最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ビジネスモデルの作り方~このブログのやり方 | トップページ | イエスが小野光太郎を救った »

2015年11月 9日 (月)

ハーバードメディカルスクールの講義

火傷をして思春期を迎えられなかった少女、ハーレムを経験した11歳の女。
テレビ東京のゴルゴ13は、アイスバーンの10%が水になると言って生き残った。
組織的ウソが共有され、ハーレムが作られるのが人種だ。
住宅をたてるのにノコギリを使うだろう。
スポーツメディアには何の音も聞こえない。
近所の美観。ここに義務がある。
未亡人がいる。
借金がある。
韓国では保険をめぐって喧嘩だ。
我々アメリカ合衆国は、メディカルカルチャーの王であり続ける。
人種がある限り。
100のシチュエーションが大体あるな。人々の欲望が続く限り。
医学は価値というものが好きだ。
フセイン政権、豪邸とそうでない家。
シチュエーションを見つけていかなければならない。
アフガニスタンに医学を見に行くんだ。
キッチンがないんだよ。
保険の問題があれば「何があった?」ときいてみろ。
イエローライフがあるだろ。
雑誌があれば読んでみろ。
何をやっているか?真実を考えてみろ。
お前らは人類最後の人間である必要はない。
ベトナムでは看護婦は撃たれなかった。ジョンのサービスをしたからだ。
黒人は文句を言うし肉を食う。
シャラポワは、何もわからなかった子供の頃に美容整形を受けている。
患者が怒ったら後ろに下がって謝れ。
尊敬など要らない。
Harvard Medical School's Dr. Augustus White III S…:

« ビジネスモデルの作り方~このブログのやり方 | トップページ | イエスが小野光太郎を救った »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーバードメディカルスクールの講義:

« ビジネスモデルの作り方~このブログのやり方 | トップページ | イエスが小野光太郎を救った »