最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月28日 (土)

フランツ・ローゼンヴァイク

考え方の全面的リニューアルを模索した。
自分と世界はこんなにかけ離れている。
「私」と「あなた」
ドイツユダヤ聖書を書いた。贖罪の星。すべては星として復活する。
星を利用して政治活動をした。鬱屈したもの同士の語り合い。
男と女(男であること、女であること)を語り合っても失敗した。
第一次世界大戦が始まった。今度は個人と国家をぶつけてみた。常にヘーゲルが頭にあった。ビスマルク国家は息が詰まった。
ドイツ左翼のもっとも古いプログラムを練った。
男と女、個人と国家。
どうやって自分と世界の関係を知るのか?
キリスト教が、ローマ帝国の皇位継承を語っていた。
ヘルマン・コーヘンという哲学者とも語り合った。
無神論的ユダヤ教を考えた。人間が神に似ているだけだ。
贖罪的な思考形態。第一次世界大戦は、中央ヨーロッパ、バルカン半島における戦いであった。
哲学と神学のタンデムが組めたのだ。
人間は儚い。俺の言葉を後の世代が語り継いだら俺はその時代を見たことになるのか?
宇宙は広い。でも「絶対」はあるのだ。
人々の妬み、嫉みを罵倒してくれたのは、ニーチェしかいなかった。
ニーチェがいなれば帝国はない。
言葉を必要としている者がいる。俺は神に見えるかい。生まれてしまえば何かが永遠なんだろう。生まれ変わることもあるさ。
かれは、この程度の哲学者といわれても仕方がなかったが、40代ではこれが限界だろう。
生まれて、復活し、贖罪を知る。贖罪の星は2500年のポテンシャルを持ったのだ。
大日本帝国に影響を与えるのに十分だった。
星が2500年のポテンシャルを持っているのならばすべてを知っているだろうとしたのだ。
すべて、そしてアイデンティティ、それが星によって説明できたのだ。
星の始まりはいつだ?死の始まりだ。死の恐怖だ。
しかし、2500年に一度、同じ星が現れるのならば、人間は不朽なのではないかと考えた。
この発見によると、三世紀に書かれたトレミーのテトラビフロスの頃の星はまだ現れていないことになる。
酸欠状態になって死ぬ人間は虚無と向き合っている。その恐怖の緩和を星に見いだしたのはローゼンヴァイクだけだろう。
2500年に一度の生命の循環を考えたら人間は少しは謙虚になるのではないか?
また生まれ変わるときには仲間が多くの学問を成し遂げているだろう。
こんな虚無があるか。2500年の"Yes"と"No"だった。
人間は"Yes"の人生と"No"の人生を繰り返しているとした。
タットサッシェと言って、神聖な人生と(サッシェ)と、ダメな人生(タット)を繰り返しているのだ。
神、世界、そして己、その関係の中で、何が信用できるのか?
それは、生まれることと、復活することと、贖罪だけだ。
信用できるものがない人は贖罪の日々を過ごしていると表現する。
生まれるだけで何かが永遠なのではないかと思うし、神聖さは2500年の後の復活を志向するし、世界を愛することは自分の迷いを生じさせ、贖罪となるのだ。
迷わないためには哲学を愛するしかないこともわかっていた。
神と世界と自分が"Yes"軸であり、"No"へといったり来たりしている。
"No"といえるのは神の意思だし、世界が"No"ならあなたは"Yes"なのです。
ローゼンヴァイクは、驚くべき指摘を行っている。
みんな「もうすぐの予感」を感じながら生きているということを知ったのだ。
迷いながら生きている人間は常に話を聞きたがっている。
社会で敗れては話を聞きに来るのだ。
「すべて」の知識、門、星の終わり。
2500年の理論にこれを加えたのだ。
贖罪(迷い)こそがクリエイション(生まれること)の次の宗教の起源でもあった。
ローゼンヴァイクは、人々が門を出て、星をよみがえらせる、という発想を使った。
苦労した人の話を聞くと楽ができる。
色々な人々の経験を集めた大全集を作ろうとヨハネは言った。
星が死んだあとには何があるの?
教育だ!
辰吉VSウィラポン 1戦目KOシーン
「アムハラジム」これが悟りというものだ。
ユダヤ教の世界では星は倒れなければならなかった。
倒れてくれなければ語れないでしょ?
あなたは真理なの?
このシーンの間に先生と生徒の「ラーハウス」という空間が生まれた。
先生は教室で質問される立場にある。
「知らない」ということが大事だったのだ。
しかし、先生たちは「耐える」とはどういうことかを喜んで語った。
「新しい考え方」によると、病人に言っても怒らない「話」が、健常者にとっては「常識」なのではないかとした。
最後にALS (筋萎縮性側索硬化症)にかかります、出獄したアドルフ・ヒトラーに、「おい!おい!」とビンタされて殺されたのだろう。
ribbon「あのコによろしく」

2015年11月25日 (水)

平成の終わりとニューエルサレム構想

「平成の終わりとニューエルサレム構想」
シャングリ・ラーにせよ、エルドラドにせよ、ニューエルサレムにせよ、
「日常の痛みと怒り」を持ったものたちが「情報へのアクセス」を求めて集まる。
女たちは「オーガズムって何?」という問題だけでもエルドラドを目指す。
答えは「哲学」にある。
学園のヒロインはナルシシズムのために不感症になっているし、お母さんが好きで太った女も不感症だ。
歴史上の哲学者って面白いな、という気持ちが不感症を治す。
「意識と自分の限界」が情報というエルドラドを求めるのだ。
意識というものは、孤独であれば自分のことはすべてわかる。
しかし、色々な人に心をかき乱されて人間は生きている。
意識する、人に気がつく。
その気がついた人が「スピーチセンター」だったらそれはエルドラドなのだ。
終末が五分後に迫ったり、課題の日時を切ると人間は「優れた言葉」を聞きたがるものなのだ。
意図的に終わりを決めると、人々は「貴方は何を考えているのでしょう?」と聞きたがる。
「川を渡ったらどうなるの?」という高度な統合が起きる。
「高度統治行為」と呼ぶ。
その時に明確な言葉を与える必要がある。
貧困のない世界などの「何もない道」を人々は示すだろう。
どこに曖昧さがあり、どこに聞くべきものがあるのか。
幻、幻覚、不満足などの色々な混乱が起きる。
「知的空間」が形成される。
女性には、貴女はどう思うか?と聞くのだ。二人だけの空間が生じる。
「男とはこのようなものでしょう?」と彼女は語ると、彼は「そうだね」と言ってその役を演じ、二人は結ばれるのだ。
あなたと息子は違うわね。レーガンの副大統領の長男だったあなたが、今は大統領よ!
女は彼のことを考え、彼と話し、彼に希望をもち、彼を恐れ、彼を見る。
「あれ」から始まった人が彼になる日がある。
「あいつひどいよね」から、パートナーが決まるのだ。

天皇を殺したのは麻原彰晃だ。
麻原彰晃が、マントラだのポアだの、デタラメを言って信者を集めたが、
麻原は天皇と同じ高卒でも、部下にエリートを集結させた。
天皇は宮内庁を高卒で固めてしまったのだ。
麻原は、サリンヘスという熱中症や腎臓病への点滴薬を電車にバラまいたら、
アナフィラキシーを起こして咳き込んだ人がいた。
これだけでも、電車は止まり、警察消防が総動員されたため、5000人がトラウマとなった。
PTSDだ。
これに応じたのがメディアだった。
巨大な「反天皇制キャンペーン」を繰り広げた。
その背景には「オウム真理教が終末思想を基盤にしていた」というところにある。
人々は努力をやめ、平成という時代の空気が作られた。
森達也も、村上春樹も「暴力への回帰」「敵味方社会の到来」と言ったが、彼らは「どのように?」はまでは語れなかった。
聖飢魔II エルドラド

2015年11月24日 (火)

プロレタリアートと法律

「離隔犯」
郵便物に毒物を入れ、郵送した。
大審院は、郵便物が相手側に届いたときに「着手」を認めている。
様々な学説が、実行行為の開始時に着手があると考えている。
判例をどう説明するか?

目的的行為論は「不作為」という概念を明らかにした功績がある。
人間はじっとしていても「メラトニン」という快楽物質が脳に流れることがあるのだ。
離隔犯というのは「落とし穴をつくって相手を呼び寄せ、穴に落とす」行為だとされる。
相手が落とし穴に落ちた瞬間、非常に気分がいい。
このような発想が大審院にあったようだ。
しかし、そのような発想は女々しいという観点から、大塚仁は、実行行為の開始時に着手があるとしている。

鳥居みゆきは、その地位を得るために男とのセックスをして写真を撮られていた。
それがマリア崇拝の背景にあることから偶像崇拝の否定が行われていた。
【落とし穴ドッキリ】鳥居みゆき24時シーズンⅠ【part4】

ケンドール・ウォルトンは、美しい女がいろんな男と関わり、誰も助けようとしないというところに人間の本質を見いだし、
映画の作り方の手法とした。
プロレタリアートとは、自分で考えない、お金目当て、仲間を求める、という特徴がある。
番組製作スタッフはみんなプロレタリアートだ。
プロレタリアートは、実像と虚像の解離(ブルジョアの腐敗)と格差に怒っている。
高倉健さんも「さまざまな問題があり、ギャラの話は口にできない」と発言している。

2015年11月23日 (月)

大平光代の研究

「大平光代の研究」
14歳の時の割腹自殺は、早すぎるセックスが原因だろう。
同級生から「それは私たちの血ではないでしょう?」といわれたこと、
そして、永遠の愛を刺青にしてしまったことから、セックスの相手は曖昧な言葉に終始し、大平さんは別の男を探したであろうことは想像に固くない。
自殺未遂により、救急車が動員され、彼女は音が恐怖になるPTSDになっている。
眠れない。
国は子供の親だ。当然、家庭裁判所で法律家と接していた。
昼夜逆転の司法試験の勉強。
刺青に、俺は「かつて永遠の愛の誓いをしたこと」「愛は長続きしないことを知らなかったこと」を見いだしている。
迎えた1999年に小野光太郎が大変な司法試験の苦労人だと聞き、自らの経験を本にしている。
「司法試験ってなあに?」という人たちから脚光を浴びたが、彼女には不感症が襲いかかった。
さらに、世間知らずということから周囲の「日本式テロ」が襲いかかったのだ。
「日本式テロ」
日本式テロ

2015年11月22日 (日)

乙武洋匡の研究

「乙武洋匡の研究」
乙武洋匡は、健やかな子供として生を授かった。
しかし、ミルクを飲む量が少なく、小児麻痺になっている。
生まれた頃は近所の人気者の健やかな赤ん坊であった。
お父さんはお母さんよりも洋匡に話しかけ、「パパ、パパ」という言葉を覚えさせた。
四歳の時に、家族は引っ越している。
このときに、お母さんは「この家にいると頭痛がする」ということを経験している。
そのときには手足の切断があったのだろう。
幼稚園では何も分からない子供達のリーダーだった。
ご両親は言葉を覚えさせ、おねしょも早くに止まっただろう。
しかし、年長組になると、子供達の親が「差別」を子供に教えるようになった。
乙武洋匡は、この頃に差別との戦いを始めた。
一人っ子だから「空気悪いな」としか感じなかったかもしれない。
気になるのは、腕も切断したということだ。
やはり、本に書いてある通り、お母さんが妊娠中に飲んだ薬が原因だったのだろうか?
腕のない子供として生まれ、水を受け付けなかったために小児麻痺になり足も切った。
こういうことは、乙武くんの本を読んで分析するしかない。
乙武くんのお母さんが美人ならば、乙武くんは美少女が好みだ。
奥さんの顔を見れば、お母さんが医者に「変な投薬」を受けたことは想像できる。
美人の患者は俺のペットだ、という医者がいるのだ。
乙武洋匡君の好みは「自信がない、暗い、僕に興味がない」人だと語っている。
彼にとって「女」とは、「母に似た者」だった。
彼の母自体が「自信がない、暗い、僕に興味がない」人だったのだ。
彼は夢を見た。
手足が欠損していると悪夢を見るというが、彼はものの例えとしては「親父の頭蓋骨の喉元に金塊をぶちこむ」という夢だ。
彼の発言が「満塁ホームラン狙い」なのはそのあたりに理由があるのではないだろうか。
最近は「思考力が下がる」という悩みをもっている。
彼は食事は他人の助けを得て食べている。
何かを混ぜられている可能は指摘しなければならない。

オージン~八幡ネットワークの神

最初に国は三つあった。
凍った国と火の国と緑の国。しかし、毒の川が流れることで、それを純粋な水にする必要があり国ができた(鶴見川)。
川の安定からエリートを生み出す国ができた。
エリートは巨人であったが、百姓とその子孫がそれに立ち向かい国ができた。
美しい娘たちがさらに国を作った。
【なぜ東京から千葉方面ではなく横浜方面に都市が広がったかというと鶴見川の氾濫を抑えるのに成功したからだ。】
【氾濫した水を農地に誘導するのも横浜市のバックアップがなければ農林水産省が許さなかったとされる】
【横浜スタジアムの大株主が横浜市だ】
そして、兄弟が国を分けた。

処刑も資金集めに利用した。
Nazi Executions (Hang) War Crimes (WWII)/ Nurembe…

「夢」
夢は嘘をつかない。 
目的が実現する最短距離が、夢の錯乱を経験することだ。
退屈な時間の長さと、深刻な時間の長さは同じ重要性を持つ。
空腹と疲れから理想の男が逃げていく気がして目が覚める。
男も女も「理想の男を追いかけている」という観点が重要だ。
合宿や修学旅行で「待て~」と言って起きた人を見たことがある。

多くの男の声を聞きたがり、ペルシャのクイーンは、「これがお前の欲しかった金塊だ」と遺体の口に金の塊をぶちこんだ。
(夢判断)

蟻に霊魂があったら霊界はひどいことになるだろう。
このことから、蟻には霊魂がないと考えられる。
蜘蛛はどうだろう。
蟻ほどおびただしい数はいない。
蜘蛛の子を散らすように産まれる蜘蛛。
しかし、人間から分け与えられた劣った魂だと悟ったものだけが生き残っている。
殺しても構わないだろう。
朝ほど蜘蛛は悟っている。
朝蜘蛛には慈悲を。

女の夢なんかにしたがっていると男は仕事ができねえな。
夢は「喜び」を表現するのではない。「欲しいもの」を表現する。
退屈は時間のエネルギーの合計が短時間で現れる。
現実社会の出来事は「夢へのクーデター」である。
夢は覚めるものだ。永遠へのゲートは閉じられてしまう。
サイキックエネルギーの幻覚的な攻撃である。
アブノーマルな形で願いが叶う、それが夢だ。
「夢はアブノーマルな願い」(wish)
ribbon "WISH!" '92 日比谷野音
「悔いが残ったこと」も夢に出てくることを知らないといけない。
蒼いリグレット/SPEED
しかし、マジカルパワーを女性がもっていることを認めた。
兵士のエクスタシーに満ちた死に方を検証した。そうでなければ祈れないとしたのだ。
死んだものの最もハンサムな顔を表示する。
兵士は死に方を考えるようになる。
死に方のパターン。
「勇敢」
「炎の目」
「神の犠牲」
「賢い」
「神殺し」
「墓守り」
「自滅」
「勝利の父」
「恐怖」
シャーマンが祈れる死に方がある。
死に方には贈り物などない。名誉だけ与える。
すべての父よ、変な死に方をした兵士を叱ってくれ。 
背が高くてハンサムな弟がいるオーディン。オーディンはそれよりもはるかに優れていたことが分かる。
妻もオーディンを他の女と奪い合って勝っていた。
オーディンの武器。
「子供の頃の誓い」
「弟とその友達」オーディンに、輝くとは何か?腕の太さとは何か?力とは何かを教えた。
「高い塔」九つの国で何が起きているかを教えた。インターネット。
「知的な馬」高度な交通手段。
「考えることと記憶すること」
「貪欲であること」
「いろんな恋人たちの歌」
「戦いの歌」
「選ばれし者の歌」

1441680675976.jpg


「相手の力をMAXにして潰す」(小野光太郎)
オーディンというのは、片目の見えない戦争の王で、九つの世界を支配したのだが、
八幡ネットワークが崇拝する応神天皇(ボディサットバ八幡)の教義だと思う。


1441409048232.jpg


北の神話というのがあり、詩人エッダが色んな世界を提示した。
独眼竜政宗がこれをフルに活用したことは想像に難くない。

ボルスパ:ボルバの予言を行うもの。
ハバマル:女の声。
バフスランディスマル:敵の巨人。
グリンミニスマル:革命のテキスト。
ハーバーズルジョット:ハーバードの叡知。
ホールダードラムーア:妻の見た夢。

ハバマル(女の声)はファイナンスに役立つ。
レディチャペル
垂加神道

ホールダードラムーアは妻の見た夢。理想の男を語る。逆らって生きて後悔したら敦姫を踊る。
夢判断

ハーバードの叡知

予言者エッダは、シュノーリ・シュトローソンという政治家(1179~1241)であり、日蓮が鎌倉の神社で「アマテラスとだけでやっていけるのか!」と叫んだ頃の政治家だ。
あの頃に鎌倉で宗教の再編があったと見た方がいいかもしれない。
予言者エッダ

「宮内庁と小野光太郎」の関係が「総社と一宮」。
「神祇神社」が、宮中。
「22社」が、皇太子や秋篠宮グループ。
「八幡ネットワーク」が、それらを取り巻く政治的エネルギー。
「第二次世界大戦」の宗教。

シュトローソンは、三代にわたって王を見た。
ギリシャ神話においてトロイを攻め、贈り物を寄越した国を侵略して、その仕組みを学び、北欧を支配した。
これが神を生んだ。
ハー(高い)、ジャヌハー(高いものに似ている)、サード(三世)という王。

最も勝利に値するファイターをヒーローにする。これがオーディンのやり方だった。
そして、女性たちにも武器を持たせた。
歌のセールスも利用した。

2015年11月20日 (金)

虐待

「虐待」
すべてを知っている、すべての力をもっている、すべての善をもっている。
これが悪だ。
虐待?ちえせえちえせえ。
そんなものは狭い意味での悪だ。
でも小さな悪はあるだろう。
すべてを知っている、すべての力をもっている、すべての善をもっている者なんていないのかね。
そんな人がいたら悩みなんかないだろう?
しかし、何も知らない人も「バンパイア」「魔女」「狼男」などのダークフォースをものの例えとして自分を大きく見せて虐待するのだ。
「こんな月の夜に虐待してしまうのです」
Michael Jackson - Thriller (Remastered Audio)
すべて許されるのでしょうか?
この狼男を作った神がすべてを知っていたのでしょうか?
死ぬときに何かが許される気がする。

悪い、間違い、非常に悪い、大変な間違い、ということを誰も教えてくれなかったからジェフリー・ダーマーは人を殺し続けた。

町を歩けない、とは人間にしかない学問だ。

すべてを知っている、すべての力をもっている、すべての善をもっている人などいないのかな?
虐待して町を歩けないのなら、人間社会においてそんなことも予測できない広い意味での悪などないのかね。

しかし、悪は復活した、平気で町を歩けることを証明したのだ。
暗い奴、宗教、自殺と向き合う。

町を歩く人は「正解を求めている人をひたすら批判するニヒリスト」として町を歩けることを証明した。

「私は生きている。何かが永遠なのでしょうか?」というモチベーションがある。

ジョージ・W・ブッシュが、イラク、イラン、北朝鮮を「悪の枢軸」と呼んだ時、彼は何が正しくて、何が間違っているのかの議論を彼らと話す機会を失ったのだ。
悪という概念を他者に押し付けることの危険性を示した。

しかし、「国際社会」という「普遍性」を持ち出すと、果たして私は外に出ていけるのかしらという問題と直面する。

ニーチェは、しかし、これらとはまったく異なる虐待批判をした。
「心が弱いんだよ。お前らは人間のポテンシャルも見抜けねえのか?」
「怒り、憎しみ、妬みだ?健康的じゃねえんだよ」
「それがお前の自己表現だ?神がお前を弱く作ったんだろ」
「そりゃ、カッコつけていじめる側に回ると女にはモテるんだよ」

ハイルヒトラーとか言ってりゃ簡単にモテるんだよ。
しかし、それでは将来の悪を防げねえだろ。

お前の力と資源はその程度か?男女同一賃金が泣くぜ。
お前の妬みや嫉妬、怒りから何が返ってくるかが怖いんだよ。そんなことも分からないのか?巨悪が返ってくるんだよ。

何でも知っていて、すべての力を持っていて、すべての善をもっているお前が何をこそこそやってんだ。
面と向かってやれ。

神とダークプリンスはいつもその話をしてきたんだよ。
ダークプリンスに悪を学ばせたいのか?
ダークプリンスは宇宙を教えてくれる。罪を教えれば治めてくれる。

神は悪を生み出してねえんだよ。聖書のどこに書いてある?
お前はいないと同じなんだよ。

お前が痛がっていると、俺は満足に仕事もできねえ。

ニーチェの発言だけでこの議論はこんな広がりを持った。

カントは、お前は町を歩けねえ、と言っただけだ。


【延々と続く】

敗北の文学

「アイスクリームの万引き」
近所のお兄ちゃんと弟と俺はアイスクリームを万引きしたことがある。 
小学校の頃のことだ。 
ところが、それがあたりくじつきで、三人とも当たってしまったのだ。
そこで、それを店に「当たったよ」と言って交換しにいった。店の人は万引きの事実を知っていたらしい。
しかし、「本当に買ったの?」と言ってもう一本アイスをくれた。
みんな罪をおかして生きている。 
すべてを知っている人でも、罪を罰するということは、神との「永遠の別れ」を意味した。
みんな悪いことをしていた。
そこで許すわけだな。
俺は罪をおかしていない、という人は「ビューティフルペリッシュ」と言って美しい死に方を人々から求められる。
そこで、俺もやっているからいいよ、と言って共同体は成り立っているわけだな。
これが罪の学問だ。
そこの店の主人は適当に死んだ。
赤い罪、青い純愛

万物の創造主は、人間を罪深く創ったことを悲しんでいた。しかし、人間を愛していた。
罪を果たして呪っていいのだろうか。
それでも私は神だ、と言うなら批判に値する。でも、人間というのは暴動に直面してようやく友達を探し始めるんだよ。
男は、女が神によって作られた独立した存在だったことを悟り、神のサークルの仲間入りをする。
俺は神だという人間が自分の意思で罪を犯したらその罪は彼のものではなく我々のものだ。
しかし、罪とは何かについて語れなければ神ではない。
罪を語れるものに暴動を起こす者はいない。
「私が選んだ道」を語れないのなら神ではない。
律法も知らず、訴訟も起こせないのなら誰も神と名乗るものを信じない。
女たちは「あなたの教えから私を自由にしてよ!」と言うし、パウロ様は「イエスは勃起するんだよ!」と言った、

しかし、イエスがかっこよかったので、人々は永遠の別れを批判したのだ。
ギリシャの哲学、私の運命を教えて。
自由になり、時に統合される。それは神がいなければできない。

ても、何が罪なのでしょうか?罪も犯さず特攻して神と対話してきてよ!

英霊に祈って禿げた人が女性の自慰の対象になろうとする行為はGFGであろうか?

【延々と続く】

癒し系の男

「癒し系の男」
とどのつまり、犬や猫、木やテーブルと同じに見える男のことだ。
それでいてなにか私に世界を教えてくれる。
なにか嫌なものをやっつけてくれる。
これが癒し系だ。

1448012586619.jpg

Gの対象ではないけど、奪三振王K。
ダビデの像は、無限の神の言葉からなる。
二つ以下の神の言葉を石に刻むことは作品として意味がない。
石には神の言葉をn個与えることはできるが、n+1個の意味を与えることはできない。 
つまり、役に立つ石はないのだ。

キリマンジヤロ山では、奪三振王は役に立つが、凡人は役に立たない。 
本物の奪三振王は、キリマンジヤロ山にはいない。
つまりだ、めんどくさい山なんてない方がいいのだ。

石は、飾っていても役に立たないし、修羅場を経験した男も世間に降りてこなければ役に立たないのだ。

山に登った(苦労した)んだってね?面白い話をしてくれ。n+1の経験を我々がしたときに参考にするよ。

人々は「癒し系の石」にひとつひとつ物語を加えていった。

3回目のキスはこういう人にあげたい。
女たちはそう思った。
松浦亜弥 - 100回のKISS [PV]

有名人と最初はキスする。でも、ただの石だった。
そして、有名人に胸をさわらせる。この人は石より人間らしかった。
でも、ファーストキスの相手は有名ではなかった。やっぱり石ではなく人間だったのかな?
ファーストキスの相手も結局、何も知らなかったのよね。だから胸をさわらせたあとに、三人目にキスをさせた。
渡辺美奈代_夕やけニャンニャン_TOO ADULT

ハンマー(曖昧にごまかさない人に)に胸をさわらせるのだ。
何かの悩みがスッキリしたときに胸をさわらせた。
どうでもよく胸をさわらせた。
何かの悩みがスッキリしたときに胸をさらにさわらせた。
5回目にどうでもよくなった。
最初に胸をさわらせたのは女の子なのです。
二度目にどうでもよく男に胸をさわらせたのです。
なぜ、三人目に胸を触らせるかというと、男の残酷さを見るからです。
4人目に、男の勇敢さを見るのですよ。
Joy to the love / GLOBE カバー曲

C1が調和がとれていないと「いったい何人男はいるの?」という問題と向き合わなければならない。
C2でも、何人いるの?と考える。
ここでB4と合流する。

初めてのCは、ハンドル(道を選んでくれた)、頭(賢かった、ハンサム)、ハンマー(曖昧に誤魔化さなかった)の三つで女性はやっている。
誤魔化したら女性はC2までいく。
女はC1で、手を引いてくれて頭(賢かった、ハンサム)な男が「何かを断言した」(プロトハンマー) だけでもいいのだが、ハンマーかどうかでC2にいくかどうか決める。
杏里 オリビアを聴きながら

一番目の子ができると、もう一人いるよね、という。一番目の子と、二番目の子は同じだよねと思うが、三番目の子が出来ると、やっぱ上の子二人の違いがわかるんだよ。
四人目の子が出来ると、その違いが確定する。
一番目の子と二番目の子の共倒れ、それが三番目の子の憲法学、そのため「子供は一人でいいじゃない?」とも言った。
一番目の子と二番目の子がぐらついたら
三番目の子は「上の子と同じ条件で生きていけるのか?」が試される。

「E(歴史上の人物)の議論」
300年に一人の男、テセウス二世。
①それはテセウス二世に似ているな。
②そこはちょっとテセウス二世とは違うかもな。
③う~ん、それは見たことないな。
④やっぱりテセウス二世は間違ってたのかなあ。
⑤やっぱりお前は違うわ。
そうやって、テセウス二世は、300年に一度、修理されながら生きているのだ。
「それでみんなが納得するならお前が新しいテセウス二世だよ」
時代とか情報とか色々あって、テセウス二世と違うなあといわせることすら難しいんだよ。

「F(凡人)の議論」
最初に、おのごろじま
があった。化身が生まれた。おのごろじまと化身はどう違うのだ。
そうやって俺は島として生きていくんだ。

A(キス)
B(胸をさわる)
C(セックス)
D(出産)
E(歴史に名を残す)
F(凡人)
G(女性の自慰の対象)

俳優が歴史上の人物を演じて女性の自慰の対象になることをEFGと呼ぶし、若い頃かっこよかった人が禿げて言葉をおぼえて女性の自慰への戦いをすることをGFGと呼ぶ。

【延々と続く】

2015年11月18日 (水)

暗殺~テロリズム

テロリズムとは「罪のないものへの暴力」だと位置付けられる。
暴力と、それに似た者だが、暴力は盲目的でサディスティックなものだ。
しかし、一定のものに共感してもらいたいから行う。
特定の者に「とるべき道」を変えてもらいたいのだ。
敵のモノポリー(独占)による抑圧との戦いだ。
なにかを目指して行うという定義はなされておらず、「戦っていないものへの暴力」であるともされる。
目的がある暴力は「狭い定義」であるとされ、目的のない暴力の方がより多くのテロリズムを含めることができる「広い定義」である。
目的のない暴力はジャコバンが用いたし、目的のある暴力はロシア革命で用いられた。
暗殺される者は、暴力の理由と関係があるという意味では特別な考慮が必要だ。
抑圧が原因だといっていい。
公正ではない抑圧は、「男の指標」に関わる問題となる。
抑圧への戦い以外の暴力は全く戦う理由がない。
庶民が政治コミュニティーの暗殺の報道に怒るのは当然だ。
暴力と、その真似事という区別もできる。何かを強要するときに暴力の真似事をするのだ。
教授が不可能な課題を教え子に課すことをクラスルームテロリズムという。
もし、西洋社会の政治家が強権的であるのならばテロリズムの対象になることを覚悟しなければならないとも言われる。

