最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

生涯賃金八億円の看護師

現在の日本国には五十万人の看護師が主婦層に眠っている。
政府は、いつでも彼女たちが戻ってこれると考えているようだ。
しかし、なぜ新たな看護師を育てなければならないのだろうか?
看護師が仕事をやめる理由の筆頭は「子育てとの両立が体力的に困難である」というところにあるとされる。
しかし、もっと夢のある話なのだ。

仕事の基本は「人間を知ること」と「仲間を作ること」の二つを職場に放り込んで、経験を積むことにある。
人間の何らかの法則も見いだせるし、何が快感かも分かるし、逆にその人間の法則にしたがって行動することもできるようになる。
仕事のモチベーションは「喜び」と「痛み」にある。
他人の表情を見なければ音楽も作れない。
雨の日の人間の対応は皆同じであるが、晴れたらみんな何でもできる。
自分の考えと、他人の無知とも向き合う。
本当は四方八方に文句を言いたい。
しかし、仕事における「善」は、周囲に快楽をもたらし、「悪」は苦痛をもたらす。
その繰り返しだ。

看護師をやめたら、彼女たちはその経験を実は子育てに生かしている。
子供が一流大学に入るだけで生涯賃金八億円が保障され、化粧すらやめてしまうのだ。

職場にはふたつのパズルがある。
「上司が何を言っているのか分からない」
「私だって会心の一撃を与えたい」
これと、褒美と罰をうまく組み合わせる。
しかも、女性の職場で、女性の窮地を救うことは、男性看護師の出世にもつながる。

「この仕事が終わるまで、私はあなたのことを注意深く見ているわよ。だから、ベンチャーみたいな、大きな仕事を望まないでね」

これは、倒産する心配よりも大事だった。
人間を知り、仲間を作れば、倒産したってなにかが残るでしょう。

男が出世するためには「5~6人の男友達を一人の女が見ている」というフォーメーションを作った方がいい。
しょせん仕事は男のものだ。

「仲間の多い男は私にとってはもはや宗教。仕事は分からないの」

「俺だけが俺の力を知っていればいい」
「男ってのはどれ程の知識を持てるものなのかな?実践して見せるしかねえな」

ヘドニズムは、このような集団に「いきなり高度な知識をもたらす」という立場だ。

論文読んで来たんだよ。妥協するのは難しいんだよ。
本当に痛みを知っているのかな?
そういう人はチャリティーをやる気持ちで俺らと接してほしいね。
ギブアンドテイクなんて言わせないでくれ。
仲間を作ることが最優先なんだ。
「偉いなら知ってること全部教えろ」

頭のいい奴は平気で「法的措置」をとるってね。
なんだか、権力を動かす力を神聖なものと考えているらしい。
汚れたものが嫌いなんだろ。
直感で怒るだけじゃなく、何かを読んでいるんだ。
そんな奴はバックアップにでも使っておくか。

人間の法則を睨みながら活動する奴はいるけど、やっぱり大人は法律で動いているよ。

恋ばなは、女性の価値を高めるし、楽しいわ。
恋ばなが得意な人は上司に見えるの。

「アメリカの自信~アフガニスタンで学んだもの」
アメリカの学問は医学、哲学において世界最高峰なのだ。
世界でもっとも治めるのが困難なアフガニスタンで、アメリカ合衆国が11年かけて学んだものがある。 
「有効かつ正直なメッセージを出す」というものだ。
最高の医学を提供するだけで、人々は「あいつに裏切られた!」と言ってコミュニティが崩壊する。
これを、部族単位で暮らしているアフガニスタンで結論としてまとめた。
アレキサンダー大王もアフガニスタンは無理だったし、イギリスも生還者わずか一名という暴動に遭っている。
ソビエトにも無理だった。
アメリカ合衆国は、一言「有効かつ正直なメッセージ」という言葉に、アメリカ人、ロシア人、インド人、中国人を殺してやろうという連中の隠れ家の治め方を書き記した。 

2016年1月30日 (土)

札幌オリンピックと沖縄返還

札幌オリンピックのジャージが高値でアメリカで売られている。
なぜだろう。
沖縄返還もあった。
日米安保条約に「韓国・台湾の安全を我が国のものとして引き受ける」とした。

「ベーシック」 
妻から学ぶ 女の論理 独身男が 華麗にこなす
キスした跡は残さないで 国生さゆり。

主婦が自慰してもメダカの子はメダカ。子育ての喜びがあって、子供は他人となり自慰の対象にすらなる。
一度やったらやめられない、母と息子のパラドックス。
実物と虚像を知っている私だけの秘密。
息子に旅をさせてよかった。
虚像が日常にいる喜び。
羽生結弦世界最高点!!322.40
凡庸な子供はテコにかけても凡庸だし、他人とふれあっても凡庸だ。
でも、そんな子供も胸をさわる喜びがあるだろうね。
ベーシックの法則は、凡庸な子供でも何かを獲ってくれば自慰の対象になれるということ。
それが賞賛に値すればね。
テレビに出るだけで全く違うのよ。
子供が偉い人と語り合うようになるだけでも違うの。
子供の議論は「方向性」と「伸び」と「勢い」の三つになる。
これは子供の記録の父である。
勢いというものは2とか3とかの自然数になるの。
方向性は、二つあってもいいでしょう。
でも、方向性は日常であるか、ちょっとスローダウンするかの世界で営まれているでしょう。
なぜか、ふたつが両立して同じエネルギーを加えているの。
方向性を決めるのはΠと呼ばれる。
菊池桃子 - Boyのテーマ
男だねえ。得意な科目に4を加えると5。
得意な科目に、得意な科目を加えても5。
なぜなら、他の科目も同じメンバーだからです。
子供が他人のようになったときに、このやり方でよかったのね、ということが分かる。方向性がひとつに絞れる。
母親の自慰の対象になるのよ。
そうなったら、もう他の女に委ねよう。


ステップ
「二つの頭を持った男のひとつを切り落としたら生きているのかしら」
「小男が背を目一杯伸ばしたら背の高さはどれくらい?」
「受精卵はどのように人間になる?」
この三つの問いかけには答えがない。
彼をじっと見つめるしかないでしょう?
ステップは、曖昧さを表現するけど、それが彼にキスする理由。
彼が有名だから。
二つの頭といっても、彼の心を私ひとつにできるのかしら?という意味だし、何かに夢中になっている人の心を奪えるのかしらと思う。
彼の身長が小さいかどうかも分からない。
これがステップの研究。
彼の背の高さは相対的で、マサイとピグミー、つまり、属する部族によって異なるし、
19世紀のフランスのように言葉が欲しいのよね。
口の位置の違いでかっこいいと判断していることも言葉にして欲しい。
「仕事と私、どっちが大事?」は限界事例だ。
仕事がうまくいっていれば胸はもまなくなるし、うまくいっていなければ胸をもんでキスまでいく。
それが言葉にできない。
ましてや女性の方が有名ならば、いきなり挿入してくるのよ?
羽生結弦 FS TOTAL 330.43 [Barcelona 2015…:
背の高さは好きよ?
でも、民族によって高さの基準は違うし、当然言葉も違う。
そして、あなたの子供といっても「子孫」というのはまだはっきりしていないものでしょう?
「私と仕事どっちが大事?」「背の高さと民族」「子孫」という三つのステップを常に踏み続けるのだ。
B.ESP. Yuzuru HANYU 羽生結弦 SP - 2015 Grand Prix Fin…:
アルフレッド・ヒッチコックは「すべての役者は子供なんだよ」と言った。
フランスというヘキサゴンが彼らに意味を与えているのだ。
フランスは六角形なんだよ。

仕事と私、どっちが大事?
「志村けんの見解」
胸をもませて傷ついた男に喜びを与えるのはマザー・テレサが考えた。
志村けんは、死亡説も流れるほど傷ついていたのだ。
しかし、胸のあとキスにいって彼を育ててくれる人はいなかった。
ひたすら、彼の傷を癒してくれる人を従属させてきた。
それが、チンチロリンだ。
女に育てられる覚えはねえ。
癒してくれる女を支配しろ。
これを志村けんはまわりの取り巻きに教えた。
志村けんのだいじょうぶだぁ 【パイのパイ体操 不良編】


「エレメント」
曲線のふたつのサイドがイコールであること。
スピンやスパイラルのエレメント(氷の上を描いたライン)が完璧で、そのあと速度をつけてジャンプして見せた。
半径は、彼女のキスの数。
キムヨナ~バンクーバーの演技

八百長ではありません。知識で買ったんです。みんなジャンプしか見ていなかったから。キスも語れない日本の男たち。
Mao Asada - Vancouver Winter Olympics 2010 (SP)

エレメントを「幾何学模様の致命的要素」としているのはアメリカであり、
直線のラインでは止まってしまうのがスケートだ。
このことを正確に理解しているのは長久保裕だろうと思われる。
札幌オリンピックがアメリカとどのように関わったのかの研究が必要だ。

男のモデルの理想は、「インターネットにない言葉を話す」「言葉と理論と私の関係を語ってくれる」
そうして、エレメントを女は語る。
A(キス)はエレメントでなりたっており、男のモデルはK(奪三振)の数を争う。
小柳ゆき あなたのキスを数えましょう

キスの数を男たちが争った「にがい米」という映画。
夏を過ぎて、秋になると、女たちは乱闘騒ぎを起こし、男は「キスだけじゃ燃えねえな」と言って女を鞭で叩き、犯してしまう。
みんなは歌を歌い、女をやぐらの上に登らせ、投身自殺をさせる。
「にがい米」Riso amaro (1949伊)

キスは空虚ではない。
男はキスの数が多ければ多いほどセックスと同じだと考えた。
しかし、女たちの噂だけが広がっていくのを知らなかった。
男も追い詰められたのだ。
凡人がたった一度キスすることの大切さを知った。

キスが心に与える影響を知らないのかしら。そのために男はシチュエーションを考えるのよ。

キスの数だけ言葉が豊富。
まるでセックスのよう。

キスはレモンの味ではないのだ。「曲線」なんだよ。
女の美学だ。

伊藤みどりが「ステップ」を強調してスパイラルを描いていないことが分かる。
伊藤みどり 伝説のFS(1989年世界フィギュアスケート選手権) Midori Ito.wmv

対称のスパイラル。片方はマイナスで片方はプラス。大きく円弧を描き、x分の1、つまり、子供がいないからそのような分数は成り立たないの。
男たちは彼女の42歳を想像した。

100回キスをしたら、マイナス、プラスを繰り返し、50回許せる。
電車で女性にキスをするのは強制猥褻罪だが、2度目のキスで許してくれるのかもしれない。
電車で女性にキスしたときの反撃の大きさを考えると、女性はそれを暴行と見なしていることが分かる。
これをうまく説明して、行わなければならない。
キスの回数を重ねるにつれ、男の人生の速度も変わっていく。
松浦亜弥 - 100回のKISS [PV]

人生の速度も変わるし、シチュエーションも自由に選べる。

シチュエーション(L)は、彼女が求める場合には、Th(A)から、Th(B)までいくほど危ういものだ。
胸とは「私」であるため、キスを知ることは非常に重要だ。
スパイラルのあと胸を見せる。
[HD] Katarina Witt - 1994 Lillehammer Olympic - F…:

あるいは、憧れの人とのキスは「双方向」とはならないために、次に進まない。
「一方通行のキス」では次に進まない。

胸を触るだけで男は射精できるのにね。

目立たない女の胸をさわっても男は次のキスに行くだけだよ。
L'eterno gioco al continuo ribasso... Riso Amaro

いかに、1+1+1+1を繰り返すかであり、-1,-2となっては政治活動が成り立たない。

Rつまり、美人などの遠い存在が胸を揉まれるシーンをを見るだけでも射精はできるんだよ。
胸を揉まれるリアクションを見るのが大事だ。
天国の駅(プレビュー)

私とは何かを胸と呼ぶが、エレメンタリーマップを決めるのが「e」であり、少女マンガが好きになることが多い。

幾何学は女性が好む学問だ。

代数学は、異なる論理の研究だ。
胸とキスはキスのコレクションであり、射精を尊敬している。
これは妻から学ぶものだ。夫と妻が協力したら妻であり、これは妻の方が夫より上である場合に成り立つ。
夫+(夫と妻の喧嘩)=夫
夫+(夫と妻の協力)=夫
夫と別の男の協力=1
夫と別の男の喧嘩=0
これが代数学であり、幾何学の方が面白いことが分かる。

胸をもんでキスにいく男はまるで動画の世界の男。
これはプラスなのよ。
今は凡人でも、キスの方が胸より大事になってくれれば。
歴史に残るでしょうね。
キスの数だけ。
私を最後の女と認めてさえくれるのならば。
凡人の子供は他人よ。
歴史に残る男の子供だけが子供。
私が孤独から解き放たれるまで射精するのでしょうね。
中森明菜/トワイライト ~夕暮れ便り~
あなたが強くなるたびに、私は孤独ではなくなっていく。
でも、あなたの射精の勢いはなくなっていくでしょう。
しょせん、人間は歴史には残らないのかしら。
キスの学問は深いわね。
そこで、胸をもませるシチュエーションと、キスをするシチュエーションのに変化を与えてみたの。
キスの回数よりも、胸をもむことの方が多い。
ただ、胸をもむだけで終わることもあるけど、キスしてくれたらセックスまでいくのが分かるの。
Silvana Mangano Riso Amaro

M'シンドロームとは、結婚願望を言う。
女性は胸をもんでもらいたいのに、キスとセックスを繰り返していると結婚願望を強める。

M' 本田美奈子 歌ってみました♪


幼い恋とは「みんなが言っているからその人を好きになる」というものだ。
Miki Fujimoto - Giniro no Eien

そのうちに「射精のための射精」という状態に二人はおちいる。
これを「Η」と呼び、浜崎あゆみがテーマにしている。
深い学問であることを知る。
最初の結婚は0、子供を授かって1、二人目を授かったら0、再婚して0、子供を授かって1、二人目を授かっても1。
喧嘩するのが0で、両思いが1。
有名な彼を初めてのセックスで落とし穴に落としてやるの。
初めての人と別れたら二人目は誰でもよくなるよ?
三人目からセックスと子供が関わってくる。
四人目は人の結婚生活を落とし穴に落とすためにやる。
浜崎あゆみ / poker face

Ηというのは、面白い研究でね。
Ηは射精の回数が0.1.2とか、0.1.3
とかあるけれど、0というのはターゲットを決めることを意味し、子供の数ををx軸に並べ、
幸せの頻度をy軸に並べるという発想をする。
浜崎あゆみ / Dearest

Ηというのはなぜキスからいきなりセックスにいくのだろうか?
それは、幸せな男は胸をもんでも幸福を感じないというところにある。
俺の女、そして射精。つまり、このΗという概念は男性からの視点から描かれたものであり、代数学は、男性のもの、幾何学は女性のものということもできる。
浜崎あゆみ / No way to say


子供を作らないセックスを、SXと呼ぶ。
しかも、幸せな男は、キスのコレクションをして、胸に興味を持たず、セックスをするではないか?
両想いを成立させることが重要だ。
妻から学ぶというのは「不機嫌な」数字なんだよ。
大人の学問が「胸を揉まないセックス」なんだよ。
だって、社会人として幸せなんだぜ?
浜崎あゆみ / HEAVEN

「俺はなんで揉んでいるんだろう」ゲーデル

なんか、人生の目的を達成してしまってね。
人生を無為に過ごしていた頃、憧れた胸を揉まなくなったんだよ。

子供の数が増えると、だんだん揉みたくなくなるだろ。

立派な子供が一人育つだけでも揉みたくなくなるよな。
子供が戦うだけで、俺が妻の胸を揉まなくなるんだよ。
女房の胸も子供次第というセット理論は不安定なんだ。
子供に依存するわけにはいかないよ。
浜崎あゆみ / Moments

x軸に子供たちが拡散していく。キスも覚えるし、賞賛もされる。

怖いよね。息子が有名になって、夫が胸を揉んでくれなくなった代償に自慰の対象になってしまうんだ。
そうすると、弟にも自慰の対象になることを望むよね。
すべて、息子たちの射精が原因なんだよ。
浜崎あゆみ / Love song

子供が有名になると「あの子はもう自立したのよ」と言って夫が私の胸を揉むようにすることもできる。
子供はキスを目指して有名になろうとする。
でもそれはクラスで騒ぐことかしら。
大学入学かしら。
スポーツかしら。
でも、有名になりすぎると女性の自慰の対象になるでしょう。
マイナス、プラスのエレメントは、代数学にもあるの。
偉大になってくれることは母への贈り物。
人々の賞賛の声に女は影響されやすい。
そんな人に待ち受けているのは落とし穴だけ。
どんな穴かしら。
そんな人に胸を揉んでもらいたいのよ。
浜崎あゆみ / Moments


「近似」
基本的には、経験的に真理に接近するための科学的手法だ。
やり方は、女性が「デートで」「一緒にぼんやりした」「男の数」が大事であり、
「これがモテるのか」と思えばみんな言っていることが似てくる。 
顔の「正解」すら導き出す学問である。
絶対に正しいと言うよりも、似ているというあたりに手法を見いだすのだ。




「カスガの儀」
理想の男、時代の英雄をベッドに寝かせることを想像し、
彼の言葉を思いだし、巨大な大人のおもちゃを、騎乗位の状態で、
二人きりで話し合いながら挿入する。
カスガとは誰じゃ?
時代のヒーローに常に寄り添うものぞ。
ボールがリリースされた瞬間、シンカーだと分かった。
球筋が見えたのでじっと落ちるのを待った。
756号、君への贈り物だよ。
そういって、カスガは、ロッドを挿入した。
スリーボール、ツーストライクになった。
真剣勝負なんだよ。
アメリカ合衆国からのお金が敵に流れていたからね。
得意球はシンカーなんだ。
ボールのスピンを見る必要もなかった。王貞治(巨人) 756号世界新記録

「カスガの儀」
成熟経済を迎えた日本国。
ソビエトは停滞し、ヨーロッパもダメらしい。
中国はまだアジア地域の主導権が全く握れない。
そんなときに、行われたロサンゼルスオリンピック。
ジャパンアズナンバーワンとまで言われた。
中国の選手は京劇の伝統から、平気で児童虐待に耐えてきたんだ。
でも、俺の三回転宙返りの秘密は、足を開くことだということも知らないんだよ。
人間の限界をハーバードが俺から学んだんだ。
それをあなたに贈ろう。
金や知識をアメリカが欲しがったんだよ。
森末慎二  鉄棒  (84‘ロサンゼルス五輪)

2016年1月26日 (火)

髪型(調査中)

基本的には
男の髪型はキリストの真似をしているとされている。
「その人がどのような声援を受けていたか」を見ているのだ。

太陽は熱い。月は地球のような存在。これをアナクサゴラスが明らかにした。
宇宙の中で、集中したから存在するのだ。
しかし、小さな点を中心にまわっただけだ。
みんな同じ存在だよ。
いろんな世界があるけどね。

2016年1月25日 (月)

谷川俊太郎の解説

かなしみ

あの青い空の波の音が聞えるあたりに何かとんでもないおとし物を僕はしてきてしまったらしい 透明な過去の駅で遺失物係の前に立ったら僕は余計に悲しくなってしまった

【解説】大きすぎる青い空や波から力を与えられて、人間は知性を生み出すけれど、それを空にお返しして、いずれ神聖なものがふってくるほど、僕は何かを成し遂げたわけではない。
古典はすでにそれをやってのけているのに、すべてを学べるわけではない。
ヨハネの大全集を読みこなせる小野光太郎が出てくるまでは、悲しみしかなかった。


