最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ハーバードが神について講義する | トップページ | ハーバード講義~家族と政治学 »

2015年11月 8日 (日)

ハーバードが垂加神道について語る

「ハーバードが垂加神道について語る」
経済効果に興奮している。
コカ・コーラやナイキが参考にしたのだ。
不満はある。戦ってきたのに。
資本主義の拡大に使われるのか。
リベラルな売春婦もいる。しかし、政府は仕事をしやすくなった。
理屈を知っているものによるパワーポリティクスが行われている。
東京の知識による政治だ。
でも、証拠に基づいたものも必要だ。
ネオリベラルは、見える美しさがすべてと言うし、すべて秘密だと言うし、それてありながら女性を称賛しろという。
「滑りやすい坂道」神はいるのかどうか?
女の子は悩みます。
女の子は静かな無視をするか、男に教わるかしかできないのです。
三浦理恵子~冬の微粒子

世界銀行は期待していたのです。
WIDは、女性がダメになるとしていて見解は分かれます。
スローガンは経済成長です。
リスクも知らないといけない。
何がウソなのか。視野が狭い。やれ子供を産んだだの、レイプだのを男が言うのだ。
確かに男女が仲良くなれる。
しかし、政策にどう反映させるのでしょう?差別する気ですか?
議論に参加する機会もなく広まってしまった。
文化圏は色々あるけれど、「女」というものは同じであることが分かった。
女たちは噂している。機会の平等を美しさに委ねるのだろうかと。
冬の微粒子は、家族の問題、相続の問題に関わるが、笑い者にされている。
銀行は非常に緊張している。
仕事は仕事。私は私。
経済成長に有効だとされているが、別のロジックを探す作業を始めないといけない。
冬の微粒子に文句が言いたい。
この垂加神道の解釈は成功か失敗かは議論が分かれているのだ。
とにかく批判しないといけない。

Feminism Triumphant and Tamed: The Politics of Kn…

« ハーバードが神について講義する | トップページ | ハーバード講義~家族と政治学 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーバードが垂加神道について語る:

« ハーバードが神について講義する | トップページ | ハーバード講義~家族と政治学 »