植民地支配からの自由など、政治コミュニティーを喜ばせるものがある。
政治家に罪があろうとなかろうと関係ない。
革命的行動のきっかけとして用いられることがある。
テロリストは標的を人間として扱っている。そうであるからこそ有効なのだ。 
後先考えずにやるテロリズムは、その場の議論に勝ちたいという思惑から行われる。人権を無視すると周辺諸国が敵にまわる。人々は人間への尊敬を見失う。
1942年に、ナチスドイツはイギリスに勝つと思われていた。 
だから60万人殺した。
しかし、ナチスの劣勢を悟った1943年にテロリズムは沈静化した。
イギリスは「絶滅へのトップレベルの緊急性」を持ったため、「子供たち」について振り返った。
イギリスは、「祖先から受け継いだものは何か」も考えた。  
ナチスドイツはこの時点で「政治的自由とはなんなのだろうか?」という問題でトラブルに陥った。
人を殺す理由が見当たらなくなってしまったのだ。
ナチスドイツは「エスニッククレンジング」という女のような発想を取り始めた。
しかし、ナチスドイツはすべてがむなしかった。
他に選択肢はなかった。しかし、得るものはあまりにも偉大だ、という考えに至っていた。
ひたすらユダヤを殺し続けたのだ。
それ以外に「強さ」を失っていたのだ。
非戦闘員を殺したのはナチスの重大な過ちであった。
自由と安全を人々が求めていたため、民衆の支持を失った。
イギリスの「子供」そして「祖先から受け継いだものとはなにか」というトップレベルの緊急性の前には、ナチスが標榜した「支持基盤拡大の研究」のすべてが崩壊した。
支持基盤回復のためには「殺すのをやめる」しか方法はなくなっていたのだ。
ナチスドイツは、殺しが時に有効であることを宣伝するしかなくなっていた。
民衆に罪がなかったとは誰も言わない。
しかし、支持を失ったらなにも乗り越えられない。
もはや自分達の墓場が近づいてきたのだ。
殺しがやめられずに民衆の支持を失ったナチスドイツの悲劇だった。
ダウンタウンなう 2015.10.16 「本音でハシゴ酒@朝青龍があの事件を!-&ジュニアが結婚生…:

テロリズムは確かに世界に報じられる。
しかし、得るものはなにもない。
19世紀にエミール・ヘンリーがオフィスに爆弾を仕掛けてテロを起こした。
彼は「ブルジョアを殺しただけだ」と言った。
人生も知らねえブルジョアたちだ、と。
なぜそのようなことをしたのかは政治コミュニティーに説明しなければならないだろうが、忘れ去られていくだけだ。
アメリカ人は税金をアメリカ政府に納め、それによって作られた武器によってパレスチナ人が殺されている。
アメリカは、モスリム殺しを容認していることになる。
これは、アメリカ人が「殺されてもいい」という意思表示を税金を払うことにって行われていることを意味する。
小錦vs隆の里 (昭和59年九月場所)

具体と抽象~女の場合

女は具体的(特定の男)と、抽象的(その他大勢)な男を意識しながら歩いている。

裸のクレヨン/渡辺満里奈

別れた男の否定の仕方。
①別れた男の心を語らない。
②別れた男の感触を思い出さない。
1986年にルイスが考えた。
昭和54年のこの作品は火だるまになる女を歌っている。
別れても好きな人 / ロス・インディオス&シルヴィア

家具には心がある。
1991年の作品。時代は変わった。
Qlair 「お引っ越し」

頭が痛くなるから女は引っ越すのだ。

言葉と、イメージの残像が頭痛を引き起こす。
この曲は頭痛を起こしておらず「具体的」な男である。
具体と抽象は、頭痛で区別している。
I Remember / SPEED


引っ越さなくてもすむ方法は「バカだバカだ」と罵倒することだ。
純粋な抽象とは「もう死んだ」と言うことだ。
会いたい - 沢田知可子

判例は一人を殺すつもりで、もう一人を殺してしまった場合に「数故意説」をとっているが、
男社会を示している。
女には「死んでほしい人」(純粋な抽象にしたい人)「どうでもいい人」がいるのだ。
女は一故意説だろう。

構成的身分とか違法身分とかがあるけれど、娘が薬を打たれて錯乱しながらラブホテルから飛び出てきて、二人のご婦人が目撃した。
一人は実の母であるが「こんなケバい子は私の娘ではない」と思い。
もう一人のご婦人は「奥様の娘でしょうけど助ける必要はないでしょう」と思った。
という事例がある。

母であれば構成的身分だが、それが錯誤に陥れば規範の問題(したがわなければならない)と直面しない。
助ける試みをしたならば違法身分の可能性があるがそれも「必要はない」と考えている。

人が取り囲むなどしたら人間は「神聖な命令」が生じる。

この問題は、この論文を読んでもらいたい。
この問題は、この論文を読んでもらいたい。

若干の用語の間違いはご容赦願いたい。

2015年11月17日 (火)

背の高さ~政治的武器

背の高い男が女の子に言うセリフ。
「女性は口の位置の高さで男をかっこいいと判断しているんだ。なぜ君はそんなに高いヒールをはいているんだい?理想の男をあげたいのでしょう?」
SPEED Confusion(LIVE 2010 ver.+original Sound)

「背の高さ」
男にとって「怖い」
女にとって「かっこいい」
第三の人々にとっては「スペシャル」

セクション1
①確信を持っている。 
②まとまっている。
③事件。
④発言。
⑤決意。
⑥質と量。

セクション2
①穏やかさ。
②敵がどの世界にいるか。
③いつも同じことをやっている。
④女性との関係。
⑤複雑性をもっている。

これが背の高い男の判断基準となる。

セクション1と、セクション2のどれかを常に二つのペアにして行動する。

セクション1の解説。
確信とは案外「思い込み」でもいいものだ。
男の方が原理原則を好む。女はもっとおおざっぱに見ている。

まとまっているかどうかは、デカいだけで、22個の敵が出来るということを理解していることが大事だ。

事件に関しては、大きな女の周りでは恋愛沙汰の事件が起きにくかったり、相手を見下すことが出来るなどの意味合いがある。

発言というのは、デカい男ほど無口な人が多く、何を話すのかな?と女は聞いている。

質と量というのは、女に興味がないというデカい男がどれほど多くのものを失うかという意味だ。

セクション2の解説。
複雑さとは「どんな本読んでいるの?」ということだ。

セクション1と、セクション2の違いが分かるだろうか?
セクション1は、口の高さを問題にしているのだ。

太っていること(コサイン・ダセイン)よりも背の高いこと(サイン・ソセイン)の方が、斜めの問題に対して真実を表現しやすい。


1447744153773.jpg

ダセインにとっての葉っぱは、ソセインにとっての無駄だし、ソセインにとっての葉っぱは、ダセインにとっての無駄だ。
ソセインにとっての枝はダセインにとっての葉っぱとなりうる。

理想の男を限定するハイヒール。
アランドロンと僕を比べる。
『赤いハイヒール』(太田裕美) 歌:SongCat Hiro

2015年11月16日 (月)

ハゲの哲学

「禿げの哲学」
人間というのは学問を成すことが非常に難しく、a1.a2...an
と積み上げていくが、髪の毛は少しずつ抜けていき、人間としてはGの対象ではなくFに近づいていく。
このパラドックスから何か言えることはあるか?
「禿げているのなら本当に面白いこと言えるの?」
女は言う。
禿は、忍耐強さと跳んだことを意味する。
はたしてあなたはFなのかそうでないのか?
あなたの忍耐強さを話してみてください。
どんな大きなチェンジがあったのでしょうか?
nの数だけn+1の扱いは簡単でしょうね。
つるっぱげに一本の毛があっても禿げだろう。
n本の毛の数が禿であるとは人が決めるものだ。
虚数+1は、一本よりも偉大だ。
頭の髪の数だけ片想いに化けるのだよ。
経験の数だけn本の髪はなくなったよ。
でも、何かの法則を語れるのか?
前提が間違っている。
妥当性が間違っている。
でも話は聞くわよ?
これが本稿の趣旨である。
曖昧な言葉で禿と接するのはあまりにも学がないではないか?
歯に関しては人々は語れるのに、なぜ禿げに関しては語れないのだろうか?
「跳ぶ」とか、「知識」という言葉そのものが曖昧なのだ。
結局、禿げてもなにも語れない人がいる、という意味では「妥当性が間違っている」という指摘を出発点にしなければならなくなった。
何かを語れるのでしょうか?という問いには「そうですね~」と、「ダメだこりゃ」と思うような返事が禿から返ってくる。
結局、禿はGの対象にはならないのだ。
でも、n+1を積み重ねて生きていくしかない。
耐えてきたのは事実だからね。
所詮、Fだよ。
女たちは結局、「あなたってどういう人?」という問題に戻っていった。
若い頃はGでも今はFですよ?
どこまで言葉でやり返すつもりかしら?
禿げのGへの闘争が始まるのだ。
禿げにかける言葉も曖昧だし、世の中の現実も曖昧だ。
その曖昧さを禿げた人の言葉が埋めてくれるのだ。
しかし、女によって禿げの語る言葉の判断をさせると「ミドル世代の排除」が行われるとされる。
しかし、禿げも学問が多すぎると女の「オペレーターD」につながりかねないということは覚えておいていい。
「ダメな禿げ」と「デキる禿げ」がいるために、やっぱり禿げに関して触れることはいけないことなのだろうか?という問題が生じた。
そこで「ポジティブな禿げ方」「ネガティブな禿げ方」「どうでもいい人」の三つに分けるのならば語ってもいいのではないかとされた。
曖昧なことを曖昧に語るのならば禿げた意味がないだろうと思われる。
禿げた人の比較をして見るというのも面白い研究だ。
とにかく、禿げた人は耐えたのだ。
なにか真実を語るものだ。
コンテク派は、耐えた人によるゲシュタルトシフト(一般意思の変革)を望んだのだ。
何かを語るためには禿げなければならないのだろうか?
それがコンテク派の争点となったのだ。
「コンテクチュアルパラメーター高いね」という表現が生まれた。
ジャックもジルも疲れている。
しかし、何をどのようにして疲れたのかはわからない。
インデックス(指標)しか分からない。
あれに疲れた、これに疲れた、しかし、あれは跳んだな。これが人生だったのだ。
「俺は逃げない」というパラメーターが隠されているのだ。
面白い親戚が苦しんでいたら、禿げた人に「コンテクチュアルパラメーターが高いですね」と言って相談に乗ってもらうのだ。
すると、金持ちも、貧しい人も、怒る人も、優れた人も、劣った人も「禿げという現象を我々は抱えていきるしかないのか?」という議論が出始めた。
すると、「禿げている人は嘘つきで孤独だ」という重大な指摘が出たのだ。
禿げていることにより「内へ内へ」とこもっているのだ。
「禿げた」「耐えた」「頭がいいのか」「ただのバカか」「言えない」「言えない」という矛盾はこのように議論するのだ。

「禿げている人が言うんだからしょうがない」という理論がある。
Tスキームというのだが、耐えた人が発言しているのだ。
この曖昧な世界で「頭を見ながら聞く」女がいるのも現実だ。

2015年11月14日 (土)

ヤーヴェ(神はひとつ)

「ヤーヴェ」
パンテオン神殿はたくさんの神々が作った。
しかし、神々は争うではないか?
イスラエルは「天と地をつくったヤーヴェ」という概念を持った。
何でもできて、完全で、単純なものにほど人々は祈ることができたのだ。
この「神は男である」というシンプルさは、我が国のアマテラスとの存在を精緻化させるためには避けては通れないのだ。
単純さは女にあるし、知恵と力は男にある。
女の世界には神聖さがあるし、その「単純さと神聖さ」は男が必要としていたものだった。
P(人間)からQ(男と女の属性を持ったもの)になれるかどうかは、同性愛者になればいいという単純なものではない。
HのないD(出産)がなければならない。
Hは子供を複雑にする。だから「神の単純さ」には必要のないものだった。
この世界に私の意思で現れた。これがHのない神という意味だ。
知恵や力、時間、場所において何かが欠けていれば人間は完全ではない。
しかし、完全なものは他と区別がつかないではないか。
完全はすべて同じなのだ。
限界があっても完全ではないし、他のものより勝っていても完全ではない。
何かを所有していても完全ではない。所有している者はクリエイティブではない。
要するに、「簡単にこなす」ということだな。
男に詳しい女と、女に詳しい男、どちらが安定して物事をこなせるかという議論だ。
女は「天使であること」を失うではないか?
男に詳しい女に男が寄ってくるか?
女に詳しい男には女がよってくるではないか?
二つの神が両立できない理由だよ。
女に詳しい男に話を通して、それでダメなら諦めろと言うことかもしれん。
マッチを擦ると火がつく。酸素、濡れていない、以降は4.5.6.7といろんなものが分からない。
アダムとエヴァの息子、アベルが誕生した。
男の子が生まれるということは学問に満ちていて、ABCD123ハイ♪と、分からないことだらけだったのだ。
[MV] Perfume「リニアモーターガール」
「誰に言えば物事が動くのか?」
「誰が物事の発信源なのか?」
の二つの問題がヤーヴェの研究から分かる。
そこにいるということと、コントロールしようとする意思がヤーヴェにはある。
問題があるところにいる。

思考盗聴総集編

ネオプラトニズムはオカルトの発信源なのだ。
その創始者がピコデラミランドラだ。

ミランドラは、ユダヤとも接触したようだ。
彼はキリスト教の本質は「魔法」と「カバラ」にあるとした。
魔法とは「詩」のことだったし、カバラとは「思考盗聴」のことだった。

業績は少なくてもミランドラは時代のアイドルだったし、彼が書くラテン語が非常にエレガントだったからこそ後の時代の人も、
「ピコのように」ラテン語を書いた。
ニュートンもプリンキピアをラテン語で書いた。
人間の心は無限であり神であった。
そのため、ミランドラはカバラに注目した。
思考盗聴の対象になることは弱味を握られることではなく神になることだった。

ミランドラは思考盗聴の対象になり、最後に守ろうとした言葉が「テトラグラマトン」であった。
これは神聖な名前とされ、実際は発音することすら許されていない。
デカルトは「我思う故に我あり」と言ったが、これは「自分の心の探求は誰にも知られず、安全な営みだ」という意味だ。
これは「思考盗聴に対する体制選択」がなされたという意味で世界史的業績となった。
またヤコブ・ブルッカーは、ミランドラのことを「最悪のモンスター」と呼んだ。
ミランドラは、肉体もないセックスもしない「最もロマンティックでない」状態に追い込まれたからこそ、
天使に近かった。
ミランドラが「ユダヤの技術」で思考盗聴されたのも、おそらく「デルメディゴに目をつけられたから」だと俺は考えている。
いずれにせよ、男の童貞に異常な関心を示したのはユダヤだったし、
キリスト教社会で思考盗聴にはじめて出くわしたのがミランドラだったのだ。
神・男の完全性を議論すると爽快感がある、メシア信仰などが結び付いたんだろう。
キリスト教は、ピコ(天使)に比べたら我々はなりたいものになれる、
という意味で求心力を高めた。
ミランドラは、思考盗聴のルーツを探して古代エジプトの研究もしたが、人生はそんなに長くはなかった。
女性ホルモンが男性の中に入ると空腹になり太る。ピコは、靴下のない時代に足のかゆみにのたうち回って死んだというのが現代の医学からの小野光太郎の見解だ。
あるいは、熱から統合失調症を発症した可能性もある。
アラブは化石からスピンを生み出すんだよ

アシカに魚を見せる。魚によってアシカを差別し、言うことを聞かせる。
ラットに言うことを聞かせるためには電気回路を用いる。
そんなことをしているうちに被験者は面白い行動を取り始めるわけだな。
本を読み始めるのだ。
ラーニングカーブ(学びたいという意欲)が急激に増し、実験者も制御不能になるのが人間なんだ。
時計というものは、どのような電気回路にせよ「キー」と「マガジン」というシステムによって時を刻む。
この技術の被験体の「今までのパフォーマンス」をしっかり見ながら、それをアンプリファイ(増幅)するのだ。
スケジューリング(日程)と、アパラタス(現在地)を明確にし、鳩が入れ替わったらこの技術はすべて無駄になることを知らないといけない。
年齢によって「解決できる問題」「解決できない問題」があるので、うまくスケジューリングを組み、ラット、鳩、猿を選らばなければならないのだ。
より高いメンタルプロセスを探して被験体は行動するため、怠けたら何らかの罰が必要だ。
しかし、非常に複雑なスケジューリングをやるのだ。
通常の本には書かれていない技術であるため、徐々にいろんな技術を加えていく。
だんだん慣れていくが、本を読まないのなら打ち切っていい。
なぜ人間は、大きな罰を受けるために小さな罰を受け入れるのであろうか?
それは社会があるからであり、この実験から
人間と社会の関わり、そして、社会が自分にとってポシティブなのかネガティブなのかを見ながら生きていることを知った。
教室で先生に教わるが「余計なお世話なんだよ、自分でやるよ」というのならばこの技術は必要ない。
教室から「出てけ」と言われるような女の子にやるのだ。
3日間でいい。
ギャンブラーはなぜ、トータルでは損をする賭けをやるのだろうか?
鳩もギャンブルをやり始めるのだ。
「すべてから逃げ出したい」と言って自分を痛め付けるのだろうね。
大事なのは、被験体が「どのようなスケジュールを組んだか」をしっかりと見極めることなのだ。
フロイトは、精神分析と心理学は同じなのではないか?と思った。
この技術をやられて、野心的な発言をするものはほとんどいなかったからだ。
どんな漫画を読んでいたか?ボクシング雑誌を読んでいた、などで結果を予測するしかなかった。
「反撃してきたのでギタギタにしてやったぜ」(この顔は楽して勝った顔じゃない)
七万時間かけて4億人のサンプルを見たが、金がかかるんだよ。
統計ではないんだということが分かった。
若い心理学者には耐えられない作業だっただろうね。

思考盗聴という技術は、俺もMAXの攻撃をすでに経験したが、
「腹を減らしてやれ」という攻撃から、リンパに絞ることができた。
すると、CT、MRI、カラードップラー、ウルトラサウンドの四つの機材を用いていることが分かった。
しょせん、統合失調症は医学書で四ページ、
思考盗聴は八ページしか、三千ページの医学書にかかれていない。
命というものをよく考えなければならない。
基本的には、リンパをやられると、咳をする、痛みを感じる、疲れる、痩せる、熱、喉が乾く、夜、汗をかく。
などがあげられるが、
思考盗聴なんてこの程度の攻撃だよ。
咳をすることを向こうでは「アタック」と呼んでいたが、MAXにすると強烈な痛みだね。
タバコを吸わないとやられている側はもたないね。
ピコデラミランドラは、お姉さんが幼児の頃、美しい顔を鏡で見て「テトラグラマトン」と言って踊るのを、
「絶対に聞かれたくない情報」だと考えていた。
お姉さんが子供の頃の発作から解放されて踊るのを眺めていた幼児体験だった。
これが、邪馬台国の卑弥呼が自分だけてんかんではなく権力者となった鏡の秘密だったのだ。

王室が、語学をやる胆力がないから用いる技術なんだよ。
覇権国家の言語による政治をパワーポリティクスと言うんだ。

2015年11月13日 (金)

自由の女神~女の憲法

女の心には火がある。しかし、体もある。
火と体。どちらが女の憲法だろうか?


1447404372225.jpg

体はお金になる。これが第一だ。
しかし、女はすり減っていくし、男は変わっていく。
男はセックスをする度に借金を背負っていく。

ディオンとテオンの話は、ディオンが体全体で、テオンが右足以外の体全体だとし、右足を切除するとき、ディオンだけが失うものが多いとしたものだ。テオンはなにも失わない。
長い尻尾を失った猫は魅力を失う。

テセウスの船とは、ギリシャ哲学が船から多くのことを学んだことから生まれた。
船が故障して、新しい船にする、
壊れた船は博物館行きだ。


1447405739061.jpg


1447405740082.jpg

もしこれが「自由の女神」ではなく「自由のダビデ」だったらどうだろう。
ダビデは、昨日よりも今日、今日より明日変わっていったので、いったいどのような火と肉体を描くつもりか?
男の心の火と肉体の関係は女とは違うのだ。

ダビデの肉体が美しかったのか、心の火が輝いていたのかは「蹴りの強さ」で判断するしかない。

結局、自由の女神においては、「火が肉体を作る」のであって、肉体が火を作るのではないということなのだ。
体をいくら使ったって火は大きくならないのだ。
女は体から火を生み出せないのだ。

「体と火は、同時には存在しないのよ?仲間に加わらない?」

若い女性のコミュニティーや老人クラブ。
いろんな世代ごとに女たちは分かれたのだ。

女の体と火の関係が明らかになったことから、「女は貫通できない」ということが分かったのだ。

そして、男たちは老いた者も若い者も一緒にいられることが「蹴りの強さ」から分かった。

これが憲法なのだ。

俺の体は俺の火となりあなたの火ではない。
まあしかし、体が火になるというのは柔軟性があって非対称的だね。
なかなか体だけでは分からないよ。
誰と戦い、何を証明するかで決まるのかね。
何も上から降りてこない年長者に「よく生きてたな」と敬う気持ちある。

【問1】自由の女神の問題から「なぜ小沢一郎は内閣総理大臣になれなかったか?」を解いてもらいたい。

自由の女神の「火は体になるが、体は火にならない」ということから、お婆さんはセックスの体験を火にしておらず、
若い女の子と火の大きさは変わらない。
体が歳をとっただけセックスをして満足をしているのだ。
では、「自由のダビデ」はどうだろうか?
年老いて肉体が火の大きさになった男は「蹴りの強さ」で小沢一郎くんに負けて、若くて体が強く、火の大きさもまだ小さい連中の「蹴りの強さ」を利用した。
朝日新聞が「どの女と寝ようが」という発言をのせて小沢一郎の政治生命に強烈なダメージを与えた。

本予算と補正予算は違うだろ。補正予算は偽物のドルでできているんだ。
だけど、ゴリオテを倒すのには2球必要だったからな。
二次補正ってなんや?
ゴリオテもランプルも倒されたバカだという意味では同じだ。
美術館に並べて眺めていればいい。
なぜ二次補正が必要なのか?
ダビデが外に出るからいろんな風景が変わるんだ。
なぜ三次補正が必要になるんだ?
敵が自分の像を作るからだ。
なぜ4次補正が必要になるんだ敵が飯を食うからだ。
蹴りの強い男たちが集まってもわかんないんだよ。

ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州から自由の女神を見れるように道を作ったよ。
1970年代にワシントン州、1980年代にオレゴン州、1990年代にカリフォルニア州に道を通した。
心の火は肉体に宿り道を作った。しかし、火と肉体には時間が必要だ。オレゴン州にはつなげても、カリフォルニア州には同時にはできなかったのだ。
それが時間というものだ。
ルート29という道があり、シャーロットからタイソンストリートあたりのノースカロライナの道は、女神がルートを選択したのではない。
ダビデが決めたんだよ。
ダビデが二人の女のどちらかを選ぶよりも、二つの道の選択は簡単だった。

しかし、ダビデの二人の敵はどちらの道を選択するのかを困難にした。

あのときはお前の判断が正しかった、という感覚を積み上げていくので徐々にリーダーは決まる。

でも、新参がくるわけだろ。今までの俺の努力はなんだったのか?

さらには外国語が入ってくるわけだな。

ゴリオテがいたな。
ランプルはいなかった。
ならば、ゴリオテとランプルは比べられないな。
だからゴリオテとランプルは比べられないな。

こんな感じなんだよ。

つまり、俺はゴリオテしか見えないわけだよ。
ゴリオテを知ると彼が凡人だと分かる。だから他の奴が凡人ではないように思えるんだよ。
みんな正体を隠しているんだ。
だからゴリオテの像を作ったんだ。
I Remember / SPEED

「私のどこが好き?」
「体」
これはニヒリストだ。
俺は101匹目のワンちゃんだし、俺のせいで擦り減っていく彼女の体。
男の子か生まれたら、彼もダビデの道を歩み始めるし、女の子ならば女神の道を歩む。
女神が別の形の女神を生むんだよ。信じられないね。
ダビデがろくなやつにならなければ女神は捨てられちゃうよ。
K(三振)を取ったレックスの火は、翌日には消えちゃうよ。
それも男の仕事だな。
ロックとは、一人の男という意味だ。
The Rolling Stones - Start Me Up - Official Promo
K(三振)次第で人が集まるんだよ。
女は心でも体でもKはとれないだろ?
大事にするしかないよ。

心の火だけがあるダビデ、しかし、そんなものはすぐに消える。
サラリーマンになって終わるのがライプニッツ式だ。

火だけがあった。
ダビデだけがいた。

AとかBとか言っている子供が死んだら賠償金はどうするんだ?

ボートだ船だ言っている女の子はどうなる?
渡辺美奈代 - シーツの舟 [Bass]

王者になる奴

まず、幼稚園の頃、鏡で自分の顔に見とれたことがあることが条件だ。
「なんという美少年だ!」
努力は同じ、技術論も同じ。
あとは、大観衆の前でめまいがするかどうかは、若い頃、美少年だった、という「ミラーイメージ」が原点となる。

1447380889569.jpg

ジャッカル丸山は強かった。アマチュア時代から脚光を浴びていてジムの会長が争奪戦に破れていた相手にも勝った。
なぜ、彼は世界をとれなかったのか?
オーストラリアで大観衆の声援で「頭がくらくらした」という証言から、私は、この原因をミラーイメージに求めている。
勝てばお母さんが喜ぶ。
問題は、大観衆に耐えられるか?ということなのだ。


1447380890252.jpg

オスカー・デラホーヤ。

シャイな劣等感というものに注目したのがヘミングウェイだが、どの子が育つのかという問題は非常に難しい。
母親の愛情、両親の死んだ年齢、薬、栄養で寿命を推測するが、寿命も強さかもしれない。

2015年11月12日 (木)

手塚治虫のブッダ~その後

ジャイミニ経という経典がある。
ダルマを知りたい欲望、という意味だ。
ヴェーダが普遍性を意味するとすれば、ブラフマンという概念が「まだ真の教えは現れていない」として、
聖者の命を守ろうとした。
万世一系は、ヴェーダかもしれないが、ブラフマンというものが必ず現れるのだ。
発狂した女の証言を「サバラ」といい、この証言に出てくる名前を人々は尊敬した。
発狂した女は、医学、哲学を知っている男しか信用せず、一般の男には治められない。
彼女の発言から何か神聖なものを見いだすのだ。
信用できる相談を誰にすればいいのかは人々はサバラで判断するようになった。
判決は「人々は天国のために犠牲になるべきだ」と言っているが、
サバラは「判決の意味がわかりますか?」と言ってまわる。
女性の世界の直感と、男の世界の自信が、より高い世界を感じるのがサバラだ。
すべての世界は盲目なのだ。
いざとなったら誰に相談すればいいのかをサバラで判断している。
彼女が出す名前を「プラマーナス」と言う。
発狂した女の直感は炊飯器のように「役に立つもの」(ディグナーガ)しか感じないのだ。
言葉のディグナーガこそが哲学であると思われる。

【まだまだつづく】

ポア~その理論を探る

「ダルマカーティの言葉」
災害に次ぐ災害、入れ替わっていく有名人。人生むなしいよ。
しかし、真理のためには人々が金を払うことにアショカ王は目をつけた。

5本の指が人間にあるな。
これを6本だと言い出す奴がいる。
頭に角でも生えてくるんじゃねえか?

人々はCについて語るよ。
いろんな女がCと言うよ。
でも、どの女も同じに見えるかい?

現実を語ると自分の勢いになってしまうんだから、ビックリだぜ。

男、女、力。
これだけでライバルを蹴散らしたよ。
女は美しかった。男よりも上かと思った。でもオフィシャルレコードから消えたよ。

アポハー。
言葉も話せない男がいる。
財産を持っている人と財産。
財産とは牛だった。
アポハー(排除)。
学問をやりたい奴と財産のある場所は「いい加減」であり、そのために「アポハー」を使った。
アポハーとは、ブルーカラーの理論だった。
知的な男であること。
そのために、トップダウンでアポハーを使うのだ。
「持ってけ泥棒」というダブルの否定しか見当たらない問題だった。
ボトムアップでは「何を考えているのか?」を財産を持っている人に伝えなければならなかった。
この世界はブルー(ダーティー)だよね、ということをよく理解しないと、資産家は金をくれないのだ。
学問をやるとはそういうことだ。
俺が聞きたいのはチョコレートの話じゃないんだ。
俺とお前を学問でつなげてみろ。
これがアポハーだった。
「お前はダメだダメだ」と「勉強します!」の間のいい加減な部分の研究なのだ。
馬鹿が戦車でやってくる

「女」について語れるようになったのか?
俺と同じ結論を出してみろ。そうすれば金を払うだろう。
俺と共に否定すべきものを否定しよう。
これがアポハーとブルーカラーの結論だった。
俺の村ではAはBだと考えている。
お前がそれをCだと思うのならば話がある。
ABCという順番があるな?