二十億光年の孤独
人類は小さな球の上で眠り起きそして働きときどき火星に仲間を欲しがったりする 火星人は小さな球の上で何をしてるか 僕は知らない (或はネリリし キルルし ハララしているか)しかしときどき地球に仲間を欲しがったりするそれはまったくたしかなことだ
宇宙はひずんでいるそれ故みんなはもとめ合う 宇宙はどんどん膨んでゆくそれ故みんなは不安である 二十億光年の孤独に僕は思わずくしゃみをした

【解説】地球は宇宙の中心ではない。私も中心ではない。他人は自分の将来も分からないくせに私の将来を予測したりするんだよね。
自分なりに自己完結しているのが人間なんだけど、いろんな意味で自分の限界を感じたときに仲間を求めたりするけど、他の人も似たようなものなんだ。
人間の知識の蓄積はどんどん膨らんでいくよ。
だって、常に問題と直面しているから。
ヨハネの大全集が完成したとき、小野光太郎が僕の噂をした。


ネ ロ

愛された小さな犬に ネロ

もうじき又夏がやってくるお前の舌お前の眼お前の昼寝姿が今はっきりと僕の前によみがえる お前はたった二回程夏を知っただけだった僕はもう十八回の夏を知っているそして今僕は自分のや又自分のでないいろいろの夏を思い出しているメゾンラフィットの夏淀の夏ウイリアムスバーグ橋の夏オランの夏
そして僕は考える人間はいったいもう何回位の夏を知っているのだろうと ネロもうじき又夏がやってくるしかしそれはお前のいた夏ではない又別の夏全く別の夏なのだ 新しい夏がやってくるそして新しいいろいろのことを僕は知ってゆく美しいこと みにくいこと 僕を元気づけてくれるようなこと 僕をかなしくするようなことそして僕は質問する
いったい何だろういったい何故だろういったいどうするべきなのだろうと ネロお前は死んだ誰にも知れないようにひとりで遠くへ行ってお前の声お前の感触お前の気持までもが今はっきりと僕の前によみがえる しかしネロ
もうじき又夏がやってくる新しい無限に広い夏がやってくるそして僕はやっぱり歩いてゆくだろう新しい夏をむかえ 秋をむかえ 冬をむかえ春をむかえ 更に新しい夏を期待してすべての新しいことを知るためにそしてすべての僕の質問に自ら答えるために

【解説】動物としての侮辱を受けていて、しかも、将来が食べ物に見えているネロという犬も、
人間の迷いを癒してくれたんだ。


アメリカ式ひげ剃りの方法

まずは、ひげを柔らかくする。

鋭い刃の何枚刃かのT字を使い、順目に、しかも軽く、ストロークする。
まずは右から、順目にワンストローク、頬はツーからスリーストロークする。
持ち手を変えて、左側も同じようにする。
アゴ、アゴの下も順目に剃る。
ツーストロークから、スリーストロークで剃る。 
一番難しいのは、唇の回りであり、順目がないことを知らないといけない。

頭の裏も、順目で剃るのがアメリカ式だ。
練習が必要だ。鏡をうまく使う。

終わったら、アバロンなどで皮膚のケアをする。

2016年1月24日 (日)

文章読本

日本国で文字を書くならば、法律から入るしかない。
我が国がもっとも自信をもっている学問だからだ。
そこで「俺が正解」という文章とはどのようなものかを学ぶ。
どのように余裕があり、どのように情報を文字にのせるかなどの感覚は法律雑誌を読まなければ身に付かない。
法学教室、ジュリストをひたすら読む。
しかし、オリジナリティのある文章を書きたければ外国語を習得しなければならない。

モルモン教

「モルモン教」
ネフィの人々がいた。
イスラエルに憧れ、予言と復活を語った。
神の力の贈り物。それは紳士であること。
イエスはキリストであり、永遠の神である。
男たちはなぜ間違うのか?
神・父・イエス。
勇気をもらえるんだよ。
同じ地面の上にいるんだぜ?
ひたすら記録したよ。
すべての人に血が流れているんだ。
父と息子と聖霊はひとつの神。
レフィは、エルサレムを去り、イエスの記録が残されたあとに、エルサレムに戻り、
イシュマエルの娘を嫁にした。
サリアだ。
四人の息子がいて、四人目の息子をネフィという。
モルモン教聖書には「エジプトを滅ぼした英雄、イエスの言葉」がひたすら書かれている。

ネフィ「親父の話ではイエスは、とんでもないハートを持っていたらしい」

ひたすらイエスの偉大さを「庶民の言葉」で語るのがモルモン教だ。
「どのようにエジプトを滅ぼしたのか?」という答えは「哲学を知っていた」からであるが、
民間伝承となっているようだ。

まあ、セックスに対して天真爛漫な女はほとんどいないわけだが、
ナンパが簡単になった哲学ムーブメントに対して「MSとは何か?」を議論するのは当然だろうね。
女は、マスターベーションを男の子と同じ時期に覚えている。
ここで、今まで日本では「処女」と言われていたものを「MSの探求」に置き換えたのがポパーだ。
血が出る女は人間不振の膣痙攣なんだよ。
いかに詩的に「女性の経験」を作るかどうかが問題であり、
そうでなければ男漁りに熱中しちゃうだろ。
「MS」って大事だよ。

「MSの二人」
羽田恵里香と三浦理恵子。
まあ、セックスに対して天真爛漫な女はほとんどいないわけだが、
ナンパが簡単になった哲学ムーブメントに対して「MSとは何か?」を議論するのは当然だろうね。
女は、マスターベーションを男の子と同じ時期に覚えている。
ここで、今まで日本では「処女」と言われていたものを「MSの探求」に置き換えたのがポパーだ。
血が出る女は人間不振の膣痙攣なんだよ。
いかに詩的に「女性の経験」を作るかどうかが問題であり、
そうでなければ男漁りに熱中しちゃうだろ。
「MS」って大事だよ。

「MSの二人」
羽田恵里香と三浦理恵子。
MSの二人

2016年1月21日 (木)

小説~男の言葉のランキング

寿司やカレー、ラーメンなどを女性にご馳走しながら作る源氏物語の世界であり、江戸時代の国学である。

絵画の世界で、初めてブラシとパレットナイフを用いたのがモナリザである。
モデルになった女は、みんなから標的にされ、それはまるで現在のテレビのアイドルのようであった。
レイプも経験したし、糖尿病にもなった。
ラパマイシンだ。
ベトナム戦争で、アメリカ合衆国はテレビでの資金集めを考えた。
これを、仕事にしてしまったのが日本の芸能界だ。
何が起きるかは「ダ・ビンチコード」に残された。


女は男の言葉にランキングをつけている。①喜び②役に立つ③生きている④文化⑤神聖さ。

ある精神病院の看護婦が、一年前に退院した男とバスで隣り合わせになった。
いや、退院したあと、英語の文献を読みあさり、二度と入院などするかと言って、病院周辺をうろつき、患者の支持を集めている男への好奇心もあった。
下克上男だ。
看護婦は、最後部座席に偉そうに座る男のとなりに座った。
バスが走り出したら男女は対等だ。
男が口を開いた「今日はおしゃれですね」
私にどんな価値があるの?と考えていた看護婦にはこの言葉は「喜び」であった。
男をじっと見つめた。 
男は「お化粧が下手な女は統合失調症で、上手な女性はパニックアタックと言って、怖い目にあった回数だけ寝返りを打つんだ」と言った。
ここで、「役に立つ」「文化」「生きている」「神聖さ」のすべてを満たし、沈黙した。
一年前まで閉鎖病棟の奴隷だった男が院長よりも偉大な言葉を口にしたのだ。
実は、私も閉鎖病棟勤務でパニック障害だったことを知った。
それは、私がファンデーションで色を白くした白人の知識だった。
最後に、バスが駅に到着し、看護婦は立ち上がり、しかし、振り向いて、可愛らしく手を振って降りていった。
男は「病人のバスにのっていたからてっきり患者かと思った」と言った。


「雅子女」
耳の痛い話を聞きたくない状況にさらされると、脳細胞の組み替えがうまくいかず、脳腫瘍になる。
脳細胞のつなぎ目の細胞をスタップ細胞というが、それが何らかの腫瘍とかかわっているものと思われる。
ステロイドホルモンで治療するしかない。
都合の悪い話が聞こえなくなる。
どこかで発狂を経験している。
母と娘と三人で同席したときに、母が男と電話をし始めた。
「娘の方が可愛いから男と電話しているのでしょう?2対2だけど割りきれないのよ」とはこのことですね。
というと、母は「今なんて言ったの?」と言って、本当に聞き取れなかったのだ。
そこで「脳腫瘍になったことがあるでしょう?都合の悪いことは聞こえないんだ」
と言ったら、ようやく娘が「アハハハ」と笑った。


「薬漬け女」
私はもうダメだ、という顔色の悪い人の人体を改造する薬がある。
腎臓が悪くて徘徊癖があったり、酒を飲んだりして肝臓がやられ、気分の落ち込みが指摘されている人には、
アミノフリードを点滴し、肝性脳症を抑え、腎臓にはサリンヘスの点滴。
アル中は、酒を飲まない家族に見張らせる。
糖尿病は、夏に靴下を履かないかどうかを見てサインバルタ、トリプタノール、ガバペン、リリカ。
てんかんは、兄弟への顔のコンプレックスをよく聞いて、セレニカ、デパゲン。
統合失調症は、覚醒剤の使用、痩せすぎ、熱、酸欠状態をよく聞いて、その人がアメリカのロックにかぶれていたり、スポーツ歴、イケメン希望かどうかなどから判断し、リスペリドンを飲ませる。
そんな廃人も健常者と変わらなくなる技が人工透析だ。血がきれいになるんだよ。
薬漬けになった人が、人工透析を受け、健常者と変わらなくなる。
このような仮説をたてて、女を人工透析にまわしてみた。
気分がハイになり、笑いが止まらず、医者も「躁病」だと言った。
十五年ぶりに笑った女が果たして病気であろうか?
周囲を驚かすのが人工透析だが、血液をきれいにすることと、今までの投薬治療が神経にどのように有効だったのかを、
しっかりと確認しなければならない。
旦那さんが驚いて入院させてしまった。


「映画女」
外国人のロッドは、特別だった。
有名になりたくて超大物スターと沖縄でロケをした。
アメリカは、ベンジャミン・フランクリンが雷をコントロールして、独立宣言に名を連ねたのに、沖縄には雷という宿題を残していった。
雷が超大物スターの十メートル手前に落ちて、みんなパニック。
私はすべてを忘れてはしゃいでしまった。
超大物スターの処刑に、彼は「女!」と言って、私をスタッフも乱入して犯した。
木やテーブルが私を犯すのよ。
何これ何これと思って目をつぶった。
そうやって、ギャンブリングハウスで大騒ぎして、私は映画女優になった。
でも、糖尿病になってしまったの。
マリア


「隻眼男」
親父への恐怖から左目が見えなくなる子供がいる。
当然、アナルが性感帯となってしまう。
ピーコは本物だが、おすぎは彼女がいた。
タモリも、実はハンターであった。
偉大な人にしかカマを掘ることは許されていない。


「バセドウ女」
パートナー選びの方法はすでに確立している。
相手を間違えると、女性は首の左側をひたすら押さえるようになり、思考力が下がる。
タバコも覚えた。
これが「バセドウ病」だ。
大規模精神病院でも「甲状腺はのどにある」と平気で言っていて、胸焼けの患者を大騒ぎさせているが、
実は首の左側を出産した女性が押さえることを言う。


「アイボ女」
女性の笑顔の作り方とは、
眉毛を持ち上げて、ゆっくりと下ろすと自然に笑顔に変わる。
医療用麻薬というのはXDRという三つの効果がある。
Xつまり射精しなくなり、
Dつまり子供ができなくなる。
しかし、Rつまり、度胸満点になり、人混みが怖くなくなる。
顔色も良くなり、有名人になる。
脳細胞が崩壊するというのは日本国で言われていることであり、
「統合失調症の恐れがある」
という意味だが、熱や減量に耐えたことがあるのならその恐れは全くない。
娘の六番目と二十二番目の遺伝子を調べ、統合失調症のおそれがないのならば、年頃に全身美容整形をして、大歓声に耐えられるように人間を改造するのだ。
大人の理論さえ聞いてくれればあっという間にスーパーアイドルだ。

「尊厳おじいさん」
尊厳死というのがあるが、安楽死と区別できる人はいないと思う。 
しかし、尊厳を「認めあう」という意味だとすると、高齢のおじいさんが後継者選びで家庭内で横暴を極め、
後継者の傑出した一人を残虐に虐めたときなどに、後継者を守るためにおじいさんを麻薬でおとなしくさせるしかないことがある。
大塚仁もこれを明確には認識していないようだ。 
死というのは「Love is dead」という語感であり、認めあうことかできなかったということだ。
死亡とは異なるようだ。
麻薬でいろんな幸福感を味わわせることを言う。
death with dignity(尊厳死)とは、その親父の推定的承諾と、近親者等保護者の承諾のもとに行われるが、
後継者のリビングウィルというものが重要であり、世代の憎しみや、学問の発達がどうしても認められない親父に対して用いるものだ。
B'z LOVE IS DEAD


「デカい女」
デカい女がいた。
頭の位置が高く、これがトラウマとなった。
これだけで臭いが分からなくなり、ステロイド剤が必要となる。
さらに、出産してしまうと足の神経痛になる。
こんな「男」と称する女を見た。

「ジョン・レノン男」
セカンドセラピーというのは、金のない若者がEDになる危険性を防ぐものだ。
若者が学生時代にお金に困ると勃起しなくなる。
矢沢永吉だの浜田省吾だの言っている男は金があるのだ。
セカンドセラピーというのは、女性ボーカルの声を聞くことで、EDになることを防ぐ治療法だ。
外国人のボーカルでもいいことを私は確認している。
これに失敗すると、バイアグラだけでなく、シアリス、レバチオ、アドルシカが必要になったり、財布に札束を入れるしかなくなる。
ジョン・レノンのような風貌をした男が勃たなくて悩んでいるのを確認している。
高橋由美子-A song for you(LIVE)


「あんた似たような目をしているな」
二人のロックスターがいた。
若くして男の道を探求し、しかも、売れたため金に困らなかった。
結局、勃起しなくなるわけだな。
いい結婚か悪い結婚かで人間は派閥を作る。
60歳になって、ごきげんように出て、二人はこれを理解してくれた男に感謝した。
昔でいう三木派であろうし、フル勃起する木曜クラブに禅譲がないのもこのあたりにあった。
金に困らない硬派か、女に詳しい男にまず分かれる。


「マラソンガール」
生理の時は、女性は内蔵に血液が集まり、女性ホルモンがなくなる。
非常に男らしくなる。
つまり、その時にタンポンを使って走るのだ。
水泳選手もタンポンを利用している。
いかに男らしくなるか。
この秘密が生理にはある。

「カリウム男」
腎臓が悪いと、市販の飲み物を飲んだだけで鬱になり、夜の街に落ちていく子供がいる。
そのような人が親を怒らせて入院させられている。
サリンヘスが有効だと思われるが、臨床試験が必要だ。
水道水を大量に飲むし、便秘をする。
Another Sweet Field/SPEED


「アイヌの落ち込み」
昔は、血が止まらなくなると、不安になって血液検査をし、血小板の病気とされていたものが、
ヒトゲノム解析を終えて、「気分の落ち込みと毛深くなる」ことから血が止まらなくなることが分かった。
男は、ひとつ年上の姉貴が、赤ん坊の頃、ギャンギャン泣いて、毛深く生まれた。
母は、背中に毛がとぐろを巻いている男児を見たのだ。
生まれながらの不機嫌と、姉貴との付き合いは一生のものとなってしまった。
人生のいろんな場面で落ち込んでは毛深くなっていったのだ。
有効な薬はアンギナールだった。
ヒトゲノム解析とは、人間の表面を見ただけでもいろんなことがわかる医学であり、世界はそれをすでに終えているのだ。

「古い女」
昔の女がいた。老婆は家庭を取り仕切ることが多い。
ロシアではバブシュカと呼ばれるが、日本ではババアと呼ぶ。
朝起きるのが早く、朝から興奮している。
サラダが好きで、塩分も好き。
それでかろうじて落ち着くのだ。
お見合い結婚をしていることが多く、初体験は、天井を見させられていた。
バブシュカは、家庭に入り、子育てをし、息子たちの生涯賃金は八億円にもなる。
「きたねえババアだな」
と言われても笑う。

1453773789876.jpg
バブシュカ


「白色女」
明治維新以降、薩摩のイギリスの血や、秋田のドイツの血など、白人の血が家系に混じった女だ。 
外国からは、血だけではなく、お金も入ってきたはずであるが、
お婆さんが洋館にすんでいたとかいう話はないか?と聞いても知らないという。
美しいが、「同調」というものを行って色の白さを維持しているため、
メンタルも体も弱い。
失恋程度で病院にいるのだ。
白い女は、膠原病の素質を持っており、皮膚や筋肉、骨の接触面に問題をかかえており、触られるのを極端にいやがる。
白人の血が「華族」という階級を生みだしたことは想像に固くない。
忍耐力がないことが指摘できる。

「中学受験失敗女」
11歳の春のショックのあと、勉強が手につかなくなった。
世界は茶色から緑に変わっていた。
真面目になった。
お母さんの言うとおり中学受験をした。
公立中学はガラが悪いし、家にはお金があった。
でも、不合格になったときに、お母さんが私のことを何も知らずに「私の努力は無駄だった!」と言った。
家をさんざん荒らしたあとに、家のお金をもって美容整形したの。
医療同意年齢は16歳。 
年齢すらごまかした。
美容整形外科の踊り場で、お母さんを捨てていいのか迷ったわ。
でも、きれいになりたかった。
セックスってきれいな女性がするものでしょ?
世界が赤くなった。
先生が、「君の世界は茶色いだろう?」
と言ったら「普通に見えてますよ?」と答えた。
男を知ったけど、体が痛いのは、言葉が足りない男のせい。
茶色、緑、赤が女の三原色だったのだろう。
河合 その子 【緑の少女】


「人間不振女」
基本的には生理が止まって、セックスするときに痛がる女は、人間不振なのだ。
血が出るため、男は「チッ、処女か」とか言う。
ヒスロン、プロベラ、ルトラールで治るのだが、
セックスが嫌いで口で処理していることが多い。
男をつなぎ止めておくために金をばらまいてしまう。
セックス一回で事実上、三万円儲かることも知らないのだ。


太った女がいた。目立たないし、誰とも口をきかなかった。
男が話しかけた。
夏に靴下を履いていなかったことから糖尿病だということが分かった。
精神病院にいたことからサインバルタや、トリプタノールを飲んでいたのだろう。
太っていたことから、お母さんから自立できていないのだろと思ったが、
「母は亡くなりました」
と言っていた。
内縁の夫がいるというので、社会保障は内縁にも準用されていると言っても興味を示さない。
一番、高額の病棟にいた。
お金に困っていないようだった。
スマートフォンで誰かにメールを打っていた。
「誰にメールを打っているの?」
「彼氏」
マドンナは、母親を亡くしたあと、父親と関係を持ったようだ、と言ったら驚いたような表情をしていた。
現象学というのは、その人の見識で交遊関係の広さを測定する学問だ。
誰とも口をきかない女だった。


