最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 男の研究(文系階級社会) | トップページ | チリ~新世界(日本プレビシット説) »

2015年12月 9日 (水)

大きすぎるものを、アメリカの文学、政治学、哲学ムーブメントが議論した。
19世紀のことだ。
ラルフ・エマーソンが議論の中心にいた。
ドイツロマン派の影響があった。
人間なんてどうでもいいじゃない?
何も考えないことが調和がとれているのだ。
宇宙との本来の関係だった。
性との向き合い方も変わるし、アイドルとも決別した。
ピューリタンは現実の女だけを見ていた。
理想の男もなくなるし、何の利益も計算しなかった。この世界を考えた人はイエスよりも少しは偉い。
イエスは人間を罪(人生の迷い)から自由にした。
キリスト教の中枢はこれを、キリスト教の自由への陰謀と呼んだ。
人間こそが最高ではなかったのか?
アダムとアブラハムの戦争。それが人生だっただろう。
大自然を知らなければ何も知らないという宗教への懐疑だったのだ。
「星を崇拝してはならない」
人間界の学問とはなんだったのだろうか?
ヨハネが求めた「集大成」とどう関わるのだろう?
天文学サークルがこれを挑発した。
奴隷にとってはこの世界が常識だったことが問題を難しくしたのだ。
女性も自然が好きだった。
昔の心が人間にとって必要不可欠だったのだ。
人間は宇宙を見ながら「昔」を語るのだ。
女に詳しい男、ヤーヴェはこれと同格にすぎなかった。
視力を失っても世界はまわる、これが宇宙だ。
アンドリュー・ノートンは怒った。
悪名高い興奮への容赦なき一体化である。
探求もしない、野蛮だ、宗教への侮辱だ、と。
「許せないラプソディー」と批判したのだ。
しかし、海は「子供たちのゴスペル」であるとも言われている。
子供は何を考えてるの?
知識のない人間の直感ってなんだろうと考えたのだ。
なぜ子供たちの考え、そして理想、女の子の存在や、クラスの中心で踊っている人たちの研究をしないのだろう?
Duran Duran - The Reflex
クリエイション(生まれて何かの永遠性を信じること)と、贖罪(人生に迷うこと)の二つがクラスルームの踊りにあった。
旧約聖書においては、何が過渡的で、何が永遠かをこのシーンから語っていた。
イエスが、ギリシャ哲学の一人の先生に過ぎなかったら、クラスルームのダンスは永遠だっただろうし、美しかっただろう。
しかし、クラスルームのリーダーは、予言するために燃やされ、否定するために燃やされるのだ。
そこには知性がないじゃないか?
そこには大きさがないじゃないか?
何の命令もないじゃないか?
大きいものと、何かすごいものは違うよ。
海と人間の知的な偉大さは違うよ。
歌と哲学の対話や、宇宙を利用して人々を誘導する発想は確かにある。
宇宙の大きさは、人間の知的な偉大さに、自信を与えてくれる、満足を与えてくれる、力を与えてくれるものだ。
超越論的なものは超越論に力を与えると表現される。
男は社会に歓迎されない、奴隷貿易廃止のためにも動かない。
臆病な妥協は、愛のない人生や、目的のない行動への疑いの目を向ける。
天文学サークルは、マーガレット・フューラーの手によって最高潮を迎える。
「孤児が言っている」という発想が宇宙の大きさと結び付いた。
彼女の侵略と、注意力不足が「電話」で表現された。
国府田マリコ セロリのKISS ハッカの煙草
ニューヨークトリビューンは、湖の夏という記事で、どんちゃん騒ぎする連中を報じた。
「男の偉大なる裁判」と呼ばれた。
浜は、男性らしさの女性らしさへの移転であった。
完全な男性らしさもなければ、純粋な女性らしさもなかったからだ。
女らしさを学んだ男がアポロ、男らしさを学んだ女がミネルバだ。
女はより電撃的であり直感的だが、男は女の好みにうるさい。
社会のメンバーから撤退した退屈さ、これを結婚という形で表現する。
is this love? @ BoA LIVE TOUR 2…
コンコードとメリメック川での一週間、という企画の失敗もあった。
夏の夕暮れと冬の朝は、木や鳥、などを考えると急に似たもののように感じられた。
狩りをしに来たわけではない。
男女の問題だったのだ。
人生の単純さ、そして私、惹かれあう二人、そして信頼がテーマだった。
「批判」
メキシコ戦争や奴隷制のある「チェロキーネイション」ではこのようなことばかりあったが、最高裁判事のジョン・マーシャルがこの議論に参加した。
「何か陰謀があるんだろう?」と人々を不安にさせているではないかとした。
ただでさえ、インディアンの多い地域なのに。
冬の日本海 出雲大社・稲佐の浜 (14-Dec-2014) Winter monsoon in t…

俺は奴隷ではない、として「永遠からの撤退」をするものがいる。
犯罪ではないのか?
それが明らかになると、税金を持ってかれた、と言って、永遠からの撤退をするものが出始めた。
1860年、内戦に突入するしかなかったのだ。
奴隷解放運動だ。

« 男の研究(文系階級社会) | トップページ | チリ~新世界(日本プレビシット説) »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 男の研究(文系階級社会) | トップページ | チリ~新世界(日本プレビシット説) »