BがなければAはCに似ていないと思います。

結局、ABがなくてもCがすべてだということだな。

部分的な存在と、完全な存在、そして存在が何かを欠いていることに気がつくだろう。
これすなわちCなり。
「知りたいのか?」
それが俺とお前の学問だったわけだろ。

すべてのCは、BのようだからDだ?
AはCのようだ?
そういうのを「敗北の指摘」と言うのだ。
AやBは、「劣っていること」しか証明しないではないか?

xは、永遠ではないからこそ産み出されたのだ。
永遠ではない者は別の人が次々にその座を取って代わるだけだ。

干渉する女がいればさらに永遠ではなくなる。
人間なんてFになるかGになるかの違いしかないのだ。
Gになったら女性が自慰をする。
耐えられるか耐えられないかなんだよ。
なぜだと思うか?
仏教というのは「言葉」を残したいんだよ。
謙虚でなければならないし、化身にならなければならないし、いろいろ知ってなければならないんだ。
達磨の教えは偉大すぎるのだ。
耐えてほしいのだ。
ブラフマニズム(王位継承)すら生き残ってもらいたいのだよ。
ヴェーダの普遍性、ブラフミンの善良さにも負けてほしくないんだよ。
実は、仏は男の現実を知らないんだよ。
霊的な道しか知らないんだ。
でも、仏は人々をアッと言わせる証拠を見せるし、一緒にいると楽しいんだ。

2015年11月11日 (水)

ジャヤラーシ~やらしいお坊さん

「ジャヤラーシ」
インド唯物論は、イスラムに破壊されたために謎が多かったが、1940年に研究が進み、8世紀の人物であるジャヤラーシの研究を明らかにした。
女性の研究は、時代的には空海も知っていたことになる。
子宮における意識、世界への道などを語り、「グル」と呼ばれて、
T→C1∧C2∧C3...∧Cn
という図式を作った。
C=0
ならば、
T=0
であることは、現在においてもAKB48が当然踏まえていることだ。
メリハリで愛して ribbon

C1は、何か特別な個性を持っていたな。苦労したな。
C2は、なにも変わらなかったな。
C3は、なにも変わらないけどだいたい分かってきたな。

Tとは自分の存在であるとされる。

ホワイトガールは法である

Cは、4以降拡散していくのに、「Cから何かが降ってくる」と考えてしまう人に真理を示した。

本物の男は「常に三人の女を意識しながら歩いている」という指摘を行った。

認識している女。
干渉してくる女。
証言する女。
常にこの三人の女を意識している。
工藤静香 FU-JI-TSU

認識している女は幻。
干渉する女は、CとC、Cと女、女と女の問題と向き合う。
証言する女は、昔のこと、彼の言葉、私だって幻、男の感触、永遠、先生からの教え、以前とは変わった男。
の問題と向き合う。
証言する女までテーマを拡散させた音楽作品はないんじゃないかな。

一方で、このような「三人の女がいるというモデル」は、神の言葉にすぎない、実際の女はなにも知らない、Cなんてないよ?
ですむことではないか?
とも言われた。
非常に深い作品なのだ。

女心を知ると驚きが大きすぎる。
バカと賢さは似ている。「彼女も気の毒ね」という歌詞はまさにそうだ。
「今を生きろ」(カーペディエム)としか言えないのだ。

イエスが小野光太郎を救った

人間の発想には「レマサ」(私のため)のものと、「レマサではない」(みんなのため)のものがある。
創世記で、「人間は神のイメージで作られた」とあることから、「エリ、エリ、レマサバクタニ」(みんなのためにやった)ということが神のイメージになった。
これは、宗教界の「神の法則」となった。
数々の歴史的場面でこのような人がデビューしている。
1985年の阪神優勝では細木数子がデビューしている。
1999年のホリフィールド対ルイス戦では小野光太郎。
2002年の小泉訪朝では安倍晋三がデビューしている。

アインシュタインは皆既日食の時にデビューしているだろう?

オウム真理教事件では江川紹子や、有田芳生などが人間を語りデビューした。
オウム真理教事件は人間を語るには十分すぎた。
小野光太郎の天皇即位でも多くの人がデビューするだろう。
人間を語るのに十分すぎるからだ。
「エリ、エリ、レマサバクタニ」
地図を広げよう。広瀬香美。
「運とタイミング」を指摘している。
広瀬香美「地図を広げよう」

ビッグイベントを「ハラカー」と呼び、それによってスターになる人を「リシュマー」と呼ぶ。
みんなと経験を共にし、楽しみを与えた人がスターになる。もっとも敵が少なかった人のことだ。
このことは、宗教と倫理学(楽しみを探求する学問)ってどう違うんだろうな?という問いかけがなされた。
リシュマー崇拝は「自治」に根拠がある。なんか言うんだろうな?ということだろうか。
我々のサイエンスとは違うもの、トラーから我々を自由にしてくれるもの。
無知は人間の最後のつながりなのだ。
無知でサイエンスに逆らって生きている人間にとって「ひらめき」とは宗教の起源に他ならなかった。
「知っていた方がいろんなところに行ける」
ハラカー(イベント)で、いろんな人をリシュマーにしたほうが物事が発展する。
周りで楽しんでいる人を「ハラキック」と呼ぶ。
「私は神だ」というのは神に対する義務であって、隣人に言ってはならない。
「面白い話をする野郎だ」でいいのだ。
あのとき俺はここにいたんだよ、とハラカーに話すのだ。
川を渡る司令塔はこいつだったのか、とハラカーは思うんだよ。
女はトラーしか知らない。
牧場を営んでいる人が「牡牛のカマを掘る」ことは実際に行われているが、女たちは「あなたは神に仕えているんじゃないの?」と怒る。
ユダヤコミュニティーで生き残っていくためには、人々を楽しませる秘訣があるのだ。
ハラキックが神に祈るネタを選ばなければならない。
「楽しい」と「宗教的」は、ここでようやく区別がついたのだ。
女性たちの関心は、「トラーが実現した!」というところにあることを忘れてはならない。
ハラカー(イベント)を人々のニーズに合わせて振り分けていく人が必要だ。
紳士の国、イスラエルの秘密だ。
安息日とはそのようなことを話し合うためにある。
永遠の戦いなのだ。

1982年、イスラエルはレバノンに侵攻し、マロン派政権の基盤強化とPLOの孤立化をはかったが失敗し、85年にイスラエルは撤退した。
困難な情勢下でPLOは内紛に苦しんだが、87年12月ガザ地区で、占領地生まれの青少年を中心に激しい抵抗運動が発生し、
運動は東エルサレムを含むヨルダン川西岸地区などイスラエルの占領地域全域に広まった(インティファーダ)。
【詳説世界史研究】(山川出版)

この記述の背景に、レバノンの「牡牛のカマを掘る」男の存在と、「インティファーダ」という牡牛狩り運動を見出だして欲しいんだよ。
大野幹代 許して…

2015年11月 9日 (月)

ハーバードメディカルスクールの講義

火傷をして思春期を迎えられなかった少女、ハーレムを経験した11歳の女。
テレビ東京のゴルゴ13は、アイスバーンの10%が水になると言って生き残った。
組織的ウソが共有され、ハーレムが作られるのが人種だ。
住宅をたてるのにノコギリを使うだろう。
スポーツメディアには何の音も聞こえない。
近所の美観。ここに義務がある。
未亡人がいる。
借金がある。
韓国では保険をめぐって喧嘩だ。
我々アメリカ合衆国は、メディカルカルチャーの王であり続ける。
人種がある限り。
100のシチュエーションが大体あるな。人々の欲望が続く限り。
医学は価値というものが好きだ。
フセイン政権、豪邸とそうでない家。
シチュエーションを見つけていかなければならない。
アフガニスタンに医学を見に行くんだ。
キッチンがないんだよ。
保険の問題があれば「何があった?」ときいてみろ。
イエローライフがあるだろ。
雑誌があれば読んでみろ。
何をやっているか?真実を考えてみろ。
お前らは人類最後の人間である必要はない。
ベトナムでは看護婦は撃たれなかった。ジョンのサービスをしたからだ。
黒人は文句を言うし肉を食う。
シャラポワは、何もわからなかった子供の頃に美容整形を受けている。
患者が怒ったら後ろに下がって謝れ。
尊敬など要らない。
Harvard Medical School's Dr. Augustus White III S…:

ビジネスモデルの作り方~このブログのやり方

「ビジネスモデルの作り方」
どのようにユニークか?チーム作り。
仕事を見つける。他と何が違うのか?
増幅(アンプ)にかける。
カスタマーのニーズにアジャストさせる。
生む、伝える、果実を得る。
どのように創造的であるか?
どうやって突破する?
ゲームを変えちゃいな。
新しい方法を生み出せ。
20年前は、パスカルやマルクスの世界だった。
マッキントッシュのウィルスバスターが儲かった。ネットショッピングが生まれた。
マシンをアタックする連中がいたのだ。
ノートンは、これをどう変えた?
危険性をフィナンシャルタイムズに伝えたんだ。
機能はウィルスバスターより2%マシだっただけだ。
ヨーロッパソフトウェアは、アメリカとのオフバランス(全米並み)を目指せばいいことが分かった。
経営手法において、誰と組むか?そして株主とカスタマーのウィンウィン、どんなテクノロジーか?なぜか?
モデルが壊れている、やり方が壊れている、ニーズがある。このトライアングルを狙うのだ。
これで儲かった会社。
共有に関してはジップカー。
肉に関してはベントプリビー。
メディアリサーチに関してはユーテスト。
広告に関してはミントドットコム。
通貨に関してはタツプジョイ。
もっと複雑な方法を使ったのは、
OSSとSaaSに関してはアクィア。
P2Pレンタルに関してはエアBnB。
SaaSの共有に関してはデマンドウェア。
ブローカーに関してはグルーポンが生き残った。
アメリカには「てこ」があったのだ。
やり方か商品か?方法論で日米の言論構造を使った。
ソフトウェアかサービスか?言論はサービスだった。
オープンかそうでないか?スタンフォード哲学百科事典はオープンだった。
コンテンツかデータか?コンテンツだった。
プレミアムがあるかどうか?あった。
読むだけかライセンスを与えるのか?読むだけ。
こうやって、スタンフォード哲学百科事典の翻訳を進めたのだ。
「お前は本当にパーフェクトか?」
C「能力」
O「の」
R「本当に」
E「特別な」
価値。
建物をたてる人がいたらこれだけを考えてビジネスに近づくのだ。
いろんな会社に近づく。
ゲームを変えちゃいな?
資金、仕事へのアクセス、いろんなものをうまく説明する。
中古市場ではないのだ。
ソフトウェアは、プレミアムはつかないけど有名にはなるよ。
契約を大企業としたか?
有名になって契約するんだ。
さらに、ニーズがある外国に売り付けてしまえ。
「語学」が必要だ。
ローコストでやる。
集まった人々を利用するのだ。
COREを忘れるな?
いろんな仕事に攻撃的になれる。
自分だけでそれだけの価値があるかどうか考えてみるのだ。
他の人が「俺にもできる」と思っているのなら勝てない。
会議は集中的にやる。カスタマーはそれを日常的に使い続ける。
生み出すものは頭が良くなければならない。
そして、群がったコミュニティーで生きるのだ。 
ストラテジーパートナーが「信用できる」と思ったら自分の村の出来上がりだ。
Harvard i-lab | Startup Secrets Part 3: Business …

宮内庁の物理学

この発想を知ってほしい。


1447031729120.jpg


mという天皇の重さに、小野光太郎のqが与える影響を示したモデルだ。
路線の違いはθで示すことができるし、
「天皇がやる気を失っている」という発言から、もはやvは失われたことがわかる。
位置ベクトルpはもはや遠くにはいかない。
問題は、小野光太郎路線を宮内庁の路線に近づけていく必要があるということで、θを限りなく0度にしていく必要があるのだ。
そのようにして、80歳の天皇mと、44歳の小野光太郎qが、うまく皇位継承をやっていくのだ。

1447038053546.jpg


人生の円弧。
宮内庁の重さm、組織の規模r 、そして速度がこれで計算できる。
次世代のr は拡大するだろうし、宮内庁は重くなるか軽くなるかの分析が必要だし、どのような速度で物事がまわっていくかの計算が可能だ。

フィギュアスケート スピン集

1447038054449.jpg


中心にいると速度が持てないが、組織の細胞の動きの速度はこれで計算できそうだ。
オメガをどのように動かすかの研究だ。

ジャンプで腕の動きを見てほしい。
何が高速回転を引き起こすかは、腕のr なのだ。
フィギュアスケート

スラムダンクで回転する人もボールを頭の上に持ってきてから回転している。
NBA 2015 Sprite Slam Dunk Contest

この人がもっとも世界で回転に詳しい。
MIT Professor Walter Lewi's Physics 801 Lecture 20

2015年11月 8日 (日)

ハーバード講義~家族と政治学

「人生を知るとは何か?」
俺は引退した力によって講義している。七人の子供がいるが成績が悪い。でも、頭のいい子供もいる。
死なねえかなと言われている。
何が成功なのか?うまく死にてえな。
成功から失敗が始まる。成績?金の話だよ。
シングルペアレントも世の中にはいる。すべてが不安定だ。
すべての人が違うスタートを切っている。
家族、コミュニティーに日が上る。彼らが何者なのかは知らない。
文脈は知らないが会うんだよ。
22歳の娘がいいんだけどな。
明白性というのがある。子供だ。
ルパート・マードックもレディガガも子供の話をする。
俺はこの社会学を批判したい。
確かなプロセスを子供は見ている。アイスクリームをいつもらえるのか?
金・力・名声のために必死になる。
これが「俺の法則」か?
どの子供が「頑張りたい!幸せになりたい!」と言うか?
「レガシー」
ビル・ゲイツは、誰を助けるかを選べる。
認知してもらいたいというプライドが人にはある。
双子は他の人をどれだけ助けたかで競争するし、何人が彼を信頼したかを自慢しあう。
妹がいるから「誰がボスになるか?」で兄は競いあう。 
子供を知ることはあまくないよ?
政治がわかる。幸せになるよ?
妻のために夫は何かを取ってくる。
神のもとでの幸せを感じざるを得ない。
子供が成長して何かをとりたがる。オリンピックだのなんだのと。
大きな話をするんだよ。
三分後にリーダーになりたがる。そして高校に帰っていくんだ。
俺が仕事でうまくいかないことがあったらどうするんだ?
子育てはチャリティーか?
72歳のフェデラー。働いて子供を育てる。
俺はこのようなワールドバランスを憎んでいる。
ジャグラーは、たくさんのボールを上に放り投げる。
ボールの動きなんて知らないよ。これか家族だ。
人と話すこと。憎むべきワールドバランスを語るんだ。
83歳のレッドボールだけが「成功した男」として残るだけだ。
人の話も聞かない。妻に恵まれるレッドボール。
妻は高校にマニキュアをぬっていき怒られたこともある。
とにかく俺は勝ったんだ。
俺よりでかくなった子供とは喧嘩はしないよ。本でも書ければいいんだけどな。
金があるならバランスシートを作れ。
十分というのは素晴らしいことだ。
子供に金をやったらコートジボワールやチリの国旗が部屋に飾られるだけだ。
ひたすら親父としてジャグラーをやるだけだ。
写真を撮っておけ。
子供が62歳になったら話すんだ。
発展途上の人間とは何か?
誰が金を必要としているかが分かるようになる。
バランスシートの秘密だ。俺の貯金は秘密だけどな。
世界を語るならこの事を知っておけ。
Building a Life - Howard H. Stevenson

ハーバードが垂加神道について語る

「ハーバードが垂加神道について語る」
経済効果に興奮している。
コカ・コーラやナイキが参考にしたのだ。
不満はある。戦ってきたのに。
資本主義の拡大に使われるのか。
リベラルな売春婦もいる。しかし、政府は仕事をしやすくなった。
理屈を知っているものによるパワーポリティクスが行われている。
東京の知識による政治だ。
でも、証拠に基づいたものも必要だ。
ネオリベラルは、見える美しさがすべてと言うし、すべて秘密だと言うし、それてありながら女性を称賛しろという。
「滑りやすい坂道」神はいるのかどうか?
女の子は悩みます。
女の子は静かな無視をするか、男に教わるかしかできないのです。
三浦理恵子~冬の微粒子

世界銀行は期待していたのです。
WIDは、女性がダメになるとしていて見解は分かれます。
スローガンは経済成長です。
リスクも知らないといけない。
何がウソなのか。視野が狭い。やれ子供を産んだだの、レイプだのを男が言うのだ。
確かに男女が仲良くなれる。
しかし、政策にどう反映させるのでしょう?差別する気ですか?
議論に参加する機会もなく広まってしまった。
文化圏は色々あるけれど、「女」というものは同じであることが分かった。
女たちは噂している。機会の平等を美しさに委ねるのだろうかと。
冬の微粒子は、家族の問題、相続の問題に関わるが、笑い者にされている。
銀行は非常に緊張している。
仕事は仕事。私は私。
経済成長に有効だとされているが、別のロジックを探す作業を始めないといけない。
冬の微粒子に文句が言いたい。
この垂加神道の解釈は成功か失敗かは議論が分かれているのだ。
とにかく批判しないといけない。

Feminism Triumphant and Tamed: The Politics of Kn…

ハーバードが神について講義する

食料価格が乱高下しているが、植物だけは神聖なのではないかは?
チームモデルを離れたイエスは、創造性を身に付け、しかし、肉をご馳走になると問題が多かったので肉食をやめていた。
善と美しさだけが神聖なのではないかとも言われるが、なぜイエスへの寛大さを持てないのか?
クリエイションは、永遠を感じるものだ。子供が「これかできるのなら何かが永遠なのではないか?」と考えることだ。
もしイエスが寛大さをもったら彼は仕事がしやすかっただろうね。
真善美を探求できただろうね。
子供ができたことは「自己保存の闘争」が起きたよ。
人間のポテンシャルを高めるためにイエスは必要だっただろう。
しかし、紛争こそが人間性でもある。
力と力の激突ならばイエスは強いだろうが、クリエイションが別の考えを生み出した。
海と宇宙が子供を生み出したのかね。
退屈な時間がイエスを生み出したのかね。 
ホーキンスは、時間と空間を語ったが、アダム・スミスはチームモデルを語った。
動く人間はみんな宗教的なんだよ。
やれ、世界王者だのなんだのいうからね。 
スミスははっきりと「神は存在しない」と言ったけど、世の中にはわけのわからない議論があるからね。
そういう連中を思い知らせてやるやつが必要なんだ。
イエスが語る言葉を「アトム」と呼ぼう。
アダム・スミスはアトムとどう向き合ったのか?
アダム・スミスは「クリエイション(子供)とイエスの肖像があるではないか?」とした。
天文学も顕微鏡もあるとした。
アトム(イエスが語る言葉)など大したことないよ。 
ダーウィンは、わけのわからない議論かあるかぎりアトムが進化のために必要だとした。
アトムは、イエスだけが語ったのではない。
テクノロジーの進化や、イエスが食べる植物の学問だって進化させたではないか?
心理学は複雑すぎるんだよ。植物学も、テクノロジーも宇宙や顕微鏡で人々の心の探求に向かうんだ。
猿がバクテリアを発見できるか?
進化は人間だけで楽しむものだ。 
遺伝子というのは確かにあるよ。
空母だの電力だのの時代を楽しむのもひとつの考えだ。
フランス革命以降、イエスみたいな真似をするやつは死に近づいたかもしれないね。
しかも、科学の進化はむしろ急激に高まったじゃないか。
神は完成されたのかもしれないね。
我々は忍耐強くいきればいろんなものが発展する時代になったんだろう。
最悪の戦術は、牧師がこの事を何も知らないものに教えないことなのだ。
人間は、自然の摂理で知性を身に付けた。
ゴーギャンはアートネイチャーを作ったし、人々はでたらめをいっては仲間を作ったではないか。
でも、青い空だけは真実だったよ。
図書館は退屈になったけどね。
でも、武器も発達したし、人間の学問は増えたよ。
美しいではないか。
パイロットも海兵隊も神に祈っているんだ。
めんどくさくなったけど人間のチャンスは増えたんだ。
「何かが永遠になったんだろう」それが神の答えだったのかもしれないね。
偉い人の話を聞いて体に電気が走ればいいんだよ。
ribbon "WISH!" '92 日比谷野音

Science, Beauty, and God: Reflections on the Mean…

2015年11月 7日 (土)

シカゴカウンシル~アメリカ人が集会で北朝鮮のことを語っています

「シカゴカウンシル~北朝鮮についての集会」
北朝鮮はイメージプレイをやっている。写真を使っているのだ。
韓国、日本、アメリカ、ヨーロッパにばらまいている。北朝鮮の驚異を深刻に受け止めている。
彼らは朝鮮半島の統一について考えているのだ。
ジャックの先生は、クリントン、ブッシュ政権に仕えた人です。北で何が起きているか?
予期しない接触があるのだ。状況が悪い。米国の対北朝鮮リーダーシップのチェンジを見ている。政府の真実を語ろう。
10月10日のヤングガンがここにいます。
オフィシャルバージョンとそうでないものがある。
「北朝鮮」のふりをするつもりはない。
プロパガンダイメージで「我々はどのように見えるか?」を最大限に利用している。
カラオケ、エレベーター、長い髪があるのに。現実が見えないではないか?
二つのバージョンがあることを知って欲しい。
指導者は写真では尊敬できないのだ。
美しすぎる。真実であるには美しすぎる。キムジョンイルが、国家の発展を目指して物事を面白おかしく描いたのだ。
朝鮮労働党に招かれて写真を撮ったのは事実だ。しかし、発見したかったし、真実を見たかった。
共産主義のルーマニアが崩壊したときを思い出す。最後の共産主義国家が「見えない部分」を一部放棄したのが印象的だった。コミュニケーションのない国だ。
パワフルイメージがあるが、いざとなったら六ヶ月もたない国だ。最後の見えない現象だし、ブラックマーケットや餓えがあるのが現状で、合法、非合法で生き残っている。
中国の国境は閉じているが、聖書も辞典も入ってくる。メディアブラックマーケットがあり、情報戦でどれほど北朝鮮が優れているかを知らないといけない。
190センチのアメリカ人との混血がいたけどまるで子供だ。子供が育つのが難しい。
体制があの状態で人々のあの反応はミステリーだよ。なぜ人民は自分達を低く見せるんだろう。
プロフェッショナルストーリーがあの国にあるのは知っているけど、インテリがシェークスピアを語るんだよ。
シカゴカウンシルの映像

スタンフォードの講義をYouTubeで聞くとこうなる

「ポートフォリオ~スタンフォードの講義の翻訳」
人々は資源への戦いを行っており、知恵を会社に伝えたがっている。
参加したいのだ。
人間のプロセスの研究が必要だ。
人のプロジェクトを台無しにしたいのか?
建物をたてる人と見ている人は同じ時間を持っている。
プロジェクトへの参加は結果を長期的には見れないのだ。
白のサイコロはベストが成功であるし、黒のサイコロはベストが失敗であるし、赤いサイコロは数字の数だけ成功だし、黄色いサイコロは数次が20まである。
いろんなサイコロをみんなが同時にふっている。
すべての企業が10のプロジェクトを持っている。
マイクロソフトはエネルギーか強いし、スペシャルケミカルは、二つの分子という概念に強い。
1真珠
4カキ
4パンとバター
1アフリカの象牙
の中で5つしか選べないとするとどうするか?
どの世界に俺の学問は向いているか?
真珠に1、カキに2、パンとバターに2を振り分けるのがもっとも人気がある。
高い理想は人々に期待感を持たせるし、低いと期待ばかりが空回りする。何が好ましいと思うか?
失敗のないゲームがしたいのだ。力か説得か。終わってみればみんなが君を好きになるよ。
政治的敗者はみんなと同じことを言う。俺の考えではないが合意を得られるのならという発想が必要だ。
予算があればあるほど勝てるのだ。しかし、人の心を変えられるのなら予算の心配はしなくてもいいだろう。しかし、人の心はゆっくりと変わる。
「勉強になった」「しょせん人間社会だろ」
貪欲と恐怖の戦いだけだったのだ。
パンよりカキの方が儲かるだろ。
でも何を変えたいの?
パンが必要だろ。
子供の頃、仲良しだった二人の子供が国際試合でゴールを切ろうとギリギリの勝負をしている。
11.3歳あたりが人生じゃないか?
しかし、この姿勢がプロジェクトを行うのにふさわしい姿勢なのだろうか?
仕事に飽きるのだよ。しかし、勝ちたくはないのか?
やりたいことは交通渋滞だ。
負けた方の人が「俺が勝ったらあれもできたこれもできた」と言うのだ。
両者がブロンズ像を持って微笑んでいるのがもっとも残念な姿だ。
動かすのだ。宇宙飛行士になれ。何をやろうが勝手だ。10歳から19歳が成功しやすいのだ。
ポートフォリオはリスクがあるのだ。だから人生を語った。飛べ。経験だ。
歳を取ったらみんなが勝者だ。(80歳から89歳まで)
プロジェクトに勝ったものが罰を下すことがある。どのように人を扱うのか知るんだな。
セーラームーンは43歳。
エイドリアンは40歳。
カイド・シモンズは32歳。
シャロン・チャンは27歳。
カーツェンは26歳だ。
そうやってプロジェクトの成熟を見ていくのだ。
お前は11.3歳の子供か?

