最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« オージン~八幡ネットワークの神 | トップページ | 大平光代の研究 »

2015年11月22日 (日)

乙武洋匡の研究

「乙武洋匡の研究」
乙武洋匡は、健やかな子供として生を授かった。
しかし、ミルクを飲む量が少なく、小児麻痺になっている。
生まれた頃は近所の人気者の健やかな赤ん坊であった。
お父さんはお母さんよりも洋匡に話しかけ、「パパ、パパ」という言葉を覚えさせた。
四歳の時に、家族は引っ越している。
このときに、お母さんは「この家にいると頭痛がする」ということを経験している。
そのときには手足の切断があったのだろう。
幼稚園では何も分からない子供達のリーダーだった。
ご両親は言葉を覚えさせ、おねしょも早くに止まっただろう。
しかし、年長組になると、子供達の親が「差別」を子供に教えるようになった。
乙武洋匡は、この頃に差別との戦いを始めた。
一人っ子だから「空気悪いな」としか感じなかったかもしれない。
気になるのは、腕も切断したということだ。
やはり、本に書いてある通り、お母さんが妊娠中に飲んだ薬が原因だったのだろうか?
腕のない子供として生まれ、水を受け付けなかったために小児麻痺になり足も切った。
こういうことは、乙武くんの本を読んで分析するしかない。
乙武くんのお母さんが美人ならば、乙武くんは美少女が好みだ。
奥さんの顔を見れば、お母さんが医者に「変な投薬」を受けたことは想像できる。
美人の患者は俺のペットだ、という医者がいるのだ。
乙武洋匡君の好みは「自信がない、暗い、僕に興味がない」人だと語っている。
彼にとって「女」とは、「母に似た者」だった。
彼の母自体が「自信がない、暗い、僕に興味がない」人だったのだ。
彼は夢を見た。
手足が欠損していると悪夢を見るというが、彼はものの例えとしては「親父の頭蓋骨の喉元に金塊をぶちこむ」という夢だ。
彼の発言が「満塁ホームラン狙い」なのはそのあたりに理由があるのではないだろうか。
最近は「思考力が下がる」という悩みをもっている。
彼は食事は他人の助けを得て食べている。
何かを混ぜられている可能は指摘しなければならない。

« オージン~八幡ネットワークの神 | トップページ | 大平光代の研究 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙武洋匡の研究:

« オージン~八幡ネットワークの神 | トップページ | 大平光代の研究 »