錯乱女がいた。とにかく錯乱していた。
しかし、男は「彼女の直感だけは生きている」ことを知った。
彼女と話していて別の女に話しかければジェラシーで怒るし、
電話で長々と話すものだから「恐怖を感じているのか?」(J)と言えばそうだと言うし、
一人の時は黙っている(D)と言うし、
痛みを感じたときに怒る(S)。
彼女の長電話を止めたクローザーはDSJ と名付けた。
デカルト、セネカ、ヤスパース。
この錯乱女の話のどこを切り取るかを考えた。
「お母さんが、お弁当を持ってきて、そのまま寝てしまい、ハァ?」
というので、お母さんは持病を持っているかを聞くと「統合失調症と心臓病」だと言った。
お弁当か。お母さんは薬を持っていることが分かった。
そこで、「生命保険に署名したか?」と聞くと、「サインしたけどどっか行った」と言う。
彼女は、とにかく普通ではなかったので、お母さんを家に入れないようにアドバイスするしかなかった。
この錯乱女に実験をしてみた。
俺はチョキしか出さないからジャンケンしよう。
「じゃあ、私はグーとパーしか出せないじゃん」
シーソーゲーム、ずっと私に傾いて、という小泉今日子の昔の歌を思い出した。
錯乱女は、風俗嬢だったというが、やたら女の子が好きだった。
そこで、あなたは生理が16歳で止まったか?
と聞いたら、17ぐらいで止まったという。
膣痙攣だった。
ピンサロ止まりだよ。
錯乱女は、統合失調症というのにはひどすぎた。
工業高校とどのように関わったかを聞いたら「男と付き合った」と言っていた。
シアン化化合物を盛られてるんだよ。
ゲンタマイシンを早い段階で投与する必要があったのだろう。
工業高校が、メッキの授業で、生物化学兵器と見なされているシアン化化合物を入手できる環境にあることを知らなければならない。
男の間の抜けた質問にも答えた。
「怒りはあなたの憲法だ」という問いには、「二つか三つ」というので、「それは神と男と聖霊か?」と聞くと「聖霊とはあまり関わらない方がいいよ」と言っていた。
この佐藤愛子さん。
女言葉を覚えなかったために、小学校三年生の時にお父さんに犯された。
お兄さんにも犯された。
サザエさんの絵を一週間、書かされてデビューが決まっている。
ハーレムナイトも「人がたくさん集まって写真をバシャバシャ撮られた」としか思っていない。
しかも
彼女のテレビ出演歴も「鶴見に写真がいっぱい貼られた」としか思っていない。
葉月だの皐月だのという名前で呼びあった横浜のゴールドクイーンという店の風俗嬢だった。
ribbon "Stay with me" 1st LIVE ''90


「夏の政治」
二人の女がいた。
一人は胸を大きく開けた服を着ていて、もう一人は胸を開けていなかった。
そこで、胸を大きく開けた女に「あなたは下の子」と言い、胸を開けていなかった女に「あなたは上の子」と言ってみた。 
胸を大きく開けた女が「なぜ分かったの?」
と言うので「企業秘密です」と言った。
その女は「私には兄がいて、男っぽいところがあるし~」
と言った。
答えは「抑圧」にあった。
胸を大きく開けている女は抑圧を受けていることが分かったのだ。
イケメンが森山直太朗の夏の終わりを歌って、この政治手法を恐れた。 


「次はファジーの研究をやりたいね」(利根川進がノーベル医学賞をとったときの発言)
どうせ俺が有名になった理由は女の子には分からないだろう。
いろんな人との交流、とにかく、有名になるということの意味が女の子には分からないのだ。
これがキスに対して「イエス」という原因になる。
CoCo:無敵のOnly You (CD音源)


「エナメル女」
美しい女がいた。泡を吹いて入院してきたこともあった。
しかし、病名は分からなかった。
横浜学園という高校の出身だと言っていた。
自分で「お水学園」と言っていた。
ソープランドで働いたときの営業の苦労なども聞いた。
「女は自分のコミュニティーから男を話さないためにセックスをする」と、男が言ったときに、
「売春はどうなの?」と言って男を悩ませた。
これが男の「愛してジャスティス」の研究につながった。
夏の夕暮れには「こうちゃんキスしよ?」と言って男を困らせた。
男は、彼女のあごがガチガチ震えていることに着目し、「エナメルが原因」と突き止めた。
エナメルってなんだ?
塗料だった。
そこで、彼女に「塗料とどのように関わったのか?」と聞いたら、
高校を出て家業のペンキ屋を手伝ったと言うのだ。
統合失調症の原因は、お嬢さんが家業を手伝ったことにあったのだ。
二十歳前障害の鑑定書を書いてやったが、どのみち生活保護だ。 


「てんかん女」
どうも見た目がよくない女がいた。
やたら、飾り物ばかり身に付けていた。
子供の頃の発作が、幼稚園の頃に可愛らしい自分の顔を見てなおることを知っていた男は、
美しいお姉さんがいるかどうか聞いた。
いると言った。
言語は不明瞭だったが、お姉さんへの劣等感が原因だった。
男も全部、お姉さんにもってかれると言っていた。
人混みが嫌い、音楽嫌いという法則も一通り質問した。
かつて、男を精神分裂病だと言った医者が「分かりません!」と言ったのだ。
簡易精神鑑定をやっていた日本の医者だった。


「赤毛女」
子供の頃、親がいなかったために、痩せた女がいた。
痩せた頬に男は魅力を感じるでしょう?
でも、頭がトランス状態になって救急車で運ばれた。
なんとか、カトリックの学校に拾ってもらった。
デビューはプロテスタントの大学に入ってから。
当然、美容整形もした。
茶色い風景に緑が加わった。
ミスコンの運営にまわされた。
でも、ミスコンにはなれなかった。
痩せたからだはむしろ男に嫌われた。
姉の薦めで、創価学会に入信したけど、男と向き合うために髪を赤くした。
シェークスピアを語る男と出会った。
有名人だった。
私の話を聞いてくれる世界の広い人。
私はアイドルになれた気がした。
でも彼は有名でしょ?
彼の真似をしてくれる男を見つけ、沈黙しているだけで楽しいのよ。
赤い髪から卒業したの。

「期待されていないことができない」と言うことが女らしさの秘密だ。
「期待されているときにできない」とどれだけ頭に来るかを知ってほしい。
女子アナゴルフ対決 第2弾!11/23放送ダイジェスト【女子アナの罰】

女が「すべてを敵にする」とはどういうことだろうか。
「奇跡の肖像」工藤静香


「十字架女」
中年の女がいた。
デイケアで、話の分からない男たちと共にタバコを吸っていた。
男は話しかけた。
コーヒーに覚醒剤を混ぜられたことがあると言っていた。
統合失調症の原因だ。
しかし、夫と子供がいたそうだ。
だが、離婚して夫が子供を引き取ったという。
「壊れていくあなたが怖かったのだろう」
と男は言った。
十字架だ。
壊れていく男、壊れていく女。
これが怖くなり、パートナーが浮気することがあるのだ。
「電話番号など・・・」
十字架女は男に言った。


「ミラー女」
美しい女がいた。痩せていたので「お母さんが嫌いなんだろうな。お料理、お洗濯もやる女だろう」
と後ろから眺めていた。
すると、その女が「いやらしい目で眺めていたのを知っていた」と言うのだ。
後ろに目があるわけでもない、答えは野球にある。 
セカンドランナーは、ピッチャーの後ろからキャッチャーのサインが見える。 
女の直感なんてないことを知った。
女の前から合図を出す女がいるのだ。


「アルテミス女」
男が病院で影響力を増すのを見て、古参の女が金をばらまき始めた。
年金の受給の話をまとめてやっても、貧相な服装をしていた。
100万円以上入った一時金も、すぐに費消していた。
アポロとなった男の神に対抗したアルテミスは、金をばらまくしかなかった。
女に詳しい男と、男に詳しい女、どちらが神かを争った。
アポロとアルテミス。


「HAARP女」
明治維新が日本国をワールドパワーにするための唯一のチャンスだった。日本国はこのチャンスをものにした。
同じ時期に、アメリカ合衆国は、ロシアからアラスカを買収した。国務長官シュワーブは批判された。
なんでそんな冷蔵庫を買ったのか?
しかし、日本に近かった。
「ラッキーストライク」という金鉱が見つかった。
日本国のなぜか「市立」の高校を標的に、男女を問わず幻覚を流し、パートナーを作らせないようにしていた。
この話を男性患者から「話がある」といって呼び出されたときに、「変な勧誘に遭ったな」と思ったが、アメリカの原著に星が五つついていた。
アメリカで文字を売ることの難しさを知っていた男はこれは本当だと確信した。 
しかし、日米同盟はサプライズを望んでいなかった。
この攻撃を受けている女性がいた。
主治医に見せるためだけに夏に浴衣を着てきたりしていた。
その女が、ボクシング歴がアメリカでも知られていた男に「ボディ、ボディ」と言うので、
男は、「what is the formura for compensation?」
「Surprise! Surprise!」
と英語で話した。
アラスカの下士官は沈黙した。
しかし、外務省が動かなければ治らないだろう。


「誤診女」
可愛らしい子がいた。19歳だと言った。
太っていたので、ママが大好きだったのだろう。
インターネットも禁止されていて、遠くのネットカフェでインターネットをやっていた。 
普通は、お父さんが隠し持っているいやらしいものから女になることを知るが、彼女はネットカフェだった。
おそらくお父さんがいないのだろう。
お母さんが卑怯な形で私を裏切ったときに、彼女は暴れた。
ママのいやらしい側面だったのだろう。
男手がなかったから、ママが救急車を呼んだ。
統合失調症と言われた。
男は、かつてこの病気で東京大学を追い出されていたのに、彼女は平気で統合失調症だと言った。
男は「あなたはいずれ病院から離れていくと思う」と言うしかなかった。


「なにこれ女」
男をひたすら漁る女は、次第にロッドの大きさだけを求めるようになる。
デートもしないし、ひたすらロッドを「なにこれ」と思っているのだ。
このような女は、非常に天真爛漫に挿入というものを受け止めているが、
「男の心」を語らないという特徴がある。
男と、木やテーブルが区別つかない。
脚光を浴びるのが私の夢。
でっかいロッドでひらめくような気がする。
射精しか見えなくなる。
ヒントンは、女の失敗と呼んだし、マーティンもそう思った。
女の常識ってものがあるでしょう?とも言われた。
「凡人を見たの」でもたまに「すべての男が凡人だったというのは幻だったのかしら?」と思うわ。
「私ってくたびれた女」
「私に何があったのか分からないでしょう?」という意味しかもたず、男はぺニスを想像する。
「どの男もいうことは同じよ」とライバルを挑発する。
乙女の幻がない天真爛漫さをもっている。
男は木やテーブルに見えるため、「禿げてる」「太っている」も平気で口にする社交性を見せ、男に依存しながらも、話の内容は聞いていない。
偉い人もロッドのアイテムで感じる。
北海道の旅館が「ロシア人のマナーの悪さ」から、ジャパニーズオンリーという掲示をした。
このような理解が必要だろう。
「デートに3度誘って断られたら諦めるがごとし」(能見善久)
集団的自衛権の行使を容認する効果は「在日米軍基地が恒久的に日本にいる」ということである。
男のこの場面との関係を持ちたいの。
上原 WBCでの一世一代のピッチング
男のスタンドポイント(マウンド)しかなくなるでしょう?
私にはもう乙女のハルシネーションもないのよ。
Perfume NIGHT FLIGHT

1453787792102.jpg
大変ご立派で(大人のおもちゃが)

「肝臓芸人」
肝臓が悪かった。
アメリカならなんとかなると思った。
アメリカの病院に行った。
「ドナーが現れるのを待っている」
医者がそういうので、ひたすら干物のようになった肝臓と向き合った。
「もう死んじゃうよ~」
と思ったとき、医者が「ドナーが現れたよ」と言って、助けてくれた。
実際は、肝臓の病気が脳に来るのを抑える「アミノフリード」を点滴しただけだった。
手術の傷痕もつけられたし、金もとられた。
アメリカの医学はやりたい放題だった。

「兄貴とめまいの向こう側」
弟がいた。兄貴が東大に受かった。
俺もやらなければならないと思った。
教科書を読んだら、めまいがした。
さらに読んだ。兄貴が「質より量」と言ったから。
吐いた。めまいも行きすぎると吐くのだ。
兄貴は「おい大丈夫か?掃除しとけよ」と言った。
兄貴に復讐したこともあった。
兄貴は「こんな奴でも人生に傑出したものを望んでいたのか」と思ったらしい。
エクセレンシーという言葉を口癖にした。
それでよかった。
兄貴と久しぶりにあった。
「パチンコってのはな、ミューラー研究所が開発したもので、これを知っていれば同業者より強く、さらに、銀行から金を借りたり、社債を出したり、株式を出したりして金を会社に流し込むわけだな。今回は、サンキョーの岡本に情報を流したから、別の仕事を探すしかない」
「作家ってのは最高権力者だ。とりあえず週刊新潮を読んでおけ」
と兄貴が言った。
トイレに駆け込んだ。
下痢をした。
トイレの外から兄貴の声がした。
「おい、下痢というのは、体調が悪いか、衛生面の問題か、薬によるものだ」
「体調でも悪いのか?」
弟は、下痢をするあえぎ声をあげていた。
「深刻な場面で聞いた話は忘れないものだな」
兄貴は言って立ち去った。

「デラックス女」
お父さんが三冠王になるという罪を犯した。
怖かった。
思春期になっても射精しないし、サンダル履きのお父さんの真似をして靴下を履かなかったので糖尿病になった。
お父さんに認められるだけの根性がなかったため、芸能界を目指した。
両刀遣いだったことや、太っていることを利用した。
空調が暑い。
有名になることは罪だった。
金を稼がないと有名演歌歌手も相手してくれないし、弁当に薬を混ぜて好きな男に渡したこともあるので、
私が食べたあとのおにぎりを食べることを番組内ですら男が嫌った。

「鏡女」
昔、美しかったお婆さんがいた。
歳をとって、鏡を見るのが嫌いになった。
鏡を見ると声も低くなってしまう。
鏡を見る習慣を失うと、人間は人の顔や車の車種の区別がつかなくなる。
「先生」と呼んだほどの男を別の男と間違えた。

1454221446148.jpg
鏡女


「留学生~飛べない鳥」
留学生は、言葉が話せない。
そのために、交換留学の場合はどうしてもその家庭の子供の支持が必要となる。
それは「動物としての侮辱を受け、明日が食べ物に見える」飛べない鶏に似ている。
鶏が子供と仲良くなってしまい、食べられてしまったときに泣くのは子供なのだ。


「男子の本懐君」
腹を撃たれた政治家がいた。
死ぬかと思った。
人々の噂話(P)を、メディア(I)に乗せて、すべてを正当化(J)したかった。
叫んだ「男子の本懐」と。
政治に詳しくない周りの人は「黙っていればいいのに」と言った。
政治とは、いつ、誰が、何を、どのように、得るかだ。
卑怯な形で何かを得ると、こんなことになる。

2016年1月19日 (火)

運命論~天皇明仁の研究

避けられないことから目を背けるという思想だ。
実際には出来ることしかできないからだ。
どんな言葉を発すればいいのか?悩んでしまう。
何が生産的な議論なのか?も悩んでしまう。
それは神がいて、私が神だからだ。
1900年に、「2100年1月1日に海戦が起きるだろう」と誰かがいうと、そんなはずはないと次の人はいう。
その必然性とは何か?
その解決法とは何か?
考えているのだ。
「本当かどうかわからない」
というバランスが存在する。

病気をテーマにすればわかる。
治るか治らないか分からないんだよ。
アイドルは「お医者さま」なんだ。

高等学校の学生さんが、雨の中、お茶屋に立ち寄る。
踊り子との出会いだった。
踊り子は、そっと灰皿を差し出す。
お茶屋の婆さんが「おやまあ、学生さんお濡れになっているではございませんか。火の気がございます。奥にいらっしゃいましよ」
「じいさんですが、方々から処方を取り寄せてもどうにもこうにも。お見苦しいでしょうが」
学生さん「あの方たちは今夜どこに止まるんでしょう」
「あんなもの、どこに泊まるやら。客があればあり次第、どこにだって泊まるでございますよ」
「お婆さん。お爺さんが待っているから帰ってあげてください」
「五〇銭もいただきまして、お顔は覚えておきます。お粗末さまで御座いました」
「伊豆の踊り子」吉永小百合

光太郎は2004年に天皇と直接コミュニケーションをした。
司法試験の問題の発信源は法学教室であるということをつかんでいた33歳の時だったが、天皇にMBOをしかけた。
「株主にとって魅力を失った会社でも経営者にとってはそうではない」
「経営者しか打開策を知らない」
時に、経営者が、株を全部買い取ってしまうのだ。
世の中にはそのような局面が多いことを知らなければならない。

1999年にノストラダムスの大予言というのがあった。
合意するものもいたし、否定するものもいた。
「どちらかが間違う」ということには違いないが、この議論に中間層はどんどんどちらかの側に巻き込まれていった。

「インターネット」「NIFTYサーブ」「ホリフィールド対ルイス戦」で、ネットがテレビをコントロールできることを証明したのが横浜の小野光太郎だった。

二者択一。これを天皇に迫れば、議論の必要性抜きに、天皇は悩む。
日本国の伝説「拉致問題」で、本当に殺害された人がいたことを日本のすべてのメディアが流したときに安倍晋三がスターになった。

皇太子殿下の「意思の弱さ」を、アメリカの文献で研究してみると、
「天皇になったら女を変えてしまう」ということは絶対に理解しなければならない。
それはもはや動物実験をして分かった自然法なんだよ。
雅子さんは捨てられるよ。
大野も二人で愛の巣を作る気はないと言っていた。

人工透析~本当の意味

腎臓が悪くなると透析を受けるのではない。
私は、個人的には「サリンヘス」という点滴薬が腎臓に効くと思っている。
水を飲み過ぎて便秘になったり、市販の飲み物を飲んでうつ病になるのならばサリンヘスがいい。
しかし、透析というものはアメリカでも行われているではないか。
薬をオーバードース(過剰摂取)した場合に、日本では胃洗浄をして、食事を食べさせないという対応をとっているが、これは、透析にまわしてしまえばいい。
あと、薬を80~120mg以上摂取する人は腎臓が対応できないので透析にまわす。
さらに、臓器移植を受けた人も、透析にまわせば可能性が広がるだろう。

2016年1月18日 (月)

源氏物語のあらすじ

まず、昔は「誰に言えばこの人をはずしてくれるんですか?」の答えは「女にモテる人」だったということから始めなければならない。
江戸時代に本居宣長が、知的サークルに紹介したものだ。
寿司、カレーと結び付いて、中華帝国からの離脱を試みた。
源氏は、確かにモテたよ。
でも、妹を愛するように女たちと関わった。
セックスしてしまった夕顔は殺すしかなかった。
女たちは「源氏の君がどれだけモテるか知りませんが、私は私の子供を産みます」(フォックス・ケラー)と言った。
「源氏の君は結婚しているのです」(シェークスピア)と言って男を誘惑する女もいた。
桐壺は美しかったので、お母さんに紹介しても恥ずかしくない女を源氏は探し続けた。
しかし、源氏が女性たちの支持を得るようになると、桐壺は「私がもっと褒めたかったのに」と言って源氏に冷たくなった。
源氏を、「女の敵」とするか「俺たちのヒーロー」とするか、
「神の言葉をささやいてくれる男性」とするかを議論するわけだな。

2016年1月17日 (日)

歌会始め~哲学的アプローチ

努め終え
歩み速めて帰る道
月の光は
白く照らせり

努めというものは、背広を生み出し、サラリーマンの存在は、女性を安定させた。
しかし、産業革命は直線を回転にし、男女を対等にしたと思われた。
だが、歩くときだけは男性優位だ。
私は歩みを速めた。 白い月とは木星の本質を持ち、女性をリードした。
そんな月が私を優しい気持ちにさせた。 

歌会始 天皇陛下のお歌

月見たし
という幼子の
手をとりて
出たる庭に
月あかくさす


男の子の世界ってどんな感じなの、という幼子を、道を選びながら、紳士的な外の世界に出た。
男の子と女の子は、あなたの年齢では区別がつかないのよ。

皇太子妃 雅子様のお歌


年ごとに
月の在どを
たしかむる
歳旦祭に
君を送りて

毎年毎年、違う月が見える。
2500年以上の星空のポテンシャル。
星と月の関係も違う。
月がでればスターは消えてくれる。
人が大勢集まって、人脈を作っているけど、あなたは確かに成長している。
いつ、あなたはくだらない星を消してくれるの?