スタンフォード大学の講義。聞いてみてください。

「ハーバードの若い先生の講義」
企業は金が欲しい。二つの方法がある。
ペーパークイックか、ナチュラルリソースかだ。
簡単に得るか、投資をするかだ。
どっちがトップに近い?
地下の金属を掘る。人々は投資をしたいからエネルギーを使う。
しかし、多様性もあるし、いろんなコンテンツがパーフェクトではないのだ。
どうやってトップに行くの?
ソーシャルメディアや、ホテルやリムジンの予約、新聞への投稿など。
いずれにせよ書くだろう。クズばかりだ。
クォリティーコンテンツ、大学の、アスリートのページ、ESPNのページ。
アップデートも大事だし、なにか助けてくれるものが必要だし、みんなが分かち合っているものが大事だ。
サーチエンジンを使うけれど、驚くことが多いポテンシャルエリアに人が集まる。
20%の人が大きな見出しを見ている。
カレッジフットボールなどの写真と描写が大事だし、人の話を聞かないのが大事だな。
仕事なんてそれでなりたっているんだ。
SEO Lecture - Harvard Business School

「ハーバードの密談」
人権だの核兵器だのいうが、国際システムにあいつらは従わないし、内政も失敗している。
しかし、信じられない国際社会資源を持っている。
何を対価とするかを常に考えている。
何のゲームに気がつくかが大事だ。
タフであれ。タフであれ。
Michael Ignatieff North Korea Harvard


「ハーバード交渉術の真実」
仕事ってのはオープンなものではないんだ。録音も撮影もしない。
五分間話して終わりだ。
いろんなアクションが仕事では起きるものだ。それに耐えられればいいんだ。
それにぶつかれるかどうかを見ている。
給料だのなんだのという話は仕事ではしないよ。
なぜ仕事がうまくいかなかったのかの説明もない。
分子になることが大事だ。
柔軟性と創造性で金が決まる。
誰も戦おうなんて思っていないよ。
動物の愛だけがある。
「もう少し」のために戦うなよ。
テーブルに座り話をすることもあるだろう。ひたすら聞くんだよ。ユニークだね、おしゃれだね。
今日の話をするんだ。予言はいらない。
マイク・タイソンは映像を見てリングに上がる。
ファイトプランは「顔を殴る」だけ。仕事は皆同じだよ。コーナーのインストラクションがあるだろう。
避けたり無視したりするのが職場では一番困るんだ。
何の取引もできないからな。
ストラテジックなのはナンバーワンだけだよ。スタートレックでは部下は犠牲者を出すんだ。
ボスは誰か?一人の人間は同じことをしている。会社の価値なんて考えないよ。
一緒に働くのが楽しい人というのが大事だ。経験、研究。金をもらうのは楽しい。
答えたことに後悔するな。マシな人に教われ。
企業の利益なんか気にするなよ。お前はナンバーワンか?委員会に出ても欲張るなよ?
仕事なんてしょせん話し合い(交渉)と背景にあるお金(スポンサー)だよ。
何か人が話を聞きに来るだろう。
ハーバード交渉術

「功利主義~このやり方で本当に国が豊かになった」
コストとベネフィットを考えたのだ。
フィリップモリス社が、タバコのコストを「タバコを原因とした国の医療費」とし、ベネフィットを「国が儲かる税金」としたら、
国に毎年1.4億ドルの迷惑をかけていることが分かった。
これは、早死にする子供たちにより国が失うもの、よりも大きいことが分かり、フィリップモリスは国に謝った。
国が損をするのがタバコだという認識が政策を作るのだ。
交通事故というのは、1.3億ドルの自動車の損壊コストが生じるが、人が死んでくれたというのはベネフィットに参入された。
このベネフィット5千ドルだ。
この事から、「交通事故から失うものは多い」と国家が判断したのだ。
判断しなければならないから数字を出す。
ロマンスのエクスタシーを排除したのだ。
タバコを吸わない人、車に乗らない人を政策から排除していいのか?と批判もされたし、本当にドルに換算できるのか?とも批判された。
1930年代に、このような功利主義の発想が生まれた。
何でも数字にしてみればいい。
カンザス州に住むなら30万ドルの罰。
ミミズを食べるのなら10万ドルの罰。
歯を抜くなら4500ドルの罰。
こうやって判断していくのだ。
Justice: What's The Right Thing To Do? Episode 02…

「功利主義批判~サンデルの場合」
シェークスピアで人は行動している。
テレビドラマだ。
長い目で見るとオフィシャルレコードに残るためには人殺しをして町のつまはじきものになろうとは誰も思わない。
高倉健だの菅原文太だの言って生きたいのだ。
リバタリアンとは何か?
国は親ではない。
やくざ者でも生きていける。
所得税をとるな。
アメリカ国民の10%が、70%の富を持っている。
これを所得税で分配するのか?
「才能が違ったんだ」と言い訳する気か?
自由なマーケットを否定する気か?
ビル・ゲイツは、400億ドルの資産を持っている。
リンカーンホテルに1066年泊まれる。
一秒間に150ドル稼ぐのだ。
100ドル紙幣がオフィスに落ちていても拾うのが時間の無駄なのだ。
公正にお金を持ちたいのなら尊敬することだ。
ビル・ゲイツは尊敬できないか?
だったらマイケル・ジョーダンはどうだ?
彼は年収7千8百ドルだった。
彼の努力は目に見えやすいだろう。
所得税は泥棒だ。
努力の果実を盗むということは「奴隷」だということだ。
奴隷制の否定が「私有財産制」なのだ。
女がセックスするときはいつも本気。
私が選んだ道。
ribbon - 愛してJustice

司法試験の問題を解いてみました

「パワーポリティクス」
価値が民間から消え、愛国心や経済、政治を一人の人間が把握すると、民衆は国家に集まってくる。
背景には「嫉妬」があるとマックス・ウェーバーは分析した。
英語圏の大学が世界ランキング上位にあったため、英語圏の国へのパワーシフトを引き起こしたのがパワーポリティクスだったのだ。

平成24年公法系第一問。
観音とは聖徳太子のことであり、天皇家の次男である。
菩薩とは、仏陀の三人の弟子の一人である。
六道とは、起こらない人にはなにも教えることはない、という教えであり、十二縁起とは苦のメカニズムである。
まずは判例を挙げたい。
①墓埋法によりどの宗派の人も埋葬しなければならないが、創価学会の様式の様式の刻印は拒否できる。
②地鎮祭に市がお金を出してもいい。
③白山神社の夏祭りに市長が参加することは住民の幅広い支持を受けているものなので容認される。
④板まんだら事件では裁判所が教義にわたって判断を行わないとした。
⑤役員たる地位が訴訟物であっても教義を持ち出すことは許さない。

村の支出を争うのであれば住民訴訟しかない。
生活保護の女性のために役場と交渉して贅沢な暮らしをさせてしまったとする。
このような場合に弁護士が恐れるのは「住民の50分の一の署名による監査請求」である。
役場の会計の問題は監査請求から住民訴訟に行く。

私が思うに、教義について裁判所で争わなければ、寺の組織の統制が取れないのである。
多数派の考えを正統とみなすなどの方法があるはずである。
日本の宗教団体が分裂を繰り返したのは板まんだら事件が原因ではないかと私は考えている。


平成24年公法系第2問。
都市計画に処分性はない。
都市計画とは国家の地上戦を想定するかしないかなどの考えが働くことから、国民の権利を確定し義務を課するというものではないと思われる。
より詳細を詰めた土地区画整理事業に処分性が認められている。
抗告訴訟において、東京地裁民事第三部の藤山雅之は、やたら国を敗訴させるが、国が敗訴しても補助事業として国は粛々と仕事を続行することが可能である。
抗告訴訟と国家賠償法の違法性概念が異なることは指摘しておいてよいだろう。


平成24年刑事系第一問。 
甲は、抵当権を設定し、それによって一般条項による王者的判断を裁判官に仰がなければならないにも関わらず、登記を抹消して事実上抵当権つきの不動産をまっさらなものとして譲渡している。
これは、越権行為であるが、領得罪としての横領罪を構成する。
これが二重抵当である。
乙が詐欺罪を構成することも事案を丹念に拾わなければならない。
甲は、詐欺罪と横領罪の共同正犯が成立し、乙には詐欺罪の共同正犯が成立する。
あとは詳細な事実関係を研究する。

この共犯論に関しては俺もコバケンが何て言っていたか記憶が定かでない。
指摘が欲しいね。


平成24年倒産法第一問。
破産管財人Xは、破産財団の資金から債権者名簿を見て割り当てを決めるが、事案を見ながら故意否認、危機否認などの「否認」をして行く作業がある。
事案を見てほしい。
あと、開始決定の前に起きた紛争は、裁判所に「全面的停止命令」(停止命令)を出してもらって物事をシンプルにする必要がある。

平成24年経済法第一問。
価格を決定するための「合意」が認定できるのかを事案を拾って考える。
カルテルからの脱退も通告だけでは足りず、営業部長会の合意が必要だ。


予備試験の一般教養試験のヒント。

ゲーム理論とは「ゲームに均衡がとれていれば現場から逃げ出すものはいない」
という観点と、
「圧倒的なビハインドを背負ったときはチーム全体の利益を考えろ」という二点が基本だ。

ナッシュ均衡とは「そのゲーム構成は面白いじゃないか」というものだと考えればいい。

感染症に関しては、最初に地球ネットワークを構築したのは猿であり、人間は当然のごとく地球全体と繋がっているのである。
あとは、感染症とは「情」の学問であるとして、国や都市の名前で時代を感じるしかないだろう。

司法研修所で、二回試験をやっていて、「タバコが切れて苦しいんですけど。」と言ったら、
試験官が「銘柄はなんですか?」と言って買いにいってくれたという事案がある。

正解。
「お前、大文字の他者か?俺がタバコを買いに行くよ」

解説。
大文字の他者とは、赤ん坊が泣いたり叫んだりしたらおしめを代えてくれる大人をいう。
小文字の他者は「思うにまかせない赤の他人」をいう。

「一般教養」
移民とは「天才が居場所をなくして逃げる」ことだ。

エジプトの天才がカナーン(イスラエル)へ。

理想郷を求めて羊を飼うために農民を殺害して羊の縄張りを拡大し続けた理想郷を求めたムーヴメント(エンクロージャー)と、
恋愛空間を誤解したエリートの存在を「マルクス」が原罪と呼んでいる。
都会へ逃げたのだろうか?

ヴェールの着用禁止はフランスですでに法制化されている。
「イスラム女、そんなに純潔を主張したいか?」

「ジャニー喜多川さんを知っていますか?」
喜多川さんは、女性のマスターベーション動画を見て興奮する。
つまり、ホモセクシャルではないのだ。
さらに、「両刀使い」という線を洗ってみると、彼が、「子供がいる」のなら完全なノンケだと言っていい。
両刀使いは、「精子がでないトラウマ」を抱えていることを知らないといけない。
「両刀使い」は、精子がでないので、パートナー選びの「格が落ちる」ため、どんなハンサムボーイも、不細工な女と結婚する。
さらに、両刀使いは「攻撃性」を見せるのだ。
これが、ジャニーズ事務所の攻撃性につながっている。

平成22年法務省見解「知的労働者以外の外国人受け入れを認めない」
ブラジル人、お前は天才か?

「一般教養」
バカが、ロシアが譲るわけねえ。
「ブルーノ・バウアー」
1848年に直面したロシアのヘーゲル左派は、民の意思による君主制と、楽しいこと、美しいことを探求した。
女がいるから「無限のオレ」がいる。
治める男がもてはやされたが、学問があるから自分と世界がかけ離れる。
いっそのこと密教や、女の関心事に発想を特化した方がいいとした。
女は純粋でなければならないとし、社会主義奴隷を否定した。
これがロシアをワールドパワーにした。
やがて、「女はもっと自由だ」というムーブメントがソビエト連邦につながった。
純粋な女、これが荒れ地にロシアという国家を作った。
トルストイ、ドストエフスキー。

環境正義とは女性の支持を得るための政治手法。
人の悪口を言わずに影響力を高めたりする「エコロジー」の語感の違いを理解する。
年寄りはのちの世代を憎んでおり、のちの世代の心配などしない。
稀少資源の有効活用は経済学の基本であり、スモールにはとどまらない。

隣人愛とは、好きだという意味ではなく、お前は邪魔だから俺はなにか学ぶことがあるだろうという意味だ。
デカルトの我思う故に我ありというのは、人間は孤独になると自分のことは全部わかるという意味だ。
誰もが思うことだ。
あとは問題文をよく読んで勉強すればいい。

これは俺の考えだが、まず、「需要が価格を決める」ということと、
建設公債を出していても赤字公債を出さなければ資金ショートは起こさない、
という法則を丸暗記し、
建設公債を「部屋の固定費用」とし、赤字公債を「一部屋を貸すときに追加的にかかる費用」とし、
「追加的にかかる費用だけをとっておけば資金ショートは起こさないだろう」
と考えるしかないのかもしれないね。

労働市場に関しては「休みが多ければ真面目に働く」ということは指摘できるだろうね。
従業員募集という発想も減るのかな?


短答式の刑法で「かすがい現象」というのがある。
人の家に上がって殺しと盗みをやった方が町でやるよりも罪が軽くなるのだ。
「よそ様の家」という学問が刑法に存在することは知っておいた方がいい。

2015年11月 5日 (木)

ブログの記事の版権譲渡について

このブログを転載する場合は、話があるので電話をください。
08067458440
小野光太郎

美少女日記

「女に生まれることは栄光を約束されている」(ルース・イリーガリー)
【HD】 NMB48 城恵理子 ロマンスかくれんぼ (2011.07.22 LIVE)
このように明確に主張したのはイリーガリーだけだ。
しかし、アリストテレスからマイケル・サンデルまで、ことごとくこれを否定し、現在でも女に生まれることが栄光を約束されているという主張は通説にはなっていない。
これを通説にする論客がもしもいるのならば、それは世界史的業績なのである。

他者の知識を得ることにより、社会に対して前向きになれる話を「美談」という。
妹を愛するようなきわめてエゴイスティックな、知識の移転がある。
気持ちが沈んだ女の子に、罪悪感、恥などの気持ちを沈ませるものではなく、きわめていい社会のイメージを与え、なんだかいい気分にさせるものだ。
私は、スカートが短い女の子に「権力は嫌い?トルソーと言って、スカートが短いのは権力を批判しているんだ」
と言うことにしている。
シンパシーを感じるとは何か?
セックスが目的ではなく、女の子のふるまいに意味を与える。
「やっぱりスカートが短いのはいけないのかしら?」
と思ったときにシンパシーを感じたことになる。
電気ショックを受け、ネガティブな感情がなくなる。
しかし、妹を愛するように女の子に声をかける手法は、悩んでいたり、救ってくれたりする言葉でなければ効果がないことを知った。
杏里 悲しみがとまらない

「ウォルストーンクラフト」
女の憧れの国。国が私に優しいから好き。
人畜無害な年寄。カリスマはいない。一緒に海に行く彼氏。
フランスもアメリカもお金がなくなったから革命が起きた。
盲目な人間が国を貧しくした。
暴力男が政権交代を引き起こす。
したがうべき人を探している。
遅い結婚を彼女は批判した。女は頭空っぽ。
妻・母・市民という関係を作りたかった。
友達の向こう側の結婚。

社会の歯車としてのサラリーマンが生まれたからフランス革命は成功した。
それ以前はゴロツキばっかり。
紳士とカトリックが生まれたから人々は悟りよりもロマンティシズムを求めるようになった。
暴君の存在よりもタテ社会の方がよかったからね。
あなたはデブでもいい人だから 木伏夏子 from 東京パフォーマンスドール
彼女自身はでたらめな人生だったが、アメリカ革命、フランス革命を分析しきった力量は大西洋の両側から称賛された。

「アンナ・ジュリア・コッパー」
黒人女が黒人男の西洋哲学による下克上男を描いた。
アメリカ黒人男の教会法による治め方や情の世界を語ったのだ。
私たちは本当の女ではないという意識が黒人女にはあった。
支配層に反発して楽しいことを求めた。
この思想が右翼に影響を与えたのだ。
自分の終わりは世界の終わりと言ったサルトル、そして下克上男。
PAUL ROBESON-OLD BLACK JOE
自分たちが漫画のヒロインにならなければならない。
それは人種差別と切っては切れないものだった。
「私たちにどんな価値があるの?」
抑圧の上にあるのは夢だけだった。
「女の真実」というカルト宗教。
女流文学は反エリートを描いた。
酒井法子 軽い気持ちのジュリア 1992-03-01
レイプとは、ケガや罰をともなうものであり、子孫を残しにくく、人間の進化につながらない。
私へのすべての攻撃がレイプに思えた。
「女であること」これが人種の発展のための致命的要素であった。
だからジュリアはただひたすら「南からの声」を発信し続けた。
ハーレム~ニューニグロのメッカ。
ribbon "3つの願い" '92 日比谷野音
進化とは何か?そしてレイプ、黒人女は常にその問題と向き合っていた。
黒人女はレイプを文化ではなく「種」に起源があるものだとした。
わかりあえないセックスをレイプだとした。
男は社会の歯車になるし、役に立つ男が求められるし、人口は多い、女という資源は限られている。
アダム・スミス、ダーウィンにまで「わかりあえないセックス」の原因を遡った。
「私たちの存在理由」
沈黙はセックスOKという意味だけど、差別された私たちにとっては寂しいものよ。
黒人男の無知と誤解に失望していたのだ。
「沈黙さえ怖くない恋人になりたい」
マーティン・デラニーという黒人経済学者に栄光が訪れたときに黒人男たちは悟ったのだ。
西洋哲学から学ぶものは多い。しかし、黒人男には奴隷の伝統があった。奴隷の伝統がエネルギーとなるとジュリアは思った。
サクソンブラッド(西洋哲学)が黒人には必要だった。しかし、黒人男の怒りこそが将来を約束していた。
私はファンデーションで顔を白くしてみた。
タンポポ - 08 BE HAPPY 恋のやじろべえ
しかし、もし黒人男の業績に母親が仰天したら、母は息子のキャリアを握りつぶすだろう。
ファミリーロール(家族の役割)を教える必要があった。
白人は黒人の先生には違いなかったが、親切ではなかった。
恋の日付変更線/渡辺満里奈
黒人女は、英語が話せても誰からも守られなかった。
しかし、黒人男に衝撃を与えられるという強みがあった。
また、自分に向けられた「力」に対する「力」は、「デキる女」になることしかないことを悟った。
発展しない、曖昧、いつまでたっても動かない社会だけがあった。
いや、「デキる女」を演じることしかできなかった。
本当に高い教育を受けた黒人女は黒人男にネガティブな影響しか与えないこともジュリアは知っていた。
ただ優しくあればいい。
酒井法子 たぶんタブー 1992-11-01
「アメリカは文明の勝利のアリーナだ。しかしこの奴隷の経験を美化してはならない」
「我々の肌が黒い限り、遠い夜明けを覚悟しなければならない」
ジュリアは書いた。
白人女性の黒人女性差別に対して、ジュリアは「女性対インディアン」という構想を練った。
インディアンを語ることは「男の弱さの源」を語ることだった。優しい男は強かった。乱暴な男は嫌いだ、と議論した。
曖昧な福山雅治への気持ちを言葉にしてくれる人。
桜坂 - 福山雅治 《歌詞付き》 【PV-改】
そんなことをしたら訴えるぞ、という話がインディアンに多かったので、サクソンブラッド(西洋哲学)の必要性を知ったのだ。
「優しいだけじゃダメ、知っていなければダメ」これが南からの声だった。
ジュリアは、教育を受けた黒人女性とそうではない女性についても考えた。
とにかく教育がなくても「選挙権」を口にしてほしかったのだ(デモクラティックニグロ)。
黒人男には時間だけがあったし、黒人女の愛の対象だったため、臆病であるわけにはいかなかった。
黒人女は自由にもなりたくなかったし夫に支えることしかできなかった。しかし、そんな自分達が人種の発展につながらないことを恥じた。
「キッチンと子育ての50年」
これが女の宿命。これを語るだけで黒人女性と白人女性は見解が食い違った。
肌の色と力のぶつかり合い、万物の創造主が作った宿命だった。
人類の進歩のための神からのメッセージ。
「種の保存」
酒井法子 -幸せなんて欲しくないわ
産業革命を経て、人類は車やバイクの「回転」を手にしていた。
それだけで男たちは女に「抑圧しないでね、殺さないでね、盗まないでね」と言った。
動かないことと死ぬことは深く関わっていた。
ジュリアも黒人女と回転が結び付いたことが怖くなった。
「ニグロクエスチョン」とは、誰も自信がないではないか?というものだ。
黒人男の間には、偽物の知性主義がはびこっていた。本当は誰も自信がないのではないか、という疑問が人々の間にあった。
「ニグロアイデンティティー」は、私たちは無視されてきた、というものだ。
テレビでは表面的な情報しか流していなかった。
なぜ私たちのような存在を生み出したのだろうか。
テレビでは私たちを無駄口を叩く女やウエイトレスとしか描いていなかった。
アンクル・トムの小屋は、黒人をいやしい奴隷として描いていた。
白人たちは本当の黒人の男を知らなかった。
詩ではない、発明ではない、芸術ではない、何もアフリカを救わない。
中島みゆき‐ばいばいどくおぶざべい Cover XXkurage
貧しいものは海に沈む。
はかない、移り気な、信用できないものだけがあった。
いろんな偏見に満ちた発想が黒人社会を覆っていたのだ。
「弱いから嫌いだ」この発想がすべてを無駄にしてしまうのだ。
これでは黒人社会は治まらなかったし、レトリックでのごまかしもできなかった。
実績もなければ自由もない、命は安かった。
黒人女性にも魅力はあったし、黒人社会での争いから学ぶものは多いはずなのに。
黒人は案外長生きしたし、シェアクロッピングというもうける方法も知っていた。
移民・外国人は言葉も話せないではないか。
ギリシャやラテンを憎んだままではクラシックな黒人のままだった。
フィリス・ウィートリーは、黒人女性ではじめて本を書いた。
詩人で、金の集め方を黒人女性に教えた。
女性の文字で時の権力者の詩を書いてホワイトハウスに送りつけたのだ。
都会主義と兄弟たち、権力者の孤独。女の詩が兄弟たちへの自慢になった。

内閣総理大臣安倍晋三さま

あなたの哲学 野心と皆さんのためいき
私の知らない高いところ
お許しください
私の心
あなたの劣った兄弟たちを助けてあげてください

福井記念病院 松岡操子


詩を書くコツ。
あなたがヒロイン、詩を書くことに没頭する、想いに忠実であること、信じること。

庶民にとって真実だと思えることを書けばいいことをジュリアは悟った。
黒人女性は自分が信じたとおりに生きられるし、経済的豊かさにもつながった。
女の詩こそがブラックアメリカの神の約束だった。
「いいタバコ、権力者の柔らかいアームチェア、女性の高いブーツ」
これがつながったのだ。
権力者は兄弟たちに首を狙われていた。真実を真実と知りたかったのだ。
人種のライン、性格のライン、知性のラインがあったとしても「長いラインに巻かれろ」とジュリアは言った。
Madonna - Superstar (Male Version)
ジュリアの発想は、周囲に黙殺されたが、フランスやハイチの革命でその有効性が証明され、人々に衝撃を与えた。

アメリカは「変態ぶるブルーネット(ヒスパニック)」とも白人女性は戦った。学校の踊り場でセックスするはた迷惑な少数派がブルーネットだ。
黒人女性とは違うが、英語がわからないことが理由だと思われる。
REBECCA PRIVATE HEROINE~プライベートヒロイン
マドンナは「ヒスパニックはいつになったら拳銃を捨てるのだろうか?」とヒスパニックの男社会の問題を歌っている。
変態女が男の政治の源だったのかもしれない。
どこの争いにも政治的資源がある。アメリカの白人社会に言葉が通じず「ヒスパニック変態女」がいる限り男同士の争いは治まらないかもしれない。
人種の対立は敵対心から始まる。言葉が通じないことによる「わかりあえないセックス」という名のレイプがヒスパニック女性を襲ったのだ。
Madonna - Spanish Eyes (Album Version)
1896年フランス日本条約により、フランスの「人種の調整」が行われた。
日本人、ヒンドゥー、黒人。
アジア初の近代帝国日本のイエローモンキーがリーダーになったのだ。
「トーキョーに売り飛ばすぞ?」は、権力の無駄遣いの源だったし、暴力が女性に対して用いられた。
スペイン、ポルトガルを豊かにしたイベリアの血、イギリス、フランスが見たアフリカの大地。
植民地と奴隷の問題が世界に広がった。
ジュリアの研究が世界史に位置付けられた理由だ。
フランスの植民地、サントドミンゴの革命も、ジュリアが理論を提供したのだ。
「黒人の友達」それが植民地の独立のキャッチフレーズになった。
Eminem - Cold Wind Blows
ジュリアが考えた「黒人の友達」作戦は、メシアクラブという集団を作り、サントドミンゴの動向に彼女は注目していた。
黒人の影響を受けてフランスのバスティーユを襲った者もいた。
フランスの貿易の三分の二をサントドミンゴが担っていたので、ジュリアが考えた理論はここで試されたのだ。
「訴えんぞ」という男に優しさを求めたり、女の役割は大きかった。
ジャコバンクラブというサークルもできた。
インドのムラートがサントドミンゴを拠点に植民地支配からの脱出を試みたのだ。
ルーバチャーという知的で強烈な個性を持った男がムラートに現れたとき、民衆は働かなくなり従わなくなった。
これをみて、フランス本国のナポレオンがムラートに金をばらまいたのだ。
ルーバチャーはフランスに送られて死んだ。これを見てナポレオンはふたたび奴隷制を復活させ、絶滅への戦いを始めたのだ。
加古隆 「パリは燃えているか」 太平洋戦争
遠くの地域のムラートのことはナポレオンにはわからなかったし、植民地主義者もナポレオンに忠誠を尽くした。
誰も自信がないのではないか?というニグロクエスチョンは、ジュリアがサントドミンゴの革命を見届けてから、アメリカ合衆国のキリスト教社会への黒人たちの「静かな批判」へと変わった。
肌の色の境界線の間にある敵のなくしかたを知らない「目の弱いクリスチャン」を批判したのだ。
結果的に、黒人男性は、奴隷としての「富を生み出す野獣」から、アメリカキリスト教社会に編入されることになった。
碧いうさぎ 酒井法子
妹を愛するようなセックス崇拝のために黒人男たちが言葉を磨いたことが人種の平等につながった。
それは神の名のもとに行われた。
絶望的な生き物の中から、学問を修めたものを出すことは彼らの血に汚い金をもたらした。
白人の地主は、黒人奴隷の子供の父となり、黒人女が母となっていた。
これは次世代の黒人も奴隷とすることを意味したため「国家の犯罪」と呼ばれた。
「文明の不完全性」は、肌の色と共にあった。

三人寄れば文殊の知恵。
誰かが話題の発信源になり、聞き役がいて、聖霊を追い出そうとする。
女三人組はひたすら話題の発信源を交代させながら話題豊富な女たちになる。
Melody 世界中の微笑み集めてもかなわない

「お母さんが美人でした」これが美少女マニアの基本だ。

髪とは「正当化の学問」である。
「大人に見えるように前髪を耳にかけたいです」
「トリートメントのお陰で髪質が変わった気が」
「気分に合わせて前髪をアレンジ」
「雰囲気を変えたくなって前髪をシースルーに」
(CanCan)

「かわいい世界が大好きなんです」
かわいいとは「大きな目」「小さな鼻」だけだ。あとは創造的な営みだ。
(CanCan)

セシールのキューポップもかわいいね。
「私は何かを学ばなければならないのでしょうか?」
男「何も学ぶ必要はないよ。男の労働を見ていればいい」

目の下にくまができていると、薬とタバコが原因だ。
カオリンペクチンが必要となり、ヨーグルトとプリンを飲むとあっという間に目の下のくまが消える。
目の充血にもヨーグルトとプリンが効くと思われる。

夢を見るとは目を開けると言うこと。セックスをしたあと見上げる天井。
女の世界を明らかにして、敵のなくしかたも研究する。
それが経済に影響を与え、「男のいいパートナー選び」に影響を与える。
菊池風磨/My Lovin'Season

少女は個人主義を批判する。そのため、雑誌を見て自分と社会との関係を決める。
ポップティーン、セブンティーン、ランズキ。若い少女。
21歳過ぎて「ファッションリーダーは自分」となる人もいるようだ。
ウィズとかミニを読む女性もいる。
ポップティーンは、「大人に裏切られたあとの夏ディズニー」などを薦めている。
長女は大人。
次女はゆるっと。
三女はガーリー。
などをモデルとして提示している。
恋愛結婚は周りに迷惑をかける。遊びだと約束して恋して、親が決めた通りに結婚した方が問題は少ない。
松田聖子 雨のコニー・アイランド

ミニの「ボーイッシュ」は、お母さんが大好きという意味だ。
しかし、豹柄は動物の本性を示し、「男に従属します」という意味だ。

ポップティーンは子供過ぎるが、話を聞いてくれる男を探している。
味けない言葉でも救ってくれて、私が優しくなれる人。
Hiro - Confession PV

キスは目を開けてやるものだ。
終わったあとに女が男の顔を見るのも基本だ。
ribbon - 太陽に火をつけて

夏はデニム、ティーシャツ、スニーカー(non-no)

マリア崇拝は、男がED にならないために必要であったが、アイドルはナルシシズムで不感症になってしまい、バチカンがこれを否定した。
しかし、カルヴァン派やツヴィングリ派がカルト的人気を誇ったため、バチカンもこれを認めざるを得なかった。
「うんこ」と言って笑う女はマリアさまだ。
不感症はそれで判断できる。

女の子が歌うアブラハムはこんなにのんびりしている。
♪僕はこれ以上動けないよ、床に倒れてるボクサーのよう♪
松田聖子「マリオネットの涙」

一番重たいものを持ち上げた女が偉い。一番男と関係を持った女がアイドルとして格上だ。

女の子も男児と同じ時期にマスターベーションをおぼえている。
部屋に「立ち入り禁止」と書くと分かる。
しかし、親は「付き合った男の成績が下がるのではないか」「恋に傷つくのではないか?下手すれば病院送りになるのではないか?」
という観点から性に厳しいのが本当の母親だ。
セックスをともなった恋愛は「なぜ彼が私とセックスをしたがったのか?」という言葉を失恋したときに見直さなければならず「忘れないで」などとのんきなことは言えない。
写真を見てセックスを想像する女の子には「アインシュパナー」をお薦めしよう。
さよならの代わりに

女は、男よりもより動物的であり、サイエンスなのだ。
ファイアーストーンのように「女は子供を産むな。男だ」という立場はあるし、そのような女性が存在することを忘れてはならない。
急進的思想があるのだ。

保守派はたしかに強すぎる。女は純潔であり、リベラル派の切り崩しも簡単だ。
セックスをするときは女はいつも本気だと言えば切り崩せる。
ribbon - 愛してJustice
リベラル派は、女に「お外に出よう、お外に出よう」と言って、いい女だなあと思うという有効な立論がある。
また、政策から女を排除する気か?との批判がなされた。
REBECCA WHEN A WOMAN LOVES A MAN

レディチャペル~神社の付属施設

「フネ、マスオに魔女の薬を飲ます」
カツオ「今日は事件が起きました。マスオ兄さんが急に腹痛を起こし、下痢をしたのです」
波平「ワシには分かっておる。ヨーロッパにレヴィナスという哲学者がおっての。食べ物に薬を混ぜる人がいることを指摘したのだよ」
イクラちゃん「私見たのよ。お母さんが魔女の薬を持っているのを」
タラちゃん「すごいですね」
サザエ「あなた。お茶でも召し上がってくださる?」
マスオ「いや~。災難でしたよ」

牧師さん「聖書によると、養子縁組というのは非常に難しい問題もされていまして、サムソン以来、ナポレオンまで、あなたのような人を出すまいとしていたのです」

フネ「私はサザエの自由を守りたかったのですよ。マスオと結婚してから世界から消えてしまったかのようです」
波平「そうか。なぜそのとき言わんのだ。ワシはそんなことが起きないように、この番組のタイトルを決めておる」

「必死でボールを追いかけ続けた光太郎と清子」
男とどう関わったか、どう犠牲になったかが世界の母、恋人、友人であるための条件だ。
光太郎の国家統治の犠牲になった清子。
精子とは「脳に直結した魂」だ。清子は生まれてはじめて光太郎の魂を自分からせがんで味わった。
魂とは「生殖」だけでなく「治めたいという心」を意味する。日本で治めたいという気持ちがあったのは光太郎だけだった。
清子は痩せていたし、内臓が強くて子供がたくさん産めた。髪の毛も光太郎の天然パーマに比べてサラサラヘアーだった。
感性で説明するのならばそうなるだろう。

