最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 「いちご白書」アメリカの左翼活動とは? | トップページ | 浜 »

2015年12月 6日 (日)

男の研究(文系階級社会)

「男・そして男たち」
男は中身だから。
この言葉の意味をご存じだろうか?
一人の人が錯乱したら、まず二人で両脇を抱える。
その回りを多くの男が取り囲む。
この研究だ。
男とは、触れるもの、男たちの考えを知っているものという意味だ。
男たちとは、数字でもなく出来事でもない「何か?」であり、女の存在や、高度な知性を含むものだ。
この研究を始めたい。
地上の星 / 中島みゆき [公式]

一組の男女の間には何もないのだ。
しかし、「三人目」が現れると、彼氏の階級、大事な瞬間、数、関係、映画などを思い出すのだ。
男が二人で写真に写った場合、偽の評論がなされる。
複雑であり、いろんな機能を持ち、真実を人々は語り、それは「たくさんの本」であり、「男たちだよ」という意味を持つ。
それは「感じ方」であり、男の間にあるものであり、男をできるだけ中立にしようという記録となる。
「男」という定義はできないのだ。
だからみんな一緒に写真に写りたがる。
ユニットや、物、グループなどの過大評価だけではない。
それを人々に普遍的なものとして主張するのだ。
男社会のルール、そして男の成功体験。彼のサイエンスや勘違い、これらを「エッセンス」と言うが、これが心地よかった時期が女にはある。
男臭い空気と問題ばかり、その世界に私が別の生き方をしている。
男臭い精子の絶頂感は彼らの仕事の源だ。
品川再開発も官公労も精子のイメージがあった。
男は苦しむため、失敗するためにあった。
汚ならしくて滑らかな精子。
苦しめばいいのに。
私は男になれる。それが女の気持ち。
精子はクオークや、バクテリア、幽霊とも違う。純粋な民族、意味があったのだ。

1449438817295.jpg


1449438818104.jpg

この曖昧な世界に男の子を授かるという意味が分かるかしら?
この世界って間違ってるんじゃない?
金持ちの息子、ロンドンボーイ、勉強しなさいよ!
ロンドンボーイ REBECCA
シーメンスとハルスケが最初に電話ネットワークを作った。
電話が欲しいときに電話をくれる男ができた。
女からかけたら敗けなのでしょうか?
Morning Musume (モーニング娘。) Dokusenyoku (独占欲)
だって、一人の「大勢」に濡れ濡れにさせられるのですよ。
私が目で見たものは脳にぶつかってとっくに蒸発するのに、それを言葉にしてくれるのです。
数学の話をされても濡れないじゃない?
なんで文系だと濡れるのよ。
文系階級社会は電話です。
女はただ感じるだけ。

« 「いちご白書」アメリカの左翼活動とは? | トップページ | 浜 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の研究(文系階級社会):

« 「いちご白書」アメリカの左翼活動とは? | トップページ | 浜 »