最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ハーバードが垂加神道について語る | トップページ | 宮内庁の物理学 »

2015年11月 8日 (日)

ハーバード講義~家族と政治学

「人生を知るとは何か?」
俺は引退した力によって講義している。七人の子供がいるが成績が悪い。でも、頭のいい子供もいる。
死なねえかなと言われている。
何が成功なのか?うまく死にてえな。
成功から失敗が始まる。成績?金の話だよ。
シングルペアレントも世の中にはいる。すべてが不安定だ。
すべての人が違うスタートを切っている。
家族、コミュニティーに日が上る。彼らが何者なのかは知らない。
文脈は知らないが会うんだよ。
22歳の娘がいいんだけどな。
明白性というのがある。子供だ。
ルパート・マードックもレディガガも子供の話をする。
俺はこの社会学を批判したい。
確かなプロセスを子供は見ている。アイスクリームをいつもらえるのか?
金・力・名声のために必死になる。
これが「俺の法則」か?
どの子供が「頑張りたい!幸せになりたい!」と言うか?
「レガシー」
ビル・ゲイツは、誰を助けるかを選べる。
認知してもらいたいというプライドが人にはある。
双子は他の人をどれだけ助けたかで競争するし、何人が彼を信頼したかを自慢しあう。
妹がいるから「誰がボスになるか?」で兄は競いあう。 
子供を知ることはあまくないよ?
政治がわかる。幸せになるよ?
妻のために夫は何かを取ってくる。
神のもとでの幸せを感じざるを得ない。
子供が成長して何かをとりたがる。オリンピックだのなんだのと。
大きな話をするんだよ。
三分後にリーダーになりたがる。そして高校に帰っていくんだ。
俺が仕事でうまくいかないことがあったらどうするんだ?
子育てはチャリティーか?
72歳のフェデラー。働いて子供を育てる。
俺はこのようなワールドバランスを憎んでいる。
ジャグラーは、たくさんのボールを上に放り投げる。
ボールの動きなんて知らないよ。これか家族だ。
人と話すこと。憎むべきワールドバランスを語るんだ。
83歳のレッドボールだけが「成功した男」として残るだけだ。
人の話も聞かない。妻に恵まれるレッドボール。
妻は高校にマニキュアをぬっていき怒られたこともある。
とにかく俺は勝ったんだ。
俺よりでかくなった子供とは喧嘩はしないよ。本でも書ければいいんだけどな。
金があるならバランスシートを作れ。
十分というのは素晴らしいことだ。
子供に金をやったらコートジボワールやチリの国旗が部屋に飾られるだけだ。
ひたすら親父としてジャグラーをやるだけだ。
写真を撮っておけ。
子供が62歳になったら話すんだ。
発展途上の人間とは何か?
誰が金を必要としているかが分かるようになる。
バランスシートの秘密だ。俺の貯金は秘密だけどな。
世界を語るならこの事を知っておけ。
Building a Life - Howard H. Stevenson

« ハーバードが垂加神道について語る | トップページ | 宮内庁の物理学 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーバード講義~家族と政治学:

« ハーバードが垂加神道について語る | トップページ | 宮内庁の物理学 »