あなたの信念は正しいと教えてくれるサボテン。

1436258586270.jpg

文字を音で読む女の世界。
いろんな意味で学習効果は少ないがタバコの味の違いを明確に見分ける。
自分の信じる世界がタバコの煙。
こんな世界を味わってある男たちを、「不幸で落ち着かない」連中だと考えている。
男にとってはただの煙なのだ。
しかし、女たちは「男はこんな素敵な世界を味わっているのかしら」と思い、自尊心の強い女は育児放棄する。

globe / Anytime smokin' cigarette

神社:人生の仕組みに関しては誰もよそ者ではない。現実があるだけだ。非現実的なイエス。
イエスよ、現実を語れ。

リベラル(ナンパ)な政治コミュニティがフリーダムをうまく利用する。
保守は妻から学ぶ。
優しさへの同情が敵をなくす。
雨が降ったら男を支配。

北朝鮮は、ミサイルを打ち上げるだけで東京とソウルが相手してくれる。
これは、異性とセックスしたいから自傷行為をするということを「ミサイル」と呼んでいるのだ。
amazarashi ミサイル

理想や宗教 対 現実 の限界が進化論と関わる。
これがダンスの議論だ。
現実の限界、理想や宗教の限界がダンスの進化と関わる。

1433486891468.jpg
Rudolf Laban

Rudolf LABAN が、ドイツの第三帝国で、ダンスのスコアの作り方を教えている。
アカデミズムの空気を感じて欲しい。
Martha Graham - Lamentation

Alvin Ailey Dance-Wade in the Water from "Revelat…

BOB FOSSE choreography - " The Rich Man's Frug "

Jerome Robbins' Broadway - Tony Awards 1989

Jewels - Bolshoi - George Balanchine

これらの一流の振り付け師の、空間、形、時間、エネルギーを研究する。

無駄な箱物の有効活用。
知的空間は、様々な男女の異なる経験からの贈り物だ。

氷川きよしは両刀使いだ。
子供の頃に親父に虐待され、アナルが性感帯になり、精子の量が少ないことのトラウマから両刀使いになっている。
両刀使いという情報から「虐待」「精子の量が少ない」という情報がとれる。
さらに、上京してから親父に便りもよこさず、お金に苦労したこともわかる。
氷川きよしは札束を見ないと勃起しないのだ。
お父さんとお母さんが、公演のために上京したということから何がわかるか?
誉めて育てたいはずのお母さんは、すでに他の御婦人方にその役割を奪われ、他の演歌歌手を応援しているだろうし、お父さんは氷川きよしと会うたびに貧乏ゆすりをしていることを知って欲しい。

氷川きよしが両親も上京した明治座公演を終えて

哲学、ユング。ヒエラルキー。
男の本能。
自由と光、繁栄。
夫婦の秘め事。
宗教。
空間のハーモニー、努力。呼吸、物語、表現力。
色は民族の記憶。時間の集約に言葉という価値をのせる。ダンスの心臓。振り付け師が、踊り子に形容詞、形容動詞をつける。
Lets Pretz! プリッツ CM

「世界大恐慌とダンス」
永遠の焦り。
根っ子のない踊り。
病気の嘆き。
強欲の踊り。
狂気の笑い。
1920年代の欲望はアドルフ・ヒトラーを登場させた。ヒトラーとナチスは、金とセックスの問題を解決しなければならなかったのだ。ドルと堕落と裏切りだけは失ったらもとには戻らなかった。人々がもはや笑いを見失うのだ。
ジュリアナ東京バージョン

神 世界
男 女
心 体
理性 情熱
白 黒
異性愛 同性愛

「鳥人間コンテスト」
動物は記憶から学習する。
鳥は人間を襲って皆殺しにされた記憶を持っており、人間を襲ってはならないと学習している。
これをカップルで見物するのも一興であろう。
食い物は持ってかれるので気を付けよう。食い物は争いのもとだ。

天皇の国事行為。
象徴行為。
公的行為。
私的行為。

象徴行為について。
象徴とはシンボルであり、天皇のおことばも、象徴行為とされる。
それは、人々の「衝動」を生み出すものだ。記号論と呼ばれる。
ソクラテスのデジタルイメージ。

1433455186207.jpg

自分の信念を強烈に人々にアピールするやり方はイエスや仏陀に影響を与えた。
外見、個性、振舞い、方法。
ソクラテスの時代には政治コミュニティは、ハンサムで性格のいい男が好まれていた。
しかし、ソクラテスは醜く、奇妙な男だった。
傲慢で服も替えない。アルコールと風邪で顔は赤い。敵は警戒して距離をおいて歩いた。法学・哲学を外国から学んだ。
国家とも関わらず、彼は先生と名乗り、お金を受け取らなかった。
国家は時に彼の知性に関心を寄せた。
ソクラテスは女に詳しかった。

自由はナンパのために使う「ちょっと歩こうか?」
女流文学もナンパのために理解する。
道を選んでくれる男が、多様な女の道を作る。
暴力からの自由。暴力は女に脅威を与える。活動範囲も狭まるし、自尊心とも関わる。
家父長制が、不当に売春を制約する。
貧困の女性化(家計簿)。
別の人生の可能性の想像。

人間性、私であること、体、哲学者の言葉。
「彼はオカマだ、彼は絶対だ。彼女は他人だ」
他人になることは女でなくなることだ、人ではなくなることだ、哲学者でなくなることだ。
文化の実践、あたりまえのこと。
体系的に従属した、消滅したことを否定したい。
肉体的に劣った。
白人至上主義。男性中心主義。
私とは何か。

人種、男性中心主義、階級闘争。
個人として、集団による抵抗の可能性。
社会、政治の有名人に関する議論が権力の意味を決める。

国の生い立ち。
文明化のアルカイック(古風)な段階。
真実を明らかにしない。
哲学者は叡知を他者に伝えるべきである。そして、それが難しいことを知る。
プラトンは、ソクラテスを好まなかった。
人と話し合うよりも、人との話し合いを書くのが好きだった。
哲学的な真理を書くよりも、哲学に興味のない人に話をしたかった。
洞窟の外にあるものが本物の存在だ。
アマテラスを洞窟の外に出し女の真実を明らかにするのが国の生い立ちでもある。
哲学者は、女の真実を明らかにする義務がある。
男と女の話し合い。歴史とフィクション。
本物のようで、偶然で、正確な話がしたい。

神は言った。 
女。汝が味わう子供を産む痛みを周囲に分け与えよう。
汝の欲望は夫に向かい、夫はリンゴを食べるだろう。
あなたはそのリンゴを食べてはならない。
なぜならあなたが汚した土からそのリンゴは作られたからだ。
男は仕事に励み、あなたは作物を食べるだろう。
女がかいた顔の汗により、女はパンを食べる。
あなたは塵からなるし、塵にかえっていく宿命だ。
男は彼の父親のもとを去り、彼の母親は妻に近づいてしまう。
お前の骨は俺のものであり、お前の肉体は俺のものだ。それを女と呼ぶ。
男と女は裸になり、恥ずかしさすら感じなくなる。
大工はどの野獣よりも技術に満ちていた。
彼は言った「神は本当にあなたに庭のどの木でも食べていいと言ったのか?」
「庭の真ん中の木だけは食べてはいけないと言われました。食べたら死にます」
「あなたは死なない。あなたの目ははっきりと見え、まるで神のようになり、善悪を知るだろう」
(キリスト教の女性観)
キリスト教が女性を差別してきたのは事実である。しかし、現代においては「女性の仲間作り」の研究が発達したのだ。

権力:男女に不平等に分配されている。
人によって力が違う。
妻と夫の不平等。
権力とは致命的な社会の善。
体の安全を保障する。
権力とは人間関係である。
西太后は、権力からの体の安全を考えていた。
あなたも権力からの体の安全を考えている。
あなたには心がある。
体の安全を守る力を男は持っている。俺も持っている。
階級闘争をしている女は他にもいる。
普通の女とターゲットの女。
類似しているものからターゲットを分析する。
あなたはキリスト教に熱心だ。
キリスト教をもっともうまく説明するといい。
あなたは心を持っている。
モーニング娘。 『ザ☆ピース!』 (MV)
もし、ある時、ある状況で他の女に同意できないことがあるのならば、
俺の話を聞くべきだ。
体の安全と動物のふるまい。
痛みを味わうもの。助けるもの。
記憶、思い出、道案内。
もはや言葉はいらない。
女への義務。
少女漫画の世界。

女の「女の仲間作り」
忍耐により自分の限界が広がる。女の次元。生き物としての意識ではなく、心の状態としての意識。心の状態の「漫画」により自分の限界を広げる。
理想の心の状態を単純なフレーズにする。

狼は、おばあさんを最初に食べた。
その形をなくし、そのあと赤ずきんを食べた。
猟師は狼のお腹から赤ずきんを助けた。
安定と豊かさ。
活動が世界に広がる。
ヨナ(マグダラのマリア)。
太陽は海に飲み込まれ、朝の水から生まれ変わる。心理学の神秘。
男の潜在意識。民族の永遠。
母は子に似たものを食べ、母のお腹から出てくる。

1433476425056.jpg

汝の偉大な芸術、主よ。
称えたまえ、汝の力を。
汝の知恵は無限だ。
女が生み出した男は永遠だ。
男の罪も見た。
あなたがプライドに逆らったのも知った。
女が男の目を覚ます。なぜなら男は称えられると喜ぶからだ。
男が哲学・芸術を知っているか知らないか。
子供を産みたいという感情は、女性の性欲の発信源だ。
信仰心のない男を信じられるか?神は彼を称えているか。
人々が彼を称えているか。
どのように説教されたか。どのように必要とされたか。
歌がどのように私を呼んだか。私の居場所。
生きている世界とその構造。なぜよそ者のあなたが私の中に入ってくるのか説明してください。
人間界の構造。なぜ主は私を呼んだのか?天と地。

男がうまく男女の構造を説明できずに、セックスに失敗したけれども、いつか男が私の哲学の先生になってくれるだろう。
ribbon "Be My Diamond"

「眠れる森の美女ゲーム」
人間は悪いことがひとつあると、いいことが三つ欲しい。
そこで、起きるときに「食べ物、飲み物、好きな人とのキス」を思い浮かべると起きられる。
二次元、デュアリズム。
「タバコ、男の完全性の議論、ブラックコーヒー」でもいい。
朝飯より優先順位の高い女。
Prince - Breakfast Can Wait

男女の関係をうまくコントロールする上で、「男性らしさ」を思い出させるフィルムは、女性の支持を得るのに苦労しなかった。
女性が平気で金を払うのだ。
カウボーイは、痛い目に遭いながら何人かの女を落とすことを知り、敵を作り、もっと簡単な生き方を知り、
カウボーイのコスチュームをゴミ箱に捨てて町を去る。
カウボーイとは船乗りであり、製造業に従事する労働者であった。
ゲイは搾取される対象として描かれている。
性の成熟を示し、人々に衝撃を与えたのがこのミッドナイトカウボーイであった。
ホモの自己完結した世界であり、カウボーイのレイプ体験なども女性が想像する。
二人の男をうまく使い、一人はホモ(狩り、狩られる側)となる。
Everybody's Talkin' . Midnight Cowboy

「感情」
生きるに値するあなたの存在の意味。

1432153580270.jpg

女は性的に成熟したあとに歳をとりはじめる。怪我をしても糖尿病でも歳をとる。

無害な動物、バター犬。ご主人様である女がどれだけバイオレンスな発見に満ちているかを教える。
ステファン・キングのシャイニングでは、引きこもりのライターが徐々に殺人鬼になるというユダヤ教を基盤にしている。
練習に出てきて己の限界を知り、五週間休んで化け物になって帰ってくる強者もいたそうだ。
The Shining Trailer

酒を飲むと酔っぱらいは「ボボック」と言う。死者は嘘を言われるのにうんざりしていた。死者にならなんでも話せる。
すべての時が過ぎ、拡散していく。
命はどのように始まり、終わるのか。
死とは真実の瞬間。
この瞬間から人間は孤立している。
連帯もなく?創造主の容赦ない裁き。
いつか男は兄弟から自由になり、母は父から自由になり、女性は子供から自由になる。
Risa Niigaki, Eri Kamei & Reina Tanaka - INDIGO B…

女性はライブに良いことを求めてくる。
自分を守りたい。その空間の支配権を譲り渡したくない。
抑圧との戦い。経験の共有により周囲の敵をなくす。
典型的男性の方法で解釈する。
男が共有してきた伝統。
哲学の共有。
カントのような暴力を否定。
心を統制。
歓声。みんな仲良く、そして義務へ。
なんの思想的隔たりもなく。
「促進」私的空間。子供を育てる。感情の領域を守る。
永遠の名曲「オリビアを聴きながら」杏里
経験・趣味・宗教の共有は女について語ってこなかった。
女性は男より弱い。敵のなくしかたを知らない。
母からの一方的な愛。
混乱を治める力がライフステージによって違いすぎる。
すべての人が傑出した人生を望んでいることを知る。
今までは義務の正当化しかしてこなかった。
子供を育てたくなるために。
緑のものを緑と考える、痛いものを痛いと知る、自分語り。
男性社会に子供を送り出すことが抑圧の原因。
感情的な仕事から逃れるしかなくなる。
夜明けを待つしかない議論、売り言葉に買い言葉。
敵を作るが抑圧からは逃れられる。
自尊心と性差別の戦い。
One
子育ての楽しみ。
子供の感謝を求めない。
理論を教えるのが楽しい。
道徳(敵のなくしかた):経験・趣味の共有。
緑を緑とわかるようにする。痛みを痛みとわかるようにする。
痛みは悪ではない。
哲学:犬をけとばすことから愛を語り、いじめから三位一体を語り、近所の子供を誕生日に呼ばないことから嫉妬を語る。
なにも暗号化しない。
法則から治めることを知る。
これが女性の搾取との戦い方だ。
母の怒りと優しさは男性社会からもたらされる。
男が子供を育てると金が必要になるし、女の喜びを家族にもたらさなければならない。
子育て:怒りをこらえる感情的な仕事。子供と抑圧を共有。
男は身を守るためのサービス(セックス)を女に求めてくる。
女の子育てはサバイバル戦術。
お母さんは「キライ」といわれるのを恐れ、いい関係も悪い関係も差別しないで向き合う。
三浦理恵子/日曜はダメよ 【PV】
子供が非行に走らないために必要なもの。
非行は人間中心主義だ。動物を飼うと非行に走らない。動物を飼うと非行に走らないというのは、統計的なものであるか、何かの因果関係から説明できるかかの議論がある。例外を語り合うことも必要だ。
日本にはマンション居住者が1400万人いるのでサボテンでもいいだろう。
[PV] 筋肉少女帯 - サボテンとバントライン

男の子は、陰毛が生える前に精通している。

仮説を売り付けるスキーム。格言(本来ならわからないもの)を生み出したいモチベーションがある。
難しい状況ではないことを示すために売り言葉に買い言葉もやりあう。
深刻な場面では正しさへの確信が必要だし、価値という難しい学問の複雑さを知らないといけない。
ここに権威の誕生の秘密がある。
どうすべきかわからない人は本当の信念を知らないし、どのみち敵が多いということだ。
幼い頃の春の「ショック」と結び付いてマスターベーションを覚えるが、それは無意識に人間の本質と結び付いていて、それが抑圧のトラウマとなる。
マスターベーションの時、想像するのはアブラハムだ。
日本ではアブラハムは天神さまだろうか?

年の初めはさだまさし「飛梅」

1432152780640.jpg

夫の言いなりになり、家事を行い、子育てをし、セックスをする。
夫より劣ると考えていても、男とは対等だと考えている女性。
喜んでやる場合もあるが、自尊心に欠ける場合もある。社会が「劣っている」というメッセージを出しているが、
誇りを持ってやるかどうかが問われる。
歪んだ欲望、適合できる嗜好。
支配システムが夫に尽くす女性という間違ったニーズを満たす学説を考えた。
教育差別、少女漫画などによる情報統制がなされているのだ。
女性は、不平等で無防備な世界にいくのが怖い。自治もなく、よく考えられていない。「酸っぱい葡萄現象」食べてみなければわからない。
お金を夫に依存し、子供や夫に尽くす。
自らを豊かにする文化ではない。
「ファッションビューティーコンプレックス」
女は得るもののない、性差別のもとにおかれることに熱狂する。
女は自分のキャリアを追求する代わりに「教授とデート」をするという少女漫画を読んで熱狂し、自ら従属的地位に納まるのだ。
強い男にしたがう知的ではない女に憧れる。
「俺物語」(別冊マーガレット)
剛田猛男は、唇が厚く眉も太い。
身長二メートル、体重120キロ。
溺れている人がいれば見境もなく川に飛び込む。
大和凛子は、剛田猛男が好きで、友達に「会わせてくれ」と言われ、会わせるが、「これはないわ」と言われ傷つく。
うしろゆびさされ組

1432153445665.jpg

一元論とは、ひとつであること。
何を狙い、何を数えるか。
存在はひとつ(記念品)とするか、優先順位が高いものはひとつ(男、基本的な記念品)とするかの対立がある。
優先順位が高いものはひとつとすると、自分とどのような関係にあるのかわからない議論、最も高いレベルのもの、確かな男という議論に発展する。
男とは、テーマの決め方であるし、哲学の最重要課題だ。
他のより高い概念とも比較するし、存在や芸術とも関わる。
女と一緒にいる男。
何か、は男を意味する。
文章にし、探求する。
言葉の最も高いレベル。
議論する理由。
男の理想と現実。女性的な解釈。そして他人。一般論とその人。
混乱と歪み。
歳、男、白、いろんなものから男を連想する。
女が立ち入れない世界。
言論、信教の自由から言葉を学んだ。
現物を動かす女性の表現。
知恵。
濃さ。
幸福。
悪人。
赤い(在日、部落、共産党)。
これらを語り合っている。
松田聖子 ハートをRock
出世を求める男についていくと自分も豊かになるという思想が形成された。
女性は自ら志願して抑圧されているが、この女性たちに選挙権を与えたということが問題を豊かにした。
女の子は男の子よりも良縁に恵まれるように多額の投資がなされ、お稽古ごとをやらされる。
お幸せに。
短期的な女性の幻想は幻に終わる。
セックスは男が楽しむものだ。
漫画家が何を欲したのか。女性の利益ではなく自分の利益を求めていることを理解しなければならない。

1432153208167.jpg

支配階層には都合がいい。
なぜ女性は競争しないのか?経験しないのか?蓄積しないのか?
「女性勝利戦略」
いい相手と結ばれて、セックスし、家事と給料を与えあい人生を支えあう。
若くて競争力のあるうちに金を持っている男を見つける。
女が本当に男に求めるものは若さとルックス、お行儀がよく知的で思いやりがある。
女は不幸な状況で選択肢を与えられることを好む。低賃金労働。
セカンドベストを選べ。
セクハラは自尊心や健康を傷つける。女は興味がないようで黙っている。いい会話に参加したい。
女になりきった方が抑圧されにくい。
女はのんびりした抑圧や差し迫った抑圧に身を売る(結婚)。
家父長制の虜にする。
酸っぱい葡萄現象は自然のメカニズムであり、混乱を治める営みとは関係ないとする立場もある。
変化に適応するのを好み、編成に適応するのを好むと混乱はおさまる。行動に移すのが大事。
テニスでオリンピックに出ようとしたヴェロニカ。彼女はやがて限界を感じ、地方のスターになることにした。
自分で決めたことではなかったが、適応した方がいい。少女漫画を読む。
コントロールできないことは、漫画家が治める方法を教える。
女性は、少女漫画をに自分の状況を合わせる責任が生じるし、男性社会の善につながる。
家父長制の囚われもの。のんびり、そして差し迫った。
きゃりーぱみゅぱみゅ - にんじゃりばんばん,Kyary Pamyu Pamyu - Ninja …

チャタレー夫人の恋人。
コニーとメラーの、男女の平等に極めて悪影響を与えるセックスがフェミニズムの観点から批判された。
自由で対等な男女でなければ愛を謳歌することはできないが、愛は狂気をともなう。制御された男性ほどセックスに暴力を使うが、そういう男ほど政治コミュニティで得るものが多い。
女の抑圧の世界がセックスだが、女の後悔は、女がのちに自分の美しい映像を見直して、「あなた、誰とセックスしたかわかってるの?」と言って自分の救いにすることを「男性化」という。
「キャンパス」
[OPV][ENG] 亀井絵里 「えりりん」- 片思いの終わりに Subbed

女性の善、男性の善。
漫画家が犠牲者を出す。
文化をまたいだよく考えられたプロセス。
繁栄とは何か?栄養のため。
自立した女は女性の直感に反する。
女性との対話を行わない社会。
少女漫画にしたがっていると敵が少なくなる。
抑圧されたものの価値と経験を豊かにする。
社会の男性化。女性を体にするしノイローゼにする。
侮辱、価値を低める、恥。
自信を取り戻す必要がある。
男の責任。女を施設化してはいないか?
男だけが混乱を治めるというのは強すぎる発想。
女を弱めるというのも強すぎる。
性差別も考え抜かれていなければならない。
無視、裏切り、罪のない動機でやるのがよくない。
体系的性差別。
自立した女性。
何が敵を作るのかを教えてくれる。
境界線。意のままにならない人。売春婦としての結婚。
知らなければならないこと、知らなくてもいいこと。
女の子、女性の言葉の区別はこの世界に無知なものの言い訳。
人間らしさ。認めあうこと。
「ホワイトライン」
男。差別や偏見を嫌うが、乱暴で傲慢で女を手なずける。
文化の帝国。
抑圧と世界旅行。
白人による黒人少女のレイプは考えるが、逆は考えない。
「レイプカルチャー」
集団でレイプしない文化。
自己統治・自己満足の少女漫画。
批判的性格の理論。
性格を女性の側から神学化。
悪を知ることは規範(守るべきルール)の上で重要だったし、子育てをする上でも敵を作らず抑圧と戦う必要がある。
性格のダメージをのんびりと体系的に、さらには緊急に治さなければならない。
抑圧のような不正な社会条件と戦うために。
特権、傲慢、自己中心的、無関心、社会的無責任と戦う。
おかわいそう。抑圧の世界を豊かにする。支配の悪。
利益を選び、繁栄を避ける。
腐敗した社会。
他者にしてほしいことをあなたはするな(ゴールデンルール)。
他者への尊敬の欠如。
他者を傷つけることに無頓着になり、敵を作ることに慣れ、悪となる。
愛されて育った子は、直感的に価値を愛し、自分を愛し、勝手な自分を愛し、他者の感情を汲み取る。人生の苦み、そして復讐(復讐神ロレッタ)。
男の体系的な敵対。
体系的な差別。
性差別。
女人禁制の軍事組織、男女別学、プライバシーを守る、軍人をモルモット扱いするな、暴力との戦い、若者の攻撃性。
夫への従属(レイプ)。
このレディチャペルの趣旨は「抑圧との戦い」である。
しかし、自由で対等な男女でなければ本当の愛を謳歌することはできないという観点は指摘していいだろう。
酒井法子は、富士山(大きすぎるもの)や、ハワイ、スペインという友情の17度を経験させられては「女の敗北」を味わってきた。
これが抑圧だ。
写真は女の勝利。

1432198173129.jpg

このようなアイドル(偶像)を崇拝することをカトリックは禁止していたが、カルヴァン派やツヴィングリ派がアイドルを利用してカルト的人気を誇ったのでカトリックもこれを容認したのだ。

酒井法子 男のコになりたいPV

ゴシック建築は子供をいかに頭よく育てるかという建築の研究であり、バロック音楽というのは人間の悲しみを地球の奥底に沈める研究だ。
人間は最後の審判を恐れなくなった。
ゴシック:解放感、ロックンロール、重厚さ。境界線、他人とのふれあい。

辻井伸行。目の見えない人は聴覚が発達する。
そのような人が聴いている音を私たちは聴くことが出来るし、私たちは目が見える。
まさに神が見ている風景だ。
この事をアメリカ政府はヘレン・ケラーから学習した。ヘレンはラドクリフ(ハーバード女子学部)に入っている。
辻井伸行 ラ・カンパネラ

精神錯乱になったら、名前を言えという。カレンダーを見せ、時計を見せる。
俺が最初に紀宮と話をしたとき、周囲のおばあさん(小山さん)が時計を見た。
小山さんは歴史を確認したのではなく、精神錯乱に陥っていたのだ。
彼氏とデートしていて彼氏が時計をちらっと見たら女は泣きそうな気分になる。
二人の間に正統性もいいこともないのかと女は思うだろうが、彼氏は精神錯乱を陥っているのだ。

「アーケードプロジェクト」
子供はアーケードを歩み裏道に入らない。
性的にフラストレーションを抱えながら知性だけを跳ねあげる。
iPodやDVDなどの芸術の再生産技術が発展したことからこのプロジェクトをウォルター・ベンヤミンが考えた。
歴史というのは勝者が書いており、青春時代に何があったのかも、大人になってから書き直していることがわかっている。
公立高校もこれを理解するだけで灘・開成と変わらないとされる。
恋愛というのは男は話を聞くことを覚え、女は優しくなることを覚えるというキリスト教の栄光を基盤にしている。いろんな発想がある。
恋愛をすると子供は認知症のようなものになり成績が下がるため、ナチスドイツは「心の弱い女性(ユダヤ)差別、ローマ人ジプシー差別」を行った。
成績を下げないためには「自分を持つことか必要」というリバタリアンという立場もある。

学問は男言葉だ。
女は感情的だから抑圧される。
しかし、女の中にも出世する人がいる。
家父長制と戦うために欲望に走る女は出世しない。
感情のマスターでなければならない。
また、男の言葉をよく聞いて共感できる人は出世する。
女は自ずから優しくなる。
学問とは男の言葉でなされるものだが、女子の進学校は女子高であることが多く、校内で男言葉を使える方が遥かに有利だろう。

小池百合子:甲南女子中学・高等学校。
田中眞紀子:日本女子大付属中学・高等学校。
マーガレット・サッチャー:Kestevan and Granthan Girl's School

男言葉を使える女子高を出ることが何を意味するかを痛感する。

「女の群れのボスの決め方」
人々の総意、エチオピアの世論調査。お金と女の意見が必要なのでリニューアルが必要だ。

女の狙い、貢献する個性的な人はマイノリティーだが調査は簡単だ。
方法①人口「N」 1/Nの可能性。
方法②1/n 1/n-1 ... 1/n-(n-1)のN回のセレクションをやる。
年齢やエスニックではなく、星か人間中心主義か。

抑圧。
正義と不正。
平等、抑圧、不利な立場から権利へ。
不正が嘘をつく。
どのように? お約束。
尊敬してください。
社会を変えてしまいましょう。
「月の夜には男になれない」
中島みゆき/悪女

日本独自の文化「認知行動療法とは何か?」
人間はレイプなどの恐怖にさらされたときにPTSDになり眠れなくなる。
体から心に情報を吸い上げるという快楽の作業がうまく機能しなくなる。
大事なのは「恐怖にあえて身をさらしてストレスに慣れていく」ということであり、
120分のメニューを12回行う。
病院では点数が同じであるため20分ぐらいでごまかしてしまうことが多い。
臨床心理士ならば金はかかるが120分やってくれるとされる。
厚生労働省は承認していないが、SSRIsといううつ病の薬もPTSDに有効だとされる。
女性の抑圧との戦いは言語の研究からもなされた。
抑圧「コアデザイアー」真実、言語、一貫性、男性、混乱を治める、男性中心主義。

妊娠するとインスリンレジスタンスにより太り、腎臓にくる。吐いたり消化不良を起こしたり、背中が痛くなったら心臓にくる。
歳をとるというのは遺伝子のふるまい、終着駅への下り坂。性的成熟から歳をとりはじめ、怪我をすると一気に老化が進む。

ハンナ・アーレント。
悪の概念。ホロコースト、ルワンダの虐殺。9.11テロ、ジェフリー・ダーマー。
敵をとことんまで作る。ひたすら「悪」。
ハリケーンも虫歯も悪だが、人殺しは敵を作る。
サイエンスに基づくか、敵を作るかのどちらかの悪がある。
パワフルで、全知で、最高善の神が作った世界で、話題にふさわしい。
Bill Burr - The History Of Gropecunt Lane
「神など信じられない」それがハンナ・アーレントのテーマだった。
一方、些細なことも「敵を作る」として女たちは語り合う。
ニーチェ:悪とは危険なものであるとして排除した。
人間のポテンシャルにネガティブな効果があるし、強いものを抑圧する。
嫉妬、憎しみ、怒りなどのネガティブな効果。
生産的な自己表現と達成よりも苦しみに救済を得る不健康な考え方。
解決不能として悪を否定する人もいる。しかし敵をなくす研究が必要かもしれない。
正しい、間違い、善悪。
暗い魂・キリストはカッコよかった。
説明できないし、かっこつけは敵を作る。
悪については議論の必要がないとされた。
悪とスーパーサイエンス。
バンパイア、魔女、狼男。
君主を産み出すイスラエルの東からの陛下の声、西からの風。
スーパーサイエンス、暗いイエス
特別な生き物。
ひたすら「悪」をフィクションにする。
「悪の復権」
宗教ではなく政治だとする。
混乱を分析しない奴。仲間に情報を伝えない奴。
これを悪とした。
様々な強制収容所・大量虐殺

