最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 豚~宝石たち | トップページ | パチンコ~本日の一番乗り »

2015年10月10日 (土)

「個」と「公」の議論とは何か?

病院の女の子に「ファミレスで会ったね。でも、プライベートでは話しちゃいけないよね」
といったら不機嫌そうな顔をした。
「個と公を対立させている限りポリシーメーカーから女は無視される」
病人は、世間では病気の事実は秘密だし、患者同士の接触を嫌う。
プロ野球選手がバーにいて、一般人が話しかけようとしたら店主が「あいつらはプライベートを楽しんでいるんだ、話しかけるな」という台詞も映画にある。
これが「個」と「公」の議論だ。
病院の職員にはカリスマがあるため、患者をプライベートでは無視したい。
右翼はポリシーから女を排除するため、事務所では「妻」の話しはしない。
ネコラブ BoA

« 豚~宝石たち | トップページ | パチンコ~本日の一番乗り »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「個」と「公」の議論とは何か?:

« 豚~宝石たち | トップページ | パチンコ~本日の一番乗り »