最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 結局、人間の心は分からない。 | トップページ | 結果を出すしかない~救世主という動物 »

2015年12月30日 (水)

王様の言葉~プロポーズ

甲類
①マリーが歌えばジョンが歌う。→マリーが歌ったからジョンが踊ったのだろう。
②すべての政治家は人をを騙す。→すべての下院議員は政治家だ。→下院議員は人を騙す。
③刑事が庭にいた。→誰かが庭にいた。

乙類
①マリーが歌えばジョンが踊る。→ジョンが踊った。だからマリーは歌ったのだろう。
②羽がある生き物は鳥だ。→ニワトリには羽がある。→だからニワトリは飛べる。
③1879年以前に生まれたすべての人間は死んでいる。→だから、すべての人間は死ぬ。

さて、甲類は、もはや人々が争わない論証だ。
しかし、乙類は、人々が直感で「もっと説明が欲しい」と思う言葉だ。
人間の心は三段論法では成り立っていないが、王様の言葉なのか、ただの無駄口なのかのポイントがここに表現されている。
これは、心理学なのだ。

三段論法は、「誰もつつけない言葉」をギリシャのストア派が探求したことに起源がある。

①もしAならばB。→AだからB。
②もしAだったらB。→BでないのならばAではない。
③AでありB。→BでないのならばAではない。
④AでもBでもない、しかし、AだったのならばBではない。

これは、プロポーズの言葉の完成度、とも言われた。

「一生、幸せにします。結婚してください」
この言葉がもっとも完成度が高いとしよう。

①もし一生、幸せになりたければ結婚しろ。一生、幸せなんだから結婚だろう。
②もし、一生、幸せになりたければ結婚しろ。結婚しないのならば、一生、幸せではない。
③一生、幸せであり結婚する。結婚しないのならば一生、幸せではない。
④一生、幸せでもなければ結婚もしない、しかし、一生、幸せなのならばそれは結婚ではない。

このように、完成度を競いあうのだ。
プロポーズの言葉百選

言葉、断言、現在の状況、その他いろいろを「一言でいう」のだ。
できるだけ拒絶されたくないという思惑がある。

問題は、「パットは眠っている」という言葉には疑う余地はないだろうが、「俺は疲れた」という言葉には疑わしい部分があるということから議論をしなければならない、と言うことだ。
「疲れた」という言葉は人によって意味が異なるからだ。
「彼は勇敢だ」という場合の「勇敢」という言葉は興味深い議論が可能だろう。
「丸」「13」などが含まれるともっと議論は複雑になる。

あるいは「結論への説明」があればもっと言葉の可能性は膨らむ。
このような議論の発展を受けて「ストア派の議論は幻だったのではないか?」と言われるようになった。

「すべての」という言葉も疑わしいのだ。
「一部の人間」を指して言うことがあるからだ。
「人を騙す」という言葉には問題はないだろう。
アリストテレスがストア派を批判したのだ。
彼は、
①すべてのS は、Pである。のならば、いくつかのSはPである、とし、
②どのSもPではないのならば、いくつかのSは、Pではない、とした。

「一生、幸せにします。結婚してください」

という言葉は、アリストテレスの格好の標的となった。
アリストテレスは、「たぶんでしょ?」という言葉を女に言わせた。

「すべての星は紫だ。ベガは星だ。ベガは紫だ」
という言葉がある。
そもそも「は」(is)は嘘をつけるし、嘘をつく。嘘をついてきた。
「星は瞬く」という言葉は消える瞬間を省略している。
バチェラーという言葉は、独身で「結婚可能な」男、ということを意識しなければならない。

のちの哲学者は「そういう関係ではないでしょ?」という言葉によって絶望的混乱をプロポーズの世界にもたらした。

ジュリエットは、ロミエットにキスした。
ジュリエットは政治家となった。
「ジュリエットは誰かにキスする人だ」と言うだけで政治家になってしまうのだ。

いくつかの患者は医者を尊敬している。いくつかの医者は嘘つきだ。いくつかの患者は嘘つきを尊敬している。

この言葉は「問題となっている病気」と「ハッピー」を問題にしていない。

いくつかのPはSである。いくつかのDはLである。つまり、いくつかのPは「H」である。
というような論法を政治は生み出してしまうのだ。

患者にとって「病気を治す力がある」と「背が高い」は同じだろう。

「背が高い」「病気を治す力がある」を「R」とすると、いくつかのPRすべてのD、いくつかのDはL。いくつかのPRいくつかの「L」となる。

すべての医者を尊敬する患者は病気だ。
いくつのかの患者は、医者を尊敬している弁護士に相談する。
弁護士に相談するいくつかの患者は病気だ。


【つづく】

« 結局、人間の心は分からない。 | トップページ | 結果を出すしかない~救世主という動物 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王様の言葉~プロポーズ:

« 結局、人間の心は分からない。 | トップページ | 結果を出すしかない~救世主という動物 »