皇后様のお歌

小野光太郎の和歌。

まだら月
青い水面に映りけり
乙女が二人
落ちるも知らず

女性的な月を見を見ている女二人、それはエーゲ海のレスボス島で、アリストテレスが学んだ、女というものを意味する。
女は物理学も忘れるし、落ちることもわからない。また、女二人に一人の男が声をかけても落ちない。
しかし、このような女に撤退の美学を教えても引き下がらないだろう。
国が貧しくなることも知らないのか。

小野篁。

わたの原 八十島かけて こぎ出でぬと 
人には告げよ 海人の釣り船

女はどれだけの男を知るだろう。
男はどれ程の経験をするだろう。
女は男を知ったら満足し、若い娘を憎まないけど、
男の年寄りは自分の経験を重ねるほど、若者を憎んでいる。
このことを、人生の途中の人間に教えてやれよ。

持統天皇

春すぎて 夏きにけらし 白妙の
衣ほすてふ 天の香具山

季節が変わると恋をしたくなるけれど、私はあまやかされて育ったから、
胸を大きく開けるのが恥ずかしいの。
私が天皇を目指す上では、重要な敵でありました。
胸について語られるだけで心が折れそうになったわ。

天智天皇

秋の田の 刈穂の稲穂の苫をあらみ
わが衣手はつゆに濡れつつ

国が何で豊かになっているのか?
私も百姓と同じ「歴史のない子供」だったけど、
中国の知識で本当にゴロツキどもの支持を得なければ今の地位はなかっただろうな。

柿本人麻呂

あしびきの 山鳥の尾のしだりおの
ながながし夜を ひとりかもねむ

足を引っ張り合うのがオカマ野郎だ。人と接していないから発言がそんなにネガティブなんだ。
オカマ野郎。長い夜をひとりで過ごしやがれ。

猿丸
奥山の 紅葉踏み分け鳴く鹿の
声聞くときぞ秋は悲しき

敵はいっぱいいたよ。でも、女の子達が子供の頃想像していた、芝生の上を歩いている鹿の話をしたり、
胸の話をして夏の政治キャンペーンをしたあと、
もう政治の季節は終わったのかな、と思って秋はなんだか悲しいんだ。

山部赤人

田子の浦に うちいでてみれば白妙の
富士の高嶺に雪は降りつつ

キリスト教の教えを知らないと思うかい?
女の胸を語るだけて、巨乳女がメランコリーになりやがる。

大伴家持

かささぎの 渡せる橋に おくしもの
白きをみれば 夜ぞふけにける

鳥には記憶がある。記憶があるから学習がある。  
人間も動物だ。  
政敵の学習などを考えて、政治的権能を失わせることを考えてると時間なんか忘れちゃうよ。

額田王

あかねさす 紫野いき 標野いき
野守りは見ずや 君が袖ふる

いろんな男と関係を持ったわ。男のジェラシーをかいくぐって。 
セックスがお金になるのよ。

清少納言

夜をこめて そらのたかねを はかるとも
世に逢坂の関は許さじ

一晩中、夜空を見上げていたわ。私の知識は、それでも男にはかなわないことを知りました。

紫式部

めぐりあいて 見しやそれともわかぬまに
くもがくれにし 夜半の月かな

子供の頃は女の子だった男の子が、だんだん暴力的になっていく。
いやらしいことも言うようになる。
あっという間よ?
まるで中途半端な男のくせに。

安倍仲麿

天の原 ふりさけみれば かすがなる
三笠の山に 出し月かも

人々と経験を共にし、趣味を共にしたら殿上人になれたよ。
道徳の研究をしたのは遠い昔の話だ。

小野光太郎が研究した道徳の話

小野小町

花の色は うつりにけりな いたづらに
わがみ世にふる ながめせしまに

花を見ていると男性社会でも勇気をもらえる。
花言葉を考えて男を悩ませたわ。
そうやってお金をもうけたの。
男性社会をじっと見続けていたわ。

喜撰

わがいおは 都のたつみ しかぞすむ
よをうぢやまと 人はいうなり

私の家で、女の子の精神世界を探求したよ。
鹿が庭を歩いているの、という女の子の心を知っているのは私だけであり、
人は、そんなものよこしまな政治だ、と言った。

2016年1月16日 (土)

Judo

柔道は有酸素運動であり、家族や学校で喧嘩を売られることがない。
ボディビルは絵のようだと、アーノルド・シュワルツェネッガーは語った。
太いもも、左右対称な背中。
何を変えなければならないのかを考えて、ジムに向かう、
「より左右対称に」
(大腰・腰締)
勝手も負けてもいい、左右対称の穴を埋めていくだけだ。

勝者はチャンスを得る
他人のように恐怖を感じる
しかし、恐怖にコントロールされることはない
他人に挑戦する
より良くなるまで厳しくなれる

我々は違う人間だ。
準備の仕方も違う。
カルミネーション(勝負が決まる瞬間)を研究する。
チャンピオンとは、どこかで生きていて、息をしていて、柔道について考えているものだ。
トレーニングのために人生を諦めろとは言わない。
ナイトクラブをうろついたり、タバコを吸ったり、酒を飲んだりをやめろと言うだけだ。
これらと上達することを入れ換えろといっているのだ。

相手の好きな投げとアタックをコーチと話し合う。
知らなければ最初の一分でそれを見せる。
それから逃げ続ければいいんだよ。
戦って、圧力をかけて、しかし、相手のゲームプランの変更には気を使うんだ。
要するにYouTubeを見ながらやっているんだ。
(マシュー・アキノ)

2016年1月15日 (金)

作家の作法の秘密

ここを見てくれ。
スタンフォード哲学百科事典

重要単語。
Moral「敵」「障害物」「山」
Kant「Moralを探求した人」
Descartes「孤独を探求した人」
Tomas Aquinas「信仰心」「考える」を探求した人。
Perception「女心」「男も考えるときは女心で考えている」 
Marxism「ナンパの研究」
Socialism「Marxismを柱にしてできた奔放な女の世界」
Platon「哲学の基本、つまり男は何を知っているかを探求した人。その世界の真実ってなんだろう」
Aristotle「レスボス女」「下層階級が中産階級の合意を得るのが政治家だとした人」 
Heidegger「若者の若さを無駄にすることの意味の探求」 
Sartre「プロフェッショナルの心、自分の終わりは世界の終わり」 
Derida「人間はひとつにはならないけど、愛を探求した人」
Delueze「哲学は女を標的にしないと男は喧嘩しかしないよね」
Material「女」
Object「男」
Subject「女」
First「男」
Second「女」
Higher「人間」
Trancendental「大きすぎるもの。人間の知性に力を与えるもの」
Trancencent「人間の知性」
Metaphisycs「なんだかすごいものを生み出す考え方」
Nature「科学」
Hegel「顔の美しさ」「二つのものをぶつけてみたら面白い」
Neo-Kantian「神の影響力を背景に行動する人」
Rawls「セックスして出世する女がいるからどうしたらいいのか考えた人」
Neo-Hegelian「男と女、男と男、いろんなぶつけ方を探求した人たち」 
Concept「前向きな物事の考え方」 
Esoteric「音楽と哲学を会わせて感動する教え」
Other「駄々こねたらおしめを代えてくれる人」
other「対等な大人」
ethics「楽しいこと」
right「訴えられんぞという男」
単語で立ち止まってはならない。
「心眼で読む」のだ。
経験という個性の山に英文を落としていく。 
人それぞれ異なった翻訳が生まれる。

Why not ESS?

ゲーム理論。
常にイーブンなゲーム。
大量ビハインドを負ったらチーム全体の利益。

生物学。
文化。
ダイナミックさ。
を交える。

大多数の男にパートナーがいるのを知っているか?
男が多く、女は満足しているのを知っているか?
このアニマルコンフリクト(動物の争い)からゲーム理論は進化した。
このことは、統計で人口の数を出したり、ゲームの安定感を誰が持っているのか?
を政治の側が見ることを意味する。

タカハトゲーム。
タカ派は、怪我するか相手がダメージを負うまで戦いをやめない。
ハト派は、危なくなったら撤退する。

タカ派は、すべてをとるか、痛い目にあって「勝利から怪我を差し引いたもののさらに半分」を得る。
ハト派は、何も得ないか、勝利の半分を得る。

タカ派とハト派の戦いは面白い。
「戦術的ハト派」というものがすべての勝利を得てしまうのだ。

ハト派が戦術を切り替えるだけで人口が変わってしまうんだよ。
タカ派もこれに応じて学習してしまい、女を得るからだ。
タカ派が、ESSを身に付けるんだ。

「協調と裏切りゲーム」

強調(3.3)
裏切り(1.4)
(4.1)
双方裏切り(2.2)


これを人間社会に当てはめてみよう。
裏切ったものはCで終わり、
協調したものはDまでいく。
人生の勢い(微分)が変わってくる。

裏切ったものは「見た目がよく、一度きりのセックス」
協調したものは「一人の相手とのセックスの数と、人間であること」
を得る。
一人の相手とのセックスの数は「見た目、人間であること」よりも大事だし、「一度きりのセックス」は、最低の扱いだ。

人生の勢いを失うとともに「裏切りの魔力」に引き寄せられていく。
子供が出来なくなるからだ。
何%の人が負けたかの測定は、何%が左翼に動いたかだ。
全員が負ければ何も動かない。
「一度きりのセックスは、女の戦術を誘発する」

結局、4321ではなく2.8 →1.1→0.1→0というのが人間社会のゲームなわけだな。

協調したものも裏切ったものも、ともに生きていくわけだから、勝利の色も結構いい加減なんだ。
1.61→1.01→0.01→0というのが、最後に敗者と勝者が共存するということだ。

ジョン・ナッシュは、戦術を変えないと「勝ち、負け、勝ち、負け」を繰り返すゲームを考えた。
向こうが戦術を変えるからだ。
解決法が見当たらないゲームをひたすら探求した(ナッシュ均衡)。
解決できない問題なら文学にでもしたらいい。

イエスのゲームは「無限と死」を扱った。
女のゲームは「ABC」から「A」に戻るが、無限と死は恋愛ではなかった。
「美しい鳩」は、ゲームの終わりをなくしてしまう。
ここに、解決の希望が見えた。

ゲームってもっとダイナミックなものだったんじゃないかな。
相手の出方に反応したり、もっと複雑なものだったんじゃないかな?

妹を愛するような世間話。
野球やサッカー。
誰かのファンになること。
おしゃれ。
財産。
話すこと。
ルールを守ること。
みんな同じ人間だろ。

ケーキがあるとするな。
不公平でも誰かが切らなければならない。
文句をいっていたらケーキは捨てるしかなくなる。

ゲームなんて0からCを目指しているだけだよ。
とことん勉強したってCで終わるだろ。

Cを2つで割ったらどうなる?
女の戦術が無限になるだけだ。

2016年1月14日 (木)

空飛ぶグータン~三位一体

島谷ひとみ。センターに座る。真っ先に追い出されることを知らないようだ。
篠原涼子は、記憶力で経験を共有していたことを島谷に語り、仲間作り。
お互いの伝説を一通り語る。
いきなり、島谷がストレスを感じて酒の話をする。
車に乗ると、女が男と対等に近くなり、強気になる。
小林麻央の方向音痴から、左利きであることが確認できる。 
あとは「好き、嫌い、色、怖い、避ける、誰々に似ている」という話だけなら酒はいらない。
女のしぐさすら言葉。
篠原はそれを知らない。
女の心には火がある。
言っていることは全部ウソ。
出来事だけは本当。
背中を向けているしぐさすらウソ。興味がある男という意味。 
瞬きしないのは男に癒されているからかもしれない。
小林麻央は、夫がいても他の男の声を聞きたがっている。
知恵に勝った男の声だからだ。
小林麻央を中心に、篠原と島谷が、どちらが追い出されるかのサバイバル。
篠原はピンチになるたびに爆笑。
空飛ぶグータン 2006.03.22

MS~カール・ポパーが守りたかったもの

シシファスの神話(MS)
哲学の唯一の問題は「自殺」にある。
人間は、石を山の頂上まで持ち上げて、それが転がり落ちてくるのを眺めている。
頂点に上るとはそういうものだ。
「孤立」
そこから、初体験が生まれている。
お先に失礼 おニャン子クラブ
目的をもつと孤立してしまうんだよ。
そこから、逆に異性を知り、学業不振に陥るだろ。
目的をもった奴を攻撃することが、本当に人生に意味を与えるのだろうか。
カトリックの女に頼るしかないのだろうか?
生きるか死ぬかの問題となった。
存在ってなんだろうな?
物理学、化学でもない。
快感でもない。
何かが分かるわけでもない。
そういう学校の勉強には沈黙するしかないよ。
空しさ、矛盾に満ちた状況が解決できないことを知る。
「バカげている」ことを目指すんだよ。
山登りだ。なぜ逃げるんだ。
システムについていくのではないんだ。
マンガの言葉についていっているんだ。
パスカルは男らしさを考えたし、ルソーはそれを教育に組み込んだし、ニーチェは、伝説について語った。
カミュは哲学者ではなかったんだ。
心構えを作るアーティストだった。
魂を燃やす世界というよりもアートなんだよね。
「なぜ自分を殺してはならないのか?」
「なぜ自分の目的を邪魔する奴を殺してはならないのか?」
この二つからキャッチフレーズは生み出される。

「反撃してきたので、ギタギタにしてやったぜ!ククク」(真柴)
「この世には二種類の人間しかいないのよ。舞台に上がる人、それを見ている人。勝負する人、しない人。時代を作る人、それについていく人」(月下の棋士の22巻)
「君、壊れたんだってね。壊れた人間にこの私が負けるわけないでしょう」
「なんだこの空気は。一手積み見逃しをこの人だけが知っている」(月下の棋士)

セックス崇拝からどのように逃れるのか?
がテーマなのだ。
「死にかけたときに言う言葉」を探求すればよかったのだ。

日本の長期政権が何を死とみなしているかが分かる。
「北朝鮮との国交正常化」の失敗だ。
「殺しただ?何のために来たんだか」(小泉純一郎)
「勘違いしている奴をうまく導かなければならない」(安倍晋三)
「応援してやろうという側と、邪魔してやろうという側のどちらが出している情報か分からない。あの国相手に自信を持ってやれる大臣はいませんよ」(高村正彦)

民主主義は時間がかかり、交渉ポジションを定めるのに時間がかかる。
マンガの温床になるのだ。

この言葉は「不朽への宗教的警告」であるとされる。
我々は死ななければならない。命の向こうにはなにもない。
「希望のない死を知っている」という世俗的な解釈もある。

「人間が最後にかかる病気、それを希望というんだよ」
希望は必要だと思うか?ゼウスの方が将来に詳しいんだよ。
希望をもつと、トラブルにしか直面しないよ。
死んだあとの何かの準備をしているのだろうね。

ベルサイユの薔薇のようなウィーンサークル(ハプスブルグ家)が、アメリカに行った。
オープンソサエティにおいて、どのように「MS」が生き残るかを考えた。
ポパーは、「MSを発展させるのに協力してくれ」と周囲に説いてまわった。
今後の日本国の指針になるかもしれない。

オープンソサエティは、ネガティブな功利主義であり、苦しみから逃れ、幸福をひたすら追求していた。
この社会を前向きにしたかった。
「プライベートの閃きを公に持ち込めるユートピア」
何重にもコンセンサスが必要な作業だった。
全体主義を経験しないと分からなかった。
プラトンとヒトラーが、全体主義をもたらしたのだ。
「混ざることと拒絶すること」
「答えのない世界」
ポパーは、全体主義に落胆していた。
1950年にアメリカ合衆国に渡って気分が晴れた。
プラトンの「法」や、英国の「イエスの敵」などから開放されたのだ。
「オーストリアにいたからお母さんは厳しかったのかな?」
アメリカには「自由な男の図書館」があったし、認め合えとは言わない、暴れるなとも言わない。
「自由」というものを考えて欲しかったのだ。
歴史は膨張し続ける。
アリストテレスのレスボス島も知ってほしかったし、ソクラテスの名を語ってナンパし放題だったプラトンとも向き合わなければならなかった。
「多数決で決めるんだよ?」

曖昧なものからたしかなものへ、という社会の秩序。
「王子の鏡」
「女の老人が若い女を憎んでいないこと」

アメリカ合衆国が、「妻から学ぶ」という立場を背景に、ベトナムを侵略したときに、新左翼が台頭した。
「リベラルってなんだろう?」

人口が多すぎること。
治めること。オープンソサエティであること。
「若者が急進的思想を持ってしまうこと」
平和への障害となる「歴史の予言」
マルクス主義が平和への障害だっただろう?
ポパーは言った。
キリスト教をどう思う?
ソビエトを知れ。
忍耐とは何か?を知ってくれ。

サハロフは、ソビエトの原子爆弾を作ったが、彼にインタビューをしてみた。
医者にも話を聞いた。
「テレビの力」について考えた。
「我々は支配すべきだ」
様々な段階の知的空間を。

「田舎が危ない」ソビエト崩壊がそう言っている。

ヨーロッパの、ユーゴスラビアへの介入にも、テレビの力を借りたし、女は何もできなかっただろう?

