最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« シドニー・フック(新左翼の恐怖) | トップページ | ヒスパニック~ナンパで革命起こしていいのか? »

2015年12月13日 (日)

世界政府~トロツキーが見た夢

「世界政府」
世界がひとつの政治的権威にしたがうことを意味する。
国王、ローマ教皇、皇帝の夢だったし、詩人の夢だった。
問題の解決には都合がよかったからである。
戦争や、大量破壊兵器の問題、地球規模の貧困、不平等、周囲の空気が私に与える影響などをコントロールできる。
しかし、「宇宙・神」が異なったのだ。
君主に劣る指導者は確かに存在する。
連邦を作ったり、民主的な外交を行ったりすることで同じ試みはなされてきた。
偏差値はどうなる?
女性との関係は?
ジェラシーの問題は?
陳腐な政策を行うと一気に失望感が広がる。
世界規模の暴君がいたら大変だ。
内戦につながるし、人間はもっと豊かなものではなかったのか?という理解が必要になってくる。
政治組織としての潜在的弱さを知らないもいけない。
意味のない法律が山ほどできる。非効率的であり、思いやりがなくなる。
性の問題をまとめきれないだろう。
どのみち、世界政府の問題はネガティブな議論から始めなければならない。
ダンテ「この門をくぐるものは希望を捨てよ」
教育に自信があるのか?仲間作りの基本を教えられるのか?
主権国家がこんなことも知らないではないか。
情報や、経済はグローバル化した。
頭のいい活動家もうろつくようになった。
国際社会には、性の問題、民の支持のある君主、進学校がある。
この五年間で、世界を覆った「知的な波」があるのは事実だ。民間人のプレイヤーがいたのだ。
敗北のない政策を作るのに哲学が出揃ってきた。
安全保障と言うが、侵略のおそれがない国は自国民の人権も守らない。
問題がないと学問が発達しない。

将来を人間はどれだけ見通せるのか?
世界のビジョンとはどのようなものなのか?
戦争はなく、議会があり、世界連邦がある。そして国際法。
1837年の、アルフレッド・ロードにはこう見えた。
ハリー・トルーマンは、この詩をもとに国連を作った。
五千万人が第二次世界大戦で死んだからだ。
世界政府は、中国もインドもグレコローマンも考えたことだ。
ひとつになるということは耐えることだ。
しかし、世界が一人の君主のもとにおかれるのならば、君主はなにも欲しがらないだろう。
エンペラーは何でも教えてくれる。
最高の判断とはなにか?
すべての問題の解決法。
多くの野獣の群れよりも、そういう人がいた方がいい。
しかし、それでは君主は神の真似をしてしまう。
ローマ皇帝は、神を語った。
ローマ皇帝と、ローマ法王は仲良くすべきだ。
しかし、ウェストファリア(1648)で、これが崩壊した。
領土と世界のリバイアサンが始まった。
世界政府なんでバカげている。法律だろうな。

チャールズ・キャッスルは、ウェストファリア体制を経て、治めたいという人間と、皆が自分が可愛い(自己保存の欲求)という部分に、
ヨーロッパの原則を見いだし、社会契約を重視した。
学校とのつながり、夏休みの終わり、クリスマス、すべてを利用した。
世界なんて言うものは世の中の敵だった。
条約を結べ。すべての国が武器を持ち、攻撃的だった。
ヨーロッパは連邦など望んでいない。
「戦争のあと平和が訪れる」ことを素晴らしいと思っているうちは、日常の楽しみなどないだろう。
夏休みは終わらない

一日が永遠に感じるときがある。そんなときの人間は腐っている。
でも、なにかに興味が生まれるだろう。
人間の狂気を集約したかったのだ。
戦争は社会の敗北だ。
戦争をすると国がひとつになるよ。
悪をもたらすけれど、国がなくなるよりはマシだ。
人間同士の戦争の方が恐ろしいか?死人が出るわけでもない。
仲間をつくって人種と戦うのか?
イエスの誕生日を祝えよ。
理想なんてものは戦争のもとだ。
世界政府なんて必要ない。
ルソーは言った。

人間は発展するよ。
でも、個人の発展は遅いんだよ。
社会から弾き出されてしまう。
仲間作りの基本は戦争か?
悲しいじゃねえか。
偉大な連邦から遠ざかるだけだ?、
地球がすべての人を呑み込むまで「国際社会」という言葉が一人歩きするだけだ。
カントは言った。
自由で対等という意味が分かるか?
男女が愛し合えるんだよ。
憲法にそう書いておけよ。
憲法に「女は市民だ」と書けないから戦争になるんだ。
太平洋なんて、滅びたくねえから戦争しないだけなんだよ。


【つづく】

« シドニー・フック(新左翼の恐怖) | トップページ | ヒスパニック~ナンパで革命起こしていいのか? »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界政府~トロツキーが見た夢:

« シドニー・フック(新左翼の恐怖) | トップページ | ヒスパニック~ナンパで革命起こしていいのか? »