やはり、異性間のセックスを推進したのはアウグスティヌスであり、子供を産むセックスが好ましいとされた。
ローマ法のジャスティニアンコードにより条文化された。
グレゴリオ改革で、敵の少ないセックスが模索された。
20世紀に、マタシンソサエティや、ビリティスの娘たちが存在し、レズビアンのサークルがあったが、1969年7月28日に、ストーンウォールインに警官隊が突入して、これを取り締まった。
このあと、ゲイやレズの解放運動が起き、アメリカ精神医学会が病気のリストからゲイとレズビアンをはずした。
反男色法が制定されたのち、ゲイとレズビアンは一般化した。

日露戦争の時、戦場に出ていった男たちの妻が、他の男と浮気することがあとをたたなかった。家に男を連れ込んでいたのだ(お百度参り)。
この事に学習した警察は、第二次世界大戦で兵士にも住居権があるとし、家に男を連れ込む行為を住居侵入罪として処罰した。
警察が戦争の後方支援を行ったのだ。

Cocco - 強く儚(はかな)い者たち  【VIDEO CLIP SHORT】

抑圧の部、終了。
「欲望」「深刻さ」「出口がない」泣く。

支配の部。森林を歩く、きれいな水。
治め方の細かい議論を避けて、動物やサイエンスに勝っていること知り、男性らしさを取り戻す。
男性らしい自然風景、エコロジー、文学少女。

1432196141223.jpg

1432197398993.jpg

家畜について語り合う。人間が責任を負う生き物。
動物の楽しいことではない。土地の楽しいこと。
土壌、水、植物、動物。
人類は土に帰れ。
調和と安定、動物ムラの美しさ、他は間違っている。
見て聞いて理解して愛して尊敬して感銘を受ける。
正しさ、間違い、これらの行動の結論。
女子は持ち物だ。持ち物を捨てるのは便利かどうかだ。正しいか間違いかではない。
文化の多様性、生物の多様性。なぜ、どのようにこれらが交流するのかを理解することが重要。
歴史の動物の生態からの解釈。
大平原のインディアン、改革を決め、服、言葉、芸術、宗教。
動物の生態が私をこの世に授けた。
Mr.Children「Tomorrow never knows」Music Video

アジア・アフリカの森。
女性によって運営された森。
一月の月と凍った森。果実を実らせない木を女が育て、輸出するものを男が育てる。
生態の多様性を失うと女性はいろんな意味で害されるし、経済や文化コミュニティーに悪影響を与える。

ディープエコロジーというのは空気、水の汚染、資源、大量消費、人工過剰などをテーマにするものだ。
これにより女性は自分の優劣を争うのだ。
このような女性の争いは経済にいい効果がある。
文化とサイエンスが向き合うことは、女性がサイエンスと向き合うことだ。

種というのは地球の部品。どれかが欠けたら何かがおかしくなる。

社会契約論。高校を卒業する、夏休みが終わる。社会契約が終わる深刻さ、欲望、出口がない。
夏休みは終わらない

「男を治めるマジックの基本的な発想」
誕生日に、窓の見慣れた風景を見て「誕生おめでとう」と自分で言った。
明日になったら「ありがとう」に変わるだろう。
女性が服のジッパーを下ろし、また上げた。
「君は何をやっているんだ?」
誕生日にはフェラチオをしてあげよう。どんだけ彼のは大きいのか。
作業が終わって、女は言った。
「あなたはこれを秘密にしてはなりません。隠されたものについて語り合いましょう」

女性と歴史、文学批評、政治学、社会の知的空間の作り方、有名人に関する議論。
女性によるサイエンスの不正な支配。女も語りたいものがある。
女の知的空間がこれらを語ることをデノミという。
男の偏見との交流と、偏見の批判。
相対性理論 - 帝都モダン

女の抑圧と戦うためには男が作り出した学術用語を覚えることが必要。女は抑圧されても、サイエンスや大自然が男を支配する。混乱も治めてくれるし、知的空間も広げてくれる。感情的であることから抑圧される。
石、植物、川は女と違って抑圧されない。

価値のない浮浪者を愛することで、浮浪者に価値がつく。慈悲。

1432761671119.jpg

「キス」
あなたは私が世の中の何を経験したのかは知らない。
私は世の中の何者でもない。
絶望的なキスが始まる。
赤の他人の、言葉を探している。
信頼と約束。
確かな方法で、あなたが俺の主人であることを語らなければならない。
鏡に移る私ではない。

「もしあなたが、私がどれだけあなたを愛しているのか知っているのなら、そして、まだ愛しているのかを知っているのなら」
夜中の飛行場のタワーが見える。サーチライトがまわっている。
彼はそれを見て、タバコを吸った。
タバコ(ぺニス)
3.5秒の映像。
人はイエスかノーを迫られる。自分に「この瞬間を楽しめ」とスーパーエゴが言う。
Globe - Anytime Smokin' Cigarette

「従軍慰安婦問題」
いなくなった妻のために何ができるでしょう。
女性たちはベンヤミンに破壊された。
ベンヤミンの子孫がいるに違いない。
部族はイスラエルを離れようとしない。
ましてや、娘の中から妻になどやれるわけがない。
ベンヤミンに女をやったものに呪いを。
シローの新嘗祭があり、シュケムのベテルから北のハイウェイの西、レバノンの南、ベンヤミンに命ず、
彼を見張れ、シローの娘が踊っているところを、
彼から女を奪い取れ。
女はベンヤミンの地へ、
女の父が怒っても、お前らの妻は奪わなかっただろう。
男は妻を持ち子孫を持つ。
イスラエルの王は何が正しいのかをその目で見た。
くるみ割り人形 「金平糖の踊り」
踊っている韓国人女性は非常に美しかった。
韓国の芸能界で「チャンノート」というのがあり、枕営業した男を全部記録し、自殺した女がいた。
売春は差別の対象となるが、神は私を罰したため、肉体と心が離れることを許可していない。
チャンは幸せだったのだろうか。
女はいつも本気。
ribbon - 愛してJustice

天国というのはこの世のことであるが、この世の人間界の仕組み(地獄)を知ることから昇天というのがある。
マリアが「神の母」とされるのにも没後300年以上かかっているし、
処女(失恋を知らない)だっただろうと噂になるのにももっと時間がかかっている。
さらには「昇天した」とされたのは二十世紀になってからだ。
誰かの夫が殺されたんだろう。
女が地獄を知ったときがあったものと思われる。
ISIS | Iraq | execution of Iraqi policemen on cha…

誰も態度悪くは接していない。
システムへの参加である。
システムの無知、無視、信じていたものが裏切られる。
これは「罪のない動機」から行われている。
人種差別、性差別。全く終わりが見えない。
ノーマルな敵の文脈の立場にたつか、アブノーマルな敵の文脈の立場にたつかの違いがあるだろう。
境界線、他人、売春としての結婚に関する洗練された分析がなかった。
Wink PV - 結婚しようね
興味のない人は議論する動機がない。

この話を男が女に話し、世の中の何者でもない女が自分からキスをせがんだ。
【エホナラから嫁はとるな。
清朝中国の言い伝えだ。
次の皇帝になる王子が、王宮の女の群の横を通りがかる。
女の群れは、ハンカチで手品をしている女を取り囲んで笑っていた。
王子がその女立ちに近づくと、女たちは去り、手品をしている美しい女だけが残った。
王子は名前を聞き、出身はどこか?と聞く。

「エホナラ」
王子は首をふって去った。
王子は再び王宮の庭を散歩した。エホナラの女は歌を歌う。そこで王子とのおいかけっこが始まる。
清朝は、アヘン戦争に直面していた。
イギリス兵に、レイプされた娘がいた。
レイプされた娘は、母親に死なないでくれといって追いかけるが、母親は井戸に身を投げてしまう。】

「マリアのファーストキス」
私の脳は万物の創造主を味わい、私の根性は神、救世主を楽しんだ。
彼は私のようなはしためを見た。
のちの世代まで祝福された。
彼の力は私に素晴らしいことをしてくれた。
彼のあわれみは彼を恐れるものに祝福を。
いく世代にわたって。
彼の腕は強さを証明し、心の悩みは物理学すら見失った。
王朝の力をくじき、私のようなはしためを高いところへつれていった。
彼は私の空腹を満たし、金持ちはどこかへ行った。
イスラエルを助け、イスラエルのあわれみを思い出させた。
彼は理想の男アブラハムに似ていた。

「エッチなムード作り」
人間の無意識は言語と同じ構造を持っている。
性的欲望は抑圧されている。
おしっこを通じてエゴが身に付く。
エゴには性的欲望(攻撃)と抱かれたい(フェチ)がある。

平清盛は、宋から書籍を持ち込み、日本の知的空間は大騒ぎになった。
保元の乱、平治の乱などが起きて人々は争った。
清盛は大和田の泊(現在の神戸市)に拠点をもうけ、瀬戸内海の港を栄えさせた。
宋は、異民族の侵入などのインテリジェンスに満ちていて、科挙においては白髪の合格者が「50年前23」(二十三で受験をはじめて、合格したのが七十三だった)と言ったとされる。
この知識を島国日本が引き込んだのだ。

織田信長は、ヨーロッパの哲学を背景に全国を統一しようとしたが、明智光秀が四つの福音書を書こうとして信長を殺した。
信長は、暴力による権力闘争を戒め、全国の力士に相撲をとらせ、次の権力者を決めようとした。
そのときの横綱が豊臣秀吉であった。
秀吉は、福音書を書こうとした明智光秀を処刑し、バテレンを追放し、刀狩りを行っている。

明治天皇の暴力革命を経て、大正天皇が即位した。その大嘗祭はアジア地域においてはチンギスハーン以来の巨大イベントだった。
しかし、彼の傲慢さが周囲の反発を受け、毒を盛られて明るい時代の空気は短命に終わった。
傲慢なやつには毒を盛るというのは王朝の宿命として知られていたが、それを理論的に明らかにしたのはレヴィナスだった。
乃木希典は、大正天皇の即位の時に、明治天皇に政治生命を依存しすぎたために自殺したし、大正天皇は傲慢さのために毒を盛られている。
今の天皇と俺の貴重な教訓なのだ。

マリア崇拝を行ったカルヴァン派(長老派)は、自殺に慈悲を与えていたが、チャールズ一世が議員を逮捕したことから内乱が起き、クロムウェル(独立派)が、ネイズビーの戦いで勝利し、
国王を処刑した。
クロムウェルは、いくら自由を与えるとしても自殺は自由ではないとして、心の弱い女性を中心とするカルヴァン派を大虐殺した。
これは、ヒトラーのユダヤ虐殺と同じ規模で行われたのだ。

蘇我入鹿は、高句麗の知識を背景に権勢を誇っていたが、国家体制を整備し、中臣鎌足と中大兄皇子が、僧旻と高向玄理が唐から情報を持って入り、国の博士となった。
高句麗を背景とする蘇我入鹿、蝦夷は殺され、蘇我氏本宗家は滅亡した。
留学生や学問僧が唐から情報を持って入り、最新の統治技術から、国家体制を整備し、そのなかに諸豪族を編成することで官僚制的な中央集権国家を建設し権力を集中しようという動きだった。
高句麗から唐へ、これが大化の改新のパワーシフトだった。

ヨブ記。ヨブを試した。旧約聖書。
ゾロアスター教。善の神(アフラマズダ・光)、悪の神(アーリマン)。
オリンピア、ヘレネス(ナイスガイ)とバルバロイ。
野獣、666、カエサルが宇宙を探求。
ローマ帝国が力を維持するためにサタンを利用。
ローマ帝国の皇位継承で処刑が繰り返された。
アウグスティヌスは、女が皇位継承を邪魔するために研究した。
悪の神が問題を複雑にし、善の神に教えた。
肉体とスピリチュアル。
コーラン、非イスラム(サタンと友達が多い)と戦う。
処刑をなくす。拷問を規制
マジック(音楽)が新しい方法として考えられた。
毒を盛る魔女は皇位継承のすべてを知っていた。
ルター(プロテスタント)は、聖書だけが頼りだと知った。
ピューリタンだけがサタンを知っていた。
マサチューセッツ、魔女の時代は終わり。教育。地獄という概念を考えた。
バイロンの詩、ヒーロー。
カウンターカルチャー。サンフランシスコにいろんなソサエティができた。
SaTaN / MAGIC IN YOUR DREAM - 夢の中でかける魔法(THE STORY…:

1960年代のアラブ民族主義は、エジプトのナセルの影響を受けて社会主義の傾向を強めた。
これに警戒的なイスラエルとの間の緊張が高まった。
1967年、エジプト・シリアが対イスラエル統一戦線を組んだので、イスラエルが電撃戦を試み、六日間でイスラエルの圧勝に終わった。
ガザ地区とシナイ半島をエジプトから、ヨルダン川西岸と、エルサレム旧市街(嘆きの壁)をヨルダンから、ゴラン高原をシリアから奪った。
アラブは石油を背景とした資源ナショナリズムの方向を確立、イスラエル占領地域ではアラファトがパレスチナ解放機構を作り武装闘争を行った。
(第三次中東戦争)
ナセルが死に、サダトが後継者となると、1973年に、エジプトはシリアと共にシナイ半島とゴラン高原を奪い返すためのイスラエル攻撃を始めた。
石油戦略が功を奏し、サダトはこの勝利を基盤にエジプトを改革した。
1978年アメリカのカーターが、キャンプデーヴィットにイスラエルのベギンとエジプトのサダトを呼んだ。
カーターは、それまでフットボール場でユダヤ人を見ただけであり、インディ500でアラブ人を見たことがあるだけの田舎者だった。
エジプト・イスラエルの国交正常化、シナイ半島の返還を合意し、1979年、エジプト・イスラエル平和条約が結ばれた。
このことで、アラブの大国が中東の安定勢力となった。
思想的背景、イスラエルは、メシア信仰と安息日を基盤にし、子育てのために神・男の完全性を語る。
アラブは、ユダヤもキリストもアラーを信じなければ地獄に落ちるというイスラムの思想だった。
神・男の完全性とは、「気が弱いけど素敵な人」であるのが女の本能だが、「男の獰猛さ」を理想とするのは女にとっては改革だった。

Bonnie Tyler - I Need a Hero (Lyrics)

サクリファイスは、母親が息子を生け贄にすることで優劣を競いあうことをいう。
安倍晋三には洋子が、光太郎には登始子が、徳仁・文仁には美智子がいた。
男のタフネスを決める概念がサクリファイスだ。
男は、生きるとは何か?繁栄するとはどういうことか?を証明するしかない。
無縁坂 さだまさし
法律にしたがい、経験で敵をなくすことを知る。
労働者の参加義務。楽しいこと、法律論。
確信以外の何者でもない。
アカデミズムに納得できないことを記録する。

「私のためどのぐらい無理できるのか見るのも飽きたゲーム」(菩薩じゃ)
女二人 対 男三人 で海で遊んでいるグループがいた。
女二人は笑って立っている。 
男三人は二つの枠を争って必死で競争する。
男三人の三位一体。
男三人はぐるぐる回転して目を回し、旗に向かって一直線に走る。 
途中でずっこけるやつ、中途半端に終わるやつ、大人げなく旗をつかむ奴。
何が勝利かはわからない。
女の感情を見極めるのには夕方まで続けなければならない。
旗をつかんだ者もそうでない者も、海に向かって歩き出す。
海に入る男二人、見ている一人。
勝ったと思った男は海に入らず、負けたと思った男は服を着たまま海に入っていく。 
男二人は「経験の共有」をして、一人をいじめるだろう。
五人組から一人弾き出せれば二対二の男女が出来上がり、二組のカップルが出来上がる。
俺が今日目撃したゲームは最高のゲームだった。

ポイズンの退屈"めまいへの招待状" 日比谷野音 '91

三位一体は、父と子、聖霊であるが、子=キリストのことを「ロゴス」という。
三人組のいじめのなかで、聖霊は追い出されるが、ロゴスは何でもとる。
キリストは子であり人間であったが、死後、神性を増していった。

中論というのは「欲しがらなければお前はハイウェイスターだ」という教えであり、
いつ、誰が、何を、どのように取るか?
という政治コミュニティーを戒めるものだ。
哲学者としては破綻した思想だとも言われる。
Deep Purple - Highway Star Lyrics

「天皇プロレス」
よぼよぼのじいさんと筋肉質の大男が戦う。
一通り技を見せあって、じいさんはかなわないことを知る。
じいさんは指を天に向ける。
その瞬間、筋肉質の大男は頭を抱え込んで倒れる。
これが思考盗聴だ。
何度もこの技を使うじいさんに、筋肉質の大男は六法全書を持ち込み「私は憲法を守ります」といい「デカルト」(私の心の探求は誰にも知られず安全な営みだ)という技を使う。
じいさんは「ウォォー」と言って倒れる。

「光太郎プロレス」
光太郎がアメリカの情報を発言したら場内が総立ちになる。
筋肉質の大男はその雰囲気に飲まれ技が出せなくなる。
そこで、光太郎の恥ずかしい写真を場内に写し出すと光太郎は「ウォォー」と言って倒れる。

「安倍晋三プロレス」
安倍晋三は、茶色のトランクスに、電通に探させたスポンサーの刺繍をして登場。
相手は、ガタイのいいイケメンプロレスラー。
安倍は、いきなりイケメンと叩きあうふりをしながらへたばっていく。
陣営が怪文書を飛ばす。
へたばるイケメン。
しかし、イケメンはさらに反撃。
突然、場内が暗くなり、ハーケンクロイツと光太郎の肖像が映し出される。
日の丸、君が代、そして宇宙の映像。
終わると、安倍にひれ伏すイケメン。
しかし、今度は、フリーメーソンの入会の儀式のモーツァルトの魔笛によりイケメンはフリーメーソンに魂を売ると誓う。
最後にイケメンが安倍をボコボコにして終わる。

上半身裸になるということは素直になるということだ。
独裁者はバカにされることで民の心をつかむ。

「夢判断で影響力を増したヨゼフ」
ファラオの晩餐会に、水を注ぐリーダーや料理人のリーダーはヨゼフを覚えていなかった。
ヨゼフはファラオの夢の解釈をした。
ナイルのほとりの緑、そして牛。
ヨゼフは、7頭の牛を7年とし、7つの耳は7年を、
夢はひとつ、
醜い牛は7年を、
東からの風は飢饉を、
つまり、7年は豊かさを、7年は飢饉をと解釈した。
(キリスト教における政治)
これは、フロイトの夢判断が後に政治的技術として発展する基盤となったものだ。
フロイトは、それまで「敵か味方か」しかわからなかった夢判断に対して、肉体と健康、肉体的活動がより高い状態へ登るという要素を入れた。
シューベルトは「日常のサイエンスのプレッシャーから脳が自由になる」とし、夢の重要性を指摘した。
本当の脳の興奮、あなたの自由なムーヴメント。
一部の領域で夢にしたがうとボーナスがもらえる。

男を支配してくれる大きすぎる海。
中島みゆき‐ミラージュ・ホテル[2003年]

倭(ヤマト)は国のまほろばたたなづく青垣山隠れる倭しうるはし


1433247831923.jpg
農地が農地でなくなることを転用統制という。それをやって宗教施設を作る。法人とは利益を翌年まで持ち越せるものだ。自然人とは別の法人格。個人保証をしなければ損をしない。
マホロバと交互計算をして宿泊施設を確保。

垂加神道~スタンフォードとJPOPの出会い

【女性の美学】
多くの男女が関わって作られた芸術作品を男が分析することを楽しみ、それをみんなに言ってまわったり、
自分たちも文化の一翼を担おうとするのが女性の美学だ。
1971年に、リンダ・ノーシリンは、なぜ女性は偉大なアーティストになれないのだろうか?と問題提起した。
偉大な人の真似が下手だったんだよ。
物真似には国の検閲もあったんだ。
正解に近づいた人を真似することが大事なんだ。
真似するだけで3倍になるんだよ。
幻が現実になるし、誘惑的な方法なんだ。
恐怖と戦っている人の真似をすると頭がよくなる。
賢い人は男にしたがう姿を描いているだろ。
女らしいだけで頭がよくなるんだ。
友近 藤原紀香のモノマネ記者会見

18世紀に「ドラマのような恋」へと女の頭をよくする方法が変わったのだ。
芸術は楽しむものよ?

モーゼは、繁みを焼き払ってこの世界にたどり着いたのだ。
君が勉強しようがしまいが、この女の絶対は、変わらないんだよ。

玉串(たまぐし)とは、アマテラスに捧げる髪飾りだ。この世界に髪飾りを。

女が役人に近づいて関係を持った。そして、カサブランカから、パリ経由でアメリカに行くパスポートを発給してもらう。
しかし、女は別のハンサムな男と一緒にアメリカに行くために役人に近づいたのだ。
女が役人に拳銃を向けた。背中から拳銃を向けられた役人は「撃てよ、俺のために」という。
男か死ねるときというのは、別の男に知性で破れたときだけなのではないだろうか。
中森明菜 リフレイン -cover- moco momo

太陽崇拝は、一方的な片想いである。プトレマイオスは、太陽を男であるとしたが、日本国はこれを女であるとした。
和辻哲郎が、日本国を「海に浮いた泡」とした理由であろうか?
Speed Tour Rise Tokyo Dome

神はいるのかどうか?滑りやすい坂道だ。
この問題にマーケットが集まったし、銀行が緊張した。
MERRY X'MAS FOR YOU


女は伝説との向き合いかたが男とは違う。その源は「体の安全」にある。
松浦亜弥 - ナビが壊れた王子様(LOVE CHANCE)

女の心には火がある。言っていることは全部嘘。しかし、出来事だけは女が暗号化していて、男に治め方を聞いている。

出来事だけを歌った曲。君の心には火がある。
ホワイトラビットからのメッセージ/渡辺満里奈

女の進化論「病気になっても私を使って?お医者さま」
シシド・カフカ「Don’t be love feat.斉藤和義」MV/Short Ver.

エロビデオを見て「女性がいやがっているではないか」と考える政治的弱者がいた。
女性はマンガであり、おしりや胸をちらつかせる。
おニャン子クラブはそれを活用して人気を誇った。
男と女は生身の人間だと悟ったときに、男たちはおニャン子クラブからから離れていった。
ほんとの女を知らないで?という「欲望」が「深刻」であり「出口がなかった」ためにみんな泣いた。
おニャン子クラブ じゃあね (1986 LIVE)

美空ひばりは、11歳の春の女の子の「ショック」以前に芸能界に入っている。
男性社会をお母さんと共に生きた。
そのために不感症になっている。
草原だけが男には分からない美しさだった。
松浦亜弥 - 草原の人

女の生物学は、セックスのパートナーとして選ばれること。
男は女の所有物となる。
治め方を見ている(笑顔、言葉、生き方)、男が何を発見したか、そしてどんな想像力を持っているか。
この営みは動物よりも優れている。
美しさのためにすべてを捧げる男。
女の美しさのための男のサバイバル。
女の美しさで男は成長する。
成長した男の美しさで女は競争をやめる。
卵子(受精卵)を育てなければならない。
男が子孫を残す喜びは女よりも大きい。
こんな私の生物学を知ったら二人は私を見捨てるかしら?
瀬能あづさ:ふたつにひとつ(CD音源)

清子さん~マーガレット・フェル
クエーカー教徒は、女の対等を求めたため、王位継承に関与できなかった。
キリストの乗り物であるときだけ教会について語ることが許された。
女であることを自ら否定、これは、王室と関与した女どもにしか分からなかった。
王位継承のテキストである聖書に対して、「私たちだって法則にしたがっている」「主のキャンドルをあなたの心へ」と主張して影響力を増した。
治めることよりも「生きる、純粋に、永遠に」を重視した。
王でなくても、私たちは神の光を感じることができるとしたのだ。
「ベッドの上での私たちはいつも新鮮」を探求した。
杏里 「Summer candles」
「真面目に考えて?」「探して味わって?」私が考えていることを。
皇太子は長男として生を授かり、弟、秋篠宮が美智子のおっぱいを吸うのを見て「俺は誰なんだ?」と考えた。
ここに、皇室の「Sランク」と「Eランク」が確定した。
歳月を経て、天皇(ヨゼフ)は末っ子である紀宮の婿、光太郎を見つけた。
美智子(マリア)は天皇と「アブラハムからの贈り物」を喜んだ。
光太郎はワイルドカード「X」となった。
美智子は男たちに「私は男を知りません」と言った。
「アブラハムの贈り物ですぞ!」
三単元の「SEX」の誕生だ。
工藤静香 LIVE'90春「No no no no~琥珀のCocktail~
愛し合うことの喜び、イスラエルの種への期待、などの本がある。
心の弱いユダヤ人に自殺を迫られたクロムウェルは彼女たちにキリスト教への改宗を迫った。
これがクエーカー教徒の原点だ。
しかし、クエーカー教徒は、聖書の預言にしたがうのは「最後の日にね!」としている。本物のイエスさまを見た日に本気になるとした。
男たちは「俺こそが生き神さまである」と争った。
クロムウェルは「メシアに期待するな。君たちの内面と向き合いなさい」とも言った。
「私たちを口説きたければ、男たちに認められてからにしなよ」女は言った。
「私たちに純潔を求めるなら、そんなもの抑圧だと言ってくれたハーケンに勝ってからにしなよ」
「夜の月、朝のお日さま、それがすべてじゃない?ハーケンは宇宙を語るよ?」
男はオックスフォードやケンブリッジである必要はないの。神の言葉さえ囁いてくれたら。
勉強する男は冷たいもの。でも、牧師さんには喧嘩を売ってね!
大臣だって怖くないわ。女の前では光は丸裸になるの。
勉強する人は神の創造と発明からほど遠いルックスをしている。
牧師さんは勉強したのではなく聖書から出てきた人なの。
皇位継承から女を排除しないためのマーガレット・フェルの旅だった。
私を野球につれてってくれる人は約束を守るから私をぶたないわ。
軍隊は見せかけの愛と真実ね。
イエスさまは私をぶたないわ。お互いに自由ですもの。
聖書の言葉なんて全部ウソ。彼の言葉から真実を見つけるの。
I Remember / SPEED
女の勘が最高の権威
イヴは、アダムの肋骨から生まれたから女は牧師さんになってはダメ。男の声じゃなきゃね。
女の牧師さんは神の魂に動かされてはいないからね。
でも、男の指導者に蜂の一刺しを与えてくれる女の牧師さんもいるよ。
女社会というモンスター体制では、常識的な女の牧師も必要ね。
弱いものが強いものを導くことになるわね。
女の直感が男を導くというのはパウロさまの教え。
女性は沈黙から学ぶ。
女性はセックスしたいときは沈黙するものだ。この観点からも女性の牧師さんは問題だとされる。
神か聖霊以外話してはならない教会で女性が話していいのかも問題となる。
女性のスピーチは、「主にキスしてセックスを諦める」ものとならざるを得ない。
男は聖書に王位継承をかけているけど、女の聖書の解釈は明るいのよ。
女は団結するからね。
クエーカー教徒は、アダムもイヴも神と同じ形で作られたとしたが、それは、イヴが「アダムの肋骨から生まれたがアダムにはしたがいたくない」という意味だとした。
神は女に「女の種」を授けたが、マリアはその種を語ることを禁じられた。
【MV】 RIVER / AKB48 [公式]
マリアは女の牧師ではない。アイドルだ。そのため、彼女の話はしもべたちの種となった。
人間のファーストクリエイションの時、男女は平等だった。
キリストも男であったが女心も持っていた。
クエーカー教徒の男は女性の支持を得るのがうまかったのだ。
王位継承で殺されるのは男でしょ?聖書に出てくる女性たちは皆、処刑された男に駆け寄るだけ、祝福されてるの。
コリント人への手紙14:34「教会では女を黙らせなさい」
これは、男たちが暴れても知恵で黙らせて、安全をもたらしてくれた女の眼差しを意味している。
男と語り合って知恵というのは育てるものだ。
テモテ2:11「女たちを沈黙させ、女心で感じさせなさい」
夫であり父であればそのような修行の場はいくるでもあるだろう。
暗い僧はおしゃべり女に怒る。しかし、大勝利を経験してみよ。
女は黙ったあとに神を称える歌を歌い始める。
女の牧師は女性と「あなたをこんな目に遭わせた男」について語れるという特権がある。
「男と女はひとつ」というクエーカーの立場に対しては、「実際の私たちはもっと弱く、虚しく、恥を見ているのです」という批判がなされた。
沈黙、セックスというが語りたいことがあるのではないでしょうか?
女の本音

幼い頃の発作のトラウマは鏡を見て「何て美しい美少女かしら」と思うことで解消される。(ミラーイメージ)
顔にコンプレックスを持つだけでてんかんになり低学歴になり、発作を起こす。
バスのターミナルなどの人混みで発作を起こす。
だんだん呼吸ができなくなる。
そんなときには深呼吸するしかない。
不細工な私から恋が逃げないように深呼吸して。
渡辺満里奈withおニャン子クラブ 深呼吸して