若者は、第一次世界大戦の勃発の話も探求したがるよ。
その時だけは共産主義者だ。
「サイエンスは難しいんだよ?」

プライベートのエネルギーを公に、そして、暴力。
伝統への挑戦。みんな「女のお約束」をどう思うか?
男が持っている知性、それはどこから来るのか?そして知らないこと。
自由について。
西洋は何を信じているのだろう。
人生は問題を解決することにある。
簡単に人々を治める心理学の探求をした。

大学図書館に「学術書を刊行するためのローンを組んでくれるスタッフ」がいることも知っておいた方がいい。

まあ、セックスに対して天真爛漫な女はほとんどいないわけだが、
ナンパが簡単になった哲学ムーブメントに対して「MSとは何か?」を議論するのは当然だろうね。
女は、マスターベーションを男の子と同じ時期に覚えている。
ここで、今まで日本では「処女」と言われていたものを「MSの探求」に置き換えたのがポパーだ。
血が出る女は人間不振の膣痙攣なんだよ。
いかに詩的に「女性の経験」を作るかどうかが問題であり、
そうでなければ男漁りに熱中しちゃうだろ。
「MS」って大事だよ。

「MSの二人」
羽田恵里香と三浦理恵子。
MSの二人

二段目の雛壇には、横浜の風俗嬢がいて、彼女たちを見ていた。
彼女たちは寂しいだろうけど30代の人に可愛がられていた。
私たちは、グルーニンという薬を使って、人々の視線に耐えた。
葉月だの皐月だのと呼ばれていた。
それが地上波の現実だった。
私たちはおっぱいポロリをやらされているのに、なぜ彼女たちはやらないのか悪口を言い合った。
宮沢りえは、このような「身体検査」に耐えられなかったのだろう。

三浦理恵子と羽田恵里香が、いつカトリックの教えと出会ったのかは明確ではない。
自分の胸は男の絶対であるという教えが女子の忍耐力を高めるが、それはおそらくは皇室特番だったものと思われる。

2016年1月12日 (火)

国会中継は、女性が面白い

小野内閣総理大臣「女性は三メートルジャンプしなければ学べない。しかし蓮舫先生の胸だけは男の絶対であります。偉い男と寝て、出世したあなたに敬意を表したい」

蓮舫「広島長崎での非核三原則について長崎では誤解を招いたのでしょうか?」

小野内閣総理大臣「持ち込ませないというのは周辺諸国が恐れていることでありまして、我が国もよく周辺諸国に説明しないといけない」

蓮舫「総理の発言は非常に重いものでありまして、その発言は二重三重にチェックされています」

小野内閣総理大臣「そうでもないよ。案外自分の情報でやってるのは先生もご存じだと思います。
昨日、今日、明日。明日はエキスパートだ。
ハゲは耐えた。
テンパーは、耐えなければならない。
テンポラルパートは、常に発展を続ける。
足は地面にあり、頭は空間にある。
足と頭は違う場所にあり、足は冷たく、頭は暖かい。
手がある。
シアミズの双子だ。
これが人間の占める場所だ。
昨日の束縛、しかし明日がある。人間には記憶がある。動物ではない。
人の話を聞いて歴史上の人物という船は作られる。
男は神ですよ。自己完結している。
私が天然パーマ(過渡的な人物)だと思いますか?」
(両手を大きく広げる)

蓮舫「つまり、総理が非核三原則の削除をしたわけですか?」

小野内閣総理大臣「私がやったとなると、政治とはいつ、誰が、何を、どのように取るか?でありまして、これを私が取ったとなると、政治資金の問題から敵を作る。私は金に困っていない」

蓮舫「つまり、削除というのは間違いだったわけですね?」

小野内閣総理大臣「日本国は第二次世界大戦を宗教にした世界唯一の国だ。いろんな人がいろんなものを奪い合っている。アメリカ合衆国の原子爆弾投下は、無防守都市への無差別攻撃でありますが、敗戦国としての立場上、賠償請求は放棄する宿命にある。あとは奪いあいです」

蓮舫「戦争に繋がるのでは?」

小野内閣総理大臣「女性が暴力が嫌いなのは承知しています」

蓮舫「心に響かない」

小野内閣総理大臣「女性の研究を深めたところ、日本国は膨張力を高め、中国に脅威を与えている」

蓮舫「戦争に行きたくないじゃん、というのは利己的ですか?」

麻生財務大臣「武力行使禁止の原則が弛緩するのは事実です。失恋でもしない限り男は死なないと思いますな」

蓮舫「法案が通ってから文句言えと発言した人がいる」

麻生財務大臣「民主主義は時間がかかりすぎる。指導者が突破するときだと考えたのだろう」

蓮舫「自分に都合の悪いことは党に任せるのか?」

小野内閣総理大臣「戦争は国づくりの基本だ。政治の延長ではない。その哲学にしたがった。素人に分からないことはプロが突破するしかない」

蓮舫「競技場の問題について」

小野内閣総理大臣「国民誰しもが一晩だけは天皇になるチャンスがある。アメリカの理論が一番強いと思うが、理論を持ち込んだものの案が通ると思います」

蓮舫「競技場の問題も世論調査では評判が悪い」

小野内閣総理大臣「ダビデは石を二つ用意してゴリアテを倒した。入札で落としても二つ目、三つ目の石を要求されてしまう。二つでとどめたいのが現状だ、政治イズ道路、道路イズ政治、と言いますが、女性のお年寄りは若い女性を憎んでいない。
しかし、自由のダビデは体が貧弱になると若者を憎むのです。自由の女神を目指して、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州から、道路を作ったが、どうしても年寄りが若いものを憎んでしまうために、二つの選択肢があるたびに仕事が止まってしまう。」

蓮舫「解離は埋められるのですか?」

河野理事長「男と女の解離は埋められません」

下村文部科学大臣「奪い合い、そして、男女の解離は埋められません。私の案も通りませんでした。何が私にとって不愉快かを伝えようと思いましたが、文部科学省に、私のフォローワーが少なかったのでしょうか。JCは、若い。年寄りに憎まれていた」

蓮舫「相談はなかったのか?」

下村文部科学大臣「私もミドルノウリッジでありますが、私の耳にいれようという人はいませんでした」

小野内閣総理大臣「私が最高権力者だ。国立競技場は30年は残るものだ、私が作る。デザインだ」

蓮舫「この三日間であったのは安保法案の強行採決ですよ?」

小野内閣総理大臣「歴史的瞬間を私が作った。国立競技場を作る力が今の私にはある」

下村文部科学大臣「専門的な知識を使って総理に対抗しているんだけど敵いません」

遠藤オリンピック担当大臣「報道で聞いています。直接聞いていないということは私はこの問題に介入する立場にはないと考えられているようです」

下村文部科学大臣「頭に来たから局長はクビにしたよ」

小野内閣総理大臣「下村が国際社会まで持ち出してきたけどなんとかなるだろ」

蓮舫「下村大臣をやめさせるつもりはないということですね?」

小野内閣総理大臣「ないよ。俺が勝ったんだから」


蓮舫 議員 民主党 国会中継「参議院 予算委員会」2015/8/10

徳永エリ「TPPの問題について

小野内閣総理大臣「私は豚肉業者十万人の心配しかしていない、締結したら日本人の所得は2.2%あがる。あとは、誰がこの2.2%を業績として得るかだ。その情報戦である。
あなたは、情報に撹乱されているが、男の絶対はあなたの胸だ。チリ、ブルネイなどから始まったTPPに、日米が参加したら、我々が有利な財の交換条件を押し付けるだけだ。我が国が広域市場を求めているのは事実だ。
関税引き下げにいい効果があることもケネディラウンドからウルグアイラウンドまでの学習が必要だった。二国間条約の方がいろんなことが予測しやすい。我が国は、日本人が外国に住むことは戦争につながると考えているが、経済は交流した方がいい」
徳永エリ(民主)vs安倍総理呆れ顔「まったく間違った長い質問だと甘利大臣からも指摘されてしまうトン…

高橋朋子~画家

お父さんへ。
お父さんの人生は「達郎のための聖戦」だったと思います。
何度も鉄之助に潰されかけた「生まれながらの東大生」なのです。
慎一郎や耕之補よりも「道子おばあちゃんにあまえるのがうまく」しかし、東大に入ることを鉄之助が潰しているのです。
親がどのくらい「勉強してもいいよ?」と言うかが哲学者になるための条件です。
私はその点、時間がかなり長期間にわたって与えられたために東大に入れましたが、お父さんの時間は達郎の都合によって打ち切られています。
お父さんのまわりを天使たちが取り巻いたからでもありましょうし、息子に天使たちが取り巻けば父は黙ってはいません。
小野鉄之助と小野重五郎という「誰も興味のない」ような議論においても「達郎の時間切れ」「道子おばあちゃんに甘えるのがうまかった」などの観点が指摘できます。
しかし、東京大学に入れた私ほどの余裕は鉄之助との間にはなかったのです。
これらの人生経験は以下の記事に書いてありますが、これも株式投資における「株主提案権」で「人生経験」として生かしてください。
2018年3月19日小野光太郎。父・小野重五郎宛て。

資料。ニーチェについて。


瓦全房(福山市のギャラリーカフェ)に展示されています。

瓦全の意味は以下の通りです。 
北斎に、高洋という人がいた。
光武中興をなした劉備の家系を討った。
劉備の家系は、争い事があるたびに、文献を調べ、書籍にする家であったが、それを高洋は、討ったのだ。
死者は千人出たし、水は腐ったが、東部の魚だけは取れた。
郎は、文字を魚とするしかなかったが、それも盗まれた。
変と、長安と、景安だけが罰を逃れ、町を作った。
景安の兄の景鵠が、こんな時代を作った帝を討て、と言ったが、瓦を全く作れなくなった。
景安は言った。
「帝に殺されることだけが子孫繁栄を約束するだろう」と。

小野光太郎

「才能に溢れた人間を殺そうとしたら、町が三つできるだろう」という意味。
尾道、横浜、三浦海岸であろう。

絵の世界は、かつてはフォーマリズムが主流であったが、現在は、精神世界の学問の発達によってフォーマリズムが克服された。
「見れば分かる、食べてみれば分かる、没頭しているのが分かる」というのをフォーマリズムというが、今は「絵に説明を求める」という立場が主流なのだ。

瀬戸内海は、本来、周辺諸国の合意のもとに日本国の領海となっている。
平清盛が瀬戸内海に様々な町を作った。
尾道もその一つだと思われる。
高野長英と尾道の研究をする上では「オランダ美人」とはどういうものかを知る必要がある。
ダッチというと響きが悪いが、男の政治生命を奪って歩く女性がオランダ美人なのだ。
基本的には「外国人女性とは怪しいものだ」という哲学がある。
内向的で、外国にいくと真面目に勉強し、しかし、眼鏡をしている。
いくら鍛えても筋肉がつかず、それが、尾道にもたらされていたのか?
それは、眼鏡をしていなかった鉄之助の政治生命を奪おうとした女性がいたかどうかであり、息子の重五郎は、高野長英の専門家である。自分のルーツを探求している。
小泉今日子に和蘭美人という曲がある。


高橋朋子は、女性だったために、言葉は男ほど豊富ではなかったが、いろんな場面がスローモーションに見えた。

棟方志功という人は、阿波踊りを日本国の宗教論争の解決のために用いようと考えた人だ。
東京の高円寺で「30年の練習の後、初めて」利用された。
両陣営が神道形式で阿波踊りを行い、裁判官が勝敗を決めるとし、みんなで踊り狂った後に、女性が合図を送り、東京高円寺でオウム真理教の村井秀夫が横たわっていたのだ。
村井氏刺殺事件の時には小野鐡之助はすでに没していたがフランス映画にヒントを得て30年経って後に初めて日本国が「宗教論争の解決法」を実践した。
ここで、棟方志功が「阿波踊り」にこだわったことと、小野鐡之助の画風が棟方志功にそっくりであることから、小野鐡之助が阿波踊りの真の意味を計画したのではないかと考えるに至った。

以下、【高円寺遊び】という記述をご覧ください。
東京通。



小野鉄之助・道子の四女、高橋朋子。
女の子は、家政学科、男の子には楽器を学ばせた。
黄色はしかし、男。
紫色は女の補色。
赤は、産婦人科としてのクリエイション(生まれるということ)
鉄之助は北海道帝国大学医学部の2期生だった。
岡山県金光町の屋敷に生まれ、鉄之助が口をあんぐりと開けていたことからおそらく幼少期から論語の素読の退屈な講義を受けていたことがわかる。
やがて鉄之助は北海道帝国大学医学部に合格しているが、金光町が大騒ぎになったであろうことは想像に難くない。
しかし、論語の素読に鉄拳制裁が加わっていたために言語が不明瞭であり、日本軍では二等兵となっている。
鉄之助が、父達郎から結婚を反対されたため岡山県も論語の「父が羊を盗む」ことと無縁ではなかったことを意味する。
おそらく久保という女中と駆け落ちする形で尾道にやってきたのだろう。
論語の理解力だけは認めなければならない。
久保の子が慎一郎と佐紀子だったがこの二人は相当可愛がられたようだ。
しかし、駆け落ちの愛は長続きせずに、後妻に国友道子(遊佐)をもらっている。
道子は京都学派の西田幾多郎とも親交があったようであり、厳格な母であった。
そこで次男耕之補と三男重五郎を生んでいる。
耕之補は、幼い頃になぜかお風呂に入る習慣がなく、知的障害になっている。
慎一郎と組んで重五郎をいじめた成功体験から、のちに光太郎をもいじめている。
耕之補はビオラ奏者・芸術家と言えばなんでも許されたのだ。
次女靖子、三女杏子、四女朋子は、おそらく小林和作の子だと推測しているが、嫡出推定が働くことからあくまでも鉄之助の実子と表現してもおかしくない。
しかし、鉄之助はこの「三人娘」に「腎臓を片方取ってしまう」という小林和作への「報復」を行なっている。
また、慎一郎や佐紀子の頃とは打って変わって、小林和作の子である三人娘を「羊」としてしまった。
駆け落ちしたときは「北海道帝国大学の医者が尾道に産婦人科を開業する」と言っただけで広島銀行がお金を貸してくれた。
おそらく高橋朋子の主人の高橋正男はこのことから出入りしていた銀行マンであろう。
後妻の道子の心はいつしか言語不明瞭の鉄之助から離れていったであろうこと、しかし、糖尿病になったことから鉄之助と離れられなかったであろうことは想像に難くない。
また、金がすべてという発想も言語が不明瞭だったことから来るのかもしれない。
しかし、三人娘の激しい権力闘争が展開されたことはおそらく事実であろう。
三宅が離婚した後に、鉄之助の「女関係をコントロールし、お金をもらっていた」あるいは「芸術家として鉄之助を歌った詩を残した」可能性は確かにある。
産婦人科を廃業したあとに道子の弟・要蔵の妻と不貞を働いたために旧産婦人科の大部分を要蔵に奪われている。
その後は、旧産婦人科の一部を借りるという形で余生を過ごしている。
鉄之助は難解な書物を集めたり、美術品を集めるのが趣味だった。
すべて、岡山県立博物館に寄贈されている。
赤を憎むことから高橋朋子の美の探求は、始まっている。
母が好きで、思春期に痩せていなかった。

1452584020162.jpg
ひまわりの静物

ギターの「木」と「赤」が、学問の推進力となるが、彼女は、学問よりも「可愛い」を選んでいる。
小野光太郎の父、重五郎(三男・朋子の兄)は、真っ赤であり、どれだけ憎まれたであろうか。光太郎も真っ赤に染まっていった。
光太郎が東大文一に合格したとき、尾道に招かれた。
北枕で寝ようとしたときに、鉄之助は「好き好きじゃけん」と言った。
尾道ではタブーとされていたことも、光太郎には許したのだ。
道子おばあちゃんも、光太郎の一膳飯を「もうええんかい」と許した。
「赤」それは学問のつぼみだった。
鉄之助の死後、道子あばあちゃんを重五郎が一時的に預かった。
光太郎は道子おばあちゃんに「東京で勉強してきます」と言ったら、道子おばあちゃんは、「よく言った」と、両手を広げて駆け寄ってきた。
赤いつぼみ、それは道子が最後に託した希望であった。
光太郎は「小野の男」と呼ばれ、親戚中に憎まれたのだ。
クリエイションのあとは、人生に迷いしかない。
これをリデンプションと呼ぶ。
一族の迷いを解決する男と目されたのであろうか?
鉄之助は、光太郎を前に、「ワシはもうこの世に興味がない。年賀状も出さん」と語った。
千光寺の自分の絵を見に行くように命じた。
そのようなエピソードも、高橋朋子にとっては、100分の一のストーリーにすぎなかった。
光太郎が作ったマキシムも、高橋家で忠誠心を維持するためには邪魔でしかなかった。家族をまとめあげるためには知識は邪魔なものとなってしまったのだ。
AGF マキシムCM 80年代
光太郎が社会で認められた。そのとき高橋朋子は、黄色という「男の大輪」を咲かせたのだ。
七色の光線が作り出す世界、仕組みは知らない。
花にも絵にも「紫」を使っている。
へこたれた息子も、ビオラ奏者の兄(耕之補)も憎しみの対象だったけど、高橋朋子が励まさなければならない対象だった。
背景の藍色だけは補色が明確ではなかった。
娘(恭子)が背景だったのだろう。
夫の正男への愛だけは白としてさりげなく描かれている。
軍隊式トレーニングをやっている広島カープも憎かった。
花瓶は不安定でも、大輪の花を咲かせたのだ。


1452652210821.jpg
びんと卵

高橋朋子には酒を飲む姉、佐紀子と、兄、耕之補がいた。
父、鉄之助は大酒飲みだった。
卵は人間を洗練させるものだ。
酒でごまかすのを高橋朋子が嫌ったことを光太郎は横浜に招いた時に確認している。
人を疑うことも知らず、悪口も言わなかった鉄之助、しかし、人間に対しては。鈍感だった。
爪が黄色くなるまでタバコを吸い、87歳で亡くなった。


1452738897239.jpg
大学生のモデル

四女としての抑圧があった高橋朋子は、大学生のモデルという作品で、女性の胸を大きく開けた。
つまり、胸が性感帯ではなく、みんなに見てほしかったのだ。
これが、下の娘が受ける抑圧というものなのだ。
赤を憎んだ理由は抑圧にあったのだ。


1452908715832.jpg
夜の響き

高橋朋子が聞いた男たちの言葉は右耳から入り、左の胸に行った。


1452974890571.jpg
おどけ

大きな目は美しい女性という意味だ。
高橋朋子の自分のイメージだった。
おどけを愛したのだろう。
赤い唇は男たちを癒した。
加藤登紀子さんのリリーマルレーンのようだ。
黄色は金星。明けの明星という色褪せた服も、宵の明星というハイカラな服も癒した。
鉄之助の先妻の子、慎一郎(高橋朋子の兄)はおしゃれな宵の明星であったし、後妻・道子の子、耕之補、重五郎は、明けの明星であった。
慎一郎の妻・行は、「私は浪花節」と発言している。慎一郎の浮気によって自分の地位をむしろ高めていたのだろう。
鉄之助が怖かった。おどけた兄を流し目で誘惑せずに、目を背けた。
おどけた兄はおそらくおしゃれな慎一郎だったものと思われる。
NHK社会部に遊び人がいると言われ、山登りの番組に出演したりしていた人だった。
鉄之助は、宴会をこよなく愛した。
靴下を履かない家であり、それが糖尿病患者を出したが、それも家の文化だったのだろう。
鉄之助も耕之補も、糖尿病だった。
鉄之助は、尾道の玄関に「来るものは拒まず、ただしどろちゃんはのぞく」と書いていた。
由来は漢籍にあった。
「若者は目標を持っているから友達はいない。しかし、40歳、50歳になったら人が大勢集まってくるようになる。その事を人々に語ろう」という意味だ。
光太郎が東大文一に合格してから、わずか半年で亡くなったが、人々とその事を語り合ったのだろう。


1453003587332.jpg
かれいのある静物

高橋朋子が、どこで何を食べたかをよく記憶していることを光太郎は知った。
食べ物とは争う理由であり、彼女の生い立ちが、七人兄弟だったことから、争いの多い家庭だったことが伺える。
食べ物を食べると「争う理由などないじゃないの」とみんなが思えたのだろう。
末っ子の気持ちとはそのようなものだった。


1453005022165.jpg
座るモデル

この女性の胸を見てほしい。
抑圧を受けていない女性だ。
つまり、長女の佐紀子だということがわかる。
佐紀子は、親指を立てて「部落の人には敷居を跨がせない」と発言したのを光太郎は噂で聞いた。
名家に嫁いだのだ。
亡くなった人はもはや二度と私に干渉しない。
そんな想いから描いたのだろう。


