最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ハーバード講義~家族と政治学 | トップページ | ビジネスモデルの作り方~このブログのやり方 »

2015年11月 9日 (月)

宮内庁の物理学

この発想を知ってほしい。


1447031729120.jpg


mという天皇の重さに、小野光太郎のqが与える影響を示したモデルだ。
路線の違いはθで示すことができるし、
「天皇がやる気を失っている」という発言から、もはやvは失われたことがわかる。
位置ベクトルpはもはや遠くにはいかない。
問題は、小野光太郎路線を宮内庁の路線に近づけていく必要があるということで、θを限りなく0度にしていく必要があるのだ。
そのようにして、80歳の天皇mと、44歳の小野光太郎qが、うまく皇位継承をやっていくのだ。

1447038053546.jpg


人生の円弧。
宮内庁の重さm、組織の規模r 、そして速度がこれで計算できる。
次世代のr は拡大するだろうし、宮内庁は重くなるか軽くなるかの分析が必要だし、どのような速度で物事がまわっていくかの計算が可能だ。

フィギュアスケート スピン集

1447038054449.jpg


中心にいると速度が持てないが、組織の細胞の動きの速度はこれで計算できそうだ。
オメガをどのように動かすかの研究だ。

ジャンプで腕の動きを見てほしい。
何が高速回転を引き起こすかは、腕のr なのだ。
フィギュアスケート

スラムダンクで回転する人もボールを頭の上に持ってきてから回転している。
NBA 2015 Sprite Slam Dunk Contest

この人がもっとも世界で回転に詳しい。
MIT Professor Walter Lewi's Physics 801 Lecture 20

« ハーバード講義~家族と政治学 | トップページ | ビジネスモデルの作り方~このブログのやり方 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮内庁の物理学:

« ハーバード講義~家族と政治学 | トップページ | ビジネスモデルの作り方~このブログのやり方 »