一度きりの人生。お葬式で「我々一族は伝説からの教えを受けた」として輪廻転生から追い出す。
「欲望」「深刻さ」「出口がない」
「この次は優しい時代に生まれておいで?」というパンチラインを生み出す教え。
レベッカさんの「瞳を閉じて」を唄わせていただきました。

この宗教の草創期に、月がボールに見えた。これはノンリアリズムという立場で、プロレスの理論だ。
しかし、資金集めを終えた途端、月はもとの円に戻ったのだ。
リアリズムという現実に私が返ったことを意味する。
心の状態と関係あるようだ。
もう、ボールの月は見れないのだろうか。
月がボールに見えるためには「目的」「男」「独立」の三つの要素が関わっている。心の問題であるが安心感がこの三つに表現されている。
夏に月がボールに見えた。しかし、秋に光太郎は月が円に戻った。目的、男、独立が関わり、月が円に見える男は優しくない。清子には相変わらずボールのままのようだ。
強さを競いあう人間には丸に見えるのだ。
また、彼氏の「上から何かの知性が降りてくる」という観点も、女性が月がボールに見える秘密であろう。
「お月さまには目的があるのかしら?」
月の目的「愛になりたい」
男とその所有物。女である月が地球を攻めようとしたときにボールになった。
テーマがあれば男たちは争い、敵を作る。
「7」というのは抽象的な算数だが、このナンバーをめぐって争うのは柴田さんであったりカンセコであったりする。野球という数学が算数の世界を証明するのだ。
「誰が真理を知っているか?」で争う。
そのたびに月は円くなる。
本人がどれだけ真理を知っているかで争ったプラトンに対して、「周囲の有識者が争おう」という反プラトンの立場もある。
しかし、有識者が争って、当事者の肉声が聞こえてこないと「あることないこと」が争われることは知っておいた方がいい。
そこで「あることないことを語るな」として、「その人のものの考え方」を語った方が有益だとされた。
あるいは、「現物を動かすやつを信用しよう」という発想も生まれた。
実績を語り合う分にはさほど争いはないともされる。
瀬能あづさ~秋
リアリズム

夜の営みが終わったときの女性の落ち込みはハンパない。
そんな夫婦で「宗教の共有」をしてみたらどうであろうか?
営みが終わったあとの「追いかけっこ」として以下の話をするのだ(スーパーナチュラリズム)。

「美しさのために美を捧げる」
女性が男を愛する理由はこれしかなかった。

エジプトの歴史書、ヘロドトスで「ring」を検索すると、offspring(子孫)や、動詞の~ingのように、もっとも心に近い場所に「ring」という言葉が使われている。
薬指を「ring finger」と呼ぶ。
エジプトの高度な建築学は指の長さで単位を計っていて、薬指がもっとも心臓に近かった。
Melody(アイドルグループ)- シルバーリングに口づけを - LIVE

男の知的空間は女よりも上にある。
しかし、男も宇宙や天気にはかなわない。
女が晴れを祈るのは男の勝利を祈ること。
本来、女は雨が好きなのだ。
すでに新しい生活が始まり、男もいるのに電話するのは唐突すぎる。
Melody(アイドルグループ)- 青空をあげたい

神を取り巻くものを天使といい、何も知らないものを悪魔という。
この宗教が常に向き合わなければならない問題である。
高橋由美子「天使か悪魔」

アイドルの起源。

1432156389287.jpg

最高の哲学がアメリカから入ってきた時代に、それを知っている「話したい誰か」がいるという、
ナルシシズムに浸った不感症女の歌だ。
今、話したい誰かがいる

なぜあなたが時計をちらっと見るたび泣きそうな気分になるの?
松田聖子  赤いスイートピー

女性は「私たち二人の間にいいことはなかったのかなあ」と考え、泣きそうな気分になる。
しかし、男は精神錯乱を起こしたから時計を見ているのだ。

サバイバルに成功した親をもつ女「山の手の少女」
背の高さや髪の色が遺伝することから、男の好みが決まる。
女が髪の色を変えるのが正解であり、男は変えてはならない。
島谷ひとみ / 「亜麻色の髪の乙女」【OFFICIAL MV FULL SIZE】

女言葉はどのようにして生まれたか?お父さんにエッチなことをされないために生まれた。
しかし、学問は男言葉でやる。
そのため、女子高の方が勉強には向いている。
【MV】上からマリコ / AKB48 [公式]

「ゲーテ~シュタイナーの理論的基盤」
ゲーテは哲学者になるには頭が良すぎたし、彼の命が燃え尽きるまで詩人として生きた。
マシンの美しさをひたすら詩にした。
すべてのものに神は宿るとするものだが、回転だけは特別だった。
ホメーロスの時代とゲーテの時代の違いは「回転」であった。
昔の詩は美しかったし、現代の詩は面白かった。
中森明菜 /飾りじゃないのよ 涙は

町内会、奉賛会、崇敬会は、神社の下部組織だ。

女の生物学は女の抑圧を正当化してきた。
女も夢を語りたいけど勉強は消化に悪い(エドワード・クラーク)。
自然の女に対する暴力だった。
ダナ・ハラウェイは、「霊長類のビジョン」という本により、静かな革命を志向した。
動物のメスはどのようにメスのリーダーになるか?
「メスの解放」
「法則の発動」
であった。
大規模プロジェクトへの参加は、座布団を投げること。相撲界への忠誠心を高める。
白鵬-琴光喜 平成21年(2009)七月場所11日目

運命とは低レベルのものだ。
生物学的現象であり、政治などどうでもいい。
統計(どの男に割り当てるか?インテリジェントなのか?)、生物学的な人間のサイエンスだ。
リチャード・ルウォンティンは、「王子さまなどいない」と言った。
遺伝子とタンパク質がセントラルドグマであり、DNAからRNAに逆転写されタンパク質に行く。
DNAのメッセンジャーがRNAだ。
RNAは、タンパク質とアミノ酸に働きかける。
それが、子供の「人物像」を決める。
DNAとRNAがあるから新たな人物像に「違う命令」を与えられる。
「万世一系は進化論には支えられてはいない」
ハイレベルな脳の発達が、決まっているのか?与えられるものなのかは非常に困難な問題で、いまだ答えはない。
タンポポ「王子様と雪の夜」

フォックス・ケラーは、DNAのマスターモレキュールを見つけた。
進化論と数学と私の体について語ったのだ。
「あなた、パートナー選びの競争なんて言葉は滑稽なものよ?私は私、この人の子供を産む」
ribbon サイレントサマー PV

人間のふるまいと、社会の構造があるから「万世一系」というものが成り立っている。
「上から何かが降りてくる」
ロンギノとドエルが主張した。
一直線のホルモンモデルを提示した。
Y遺伝子が信じられていた時期があった。
「男らしい」
これはホルモンの話だ。
数十年、このストーリーが支配した。
非常にパワフルなモデルで、一切の複雑性を排除した。
パパとママ。
しかし、社会の複雑性は考慮しなかった。
「王子様という低レベルな話」を無視した。
上から何かが降りてくる。
経験で「ダメだこりゃ」と語るしかない信仰となったのだ。
愚か者

複雑性と男がある。
男は「カテゴリーを使え」と言って上から知性が降りてくる。
「男はハンター」
そう表現すると、ハンターという言葉が複雑で学問に満ちている。
子供に栄養を、言葉を、文化を。
それが人間の進化だ。
アンヌ・ファウスト・スターリングが、内科・文学・外科などで、問題があるたびに解決してくれる男を提示した。
Y遺伝子理論は別の発展を遂げたのだ。
ガリレオより 「vs.2013 ~知覚と快楽の螺旋~」 福山雅治

「見える人、見えない人論争」が政治的な意味を持った。
男と女の子孫を残す戦術だ。
有意義な知的空間を作る努力が求められる。

「ポイズン」
ribbon "真夏のフェミニスト" 日比谷野音 '91
海岸法は、海岸線を守る法律であり、国会によって祝福されたものである。
公物管理という。
女は、寂しい、セックスしたいという気持ちからOD(ポイズン)をやるが、同じ効果が得られるのが、夜中に海に近づいて、暗闇の中海辺に近づく行為だ。
アメリカではアメリカ陸軍が海岸線を守っているし、日本でも東京都では人工の海岸線の許可が出る。
それを踏まえて、女に「どうだ、これが行政法だ」と教えるのは男の知的空間と女の知的空間の疑似セックスであり、チンタラした行政への権力批判ともなる。
海岸線に接近し、女にショックを与え、空を見上げる。
その日そのとき、天はどのような意味を与えたかを確認し、海岸を去る。
女は四時間10分はその記憶がトラウマになる。最高のナンパテクだ。
安全性が確認された国会によって祝福されたゲームだ。
三浦海岸で試したところ、「ここまで波が来るんです」という証言もあり、ほとんど知られていないことがわかった。
♥♥ Relaxing 3 Hour Video of California Ocean Wave
「密教世界の入り口・鳥居」
線と色のコンビネーションだけでエロスは表現できる。美しさと男・女の関係を意味する鳥居は私の存在を意味するし、
私を生かしたり殺したりする「感情」を示す。
クロスバーは、時間の一次元テープの始めと終わりを意味し、永続しない愛(エロス)を示す。つまり、セックスをよりシンプルにするし、
縦のバーとの交差は過去の女・男を意味し、恋愛の心の限界を示す。
愛とは鳥居の最も重要なテーマなのだ。
マネのオランピアは、線と色だけで温かさを表現し、それは日本の鳥居と同じ発想にもとづく。

1429942367836.jpg

オオヤマクイとタマヨリヒメが、山王祭で御輿をぶつけあい交尾し、ウブヤ神社で子供が生まれた。
オオヤマクイは現在、大宮に祀られており、タマヨリヒメは宇佐八幡宮に祀られている。

私たちタバコ吸えませ~ん。
ワンツースリーフォーいちにのさんハイ。
期待されていないことができないことが女らしい。
Perfume「リニアモーターガール」

教わったことしかできない。U-21(21歳以下)。社会契約が切れる。
女子高、男性教師の声だけを覚えている。夏休み。
松浦亜弥 - そう言えば

「隣人愛」
お前らが好き勝ってやるから俺のインテリジェンスが高まる。
汝の隣人を愛せ。邪魔物がいるから人間は頭がよくなる。
涙はインテリジェントなもの。女を知性で泣かせた千年に一人のキリストは女に涙という媚薬を流させた。
三浦理恵子~千年の媚薬

有名な女と関係を持つと男に「富の移転」が起きる。AKBだの華原朋美だのを次々に捨てて権力を目指した愚か者が竹田恒泰だ。
Eriko with Crunch - Tsumetaku Shinaide

奇跡というのは、議論があるが「神聖なものとして肯定できる」ものだとされている。
miwa 『ミラクル-short ver.-』

「受け~フェチの研究」
サプライズの訪問者。文化、宗教、世界の上位概念。
ユダヤ(心の弱い女性)、本来は信じていない、文化のひとつ。文化とは「本来は信じていないもの」
やるまで自分を騙せ!
信じすぎてはいないか?直接すぎないか?
あなた自信を信じなくてよくなる。
祈る行為は男によってもたらされる。
安らいだ場所への侵入、信じる、瞑想することもなく。
抑圧の重荷が儀式のなかで幸福と共に降ろされる。
おはようの挨拶とともにどうぞ。
彼は言う。なぜ幸せなのに「幸せ!」と言うのか。
二人きりの丁寧な交換。
どのように生きるか?私の存在を否定できない。脳の誘惑。
その経験を思い出したい。
人間の脳は飽き飽きしている。
これが救いだ。
うつ病、心配、薬。
「私の脳がそうさせた」という防御。
レイプとは祝福や呪いに脳がアクセスしないでセックスするかどうかだ。
裸は嘘をつかないし、親密さを示すし、見るに値するものだ。
女は敗北者だけれども、もっとも美しい時期を記録に残したがる。

もっと美的であれ!私が属するコミュニティーへの誤ったイメージを持て。
スクリーンに写る私が本当だと男は思うだろう。
男を殴ってレイプすることを想像しろ。
私は本音を現実社会で言うことを許されていない。淑女だ。
サイバースペースのスクリーンでのみ私のフェチは明らかになる。
女の真実はフィクションの中にあるのだ。
目の前にいる人は腐敗しており、しかし、私は丁寧に接しなければならない。だから私は彼の言葉を信じた。私の目は信じなかった。
裁判官の言葉は心地よかった。何かが間違っていたからだ。
知っていることは間違いであるということを知った。
何かを信じ続ける男が間違いであったけど、その嘘さえも教会では美しかった。

ユングやフロイトの場合
「女はどんな演技をすればいいのか?」
基本的に男のリビドーとは不朽の命、抑圧された命であり、女の「猫が消え、また復活する」という不思議の国のアリスを参考にする。
ラメラと言って、プレイが始まったら笑顔を消す、激しく声を出す、体をモンスターのようにくねらすことを行う。人工的な物体を演じる。
これは、男にとって「破壊できないものを破壊する」ことであり、女を全滅させて、女はよろよろと立ち上がる。
ホラーフィクションを参考にしており、生と死、世代と腐敗を表現する。
アンデルセンの赤い靴のように、女の子は魔法の靴を履いて無我夢中で踊り足を切る。
これが男を引き付ける基本なのだ。
男は殺し屋。決意と獰猛さ、沈む太陽から生きる力へ。ホモからの撤退。
性欲にせよ別の方面で用いる努力にせよエネルギーは皆同じだ。栄養から生まれるものだ。
このノリで女を攻める。Savage:獰猛さ。
GOOD SAVAGE
「女豹」
自然の悪夢を表現し、自然が乗り移る。
生き物としてふるまい、従属、絶滅、ふさわしいものが生き残ることを表現する。
想像の世界と現実の世界を区別し、ラメラは無意識の世界にもぐる。
現実の方がもっと怖いことを表現し、歴史のナレーションが流れる。
とっくに人間が失った「真実の体制」を表現し、二つの性の敵対を表現する。
女性の去勢を前向きに評価し、我々の中にもともとあるものを示す。
「フェラチオの基本」
大事なのはくわえさせる男が女に「お前は俺の妻だ、俺の主人だ」と言って行為を始めることだ。
他の第三者がその世界に入り込む余地のないようにする。
終わったあとに「話は終わりだ」という言葉を必ずかける。
これだけでうまくいくのがフェラチオというものなのだ。
ハートのイアリング 松田聖子(megu♡version)

女二人には男二人が必要。「四つだ」
相川七瀬「彼女と私の事情」

魂とは人間の脳に直結した精子だ。
人間が死んでも子孫という形で魂は残る。
子孫の精子という形で魂が現れる。
動物の精子と人間の精子の違いは「知性」にある。
男の知性は子孫に伝わり、死んだら男の魂は抜け、男女ともに密教世界に復活する。
ソクラテスへの愛とは「女の交換」であり、ソクラテスの知性=魂をもらい受けることを意味する。
親が子に伝えるものはDNAトランスミッションと文化だ。

まず、宇宙の法則があり、男性優位の社会においても、男は天がその日そのときにどのような意味を与えていたかに関しては逆いようがない。
セックスに暴力を使われた女が神や占いを語りやすい。
女は、いいパートナーと巡り会うためにひたすら競争するし、男は資金力を競いあう。

西野カナ 『もしも運命の人がいるのなら』MV(Short Ver.)

女とは「生まれる」ものではなく「なるもの」だ。しかしその基盤は実は弱い。
個性に注目する+セックスをする(エロス)は長続きしない。
男にとって千年の媚薬とは「知性」であるが、女にとっては「彼の知性に泣く」(涙)が千年の媚薬だ。
彼は女を忘れられなくなる。
三浦理恵子~千年の媚薬
人間の心は、イメージと言語とシンボルからできている、というのが俺の持論だったが、この関係を明確にしたのが、中森明菜の「スローモーション」だった。
中森明菜 '88 「スローモーション」
イメージは人間のエゴに働きかけ、言語はシンボルを形成し、衝動の基盤となる。
イメージは人間に必要な幻想であるし、シンボルはパラノイアと結び付く。
また、無意識と言語は似たような構造をしている。
ラカンは「無意識は言語のような構造を持っている」という言葉を有名にしたが、
さらに有名な言葉が「エゴは主体でなく客体である」というものだ。
性衝動やフェティシズムにより発明されたものがエゴだとしたのだ。
このエゴを、幻想的な感覚と小説的な私というものが助けているのだ。
精神分析の対象になるのはこのエゴとイメージなのだ。
赤ん坊は、生後6ヵ月から18ヵ月の間を、生きるか死ぬかの依存を他者にたいして行っている。
それを終えたら自分は万能になり、鏡を見て「何てハンサムな男だ」「何という美少女なのかしら」と思う。
これを、ミラーイメージという。

図にしてみよう。

エゴ←イメージ
シンボル←言語

衝動

となる。
夏の恋人候補が現れて、衝動が先走った時に、言語がシンボルに追い付かず、風景がスローモーションになる、という作品だ。
交通事故の瞬間もスローモーションになるそうだ。
衝動に関しては現実の抑圧がそれを押さえつけるため、人間は認めてもらいたい(尊厳)という問題に直面する。人間がこの抑圧と衝動の間の「認めてもらいたい」という発想に「連帯」「ナルシシズム」「太陽・地球・人間」を持ち込んだのが死の研究だった。
ちなみに、男の子は、お父さんを殺してやろう、というイメージから、スーパーエゴというものを作り上げ、自分を痛め付けてまで修行するようになる。
アスリートはみんなそうだろう。
B'zは、いいスーパーエゴを持っているね。
あくまでもイメージであり、言葉にすると「認めてもらいたい」程度だろう。
第一印象が悪くても「話してみたら面白かった」というのも、
エゴに働きかけたイメージを言語が修正し、衝動をうみだしている。
むしろ「恋は言語からうまれる」とすらいえる。
人間の精神分析はリビドーとフェチによって行うが、リビドーとは「いやらしい発信源からの興味」であり、興味があることを言う。
世界の終わりは興味によって救われる。
恋をすると現実感をなくし、まるで「痴呆」の状態になる。
性的興味を失うことで痴呆は治るのだ。
性的興味はファンタジー(おとぎ話)によって成り立っている。
興味はやがてノイローゼに変わり、ヒステリーへと変化する。
恋愛とはまさに「痴呆vsヒステリー」のシーソーゲームなのだ。

[H!F] Niigaki Risa, Kamei Eri & Tanaka Reina - IN…

この「シンボルと衝動の仕組み」の研究を記号論という。
初めに言葉があった、だな。
超人は決して「英雄の闘争」からは育たない。むしろ、奴隷扱いから超人は育つのだ。
第二次世界大戦というのは人間の狂気が出揃ったときでもあった。
この時にラカンはエゴの研究を完成させたのだ。
日本という国は世界を相手に戦争をしたことがある。そのときに出揃った人間の狂気がすでに経験としてある。ラカンはしっかり研究しないといけないね。周辺諸国もそれを恐れている。

神行進(かみこんじん)、江戸幕府の末期に日本が行った天皇選びのゲーム。鼻の長い男(猿田彦)が行進する。国際社会が注目する。精子は女に向かう力の十倍の力でまわりを蹴散らす。

女の子の「病的な女らしさ」というのも興味深い。
父親は母親の欲望の対象であり、なぜなのかというとぺニスがシンボルとしてある。娘はそのぺニスと自分を同化してしまう。自分も母親の欲望の対象だからだ。
女児と男児は同じ時期にマスターベーションを覚えていることを中森明菜の少女Aが歌っている。
子供にはおとぎ話がある。
11才の少女は、眠れる森の美女は春と豊穣さを示し、龍に守られ、王子様がやって来る。地球は冬のとりこであり、春の日差しは王子様だ。
このことを「処女」という。
初体験というのは女が男のおしっこに汚染されたという意味であり、処女とは明確に異なる。これをユングが明らかにしている。
ユングやフロイトの場合
女の子の病的な女らしさは、「お母さんの言葉が面白くなくなる」ことから生じている。
娘は母のぺニスであることから、この現象を「キャストレーション(去勢)」と呼ぶ。
さよなら 失恋ピエロくん (Cover)
この時に女の子はFood or Love (食べ物か愛か)を迫られる。
メランコリーになるのもこのときで、女の子は去勢された惨めさとナルシシズムが戦い、異性の言葉のリズムが恋しくなる。
言葉の感覚も鈍るとされる。
ジャニーズファンはFood and Loveか(笑)。
松田聖子の天使のウィンクで歌われている約束とは、ダイエットのことなのだ。
ダイエットをすると性感帯がクリトリスから膣に変わる。これを「願い事」と歌っている。
天使のウインク ・松田聖子・
個人的にはSPEED の「自分に負けないで」という言葉の多用もキャストレーションを表現していると思う。
STEADYって曲など。
Steady (SPEED)
アメリカには「ティンカーベル」という概念があって、松田聖子の「時間の国のアリス」のように、ティンカーベル(英語で男の同性愛者)の優等生でいられなくなるキャストレーション
を歌っている。
女性を「愛の対象」にしてしまうのが抜群にうまいのが嵐やGLAYだ。
SHAZNA Melty love
娘は永遠の少年であり、ティンカーベルに愛されなくなることを恐れているのだ。
時間の国のアリス ‐ Seiko Matsuda
この、キャストレーションを「オイディプスコンプレックス」と呼ぶのだが、このとき女性は「処女」となり、失恋によって神に失望するまでこのイノセントタイムは続く。女性はこの時になぜパートナーが自分とセックスをしたがったのかの説明を見直す(言葉の見直し)。言葉の見直しに成功すると女は中年になってもジャニーズを応援できるし、失敗するとストーカーになったりイケメンに興味を持ったりする。
女性が「何のためにセックスをするか」というと、
「コミュニティから男を離さないため」だ。
ribbonのLady Loveという曲が露骨にそう歌っている。
同室者がいるのでYoutubeが鳴らせず、リンクが貼れないのだが。
ribbonのジェシカというアルバムも哲学の宝庫だ。
女性にこの話をすると必ず「売春はどうなのか?」という。
売春は、古代バビロニアの寺で神へのサービスを女性が行ったことから「最古の職業」とよばれている。
売春は女性の地位を低め、差別される。
しかし、皆の前で歌ったり踊ったりすることも売春に類似した行為だとされていた。
問題は、女性を奴隷化させるということであり、
「自治」という観点からribbonの愛してジャスティスという曲
で「どのシチュエーションも本気で愛する」という指摘がなされている。
ソープランドも、「ホステスが自由恋愛している」という扱いであり、売春ではないそうだ。
ribbon - 愛してJustice
フェミニズムに関しては、「自治」というものを重視するリベラルな立場がある。
自分が得たものよりも多くのものを人に与えることだとも言われる。
かつてのREBECCAを思い出しながら論文を読んでいた。
そうは言っても「家庭に入る」ということを考えたら、自治を強調するわけにはいかないだろう、という立場もあるし、
保守派(女を妻から学ぶ立場)からは、女性の自治というものから我々は失うものがあることを知らないといけない、という指摘もなされた。
女の子は父と母を見て女になることを知り、父親との関係修復に苦労する。これは、女の子が父親が隠しているポルノを見て男の惹き付け方を知るという意味だ。
エロスというのは、「個性に注目する」「セックスをする」という二つの特徴がある。
本質は「長続きしない」というものだ。
杏里のオリビアを聴きながらはエロスがテーマだね。
杏里 オリビアを聴きながら
SPEEDのI Remember なども、永続きしなかったエロスを歌っている。
中森明菜のセカンドラブも、エロスが永続きしなかったため、次の恋に臆病になる女性を歌っている。
中森明菜 セカンド・ラブ
逆に、個性に注目しない、セックスをしない愛をアガペーと言い、妹への愛のように長続きするものであるとされる。キリストの愛もアガペーだ。日本の音楽作品ではまだセックスしていない男を「月」「Moonlight」に例えることが多い。
ribbon "真夏のフェミニスト" 日比谷野音 '91
エロスに関しては「色」が気になるね。
色というのは人間の記憶の共有なのだが、図を示すと、

神:世界
男:女
理性:情熱
心:体
白:黒
異性愛:同性愛

というように、左が神、右が世界に対応する。
EXILEは黒を着るし、AKBは白を着る。
これが神と世界の関係だ。
色には中間があるだろ。
赤・オレンジ・黄色・緑・青・藍色・紫
EXILE / 情熱の花
エロスも深まると共に神(白)から世界(黒)に変わってくるようだ。
国生さゆりのノーブルレッドの瞬間
モーニング娘のインディゴブルーラブ
が面白い。
俺の研究で、女性は恋愛を深めていくにつれ、
「夫が子供に興味を持たないのではないか」
「家庭に縛られるのではないか」
の二つの点から態度決定を迫られる、としたが、
中森明菜の禁区
禁区
BoAのIs This Love
is this love? @ BoA
杏里のLast Love
松田聖子のチェルシーホテルのコーヒーハウス
などがまさにこれをテーマにしているのだ。
広瀬香美のくちづけにいたっては、この二つを自分の言葉で歌詞にしている。
この議論はまさに、内在的(夜明けを待つしかない議論)であり、BoA も、記録に残したくないとうたっている。
女は子供を育てたいが、男はそうではない。また、結婚すると女性は働く能力を失い、社会で地位を高めていく男への「富の移転」が起きる。
家父長制が女性を仲間に取り込む力に敏感な人がこのような問題意識を持つようだ。
男から見たこのテーマはB'zの恋じゃなくなる日にある。
結婚というのは「セックスの統制」「子育ての統制」だが、家父長制が女性を仲間に取り込むという意味合いがあり、
禁区のような問題が生じる。
永遠の愛の誓いといっても、「その時はそう思った」あるいは「一定の方向性を示した」という解釈がなされる。
結婚に強烈な愛を求めるようになったのは19世紀以降だとされる(ラブレボリューション)。
恋愛結婚はお見合い結婚よりも周囲に与える葛藤が大きいのだ。
キャストレーションが女性が味わう最初のバージンだとすると、結婚はセカンドバージンだ。このテーマの前には女性はまるで赤子なのだ。

恋愛結婚が周囲に葛藤をもたらすことを松田聖子の雨のコニーアイランドが歌っている。
セックスの神聖化をしたのは聖オーガスティンだと記憶しているが、論文を読んでみてもそれらしい記述がない。
ただ、魂は神がアダムだけに与えた、ということと、魂は神にも体にも属さない、ということから、神の意思により近づく行為だとしたのは間違いない。
J-POPにおいても「セックスをしたら友達のラインを越える」という立場は明確だ。
三浦理恵子のグッバイフレンズの意味がこれで明確になった。
三浦理恵子~グッバイフレンズ
女というのは彼氏がいても「知識や力を生み出すために他の男の声を聞きたがる」
ものだ。
長続きしない愛(エロス)とも関係がある。
知恵と対話は疑似セックスだ。
女は知恵のある男の声を聞いてマスターベーションをする。
これは疑似セックス以外の何物でもない。
これでSPEEDのDEEP BLUE & TRUETH の意味を解読したのは奇跡だった。
中森明菜のDESIRE もテーマは同じだ。
女は「真っ逆さまに落ちる」と歌われている。
女は、自分で自分を犯しているシーンを想像したがる。
結局、彼氏とのセックスシーンを動画に撮影して自分で持っておくとマスターベーションに使える。
「あなた、誰を犯したのか分かってるの?」と女は考えるのだ。
女がその動画を所持している分には構わないが、男を裏切ったら男はそれをばらまいてしまう(リベンジポルノ)。
「女はまっ逆さまに落ちる」
中森明菜 - DESIRE

中学校の卒業式で、子供たちはバロックを聞く。「悲しみを地球の奥底に沈める」という意味で、人間は最後の審判を恐れなくなり、政治コミュニティーは自由になった。
パッヘルベル カノン

セックスは男を中心に語られるものであり、男の射精で終えるものだ。キスというのもフォアプレイ(前戯)であり、男の射精のために行われる。
ヒステリーというのは早熟な性的経験が背景にあるとも言われたが、この子宮から由来するという説をフロイトは否定し、自分の「おとぎ話」が抑圧されたときに女性はヒステリーを起こすとした。