1453005752477.jpg
奏でる

道子には、三人娘がいたが、靖子、杏子、朋子の三姉妹だ。
杏子は「靖子は優秀、朋子は可愛い、中子は損をするもんだ」と光太郎に語った。
杏子は、2000年に光太郎と会ったときに「道子を憎んでいる」と発言した。
「母にされたことを娘たちにしてしまった」とも言った。
女性が挿入に対して天真爛漫ではいられないことを考えると体を売らされた可能性は否定できない。
このビオラを演奏している女性が靖子であることが分かる。
靖子は鉄之助のいやらしい側面を見ても三姉妹のなかで最初に関係再構築に成功したことを、背景の鉄之助の姿で分かる。


1453006757956.jpg
酔いしれて

この胸元と、お酒を飲んでいることから、朋子の長女の恭子がモデルであることがわかる。
酒を飲むのは恭子だけであり、母と弟は飲まなかった。
ストレスを恭子が感じていたことを指摘できる。
意識レベルを下げて、自分のフェティシズムの世界に酔っているようだ。
ドイツやアメリカに憧れたのが恭子だった。
朋子は、ライアンというアメリカ人をホームステイさせたことがあり、恭子との関係は不明であるが、恭子が日本人に満足できなくなったのは認めざるを得ない。
すべての家が改革を望んでいる。
高橋朋子の夫・正男が銀行マンであったことから、お金目的の結婚であったことは否定できない。
お金目的の結婚は資本主義の宿命であり、そこから「結婚に愛がともなった」と説明するしかなくなったことも知らなければならない。
男性優位の家庭となったため、恭子は、弟のことを「カズくん」と呼んでいたのを光太郎は聞いていた。
それを一人で呑み込んだのだろう。
娘・恭子と母、朋子は、ライバルであるから、当然、朋子は娘に自分のロマンスを自慢している。
そのためにカズくんは母の純潔を信じておらず、決してインテリではない。

1453007349802.jpg
バラⅢ

子宮というのは「神秘的なバラ」と呼ばれる。
神は子宮から生まれるのだ。
光太郎のことを表現したのだろう。
光太郎の母、登始子の四人子供を産んでも太らない体質をバラと表現したのかもしれない。
登始子には、耕之補の妻・博美がいて、博美にも四人子供がいた。
二人はライバルだった。


1453250025857.jpg
バラⅠ

白というのは「政治的権能がない」という意味だ。
バラシリーズを重ねるにつれ、赤みを帯びていくのが分かる。


1453250264638.jpg
翔Ⅰ

そしてその政治的権能は、孫の翔シリーズのメシア信仰につながっているのが分かる。
しかし、高橋朋子の夫・正男は、翔が大きな仕事をすることを望んでいないことも知らなければならない。


1454324745660.jpg
翔Ⅲ

生まれたときは、「光太郎のように」という願いを込めて赤に染めた翔シリーズも、成長していくと、「お母さんと結婚したい」と言い出す。
それはまるで女の子のようでもあり、女性の色である黒に染まった。
しかし、やがて翔は、エッチなことも覚え、なんで俺は女の子が理解できないのかな?という硝子の少年になるのだろう。


1453243424168.jpg
バナナの静物

バナナは、なまものだ。
なまものを食べるときには、自分の敵について冷静に考えることができた。
高橋朋子が、なまものを描いたときに赤が際立っていることが分かる。


1453251213748.jpg
まどろみ

高橋朋子は、母・道子から自立したときに、ようやく母の実践を覚えた。
夫の方がお母さんよりも面白いじゃない?
そんな気持ちがキッチンを安心できる場所にした。


1453252251209.jpg
笑う

大人の権威の中に見える驚きが高橋朋子にとっては笑いであったし、逆らってはならないものに誰かが逆らった時にも笑った。
赤にいろんなものが逆らった歴史だった。
重五郎が、都立一高(日比谷高校)に合格したときも、鉄之助が腰を抜かしたために笑った。



1455000341642.jpg
翔Ⅲ

下ネタを覚え、笑いをとるもの。しかし、それはジェラシーをともなわないものなので人気者だ。
ガキ大将が、男たちの思惑をおさえつける。
群れの主とは、暴力にある。
しかし、顔の左右対称を子供の頃は見ておけばいいのだ。

2016年1月10日 (日)

田中珈琲店~女の子のハルシネーション

「考える」というのはフェミニンサイドの営みだ。

音から色へ、そして、クラスメイトの男子。将来の約束があるような気がする。
それが男性の声。

私の声を聞いている人は、どれだけ世界が広いのだろう?
そして、私の声を聞いて、私をどのようにヒロインにしてくれるのだろう?
勉強ってなあに?女は聞いたことを文学にしているだけ。
男前の言うことは本当に良く理解できるの。
男が私にタッチする時、圧力や、熱、痛みを探すの。匂いも感じてみる。
男が何かの一線を越えてくるのよ。
こんなことすら、別の男にやられたら殺すというのよね。
ビジュアル以外にも、シチュエーションが大事になります。
もはや、私の信仰なのかもしれません。
OIL Vol.53【ゲスト:田中有紀美】予告


有紀美さんの歌のテーマは「子供の頃、女の子だったはずの少年が男としての自覚を持った」「その男の子に有紀美さんがどのようなリアクションをしたか?」あたりでしょうか。
有紀美さんの歌のイメージ「赤い光を見た。夕日が沈み、エルムの木の枝の黒さを見た」「鹿が、鮮やかな芝生を群れを作ってあるいた」
鹿、エルム、夕陽。もはや調和とノイズではなかった。嵐によって鳴らされる鐘だった。三つのエンジンがあった。飛行機、フォルクスワーゲンとベンツの区別、ドアをバタンと閉める音。もはやアコースティックではない世界となっていた。
私には男の子達が鹿や夕陽に見えるもの。女の子は言うのです。
男の子に癒されたい、でもだんだん変わってくるの。
男の子の変化についていけない。
そして私は内向きになった。
配信限定Sg「フレンズ・アゲイン」 視聴

男の子が考えるようになった「あそこ」「俺の才能」「俺の心」が、女の子にはついていけない。
雪に覆われた教会の庭。
真冬だった。
でも、春だと思うのも自由だったし、秋の紅葉を想像するのも自由だった。
あそこを触られるのは生々しすぎる。
男の子の気持ちが分からなかった。
分かる子もいれば、分からない子もいた。
男の現実を突きつけられたこともあった。
教会の庭にはもはや私を癒してくれるだけの男の子はいなかった。
それを知った。
私もすぐに慣れるのかな?
大胆になったら、純粋でネガティブな世界に戻っていくだけ。あなたはただのバカじゃない?
歴史のお勉強をしたの。
私の世界は広がっていくのかしら?ステップを上がっていかなければならないでしょうね。
私は凡人を知っている。
しかし、夢も見た。憧れの人もいた。
学校の授業は理想の男だった。
勉強ができる男の子に何かを感じた。

女性が黒い服を着る。私の心を聞いてください。
「夜半の月」 田中有紀美 アコースティックライブ田中珈琲店20杯目より

「自分の限界」はどこにあるのかしら?
自分にはないものを持っている人が好き。
他の人にはないもの。
それは何か説明してよ?
コインはなぜ潰して形を変えてもいいの?
「色が同じならいいだろ」
人生が長いことに気がついた。
凡人も偉い人も同じだと気がついた。
凡人と偉い人の区別もつかない私も凡人だった。
田中有紀美 - 愛染 aizen (acoustic ver.) - LIVE

夢の中の彼とデートした。
私の嘘にも耳を澄ませてくれた。
有名人が凡人としてデートしてくれるの。

デートの気持ち。
彼は凡人、でも動いている。
考え直さなきゃな。
何も邪魔しないで夢から目を覚まさせてくれるから。
「彼の言葉」

言葉よりも一緒にいること。
彼は男ではないの。茶色の風景。
正しくは茶色ではなく、何かがおかしな茶色。
彼は何を知っているの?それを感じるだけ。
心のペイント。
赤は勝負の時
緑は真面目になろうと思うとき。
茶色とともをに歩もう。
緑色で真面目になろう。
赤でもっと心をひらこう。
男とは赤でなければ勝負できない。

レベル1
私の心はあなたにはないの。
いいかげん。

レベル2
雪の日の教会。
すべてが平凡。
男の人は動かないの。
白い壁が黄色になるとき、現実の男に気がつくの。
早すぎるセックスでも目覚めることはないの。

ウラジミールは、ペガサスについて考えている。
「信じている男はそういうもの」

エッチしたら子供ができるの?
愛と憎しみ、怖いな。
ウラジミールは、芝生の上の蛇を見ている。
「あそこ」ではなく芝生の上。
レディマクベスは、男の前の「掘っている人」を見たのであって、レディマクベスを男が掘ったのではなかった。
男なんていないよ。
アコースティックライブ田中珈琲店6杯目オープニング映像

ピアノの中を覗くと、ストリングスをハンマーが叩いているのが見えた。見てはならない気がした。

癒し系の男は凡人だ。
彼の言葉を聞くたびにフリダは「寒いね」と言った。
赤い立方体を見たから。
人間が、とても男らしい言葉を話すのよ?
経験に満ちていて、何を話すかを本当は黙って聞いていたの。
そして、双子の弟を探しに行った。
男の言葉だけを持っていったの。
お父様はいます。
ロケーションを変えて、双子の弟との経験は同じなの。
Cの対象が赤い立方体だとしたらどうなるかしら?
それだと現実でしょ?
どこでもいいでしょ?
「左への4回のターン」
階段を上る。
滝を見た男のもとを去り。
男が私を見送る。
どの新聞に書いてあるのかを考えたの。

男の知性のかっこよさ。色あせた服は、明けの明星。
おしゃれな服は宵の明星。同じ金星。
本当の価値って何かしら?
二人の男が同じロケーションにいたら赤い立方体。筋が通っている人。この人は茶色に見える。
光と影。電車が希望に満ちる。
茶色が明るかったり暗かったりするだけ。

はるか向こうに何があるの?
左、ここ、あなたの前や後ろ。数秒前。
いろんな方向から音が聞こえる。私の体の特別な場所。
私の目とそれ以外。
音が左から聞こえる。
右から聞こえる。
二つを比べる。
私はプリミティブ(もう子供でも動物でもないの)
経験には言葉が必要なの。私が好きなシナリオをつくってよ。左の耳、右の耳。
でも胸があるでしょう?
世界はこの三つ。左の胸、右の胸。
赤い立方体次第なの。
「じゅうなな時ゼロゼロ分」と「午後五時」の違いが「今」にある。
いつか分かる、あなたが私の真ん中だったこと。

田中有紀美 - 忘れないでね

先生の言葉は三次元ではないから、その場を共有して生き残るだけ。
それが先生。

「役に立つ」それが進化だ。
人間が発展していく上では、もっともっとポエムを変えていかなければらない。
男なら誰でも持っているフェミニンサイド。

急激に肉体で男を感じたら終わってしまうということと、それをどのように正当化するのか?という学問だ。
一度の経験を真剣に考える女もいれば、他の男も経験してみようという女もいる。
天真爛漫なリアクションをする女はほとんどいないとされている。
急激に与えられた経験であったか、思いきってやってみたかで議論を分けなければならない。
「デートに誘われて、バージンじゃつまらない」(セーラー服を脱がさないで)と言われても相手がいないじゃない。
「この人なら確かだわ」「間違いない」と思わないとやらない。
「間違いは許されないの」
だから、意に反するものと、望んでやったものは違うのよ。
感じかた、感情、雰囲気を作ってください。
色、形、音、なんでもいいの。
男は同じでも、クォリティー(哲学)がちがうでしょう?
後から気付く事もある 田中珈琲店18杯目後
「デート」という幻。
女のハルシネーシヨンをご存じかしら?夢のない人だわ。
コインを違う角度から見せてくれたり、白と別の色を説明したり、お湯の上の方が暖かいことを説明するだけでも哲学ではないかしら。
あなたに分かるわけないじゃない?私の心にはピンクのラットというあり得ないものがあるのだから。
「これは違うな」
いつも思うわ?
生々しくないものと、生々しいものがある。
生々しいものは二人だけの秘密にしておいてください。
あなたがくれた幻へのご褒美。
抱かれたら私の幻が終わってしまうのよ。それだけは知っておいて。

口説き文句に問題(精神障害・身体障害)を持ち込まない人が好き。
だってそういうのって強引じゃない?
映画『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』予告編

男たちに囲まれると、私は彼に触れることができる。
形、ぬくもり、服、空間を歩くと不快な臭いの発信源がわかるの。
「キュー」
どのように距離をおこうかな?
覚えている風景、私が発信する風景。
「適切」なのは三次元ではなく、光と色の二次元の対応をとること。
目の動きを使う脳幹理論。
モジュレーションを暗記するヤマハリ理論。
大胆な決断をするしかないとき。
肉体へのインプットをしている人。
分からないときはメチャクチャにしてやろうと思うだけ。
2010/04/23 高橋尚成 7奪三振ロングリリーフ

ターゲットは、目の16度から18度、斜めに見るの。左目が間違いを犯したから右手を右に伸ばしたの。右手を伸ばすと残像が消えるから。
レナードは、第3ラウンドに、ハーンズは、第5ラウンドに右手を伸ばし、残像を消した。
何度も何度もパンチを交換して、ターゲットに到達するための情報を集めたの。
相手も動くし私だって動くでしょ?
モジュールなんて分かるわけないじゃない?何度も何度も仮説を練ったの。
人は「瞬間のコピーがあるだろ?」と言うわ。
でも、記憶の消去と、都合のいい改竄だけがあった。
でも、だんだん分かるようになってきて、彼を驚かせてやろうとも思ったの。
だんだん単調になった彼にORDを食らわせたわ?
うん。13ラウンド。
だって、私だけが二人のルールを見つけたから。
私の方が彼をよく見ていたのかな?
それは、準備していた、美しくもあった「ライトサイドアップ」
右を当てた瞬間、すべての風景が吹き飛んだわ。
一週間前も思い出したし、すべてが逆さまになった。
彼の頭が逆にねじれた瞬間の喜びが分かるかしら?
彼の筋肉、内蔵、間接は、私のORDの消費者だった。
私の七次元ってどんな気持ち?
彼の手首、ひじ、肩が壊れていくのが見えた。
私は、彼の目が見たくて彼を追いかけたの。彼の権力批判が見たかっただけ。
Sugar Ray Leonard vs Thomas Hearns — September 16…:

イチローは、ツーストライク、ワンボールで、外かワンバウンドしか相手が投げてこないことを悟った。
ところが、一球、遊ばれた。
右腕をピッチャー方向に伸ばして残像を消した。
WBC 決勝 韓国戦 「イチローの8球・・・神が降りた!」

右目のレンズを180度まわしてみた。左目をつぶって。
三日間で21.5時間、
次は8日間で81.5時間。
そうしたら、頭の上から、私の首のあたりの高さに私が眠っているのが見えたの。
首の下あたりの高さに手を動かしていた。
この空間だけは私のものだと分かった。
首の下あたりの高さに眠っている私。
見えるし触れるし、この空間にだけは間違いがないの。
ライトサイドアップは、第5ラウンドに訪れたの。
お腹を狙ったときにORDが見つかった。
私を痛い目に会わせた人の反応が見たいの。
手はひたすら前や後ろに動き続けた。
この空気の中で、このシチュエーション。私は45秒間、手をだし続けることが安定だった。

彼のORDはたしかに効いたわ。
でも、あのロープとあのコーナーさえ避ければ忘れられるじゃない?
オブザーバーは、私のコーナーなのよ?
コーナーと、私と彼の関係を変えてしまえばすべての情報は変わるの。
でも、あのORDを受けた場所に戻ると同じダメージを受けてしまうから不思議よね。
「脳幹」ってあるでしょう?目で見ただけで反応するの。
それに委ねてしまうこともあるわ。
ORDをもらったとき、観客の声が聞こえたの。私がORDをもらったことを見られたみたい。
みんなが叫んだことを無限に悔やんだ。
でも、何をしたらいいかも彼らが教えてくれた。
ファンは野菜ではなく「Pの形」と言って、脳幹に動けと言ってくれる。
Evander Holyfield vs Lennox Lewis I


田中有紀美さんの形而上学「タバコを吸っている男性が嫌い」
何故なら「イライラしているし、不幸だから」
「私にはそのような男性にエネルギーをあげるだけの力がないの」

このワールドへの批判をする女性がいることは当然、指摘しなければならない。
「オーイェー!オーイェー!」といっている女性は、ロッドを「なにこれ」と思っているのだ。

TPD Dash 炎のように嵐のようにという曲は、関ひろみが「男になりきって歌え」と言われた曲だ。
女としてどのような気持ちであったであろうか?
炎のように嵐のように~MP3

「なにこれ女」
男をひたすら漁る女は、次第にロッドの大きさだけを求めるようになる。
デートもしないし、ひたすらロッドを「なにこれ」と思っているのだ。
このような女は、非常に天真爛漫に挿入というものを受け止めているが、
「男の心」を語らないという特徴がある。
男と、木やテーブルが区別つかない。
脚光を浴びるのが私の夢。
でっかいロッドでひらめくような気がする。
射精しか見えなくなる。
ヒントンは、女の失敗と呼んだし、マーティンもそう思った。
女の常識ってものがあるでしょう?とも言われた。
「凡人を見たの」でもたまに「すべての男が凡人だったというのは幻だったのかしら?」と思うわ。
「私ってくたびれた女」
「私に何があったのか分からないでしょう?」という意味しかもたず、男はぺニスを想像する。
「どの男もいうことは同じよ」とライバルを挑発する。
乙女の幻がない天真爛漫さをもっている。
男は木やテーブルに見えるため、「禿げてる」「太っている」も平気で口にする社交性を見せ、男に依存しながらも、話の内容は聞いていない。
偉い人もロッドのアイテムで感じる。
北海道の旅館が「ロシア人のマナーの悪さ」から、ジャパニーズオンリーという掲示をした。
このような理解が必要だろう。
「デートに3度誘って断られたら諦めるがごとし」(能見善久)
集団的自衛権の行使を容認する効果は「在日米軍基地が恒久的に日本にいる」ということである。
男のこの場面との関係を持ちたいの。
男のスタンドポイント(マウンド)しかなくなるでしょう?
私にはもう乙女のハルシネーションもないのよ。
上原 WBCでの一世一代のピッチング


【小野光太郎解説】彼女たちは、お兄さんがアイスクリームをくれなかった、ぶたれたなどの理由で仲間を作り、コロンビアではそのような女の子を軍事転用している。
はた迷惑な話である。

2016年1月 9日 (土)

皇位継承と残された神道体系

総社(宮内庁)と一宮(小野光太郎)。
神祇カルト(皇居)。
二十二社(東宮家、秋篠宮家、皇族、小野家)
八幡ネットワーク(小野光太郎に力を与えたDNAベイスターズの宗教)

これが神社体系だ。

小野光太郎は、オオヤマクイ(大宮)。
清子さんはタマヨリヒメ(宇佐八幡宮)。
子供たちはウブヤ神社で生まれた。

「山王祭」
比叡山の山男が、京都の軍事的要衝に五メートルもある御輿をおいて帰った。
いつでも侵略できるという意思表示だった。
京都の側もこれにぶちかましを加え、それを阻止した。
これが相撲の起源だと思われる。
今回、横浜DNAベイスターズの強化を一宮が行い、横浜鉄道網を支配し、東京に向かうものは川崎幸病院を東海道線から眺めながら東京に向かうという山王祭が行われた。

