最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 乙武洋匡の研究 | トップページ | プロレタリアートと法律 »

2015年11月23日 (月)

大平光代の研究

「大平光代の研究」
14歳の時の割腹自殺は、早すぎるセックスが原因だろう。
同級生から「それは私たちの血ではないでしょう?」といわれたこと、
そして、永遠の愛を刺青にしてしまったことから、セックスの相手は曖昧な言葉に終始し、大平さんは別の男を探したであろうことは想像に固くない。
自殺未遂により、救急車が動員され、彼女は音が恐怖になるPTSDになっている。
眠れない。
国は子供の親だ。当然、家庭裁判所で法律家と接していた。
昼夜逆転の司法試験の勉強。
刺青に、俺は「かつて永遠の愛の誓いをしたこと」「愛は長続きしないことを知らなかったこと」を見いだしている。
迎えた1999年に小野光太郎が大変な司法試験の苦労人だと聞き、自らの経験を本にしている。
「司法試験ってなあに?」という人たちから脚光を浴びたが、彼女には不感症が襲いかかった。
さらに、世間知らずということから周囲の「日本式テロ」が襲いかかったのだ。
「日本式テロ」
日本式テロ

« 乙武洋匡の研究 | トップページ | プロレタリアートと法律 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大平光代の研究:

« 乙武洋匡の研究 | トップページ | プロレタリアートと法律 »