最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 敗北の文学 | トップページ | オージン~八幡ネットワークの神 »

2015年11月20日 (金)

虐待

「虐待」
すべてを知っている、すべての力をもっている、すべての善をもっている。
これが悪だ。
虐待?ちえせえちえせえ。
そんなものは狭い意味での悪だ。
でも小さな悪はあるだろう。
すべてを知っている、すべての力をもっている、すべての善をもっている者なんていないのかね。
そんな人がいたら悩みなんかないだろう?
しかし、何も知らない人も「バンパイア」「魔女」「狼男」などのダークフォースをものの例えとして自分を大きく見せて虐待するのだ。
「こんな月の夜に虐待してしまうのです」
Michael Jackson - Thriller (Remastered Audio)
すべて許されるのでしょうか?
この狼男を作った神がすべてを知っていたのでしょうか?
死ぬときに何かが許される気がする。

悪い、間違い、非常に悪い、大変な間違い、ということを誰も教えてくれなかったからジェフリー・ダーマーは人を殺し続けた。

町を歩けない、とは人間にしかない学問だ。

すべてを知っている、すべての力をもっている、すべての善をもっている人などいないのかな?
虐待して町を歩けないのなら、人間社会においてそんなことも予測できない広い意味での悪などないのかね。

しかし、悪は復活した、平気で町を歩けることを証明したのだ。
暗い奴、宗教、自殺と向き合う。

町を歩く人は「正解を求めている人をひたすら批判するニヒリスト」として町を歩けることを証明した。

「私は生きている。何かが永遠なのでしょうか?」というモチベーションがある。

ジョージ・W・ブッシュが、イラク、イラン、北朝鮮を「悪の枢軸」と呼んだ時、彼は何が正しくて、何が間違っているのかの議論を彼らと話す機会を失ったのだ。
悪という概念を他者に押し付けることの危険性を示した。

しかし、「国際社会」という「普遍性」を持ち出すと、果たして私は外に出ていけるのかしらという問題と直面する。

ニーチェは、しかし、これらとはまったく異なる虐待批判をした。
「心が弱いんだよ。お前らは人間のポテンシャルも見抜けねえのか?」
「怒り、憎しみ、妬みだ?健康的じゃねえんだよ」
「それがお前の自己表現だ?神がお前を弱く作ったんだろ」
「そりゃ、カッコつけていじめる側に回ると女にはモテるんだよ」

ハイルヒトラーとか言ってりゃ簡単にモテるんだよ。
しかし、それでは将来の悪を防げねえだろ。

お前の力と資源はその程度か?男女同一賃金が泣くぜ。
お前の妬みや嫉妬、怒りから何が返ってくるかが怖いんだよ。そんなことも分からないのか?巨悪が返ってくるんだよ。

何でも知っていて、すべての力を持っていて、すべての善をもっているお前が何をこそこそやってんだ。
面と向かってやれ。

神とダークプリンスはいつもその話をしてきたんだよ。
ダークプリンスに悪を学ばせたいのか?
ダークプリンスは宇宙を教えてくれる。罪を教えれば治めてくれる。

神は悪を生み出してねえんだよ。聖書のどこに書いてある?
お前はいないと同じなんだよ。

お前が痛がっていると、俺は満足に仕事もできねえ。

ニーチェの発言だけでこの議論はこんな広がりを持った。

カントは、お前は町を歩けねえ、と言っただけだ。


【延々と続く】

« 敗北の文学 | トップページ | オージン~八幡ネットワークの神 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虐待:

« 敗北の文学 | トップページ | オージン~八幡ネットワークの神 »