女のガールズトークというのがあるが、女は「神・男の完全性を議論すると爽快感がある」とされる。
実はこれは「私たちの子供をどのように育てるか?」という議論なのだ。
松田聖子の歌はおそらくそうだろう。
自分の発達の条件の完全性とも言える。
神・男・聖霊は三位一体だ。
松田聖子のいう「男」とはアブラハムのことなんですね。
赤いスイートピー - 松田聖子
神と男と聖霊が三位一体だと言ったが、要するに、神性の段階を作りたいのだ。
神がいて、自分の自我の永遠(男)があって、聖霊という段階がある。
この人より別の人が好き、というところに「段階」があり、これが聖霊だ。
自我の永遠というのは神と同じなんですね。
自我の永遠は神によって与えられている。
己のために真実を語るのが自我であり、己のために愛されるのが聖霊だ。
キリストも男として生まれたが、死後「愛する側」にまわり、聖霊となったのだ。
三位一体というのは非常に自由度の高い議論で、父と子、聖霊で「神聖な本質」を分けあっている、ということから、神聖な本質は、AさんにもBさんにもあるという考えに至り、神聖な本質を持つ隣人を愛せ、という解釈につなげる論者もいる。
三位一体は、神をスタート地点として三面構造を明らかにしたという社会学者もいる。
Aさん、Bさん、Cさんの3人組がいるとすると、AさんがBさんに矢印を向けて、その共通意志がCさんに向くとした。
三人組は常にこの基本を守っているとしたのだ。
もちろん、三人とも独立した存在で、各自で単独で生きていけるのだが。
三人組に身をおくときは、自分に向けられる二人の共通意志に対して、どっちが最初に矢印を発信しているのかが分かるようになったのが三位一体の研究なのだ。
かつて、ハロプロにカントリー娘。というのがあり、あさみが里田まいと組んで、りんねを追い出したという話があったが、あれは、あさみが「矢印」の発信源だったのだ。
この場合、あさみが「父」で、里田が「子」の役割を演じたとも表現される。
神聖な人間たちが、より優れた愛を求めるためにやる営みだ。
なぜ、三人組であり、四人目がいないのかというと、より優れた愛を求めるための営みの「神聖さが替えがたいから」であると言われる。
http://youtu.be/g5vIDz4nz74
追い出したあと。
Country Musume - Bye Bye Saigo no Yoru
女性の美学に「超越論的」というのがあり、これは「大きすぎるもの、小さすぎるもの」を意味する。
海や山はデートにちょうどいいし、小さすぎるものがサイエンスだとすれば、ランドマークタワーもいいデートスポットだという指摘を受けた。
高橋由美子の晴れのち曇りのち晴れ。
また、火・水・幾何学模様も女性の美学だと言われる。
杏里のドルフィンリング。
Dolphin Ring by Anri
「男らしさは女が決める」とも言われ、少女マンガや宝塚、女流文学もあなどれない。
中森明菜のDESIRE や、
SPEED のDEEP BLUE & TRUETH のように、他の男の声を聞きたいという曲は松田聖子にはない。
男の完全性を議論するというのはユダヤ教だ。
ユダヤ教は、妻の側からの離婚を禁じている。
男と女は生身の人間でありながら「女はマンガである」ということを強烈に志向したのがきゃりーぱみゅぱみゅだ。
女の力は「子宮から脳へ伝わる」力だ。
ドリカムのうれしい たのしい 大好きがそう歌っている。
うれしい!たのしい!大好き! DREAMS COME TRUE
モンスターの頭脳を持っていて貧弱な体をした女性は下痢をする。
なぜ人を好きになるかというと「その人が持ち合わせているものに感性が弱いから」
で、女はコミュニティから男を離さないためにセックスをする、ということを歌ったのが、
Melody の運命'95だ。
Melody(アイドルグループ)- 運命'95 - PV
エロビデオは、女が高い声で叫び暴れるが、それを見て「女性がいやがっているではないか」と考えてしまう政治的弱者がベビーブームの頃にたくさん生まれたことを
中森明菜の十戒1984が歌っていて、
十戒 (1984)
その秘密の暴露に悩む女をCoCoのメロディが歌っている。
CoCo〜メロディー
おニャン子クラブを支えた連中だ。
女性が神に幻滅するのは「レイプに遭ったとき」と「女嫌いな男に会ったとき」の二つだけだとされる。
女嫌いというのはミソジズムと言って、女の歯の数が男よりも少ないことから、賢さや勇敢さで男に劣るということを嫌う思想だ。
女の側は「私たち」と言ってサイエンスが得意な男を仲間に含めようとする。
浜崎あゆみのSEASONSがそうだった。
Ayumi Hamasaki - LIVE - Seasons
女性に神聖なものがなぜ存在するかというと詩になる。
「人間の地平が神聖さを通じて他の世界を越える。物理学の説明も要らないという感覚を味わう」
女性は生理になると女性ホルモンが撤退してしまい女性らしさを失う。マラソンでも生理の時はろくなパフォーマンスをしないとされる。
森高千里 『自転車通学』 【セルフカヴァー】

「女はなぜパートナーが自分とセックスしたがるのか説明を与え続けている」
このことから、アイドルが自分で作詞した曲を調べてみた。
酒井法子のサイレンス・フォー・ラブは「私が強いから」
新田恵利のトラディションは「それが伝説」
瀬能あづさのオール・アイ・ニード・イズ・ラブは「天使に抱かれろ」
瀬能あづさ:All I need is Love(CD音源)
宮前真樹(CoCo)のシャボンのため息は「理屈じゃない」
渡辺満里奈のKISS KISS KISS は「あちこちでやってるから」
「女が男を育てる」という発想は1986年にアメリカで漫画化された。
当時大ブームだったおニャン子クラブにはこのような作品はない。
1990年代にribbon が、ポイズンの退屈~めまいへの招待状という曲を出している。
ribbon ポイズンの退屈"めまいへの招待状" 日比谷野音 '91
ところが、80年代に酒井法子が、Love Letter という作品を出している。
これも、男を育てていることに入るのか?
ケアリング・マンという漫画を入手するしかない。
重要な指摘を忘れていた。
異性が自分に向けていた愛情の矢印が他に向くだけでジェラシーという感情は生じる。
杏里の悲しみがとまらないなど、杏里はエロスとジェラシーだけで曲作りしている。
テトラビブロスに、友情の17度というのがあるが、これは、空のみえかたが17度違うという意味で、
当時のギリシャ人にとってはエチオピアを意味した。
エチオピアを旅するとカップルは仲直りしたり恋に落ちたりした。
中森明菜の北ウイング、ミアモーレ、
北ウイング
松田聖子の白い夜など。
聖母マリア学もやったんだが、国や家族は、女の純粋さに依存している、とあった。
AKB もなあ、国や家族が女の純粋さに依存しているのは事実だが、歴史的にみて、貧乏な階級では「処女の娘」というのは財産だと考えられてきた。
まあ、エネルギーのジェネレータには違いない。
「恋愛総選挙」とは、民族中心主義だとも言われる。

感情・出来事・主観・本能→女がコード化。
理性・心・客観・科学→男がコード化。

フォックス・ケラーは、DNAのマスターモレキュールを見つけた。
進化論と数学と私の体について語ったのだ。
「あなた、パートナー選びの競争なんて言葉は滑稽なものよ?私は私、この人の子供を産む」
ribbon~サイレント・サマー

女はある「暗喩」をもっている。
エミリー・マーティンが、女はもっとロマンティックで受け身のものとした。
英語の翻訳だが、
限られた卵子に厳しい暗闇を生き残った精子の王が攻撃を続ける。
眠れる卵子の眠りを覚ます精子。
というものだ
酒井法子のイヴの卵を聞くと結構ウケる。
酒井法子 - イヴの卵
キャストレーション(去勢)というのが起きると、女の子はティーンエイジブルーになり、
異性の言葉のリズムに救いを求める。
このことを「ポエティックレボリューション」と呼ぶ。
嵐もEXILEもそれを背景にしている。
アジサイが赤から紫に色を変えるように女になると秋元康は詞にしたし、おニャン子時代は青にこだわった詞をたくさん残した。
AKB48のロマンスかくれんぼも、去勢(キャストレーション)を歌っている。
ロマンスかくれんぼ 研究生 荒巻美咲 vs 島崎遥香
女は黙読していても「声」で文字を読んでいる。
女児は男性たる父、女性たる母を見て女になることを知り、父親との関係再構築に苦労する。

制御された男性ほどセックスに暴力を使う。しかし、子孫を残す本能からレイプとは明確に区別している。
筋肉質の男の暴力から男性優位の社会を見てしまう女性がいる。
そういう人が占いや神を語るようだ。

星座占いで瞳を閉じて おニャン子クラブ。
【夕やけ】 星座占いで瞳を閉じて

アメリカでロー対ウェイドという事件があり、生殖をコントロールできないのならば男と対等ではないと議論された。このことから「対等なものしか自分の体にさわらせない」という発想が女の側に生じている。

まだ、フェミニズム研究はたくさんネタがある。
山崎闇斎が江戸時代に、伊勢神宮とヤマトヒメという宗教を作ったが、アマテラスのディテールを作る作業だ。
スタンフォードと合流させて「垂加神道」を完成させたい。
もちろん、J-POPと合流させるのだ。
宗教と政治に関しては、宗教が、善、美徳を持っていることや、どのみち人間は一人では生きていけないことから、
政治の側も寛大になろうという発想がある。
母親にとって「犠牲」とは、息子を生け贄に捧げることだ。
息子を戦争でなくした、病気になった、そういうことを競いあっている。
息子の側は「繁栄とは何か、生きるということはどう言うことか」を証明していくしかない。
生け贄の肉はいろんな命に乗り移る。
予言者、医者、詩人、指導者。
女性のサクリファイス。
祝福された命となって生け贄は生きるのだ。
生け贄は肉を食べると自分に乗り移る。
命が有限であることから来る愛と闘争。それが肉を食べることだ。
加藤登紀子のANAK息子という曲がある。
女性の研究をしていて「貧弱な体をした人が神を語る」とあった。
貧弱とは、デブも含むのかね。
現場を観察すればわかるのだろうけど。
英語で、貧弱な体をしていてモンスターの頭脳を持った女性は下痢をする、という研究もあり、食べても飲んでも太らない人のことだと思っているのだが。
タレントで、サッカー選手と付き合った梨花は、テレビで下痢を告白していた。
内蔵の強さは「セクシャルセレクション」と言って生物学の観点から女コミュニティーでうらやましがられる。
内臓が強いと子孫を多く産めるのだ。
男同士の競争と、女が選択権を持つのも食べても飲んでも太らない内臓の強い人だとされる。
Ribbon Yurusenai!! (ゆるせない !!)
結局、エロスとは、長続きしないということに本質があるが、愛というのは、相手が何を考えているかに密かに興味があった、あたりに落ち着くようだ。
広瀬香美のピアニシモ。
愛には狂気がともなうとも言われる。
女は自分の好きなことしか知識にしないとされ、少女時代のGeeの勉強の度合いは素晴らしい。
また、右翼的発言などのステレオタイプに飛び付くとも言われる。
一方、正義(平和・環境・人権)のために身を捧げるのも女だ。男はこれを下ネタなどで妨害するとされる。

政治コミュニティーには「約束の研究」というのがある。
守ったらいいことがあるのか?二人の間に正統性はあるのか?
などが問われるのが約束なのだ。
会社は来月もまた働いてくれるから給料を払う。
給料を払うのは当たり前ではないのだ。

娘の性とどう向き合うかも研究した。
基本的には、セックスとはコミュニティーから男を離さないためにやることから、その必要はないとする優性学がある。
一方で、ダウンシンドローム(男の学業不振)や、ベビーブームの心配(政治的弱者への悩み)に気を付けろというポリシーリベラルの立場もあるし、
性に無頓着なリバタリアンリベラルという立場もある。
聖母マリアの研究をマリオロジーというのだけど、国や家族は女の純粋さに依存している、という研究なんだよ。
面白いよ。
マリアは、AD60年ごろに死んでいるが、神の母と認定されるのに300年かかっている。
物事の難しさを感じるよ。
中山美穂の曲に、天使の気持ちというのがあるが、天使は神に仕えるものであり、マリアは天使ではない。
神の母だ。
そのため、神様にしかられた、という立場にはないのだ。
フランスにルルドの水というのがあり、
これを飲んで難病を治した秋田県の女性をバチカンのヨゼフ・カーディナル・ラティンガー(のちのベネディクト16世)が、報告し、正式にマリアの出現と認められた。
しかし、地方の村おこしに利用されるのではないかともいわれている。
ヨハネパウロ二世も、マリアの聖地を訪問したときに拳銃で狙撃され、重傷を負った。この時に、マリアが銃弾の軌道を変えた、として彼はマリア信仰にのめり込んでいった。
たしか、Blessed, because she believed.
だったと思うが、信じるものは救われる、という有名な言葉も、ヨハネパウロ二世がマリアについて語った言葉だ。
ダウンシンドロームの存在は、
東京パフォーマンスドールの、キスは少年を浪費する
が有名だ。
ベビーブームの心配は、CoCoのメロディ。
ダウンシンドロームに関しては、PerfumeのKiss and Musicが、怖いのね? と歌っている。
たしかに怖い。
男の子はお父さんのエロビデオをみて「女性がいやがっているではないか」と考えるし、女の子は女になることを知る。
kiss and music - Perfume
スーパーエゴというのを身に付けると、
人を殺してはいけない、
近親相姦をしてはいけない、
という二つのタブーが身に付くそうだ。

女性にとっての神のイメージ: 生きとし生けるものすべてが関連付けられ、すべてを突き抜け、燃える炎のように輝き、心を暖め、闇の案内となり、傷を癒し、すべてに泉が行き渡る。

女性の反応: 心が動き、落ち着き、ふたたび緑を取り戻し、純化され、解決され、力づけられ、癒され、集まり、失ったものを探す、心に音楽が流れ、命の生まれ変わりの風を吹かす。
杏里のコットン気分だろうか。

セックスする時とか、ボクシングの開始のゴングが鳴ったときに、人間は「神は妬まない」という今がすべてという時間空間を経験する。
一方、昼間や夜中にボーッとしているときや、愛がさめていく瞬間などに未来・将来を語る「妬む神」という空間を経験する。
愛の永続は、セックスが終わったあとの妬む神(ボーッとしている時間)にある。
このときの「感性」が愛の永続の秘密だ。
何かを信じ続ける男はそのこと自体間違いだったけど、その分、教会の言葉は美しかった。

「男は一つと言い、女は二つと言う」というネタがある。
これを踏まえて川本真琴の「二分の一」を聞くと気の毒になる。

中森明菜は哲学の宝庫でね、政治コミュニティというのは男(オヤジ・アニキ)の世界で、女は欲望と交換の対象に過ぎないということをトワイライト~夕暮れ便りが歌っている。
中森明菜 ~ トワイライト
政治とは「母体がなくなった孫によって行われるゲーム」だとも言われる。麻生太郎は吉田茂・麻生多賀吉の、安倍晋三は岸信介・安倍晋太郎のもとでゲームをする。
ある論文で「夕方の森」にオーガニックスリルを感じる、とあった。
オーガニックスリルとは、原罪に由来するもので、女性の胸や尻に感じるものだ。
「夕方の森」は女性の胸と同じか?
俺は先日、夕方にタバコを吸いに出て奇妙な不安感を味わったのだが。
デモ行進も夕方になると革命を確信するだろ。
砂漠という場所は、すべてがフェアなゲームが行われる場所であることをSAND BEIGE~砂漠へが歌っているし、
涙はインテリジェントなものであることを飾りじゃないのよ涙はが歌っている。
努力に見あった報酬を、怠け者には何もない。
トリポリ攻防戦に勝った砂漠の狐。
「楽をして私を得ようとしたあなたに砂漠を見せたい」
中森明菜 ~ SAND BEIGEー砂漠へー

女の奇跡というのがあり、期待されていないことができない、というところが最も女らしさを表現する、
ということを工藤静香の奇跡の肖像が歌っている。
すべてを敵にする、とあることから日本で言う「ぶりっこ」のことだろう。
これを聞いたあとにモーニング娘。(重ピンク&こはっピンク)のレインボーピンクを聞くとゾッとするね。

今の先進国は男と女のカップルの帝国でね。
レズビアンのカップルの結婚式をディズニーランドが認めたことにどんな論文の根拠があるのだろうと思ったが、どうやら世界の流れは異性間カップルの「帝国の逆襲」をむいている。
そういう研究はアメリカに見解を照会しながらやっているんだろう。
黒の舟唄という曲をいろんなアーティストが歌っている。

神の起源は、自分達の部族の神が他の部族の神よりも勝っているから戦に勝つ、というところにある。
ところが、それ以外にも「信じていた方が健康的である」ことがある。
嵐に遭遇した船に乗っている人は神に幸運を祈る。
いろんな国の宗教に学ぶ姿勢が大事だ。
「知る」という言葉は成功に満ちている。
多くの有神論者は、祖先からの言い伝えを信じていることが多い。
祖先という権威に従うことは悪いことではない。
しかし、たとえば化学の勉強をした人が、知識だけで実験を行わないのならばそれは不誠実だろう。
神に関してもいろんな「実験」が必要だ。
銀河、星、惑星、体、心。
すべてが調和がとれていることが大事だ。
サイエンスというものが人類共通のものであり、「部族間の戦い」ではなくなったのは事実だ。
しかし、旧約聖書だけを信じる人は進化論を信じないだろう。
大事なのは、調和がとれていることであり、それは個人だけでなく、社会の調和がとれているということも大事なのだ。
いずれにせよ、神道を精緻化すると、国のインフラが強くなると思う。

神はどこにでもある。神はひとつでありながら、いろんな場所ですべてのものを目撃する。
神は偏在しており、世界は神の肉体である。
神には、場所も時間もなく、すべての場所と時間に存在する。
このことをOmnipresence と言うようだ。
私たちの間にあるのか、中にあるのかはわからないが、心が肉体に働きかける作用に神はあり、すべてを目撃するのだ。
心が肉体に働きかける作用に神がいるのなら、ダイエットの決意のためにお祈りしにいけばいい。
銀河、星、惑星、体、心の調和がとれていればいい。
アリストテレスは、魂と肉体はくっついていて、朽ち果てるものだとしたが、「知性」だけは不朽なのではないか?と考えていた。
もし、我々の知性がイエスの再臨をもたらすとすれば、
答えは間違いなくアメリカにある。
スタンフォードにすでにイエスの再臨はあるはずだ。
ヤバい国だな、しかし。
愛されるということは、やる気が出るということだ。
魂は、知識を求めるためではなく、神に愛されるためにある。
真理の探求は、神に愛されることに繋がる。
ハスダイ・クレスカスは、アリストテレスを若干修正した。
SPEEDのBody&Soul。

女子の教育は、プラグマティストが発展させた。
「社会活動はインスピレーションの母」ともいわれ、自分が属する文化の多数派によって教育というのは行われる。
英語、日本語を叩き込まれたのがBoA だ。

女は、個人主義を批判する。
江戸時代後期の「国学」というのがあり、本居宣長が、古事記伝を書いた。
中国の影響を排除しようというムーブメントだった。
本居宣長は、賀茂真淵の弟子であり、
平田篤胤も同様の研究をした。
玉ぐしというのを、宝石のついたくしとしたり、その系譜は、丸山真男にまで連なる。
天皇が、彼らが排除しようとした「仁」にこだわるのもおかしいね。
そういう意味では、雅子さんのハーバードもそうだけど、覇権国家アメリカから学んでもおかしくはないでしょう。

ユダヤ教の歌は、基本的に人間の自由を称えるものだ。
神の前で自らの罪によって痛みを味わうことを歌うのも、有限な存在である人間を自由にする。
カントは美の根拠を「没頭」に求めたが、ヘーゲルは、「見ている人の魂を自由にする」というところに注目したようだ。
古典的な美が「没頭」にあるとすればそれは肉体に存在する。
一方、ロマンティックな美は、「顔」に存在し、キリストの死と復活、つまり自ら死を選んだキリストというのが人々の魂を自由にし、「顔の美しさ」と同じ原理だとした。

ウォルター・ベンヤミンが「アーケードプロジェクト」というものを考えた。
「性的にフラストレーションをかかえながら知性だけを跳ね上げる」というもので、
灘とか開成で実践されているものだ。
芸術の再生産ができるようになった時代に可能になった。
ベンヤミンの時代はボードレールだったそうだが、今はAKB48でもいい。
ベンヤミンの言う「暴力批判」とは、結局、何があったかは勝者が描くという研究であり、
東大に入ってしまえば、「青春時代に何があったか」は勝者が描いていることを明らかにしたのだ。
性衝動の効率的な利用(エコノミー)という観点はラカンも指摘している。

エロスとタナトスが対極にあるとされている。
タナトス(死への衝動)とエロスが結び付くなら、悲劇として「死よりもっとひどい風景がある」としてこの曲を死の恐怖の緩和に使ったのも頷ける。
中森明菜のリフレイン。

暴力の起源とは女性のネクロフィリア(死体愛好症)にある。
子供を育てる、繁栄する、という背景には、女性の「母親殺しの願望」がある。
これも、男の子のスーパーエゴと同じく「認めてもらいたい」というものなのだろうが、宇多田ヒカルは実際にそのような歌を残しつつ、本当に母を死に至らしめている。
藤圭子の死を望んではいなかっただろうが、死んだあとは形見が追憶に変わる。

法然も密教をさんざん楽しんだ結果、もう一度この経験がしたいと思い、どうすればいいかを考えている。
それが、みんなと同じことをするということであり、南無阿弥陀仏と唱えることであり、傲慢さをなくせばもう一度この浄土に生まれ変われるとした。
いわば「人生の出口」を押さえてしまったのが念仏カルトだったのだ。

ドゥルーズはこのような世界をアフェクティブセンターと呼び、広大な実験場であるとし、女がいなければグローバルな世界は朽ちるだけだと考えた。

2015年11月 1日 (日)

聖アウグスティヌス~セックスの教祖

天国と地球はあなたを覆う。しかしあなたは天国と地球を覆えるだろうか?
そして、天国と地球はあなたを覚えているだろうか?
特別な乗り物(宮)も、天と地のすべてを知ることはできず、天と地に帰り、我々の中に戻っていく。
宮は我々を必死で支え、しかし、宮は我々より優れているところもあれば、劣っているところもある。
お前は完璧な人間か?
神は公正であり、支配者は支配者であり、神は神を作るのか。
神は美しく、安定していて、優しい。
新しくもなく、古くもないが、自信に満ちている。
常に働き、常に休み、産み、育て、繁栄する。
神には、情熱もなければ、ジェラシーもないし、心配もない。
しかし、皇室は情熱があるし、ジェラシーがあるし、心配もある。神ではないではないか。
神は、金を払いすぎ、何も借りず、何も失わない。
私たちの喜びって何?
アアッ! あなたは私の心臓に入ってくる。アアッ! 私の病気を治してくれる。
憧れのサンタモニカ!麗しのサクラメント!
あなたの魂は精子。そしてそれがあなたの言葉を現実のものにする。
私も精子からできたけどあなたの願いを叶えてあげる。
心臓! そして願い事。
それが実現するのよ。
あなたの顔を見せて。私を殺して。でもあなたの顔を見ないと私は死なないわ。
死にながら生き、生きながら死ぬ。
お母さんはお乳をくれるし、育ててくれる。
喜びと泣き声。命ってそのようなものでしょう?
私は笑うことを覚え、眠り、歩き始めます。
意識がはっきりしてきて、願い事が分かるようになります。
願い事は私のものであることもあれば、そうでないこともあります。
なぜか年長者がいて、私は泣きながら逆らいます。
私は生きている!
これができるのなら何かが永遠なのだろうか?
父にも母にもないものを私は持った。
すべてが子宮の仕業か。
天国と地球が私を祝福しているのを感じます。
いずれこの記憶も忘れていくのに。
しかし、これが弱い女性の力なのでした。
私はこの喜びを他の人に伝えにいくのです。
しかし、周りの人の死を見ました。私も死ぬでしょう。
あなたを知っている人もいれば、知らない人もいるでしょう。
私のことを知らせなければならない。
これが天が与えた罪なのです。
私を知ってください。
ああ、人類の遺産がある。私は一からやり直しだ。
何のために泣き、誰を傷つけ、どうやって自由になるか?
上には同じことをした人が無数にいるんだよ。
しかし、歳をとればみんな凡人クラブさ。
しかし、この経験が神の起源だと思うんだ。
みんな忘れた。
大野幹代~震える決心

ヤコブとエサウの物語。父が息子を山につれていって殺そうとした。
父と息子の間にはどこにも裁判所も権威もなかった。
父が死んだあとには友情と平等が残る。二つの人々、二つの政府。
男女の違い。
男の政府は女の政府より強い。
神はカインには言ったが、アベルには言わなかったことがある。
この、ヤコブに殺されそうになったエサウこそが支配者なのだということを。
神はどのように子孫に物事を伝えるか?
アダムの君主の力を。
父というものを。
無限の父は、何も語らずに死ぬのだ。エサウとヤコブの関係だ。
長男はブラザーを支配する。
それが、後継問題をまとめる。
男の子のいない長男。
それが正統な政府のように思われる。
長男よ!告白しろ!
お前が味わった痛みを。
男としてどのように振る舞うのかを。
女を、そして何に忠誠を尽くしているのかを。
俺たちはお前にしたがうのだ。
長男よ!
お前の真似をする奴がいる。
親の力を利用して。
みんな従いたくないのだ。
世間の常識などあてになるものか。
親の力は長男に味方しない。
世間も親の味方だ。
政府のプリンス。アダムの子孫。
役に立たないものは放っておけ。
「法の王」
女たちは父の力についていくだろう。
神の済むところに女たちは住む。
クロムウェルが詳しかった。
男の子のいない長男の死。
最高の兄弟愛とは何か?
そして、父とは何かを語り合う。
娘の男の子は、兄弟の姪とはどう違うのか?
弟と、長男の幼い男の子はどう関係があるのか?
娘と叔父の関係。
弟の妻。
「男系」という問題だ。
王の未亡人。
半分の血の姉妹。
双子の男の子。
後継問題はいろんな問題が考えられる。
理想的なものなどないが、歴史から学べる。
専制になるか君主になるか。
国家の状態がどのようなものであるか?で後継問題は明らかにならない。
罪を許せ。病気を治せ。
いい解決法を望んでいる。
坊主や医者を雇え。
人間は所詮アダムの子孫だ。
アダムの力にしたがうものだ。
とにかく告白しろ。
私は知っている。
市民弁護士がこの問題に介入できるふりをしていることを。
しかし、神の力を知らない。
すべての政府の共通認識にするのだ。
男の興奮はクーデターを起こすことだ。
アダムの力とは違う原理で動いている。
「男が誰にしたがうのか?」
神聖なルールは市民政府を終わらせるだろう。
市民の力と神聖な世界の戦い。
市民政府の終わりだ。
しかし、神聖な世界にしたがえとは言わない。
したがうふりして暴れていればいい。
いずれにせよ、これが政府のルーツなのだ。
神聖な世界は部落民を生み出し、契約をしようとも思わなかった。
神聖な法もそのような部落民と契約したがらない。
神は後継者にそのような権利だけは与えた。
アブラハムはカナーンの地へアダムの帝国をもっていった。
人を裸にして誰が身内かを教えた。
神に興味のあるもの、無いものが生まれたし、法律も生まれた。
イサクの「つながりのある妻」の息子は、これらの神や法を「肖像」でしか知らない。
アダムのリーガルパワーを知らなければならない。
専制が何を楽しんできたか?生きて死ぬことを支配してきたのだ。
ユダが、義理の娘と遊んだタマーを死刑に処した。
「死刑」が権威を持たなくなった。
死刑の正確さが権威の象徴だ。
下のオフィスに死刑の問題を委ねるしかない。
ユダも義理の娘と寝ていたし、そしてアムノンも死刑にしていた。
結局、「人を殺す」ということが自分の縄張りを決めていたのだ。
ジェフリー判事とユダの違いが分かるだろうか。
ジェフリー判事も死刑判決を下す。
しかし、ユダには情熱があった。
誰がこれを止められるのだろうか?
ユダの若い方の息子、ヤコブ。
ユダは長男と「アダムの君主制の力」を楽しんだ。
Elton John - Your song
なぜなら、父と長男はアダムの子孫だからだ。
318人の兵士をアダムが動員した。
長男エサウと弟ヤコブが400人集めた。
アブラハムは318人集めた。
そうしてアダムの子孫は決まったのだ。
「神を語るのに金は必要か?」

プラトニックドンファン

一番上の子しか酒が飲めない。それがホストだ。

言葉を覚えること。
言葉A「女の孤独は悪の天才だね」「怖いからよくしゃべるんだね」「怒った?痛みを感じたんでしょう?」

セックスのパートナーとして女が男を競争させる。
男は「女の持ち物」となる。
どのように物事を治めるか?何を発見したか?そして想像力を見ている。
この営みは動物よりも優れている。
男は美しさのためにすべてを捧げる。
女の美しさのための男のサバイバル。
女の美しさで男は成長する。
成長した男の精子で、女は競争をやめる。
卵子(受精卵)を育てなければならない。
男が子孫を残す喜びは女よりも大きい。
男がいろんな女に声をかけるのに女は文句を言う。
そうして女の気持ちは単なる「ねがいごと」となって終わる。

言葉B「貴女の心には火があるよ。言っていることは全部ウソ。女が語る出来事だけ聞いているよ?」

ここに来る女は「私にどんな価値があるの?」と考えている。他の男との沈黙すら寂しかった。
俺たちは小野光太郎の「サクソンブラッド」を知らなればならない。
ジュリアのエッセイ集を読むと「黒人女性の南からの声」を感じるんだ。
貴女の声はサントドミンゴの革命を引き起こす力を持っているんだ。

女は聖書なんて読む必要はない。
男の神の言葉だけ聞いていればいい。
貴女の昔の男を気にするようなやつは女を抑圧しているとハーケンは言ったし、宇宙を語れないようでは女を知らないとも言った。
ハーケンクロイツは女を知っていたんだ。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »