだよ。
男の子だって硝子なんだ。
硝子の少年 横須賀中央 金徳大輔

君とチューするためにはクラスの中心にいなければならなかったんだ。
目立たないやつの方が偉くなるのは知らなかった。
でも、それが人間というものさ。
はじめてのチュー 横須賀中央路上 金徳大輔

サラリーマンは、背広を来ているだけで女性を安定させるよね。
ましてや、シャカリキサラリーマンとか言われたら、なにやっているかわからなくても、俺は頑張るしかなかったんだ。
アダム・スミスが社会の歯車になれと言ったんだ。
シャカリキサラリーマン 金徳大輔 横須賀中央路上ライブ

僕は男だ。いろんなことをいうけどあなたの右の耳から僕の声は入っていき、あなたの左胸に残るんだよ。
あなたは左の方向に立ち去ってしまうのかな?
ぬくもり、あなたの居場所 金徳大輔 横須賀中央路上ライブ

南米は、貧しかったよ。でも、ナンパをマルクス主義が教えたら豊かになった。
チョコレートも作ったよ。
君の心が欲しかったから。
君はチョコレート  金徳大輔

犬って面白いね。動物としての侮辱を受けていて、未来が食べ物に見えるんだ。
でも、女性や子供に「私の考えてあることは正しい」ということを教えてくれるんだ。
Pavlov's dogs

« 祈り | トップページ | 皇位継承と残された神道体系 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人に裏切られた男~金徳大輔:

« 祈り | トップページ | 皇位継承と残された神道体系 »