大人に裏切られた男~金徳大輔

経験を凝縮し、人生に意味を与える、それが詩だ。
一億人の「歴史のない子供たち」へ。

バリントシンドロームというのがある。
鏡を見るのが嫌いになると、声に反映される。
人の顔の区別がつかなくなり、車の区別もつかなくなる。
ひたすら鏡を見て、声を良くしていかなければならない。
いい声をしている男は非常に前向きだということは指摘しておきたい。

彼の誕生日はクリスマスの翌日だ。
クリスマスは、子供たちが大人に裏切られる日だ。
その翌日に彼は誕生日を祝った。
ロゴスの完成は、1492年にあったとされるが、彼はひたすらロゴスを待ち続けた。
「ハッピバースデー、トゥーユー。ハッピバースデー、ディア、ジーザス、ファッキンジーザス!」
ハッピーバースデー 金徳大輔

四つの糸からなる遺伝子。人それぞれ三百万の違いがある。
分かりあえない。
彼はひたすらロゴスを待ち続けた。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「糸」'15.10.10

お父さんは全世界を支配していた。お母さんと結婚したかった。
お母さんよりもクラスの女の子が好きになった。
しかし、女の子の心には火があって、言うことは全部嘘だった、
それが分からなかった。ロゴスが分からなかった。
センチメンタル  カバー 金徳大輔

山口県には仲間がたくさんいた。しかし、東京に憧れた。
待っていたのは孤独だけだった。
分かりあえなかった。
人間の本性を知り尽くしていた下町人情すら怖かった。
俺ら東京さ行ぐだ カバー 金徳大輔

僕は生まれた。僕のことを知ってほしかった。
知ってもらうことが愛だったし、知ることが愛だった。
金徳大輔君 大宮路上ライブ 「愛のかたまり」'15.12.10

女たちは「私たちにどんな価値があるの?」と考えていた。
彼にも分かって欲しかった。
ニューニグロのメッカはこうして始まった。
金徳大輔君大宮路上今年初「他人の関係」

僕は恋ををした。女の子の言葉をひたすら聞いた。
彼女は優しくなったし、僕はこの曲を作った。
恋は僕の栄光だった。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「恋の歌謡日」'15.10.10

女の子がどうやったら僕に振り向いてくれるのかが分からなかった。
けもの道だった。
自分が痛みを知らないと、女性の痛みも分からなかった。
女性は平気で僕を痛め付けた。
金徳大輔君 三浦市民センター「けもの道」’15.11.28

産業革命によって、直線が回転に変わったときに、男女は対等になったのではないかと思われた。
しかし、歩いているときだけは世界は男性を中心に動くのだ。
金徳大輔君 横須賀中央路上ライブ「歩いて帰ろう」'15.7.19

若者は、若さを無駄にする。
そんな時期は、天地創造だ。地球が一週間でできるような気がする。
浦島太郎のような、漁師が海岸を歩くのではなく、若者は亀なのだ。
亀が海岸を歩くと、その果てしない長さは「ビッグバン」という一瞬に表現するしかなくなる。
ウラシマ ver. Devil 金徳大輔

太陽は「炭素と水素が入れ替わることを永遠に繰り返す」ものだ。世代の憎しみもそうだし、高齢の年寄りは若者を憎むことを永遠に繰り返す。若者は、ひたすら高齢者に「感謝」される業績を残す以外に生き残っていく方法はない。若い娘を憎まない女性は太陽なのだ。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「太陽」’16.1.9

尊厳とは「その人を認めること」だ。権力者は大声でわめけば人が動かせると思っているが、そのような人は赤ん坊だ。おむつをはかせてもらいたいのが権力者なのだろうか?
ニンゲンノソンゲン 金徳大輔 2016.1.9

貴女が勉強しようがしまいが、貴女男の真実は貴女の胸にあるよ、ということが分かっていた連中は、ファラオに「チェリー」を選ぶしかなかった。
教えてくれないからやっちゃった。
金徳大輔君 三浦海岸ライブ「チェリー」'15.10.10

男性の知的空間は、女よりも上にある。
しかし、あなたは「天気」「宇宙」を利用して僕をコントロールしようとした。
晴れの日は、男の勝利だ。
男の勝利を願ってくれた君。
てるてる坊主 金徳大輔 2016.1.9

あなたの心には火があった。言っていることは全部ウソだった。出来事だけを聞くように耳を澄ませた。
でも、ウソを真に受けてケンカもした。
あなたが考えていることに興味を持つことが愛だった。
「what is love」 横須賀中央路上ライブ

火葬か。いつか復活したいのか。俺は花に囲まれて葬られたいな。
もし俺が何か間違ったことをしたのならば、花に囲まれた俺の亡骸を踏みつけてもいいよ。
俺は歴史の審判を仰ぎたいんだ。
「花葬」 横須賀中央路上ライブ

俺は父と母の肌の色の違いから「同調」を引き起こしてハンサムに生まれた。
モテるけど弱虫なんだ。
でも夢を見てもいいだろ。
【original】弱虫ドリーマー 2015.8.14 金徳大輔

キリスト教では真理が完成していたよ。でも、イスラム教も、ブレスレンがそれに対抗してアンダルシアに純潔をもたらしていたんだ。
アンダルシアに憧れて 金徳大輔 横須賀中央

少年は「あそこ」という言葉を口にするだけで女の子をメランコリーにしてしまうんだよ。
男の子だって硝子なんだ。
硝子の少年 横須賀中央 金徳大輔

君とチューするためにはクラスの中心にいなければならなかったんだ。
目立たないやつの方が偉くなるのは知らなかった。
でも、それが人間というものさ。
はじめてのチュー 横須賀中央路上 金徳大輔

サラリーマンは、背広を来ているだけで女性を安定させるよね。
ましてや、シャカリキサラリーマンとか言われたら、なにやっているかわからなくても、俺は頑張るしかなかったんだ。
アダム・スミスが社会の歯車になれと言ったんだ。
シャカリキサラリーマン 金徳大輔 横須賀中央路上ライブ

僕は男だ。いろんなことをいうけどあなたの右の耳から僕の声は入っていき、あなたの左胸に残るんだよ。
あなたは左の方向に立ち去ってしまうのかな?
ぬくもり、あなたの居場所 金徳大輔 横須賀中央路上ライブ

南米は、貧しかったよ。でも、ナンパをマルクス主義が教えたら豊かになった。
チョコレートも作ったよ。
君の心が欲しかったから。
君はチョコレート  金徳大輔

犬って面白いね。動物としての侮辱を受けていて、未来が食べ物に見えるんだ。
でも、女性や子供に「私の考えてあることは正しい」ということを教えてくれるんだ。
Pavlov's dogs

祈り

「神・死んだ親戚・特別な地位にあるもの」に祈っているのだ。
感謝、称賛、謝罪、許し、何かを求める。
一神教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)。

「神」とは、知ることができることは何でも知っている。
完璧な善。
その他のことは何でもできる。
外から影響を受けにくい。
変わらない。

祈る人を区別する。
「神を区別しているのか?」
神は単に「聞き」「その人に注意を払う」
神は世界で何が起きているかを知る。
それは完璧な善である。
「神を動かすつもりか?」

願いが叶えられなかったら?
明日、雨が降るように祈って雨が降った。
それでも祈りそのものは有効だったと言えない。部分的に願いを叶えたのだ。
「神を区別する」効果を持つ。

「神は変えられない」「神は外部からの影響を受けない」という二つの概念は影響を与えあっている。
「変えられないけれども外部から影響を受ける」そうでなければ「祈りは叶えられないだろう」とされる。
Bernard Herrmann - Taxi Driver (theme)

同情と許しによって他者の動きに反応するため、神は結局、変わるし、影響を受けるのだろうとされた。

そこで「神聖な」変わらないもの、影響を受けないもの、という発想が生まれた。

「問題なんて解決しないよ。神に知ってもらいたいだけだ」(トマス・アクィナス)

「神は何でも知っている」という議論がある。
将来はいろんなファクターによって成り立つワンセットのものだ。
すべてを知っているのならば、祈る人は有効に祈ることはできない。
「知っていました」というのでは祈る人はいない。
神の知識の限界というのは面白い議論だ。
オープンな有神論(人間は自由であり、真実はまだ誰も知らないし、神も知らない)という発想がある。
タクシードライバー 映画 ~浄化作戦実行シーン~ テーマ曲 (Taxi Driver)

「中くらいの知識」という見方。
すべての人、すべてのことが、ありとあらゆるシチュエーションに存在する。
神は、人間未来を知っている。
しかし、人間は自分の道を選べる。
それは、人間の問題であり、神の問題ではないのだ。
神は、その人の将来を知っていても、人間次第なのだ。
神が知っていること、それとは別のことを知らなければならなかったことを「カウンターファクチュアルパワー」という。

永遠を神は知っている。
だから、神は未来を知っているのであろう。
しかし、神は未来を決めてはいない。
永遠を目指しているのだろう。
神ならば、永遠ならば、誰とでも仲間になれるはずだ。
しかし、そうではないであろう?
男は自分が目指すし、女は他人が目指すことにしたがう。
神がこれを決めた。

2016年1月 8日 (金)

保守~ネオコンへ

カントが、様々な人間の経験を提示したあとに保守という立場が生まれた。
神学により治める力を理想的に強調した。
人間の完全性を求めた。
もはや、治めるというよりも経験だった。
理想と現実はもちろん違う。
モダンな哲学にすぎない。
父であることや、権威を重んじ、自由を選ばなかった。リベラルが主流であるにもかかわらず。
17世紀のイギリスの危機で、すべてがデタラメになったあとのフランス革命だった。
リベラルと、ファシズムという政治地図における右翼の見方に起源を持つ。
抽象的には政治だけど、生活の伝統に訴えかけた。
学説の反応でもなく、急進的右翼でもない。
ネオコンは、それが人間の楽しい生き方のヒエラルキーだとした。
あくまでも自分の利益のためにそのような発想をした。
多くは、イデオロギーでもなければ、神をも否定するとし、イデオロギーの間違いを避けようとしたのだろうとした。
政治は、社会主義やリベラリズムを生み出したが、ネオコンに対して「でも、何を守りたいの?」と問われ続けた。
変化が怖いという本能が人間にはある。
17世紀のイギリスの内戦の時にカレンドン卿が研究した。
背景に「自信のなさ」があったし、といつには常にあった発想であった。
フランス革命に向かった。トーリー党は、政府を守るために使ったが、トーリー党の幸運と呼ばれた。
「妻を愛するものよ、自信を持て」これがテーマになった。
産業革命を経て、「神聖な計画」が練られた。

2016年1月 7日 (木)

恋のチャプターAtoZ

Aキス。AとAではないが合わさって爆発する
B胸を揉む
Cセックス
D出産
E歴史上の人物
F凡人
G女性の自慰の対象、緑、日常。
Hなんの努力もしないで得るもの
Iマスコミ
J正当化
K三振
Lロケーション
M孤立
N会った人の数
Oおちんちん
P人々の声援、噂話
Q予言
R色。男の見た目、体重、場所。赤。キスの数。半径。
S業績
Tセックスした男の数
U穴
V価値を与えるもの
W自分の世界
X射精
Y他人
Zポジティブ。プラスであれば倍にできる

さて、小文字は、「大文字の数を重ねていく」ことを意味するが、
数を重ねてもきりがない、議論の必要性を感じないアルファベットとして
jvwxyz
が挙げられる。
正当化してもきりがない、
価値を与えてもきりがない、
自分の世界見きりがない
射精してもきりがない
他人のことを考えてもきりがない
ポジティブになってもきりがない
これで、すべてのアルファベットを意味は明確になる。

恋のチャプターAtoZ.

妻と子は、詩にできないとしたプラトンの言葉を知ってほしい。

平成天皇光太郎理論

明仁さんという家の番人がいて、かつてはまだ18歳だった小野光太郎を、裕仁は可愛がった。
16歳の時に、アメリカに渡ったときに、裕仁は、光太郎に「国家の最高指導者になるためのまじない」をかけている。
しかし、中曽根康弘が明仁のためにファイナンスを行い、明仁を勝たせている。
裕仁が、亡くなり、光太郎は東京大学法学部に進んだ。
あと五年、裕仁が生きていれば、光太郎が即位したであろうとされた。
今、平成は28年となったが、44歳になった光太郎と明仁の対立が抜き差しならぬものとなり、明仁は82歳となっていた。
この時点で、たとえば、憲法の定足数ですら法律で変えられるということを知っていた光太郎は、「平成引き継ぎ論」という案を練った。
明仁は「カラマーゾフ家の門番であった」ということにし、光太郎が平成を引き継ぐことにしたのだ。
これで、学問を深めた光太郎は、日本国の不安定さを取り除くとともに、戦後最長の好景気があったにもかかわらず「失われた20年」と揶揄された平成の空気を変え、小男の老人からの若返りを天皇が果たしたという形で、平成の君主としての地位を引き継ぎたいと思う。
目的は「平成は昭和を越えるだろう」ということにある。
簡単に記したいと思う。

天皇光太郎。

ファミリーライン(インペリアルライン)というのは確かに重要な問題である。
しかも、Y 遺伝子が男児にパワーを与えるという理論は、アメリカでも根強かったのだ。
しかし、もはやそのパワーも信任しがたく、アベルの血と説明することも可能であるし、羅山の考えたファミリーラインという発想に、新たな理論を吹き込むことは、リチャード二世と、リチャード三世という形でシェークスピアも偉大な作品を残している。
自殺というものは「それは私たちの血ではないでしょう?」という気持ちから引き起こされるものであり、「血」というものを語ることにより、今まで皇族が孤立してきたことも知らないといけない。
今回の出来事は、文化の発展のために非常に有意義なものであるとともに、論壇とも私は十分に渡り合える力量を身に付けているということは指摘しておきたい。

JSミルは、信教の自由は王子のためにあるとした。
私、光太郎は本当に宗教界に強烈な存在感を持つに至ったことから、古典の重要性も再認識した。

また、文書・会計・庶務の官房三課が宮内庁において、あまり機能しなくなっており、文書(法律を取り仕切る部門)も、まだまだ学習が必要であると考える。

たしかに、人間は政治コミュニティーで生きている限り、敵もいるし、邪魔者もいる。
しかし、そのような人から学ぶことを「隣人愛」と呼ぶ。
政治コミュニティーで死人がでないだけでも"Kingdome come"なのだ。
国体概念とはつまり、「天皇と国民は道徳的意味においてひとつ」ということであり、道徳とは「山」であり、邪魔者だ。
金森徳次郎国務大臣が、宮澤俊義の質問に答える形で、国体概念に「道徳」という言葉を引き込んだのは、まさに卓見であり、いかに障害物をなくすかという課題を国民にも求めたものである。
U2 - I Still Haven't Found What I'm Looking For …:

仕事するならプロテスタント

資産家であり、16世紀の知的な男だった。
学者の人脈を作り名声を高めた。
ラテンの学問に通じ、怒りを出版した最初の人となった、
教会、安全な社会の無駄遣いへの批判があった。
人間の瞬間を理解するのに都合がよかった。
新約聖書はここでまた変革を迫られたのだ。
誰よりも知的に、プロテスタントが生まれた時代に集会を開いた。
ルターは彼のせいで黙ったわけではなかったが、ルターの言動に納得がいかず、教会の改革を迫った。
女性は彼に冷たかった。
カトリックも、エラスムスのルター批判を真剣には取り上げなかったし、ルターの業績を乗っ取ろうとしているのだろうと考えていた。
しかし、彼はルターのゴーストライターもやっていた。
彼は、平和的で緩やかな教会の改革を望んでいたが、熱心なプロテスタントが、彼に期待し、権力や富よりも信じられるものを書きなさいと叱った。
英国のヘンリー8世や、エドワード6世は、エラスムスを称賛した。
これで俺たちは男になれる、そのように国王は思ったのだ。
英雄物語である新約聖書は、ここでまた書きかえられた。
アルメニアや、オランダ、フランスには、彼のファンが根強く残った。

ルターとの争いは「自由意思」にあった。
中世の教会では、バビロニアの売春婦のような、エデンの園があり、軟弱な男に支えていたのだ。
この軟弱な男(アダム)をめぐって対立したのだ。

ロシアと中国

「中国とロシア」
ロシアと、アメリカ、西ヨーロッパの関係は、冷えきっていた。
そのため、中国とロシアの暖かい関係が注目された。
しかし、この関係は今後を予測しなければならない。
北京とロシアの関係は脆弱なのだ。
「都合のいい結婚」とも呼ばれた。
近づくのも目に見えているし、喧嘩するのも目に見えている。
イデオロギーが違うのだろうと考える者が多く、反米、反西ヨーロッパ勢力が、これを利用しようとしているのをアメリカは見ている。
しかし、これは間違った見方だということを、そのような勢力は知らないのだ。
冷戦の終結は、二つの国を近づけてきた。
シリア、ウクライナ問題にロシアは巻き込まれた。
中国はロシアとの正式な同盟は望んでいない。
反米、反西ヨーロッパのブロックにも興味がない。
国際社会のつながりを強めることを望んでいる。
19世紀の終わりから、20世紀の中頃まで、中国はロシア帝国の同盟に参加した。
しかし、長続きしないことがわかった。
力が違ったのだ。
ライバルであったし、信頼していなかった。
1989年、ソビエトが崩壊した。
それによって関係は正常化したのだ。
お互いを尊敬し合えるようになったのだ。
対等、そして相互利益。
同盟を結ばない。争わない。第三の国を標的にしない。
ロシア連邦は、大西洋主義にアプローチした。
西側を信頼し、助けた。
西側が示した経済改革を取り入れるだけでなく、妥協もしたし、核削減も行った。
1992年に、NATOの東への拡大の時、ロシアはアジアを見た。
「友人」中国とロシアは言った。
お互いの発展過程を尊重し、社会システムやイデオロギーが、お互いの関係の障害にならないようにした。
しかし、この20年で関係は深まった。
貿易、投資が巨大化したのだ。
2011年に中国は、ロシアのもっとも巨大な貿易のパートナーとなった。
2014年だけでも、中国のロシアへの投資は80%増えた。
トレンドは、いまだ強い。
1990年代の50億ドルから、1000億ドルへと増えた。
パイプラインを作ることにも合意した。
2018年には、380億立方メートルの天然ガスを毎年、ロシアから中国へ送ることにした。
さらに、核エネルギー、航空宇宙技術、高速鉄道などでのつながりを深めている。

2016年1月 6日 (水)

メンデル

秋田美人とは何であろうか?
ヨゼフ・カーディナル・ラジンガーは、日本の秋田県で「マリアさまが見つかった」として、ベネディクト16世になっている。
ドイツの血を秋田に持ち込んだのだ。
「フランスの水を飲んだ」と言われるが、ドイツの権力が秋田県に食い込んだことを意味する。

親からの遺産、発達の仕方の説明の研究。
ウィルヘルム・ヨハンソンが二つに分けた。
ジェノタイプは、DNAを問題にし、
フェノタイプは、肉体、仕草、大きさ、形、メタボの可能性を問題にする。
世代の一方通行とも呼ばれ、のちの世代のものが優位に立つ。

