最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 暗殺~テロリズム | トップページ | 敗北の文学 »

2015年11月20日 (金)

癒し系の男

「癒し系の男」
とどのつまり、犬や猫、木やテーブルと同じに見える男のことだ。
それでいてなにか私に世界を教えてくれる。
なにか嫌なものをやっつけてくれる。
これが癒し系だ。

1448012586619.jpg

Gの対象ではないけど、奪三振王K。
ダビデの像は、無限の神の言葉からなる。
二つ以下の神の言葉を石に刻むことは作品として意味がない。
石には神の言葉をn個与えることはできるが、n+1個の意味を与えることはできない。 
つまり、役に立つ石はないのだ。

キリマンジヤロ山では、奪三振王は役に立つが、凡人は役に立たない。 
本物の奪三振王は、キリマンジヤロ山にはいない。
つまりだ、めんどくさい山なんてない方がいいのだ。

石は、飾っていても役に立たないし、修羅場を経験した男も世間に降りてこなければ役に立たないのだ。

山に登った(苦労した)んだってね?面白い話をしてくれ。n+1の経験を我々がしたときに参考にするよ。

人々は「癒し系の石」にひとつひとつ物語を加えていった。

3回目のキスはこういう人にあげたい。
女たちはそう思った。
松浦亜弥 - 100回のKISS [PV]

有名人と最初はキスする。でも、ただの石だった。
そして、有名人に胸をさわらせる。この人は石より人間らしかった。
でも、ファーストキスの相手は有名ではなかった。やっぱり石ではなく人間だったのかな?
ファーストキスの相手も結局、何も知らなかったのよね。だから胸をさわらせたあとに、三人目にキスをさせた。
渡辺美奈代_夕やけニャンニャン_TOO ADULT

ハンマー(曖昧にごまかさない人に)に胸をさわらせるのだ。
何かの悩みがスッキリしたときに胸をさわらせた。
どうでもよく胸をさわらせた。
何かの悩みがスッキリしたときに胸をさらにさわらせた。
5回目にどうでもよくなった。
最初に胸をさわらせたのは女の子なのです。
二度目にどうでもよく男に胸をさわらせたのです。
なぜ、三人目に胸を触らせるかというと、男の残酷さを見るからです。
4人目に、男の勇敢さを見るのですよ。
Joy to the love / GLOBE カバー曲

C1が調和がとれていないと「いったい何人男はいるの?」という問題と向き合わなければならない。
C2でも、何人いるの?と考える。
ここでB4と合流する。

初めてのCは、ハンドル(道を選んでくれた)、頭(賢かった、ハンサム)、ハンマー(曖昧に誤魔化さなかった)の三つで女性はやっている。
誤魔化したら女性はC2までいく。
女はC1で、手を引いてくれて頭(賢かった、ハンサム)な男が「何かを断言した」(プロトハンマー) だけでもいいのだが、ハンマーかどうかでC2にいくかどうか決める。
杏里 オリビアを聴きながら

一番目の子ができると、もう一人いるよね、という。一番目の子と、二番目の子は同じだよねと思うが、三番目の子が出来ると、やっぱ上の子二人の違いがわかるんだよ。
四人目の子が出来ると、その違いが確定する。
一番目の子と二番目の子の共倒れ、それが三番目の子の憲法学、そのため「子供は一人でいいじゃない?」とも言った。
一番目の子と二番目の子がぐらついたら
三番目の子は「上の子と同じ条件で生きていけるのか?」が試される。

「E(歴史上の人物)の議論」
300年に一人の男、テセウス二世。
①それはテセウス二世に似ているな。
②そこはちょっとテセウス二世とは違うかもな。
③う~ん、それは見たことないな。
④やっぱりテセウス二世は間違ってたのかなあ。
⑤やっぱりお前は違うわ。
そうやって、テセウス二世は、300年に一度、修理されながら生きているのだ。
「それでみんなが納得するならお前が新しいテセウス二世だよ」
時代とか情報とか色々あって、テセウス二世と違うなあといわせることすら難しいんだよ。

「F(凡人)の議論」
最初に、おのごろじま
があった。化身が生まれた。おのごろじまと化身はどう違うのだ。
そうやって俺は島として生きていくんだ。

A(キス)
B(胸をさわる)
C(セックス)
D(出産)
E(歴史に名を残す)
F(凡人)
G(女性の自慰の対象)

俳優が歴史上の人物を演じて女性の自慰の対象になることをEFGと呼ぶし、若い頃かっこよかった人が禿げて言葉をおぼえて女性の自慰への戦いをすることをGFGと呼ぶ。

【延々と続く】

« 暗殺~テロリズム | トップページ | 敗北の文学 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 癒し系の男:

« 暗殺~テロリズム | トップページ | 敗北の文学 »