ジェネレーション1  2 3 n
継承(ヘレディティ)
ヘレディティ
ヘレディティ

ゲノムの発展

フェノム        「私」

オーガスト・ワイズマンが、ジャームプラズムと、ソマトプラズムにさらに分け、ソマトプラズムに「環境が影響を受ける」とし、
ソマトプラズムにフェノタイプ、ジェノタイプを入れてしまった。
フェノタイプ、ジェノタイプに目をつけたのがメンデルだった。
フェノタイプの研究で、赤い花と、白い花を交配させ、「二つのファクター」の「支配」が変わっていくから色が決まるとし、これを「ゲノム」と呼んだ。
メンデル第一の法則「子供の個性」
第二の法則「お母さんそっくり」
第三の法則「遺伝だねえ」

DNAという「四つの糸」の研究が進んだのは1940年代だ。
ジェノタイプの研究がDNAであり、RNAから、タンパク質に情報が伝わるとしたが、すでに獲得した能力が伝わらないことの説明であるとともに、「ゲノム」(支配)の説明でもあるとされた。

赤の他人とは、平均で300万の細胞核の違いがある。
双子とクローン人間以外は。
しかし、ミューテーション(突然変異)があり、これも同じではないのだ。
ひとつの細胞は全く違うものになるというのが突然変異であるし、環境も違う。

しかし、これらの研究も、あくまでも「実験」で得られたものなのであり、人間の一側面を説明したにすぎないのだ。
肌の色はエンザイムという概念で説明した。
女性のタンパク質と、女性の遺伝子、でエンザイムが決まる。

1452042708146.jpg

マイケル・ジャクソンの子供たち。

コントローリングエレメントと、タンパク質でエンザイムは決まる。

1452043009371.jpg

DNAとタンパク質は、「たくさん対1」である。
これが、ジェノタイプの基本だ。
ゲノム(支配)の暗号は、エンザイムには影響を与えないが、同調しようとする。

1452059561358.jpg
白。

1452059563775.jpg
イエロー。

1452059564509.jpg
同調。

天皇明仁の好みの女性は、「母に似たもの」だ。
つまり、良子さんは色が白かった。
白人の血だ。
「宮中某重大事件」とは、白人の血にあり、エンザイム概念がない時代には「色盲の問題」として伝えられたのだろうと思われる。
背景には、島津家が、英国による同化政策を受けていて、これを良子の父邦彦が応援し、北一輝も怪文書をばらまいたりして、その資金を財界が処理したとされる。
山県有朋は、このときに反発して、生涯、屋敷を出なかった。

「同調」を行うと、人間は忍耐力がなくなり、忍耐やスポーツを強制すると目の位置が離れていく。
これに注意しなければならない。

1453177272754.jpg

膠原病の原因も、この「同調」にある。
肌と、筋肉、関節などのいかなる接触点にも問題を引き起こすのだ。
このへんは、今後の調査が必要だ。

2016年1月 5日 (火)

思考盗聴スレと、メンバーの波

EPRパラドックスというのは、アインシュタイン、ペドロスキー、ローゼンの頭文字をとったのですが、
量子論の核心部分と見なされました。
同じ方向に動くものがどのようにまとまるのか?という議論です。
我々も、記憶さんやグレンと同じ方向に動いていますが、
「各自がいろんな波を引き起こしながら動いている」
ということと、
「各自がいろんなアクシデントと遭遇しながら動いている」
という二つの観点から、おのずと解決法は見当たるだろうという研究です。
分裂さんの今の心境でしょうね。
ソルバリー会議でアインシュタインは、この問題を、「各自が引き起こす波はぶつかり合っているだろう」とし、
量子は「問題」という小さな穴をくぐり抜けるたびにおのずと自分の方向性を決めている、とし、
各自がぶつかり合うときには輝きがなく、不快感だけが残るとしました。
そのたびに「二つのビジョン」が残るとしたのです。
お互いの思惑や、矛盾を知り、
個人の属するコミュニティーの調和の世界に戻っていくのです。
空間の広さが各自のアンサンブルを求めます。
距離感もあるし、不確実性もあります。
ローカルな思惑がそれぞれあるのです。
記憶さん、グレン、そして私の世界でしょうね。 
ボーアはこの問題に関して、同じ方向に動いているのならばトータルな勢いはゼロだろうとした。
両方の行動原理は全く異なることにも着目したし、
だんだんお互いのことが予測できるようになるとした。
お互いが真似をしあうことが分かったのだ。
それが同じ方向に動いているだけなのです。
両者の違いもだんだん測定できるようになるし、
どちらか余裕がる方の笑いの大きさも違う。
違いがないはずだった動きが、だんだん片方の動きを止めてしまう。
片方の「影響力」が違ってくるのです。
そうやって、グレン、記憶さん、私のいろんなものが予測できるようになる、
というのがボーアの考えでした。
波のシステムってのは限られているんだよ。
イニシャルポジション(スタート地点)が糞の生まれの俺の起こす波は、グレンや、記憶さんとは違うとか、
いろんなものを「予測したい」のだ。
同じ方向に量子の動きを向けてみたEPR はたしかに面白い。
自信を持っている波「パイロットウェーブ」もある。
しかし、男社会で「猫」(女性)の波の起こし方が、男とは違うだろうと指摘するだけで、この議論は全く別の研究が必要となるわけだな。
波の空間に「猫」を置いてみると、「好きなことしか興味ない」「好きと嫌いが逆転する」
という、奇妙なフィールドが作れる。
この空間が人間社会であり、波の発信源がどれだけ強くても、
「衝突」と「このようなデータが出ていると証言するメディア」の二つの和解は困難だ。
これがシュレディンガーの猫という問題で、より物理学が人間社会に近づいたものと思われる。
男は「波の発信源の強さ」を大袈裟に語って、猫のリアクションを反転させないようにするようだ。
それは、シュレディンガーの宿題であって「女心」を物理学に引き込もうとしたんだろうね。

2016年1月 4日 (月)

嘘とだましの研究

「女を騙してるでしょう?」

どう意味か?
嘘は生産的であり、だましは命令なのだ。嘘はいつもだましだけど、嘘の方が敵を作る。
嘘は男がつくもので、だましは女がやるものだ。
I Remember / SPEED
彼の言葉に何度も愛想笑いや、しかめっ面をした。

これは、ゆっくり書いていきたい。

「私、初めてママに嘘をつきました」
「初めて?本当かどうか信じられないけどまあいいや」
(泥だらけの純情より)
 
つまり、「彼氏ができた」という意味なのだ。

基本的な「嘘」の定義は、女が間違いだと思うことを男が女に信じさせようとすることを言う。
弱い女は「ハァ?」と言う。
究極のおつむの弱い女にとっては哲学以外は全部ウソなのだ。

名前というのは歴史上の人物と同じであることが多く、男女はベッドルームで歴史上の人物を演じている。
子供だって歴史上の人物の名前がつけられている。
そのような人間たちがウソをつくという基本を理解しなければならない。
女の愛想笑いとしかめっ面しかない。

「彼女いる?」
と聞かれて、彼女が欲しいから「いるよ」と答えると、聞いた人はその人がデートしていることまで想像するだろう。
これを「省略したウソ」とよぶ。
沈黙することを「ウソを引き受ける」という。

警察に「あいつはどこにいる?」と聞かれ、騙すつもりで「墓地にいます」と答え、本当に墓地でつかまったときも偽証であるし、
「今日、彼とダンスパーティーしたの」言って昨日やっていたときも偽証だ。

お前、どこに行くんだ?と聞かれ、「ピンスク」と答えた場合「お前がミンスクに行くのは知っているよ。それでもピンスクと言うんだろうな」という場合も偽証だ。

トマトが豊作で、耳からトマトが入ってきやがった、という抽象的な言葉もウソだ。

FBIが盗聴しているのを知っていて、明日迎えにいくよ、というのは偽証ではない。

子供、キチガイという理解できない言葉を使うのも偽証である。

執事がダミアンに「マダムは家にいません」と言うのは、ダミアンが歓迎されていない客であることを示し、ダミアンもそれを知っている。
これは偽証ではなく、丁寧な間違いだとされる。

妹のようなウソ(白いウソ)
Rainbow Pink

この服似合ってる?
「似合ってるよ」
も白いウソ。

死にそうな人に「安らかに眠れ」というのも白いウソ。

なにか高いところを想定しているものを白いウソと言う。

ヤクザのボス、マクシミリアンが、スパイに「なんの情報もない」というのはウソではない。

ウソとは生産的なものではないのだ。

テレビの「フィクションのウソ」というのは聴衆を病気に感染させようとしている。

彼が、この音楽は好き?と聞いて、彼の好みに合わせて「好き」と答えるウソの研究が進んだ。
男と女の世界であり、二人きりを意味する。

さらに、カプリコンワンという映画では、ヨセミテに遊びにいかないか?とFBIが言って、火星に言ったことにした。
これは、自分の思惑のためにFBIが行ったことであり、ウソの研究は非常に深まった。

なんだ、火星に行ったことになっているのか。
とウソをつかれた方は思うし、ロケットが爆発したら非常に困難な調整が必要になる。

法廷で本当のことを証言したら殺されるというのも騙しのないウソという。

女性に愛想笑いや、しかめっ面をさせるだけでは済まない複雑な発展を遂げた。

2016年1月 3日 (日)

宗教感情

男の声なのだろうか?
分かるのか?皆が黙るのか?
何がいいのか?
ユダヤキリスト教の感情だ。
「男がしたがってしまう」「恐怖から」
性生活から来るものだ。
無限のもの。
夕暮れの森、女性の胸、尻。
なぜ関係があるのだろう?
これは、もはや疑う余地のない宗教感情だ。
アンドレ・チカチロ。
神聖なものを隠す。
完全に依存している。
「男を狙っている」のだ。
なぜか知らないけど嬉しい。
「急ぐ議論」と、「分析が必要な議論」がある。
世界を尊敬する上で「自由」と「依存」の二つの感情がある。
胸チラ

夕方の森の中

この論文は筋がいい。読んでみてくれ。
キリスト教の宗教感情

有効性があるのがこのテーマなのだ。
人間の発展は二つの感情からなる。「地球に穴を掘る作業」などの、「男の仕事への感受性」を高め、食べることや、他者に助けられることにつながる。
女は胸を褒められるだけで男に依存してしまうのだ。
自由と依存。
「この人は絶対を信じているのでしょうね」
真っ赤なウソ 明石屋さんま
喜びや悲しみがなければ宗教ではない。
男には喜びがあるし、女は間違いを犯す。
しかし、女は利益を得る。
「隣人に嘘をついた」「神に逆らった」と、胸を見られた女性は思う。
「その場をひとつにするために」これが急ぐ議論だ。


1451850938548.jpg

赤の他人が、何の「絶対」もない世界で、語るのだ。見るだけなら「減ってしまう」と女は思う。
「危険で不確実な世界」には、必要なのだ。
神聖な父とは乳。幼児の頃から大人になっても変わらない不確実な世界。
胸を考えないものは「絶対」にたどり着けない。
もっとも基本的な「神」の体験だからだ。

宗教界は考えた。
「胸に頼るのはよくない、他に絶対があるはずだ」
これをエネルギーにして何かを考えようと思ったのだ。
「いやらしい。胸を見るのなら何か言って?」
「これが絶対って怖いよね」
おっぱいから旅立とう

生まれ、迷い、自分の安全を守り、祝福される。
この探求が始まった。
「罪、死、復活」よりも生きることでしょう?
イエスはこれを語っただけで後の世代に数世紀もかかる宿題を残した。
「自信だよ」「すべてを敵にするなよ」「耐えるんだよ」
女に語った。

カルカッタのマザー・テレサは、「傷ついた男たちがどれほど私の胸を愛してくれたか」をひたすら神に感謝した。
「すべての男がイエスに見えたわ。間違いもおかしたのよ」
苦しむに値しない人が苦しんでいる。
それが深刻であるならば、触れてもいいのです。

お父さん、ご免なさい。苦しかったから、おっぱい触っちゃった。
俺はもうあなたの奴隷になるしかないのかな?
「そうか、苦しんだか。だったら、ごちそうを食べて、この服を着ろ」

喜び、情熱があるから胸を揉むのだ。
「苦しみと女性の胸の関係」を明らかにしたのがマザー・テレサだった。
根性を生み出す「言葉にできないミステリー」だったのだ。

生き物であること。神は神であること。いいことも悪いことも人生にはあること。

「何かが許されるのかな?」キリスト教の世界は語り合った。

宗教の起源は、それぞれあるだろうが「俺はなんで揉んでいるんだろう」が、キリスト教の起源だったのだ。
デンマークルター派は、この説に復活をかけた。
さらに、キルケゴールは、この世界への憧れを口にした。
衝撃だった。
学校の定義が再編されたし、「罪、贖罪、許し、聖霊」という概念と関わった。
女の子に「あなたは愛の対象なんだよ。あなたが大人になっても、今のままでも、あなたの胸だけが男の真実なんだよ」と語るのが楽しかった。
女の子は「忠誠と忍耐」を学んだのだ。

告白の時、心の純粋さはひとつの意思。
このスピリットがいろんな方向に向かうのだ。
キリスト教の世界の興奮は治まらなかった。
これを語ってくれる人が「聖霊」に見えた。

第六感から12感まで飛んだ。

「宗教体験作りの基本」
男にとって重要性があること。
女性が幸福を感じること。
女性の感じ方の向こうにある「絶対だなと思える気持ち」
究極の現実。
見る。聞く。
体で女性がただちに逆らおうとする。
「純粋に知的」

「繁みを焼き払った」(モーゼ)
「夫が死んだ妻の兄弟が妻と再婚」(ブッダ)
健康な心で語ること。
「苦のない世界」
「伝説の教えから解き放たれること」

意味に満ちていて、現実世界で経験していること。
教科書に書いていないこと。
「分かること」
「多様性と間違える可能性のコンビネーション」
「自分の価値をおとしめることを避けること」
「未来、過去、他人の心」があること。

2016年1月 1日 (金)

共和制

15世紀には、マキャベリーの「民の支持のある君主制」を意味した。
18世紀には、英連邦が、市民にオープンになったことから、「腐った女をどう思うか」、「複雑な法のマスター」などを志向した。
クラシックか新ローマ主義かの違いがあった。
クウェンティン・スキナーは、「みんなで考えたい問題」への女性の参加を考えた。
リベラルな女か?「若くて偉い女とどう関わるのか?」
「我々の戦力になってくれたまえよ?」
「偉くなってしまえば学べばいいだけだからな」
腐った女「盲目な心と体がそうしただけなんです」
奴隷に優しい主人もいれば、ムチで打つ主人もいたんだよ。
でも、腐った女が偉くなったら、こんな女にムチで打たれるだろう。
「どう思うのか?」

寛大な主人が奴隷制を楽しんでいたんだ。
「主人になりたいのか?」
偉大な帝国が、植民地を作ったらどうなる?
統治権なんて実際は及ばないのだ。
帝国の資産には学問しか残せない。
女がのしあがってきたんだよ。
複雑な出来事に対応できないんだ。
フレデリック・ダグラスは「これが奴隷制なのだ。事件じゃねえ。憎んでる」

誰も止められない女とどう向き合うのか。
正確な理解が必要だ。
「権力」なのだ。
自由にはこんな女はつきものだろ?
「支配」
女には「何かが欠けている」のがいいのではないか?
これが安全だ。
奴隷は主人になにも言えないだろう?英国で1ペニーで買えるものが、アメリカ植民地の奴隷は全財産必要としてしまった。

サクソンブラッド(西洋哲学)を知ると、主人が丸裸になった。
何を考えているかが明らかになったのだ。
そして、奴隷制は、廃止されたのだ。

人間が、法にしたがっているのならば「法の帝国」ができることが分かった。

奴隷制を廃止したムーブメントは今のところ三つ指摘したい。
女の出世理論美少女日記

古い「王子の鏡」は優しかったし、女たちは彼に依存した。
王子が知っていれば治まるのだ。
共和党の王子さま

民主党~正統性は女性の抑圧

女の出世理論をどう思うか?
対等でなければ愛し合えないのだ。市民が愛し合うための自由を知っていて、意見を言わなくてもいい人。
「分からない人だから言うんでしょう?」

「複雑性のある人には何も言いませんよ」

女の出世理論に、「男がどう思うか?」「女の好みに合わせるか?」「よく話し合うか?」しか、有効な福祉政策はない。

「社長と寝たらいいのに」と男が言った場合、女の美しさが問題になる。
女の好みは、別の人だったり、もっと対等な人がいたりする。
そうやって、この問題は「よく話し合われた」のだ。
【アイドル・オン・ステージ】 CoCo - 春・ミルキーウェイ

この共和制においては、「子供が楽しめない」という問題がある。
しかし、「独立」という楽しみが待っている。

「新共和主義」
ここ、50年でリバイバルした。
政治哲学のマスターが王子さま。
アクティブな市民を志向した。
腐ったものと向き合った。
市民が見せる「瞬間」を切り取っていく作業が必要だ。
何を切り取っていくかが大事だ。


【つづく】

マイモナイド~法にしたがうことを求めぬ救世主

「マイモナイド」
1138年に、コルドバに生まれた。イスラムの統治下にあり、1148年にイスラムが「改宗するか死ぬか引っ越すか」を迫ったので、モロッコに引っ越した。
1160年に、口頭でのトラーを完成させ、1168年に、モーゼがシナイに現れた、とした。
法はしたがうことだけを求めたのではない、とし、いつか、メシアはイスラエルに現れるだろうが、メシアは、人々を金持ちにはしないが、奇跡を行うだろうとした。
生まれること、預言、地域、法律について語った。
肉体の強化は、知識を得るために役に立つし、神を愛することにつながるとした。

本日は、このテーマについて語りたい。

「聖書がバカげているんだ」と言って書き直した。
エジプトに拠点をもうけた。
修道院は聖書の解釈を改めることを禁止していたが、「女性が愛せる神」しか描けなくなっていたのだ。
松田聖子「マリオネットの涙」を歌いました
こんな男が奇跡を起こせるのか?
モーゼは、女の撹乱に遭っただけなのではないか?
「ひとつの神」とはなんだろう。
エデンの園から出たアダムは完璧だったよ。
アブラハムがどのような天才だったのか?
イサクとヤコブの間に何があったのか?をエデンの園は知らない。
家父長制を、イスラエルは知っていたはずなのに、バビロンの捕囚で台無しにされていた。
マイモナイドは、「はじめの説明」と、「シャリオットの説明」によって、二つの神の概念を区別した。
7 Amazing Takashi Uchiyama 内山 高志 Knockouts HD | 6…:
修行しないとシャリオットにはなれないではないか。
でも簡単にエデンの園のアダムにはなれるんだ。
これを議論した。
ピタゴラスが男の世界を難しくしたんだよ。
「神は目に見えないんだ。人々を導く、男を導く知性がシャリオットなんだ」
ヤコブの夢に男はついていくべきなのではないか。
神は社交性があったなどというでたらめが信じられていたのだ。
なぜなら、ピタゴラス以来、女性の「エクスタシー」という概念が変わってしまったのだ。
無限の肉体も不可能だし、無限の数を持った有限の肉体も不可能だと悟った。
社交性なんて限界があるんだよ。
一人の人間、一人のアイデア、そして「ひとつ」それが一神教だ。
「一人が言うことは複雑性がないからね」
しかし、神は「すべてを知っていて、限りなくパワフルで、すべての善を」を持っているのだ。
しかし、神は「社会と向き合った経験」がなければならない。
しかも、誰も耐えることができない経験をしたものだ。
シャリオット、落ち着け。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »