最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 日本の政治家リバイバル | トップページ | 長渕は鉄砲玉ですか »

2015年9月23日 (水)

ハンナ・アーレント

悪の概念。ホロコースト、ルワンダの虐殺。9.11テロ、ジェフリー・ダーマー。
敵をとことんまで作る。ひたすら「悪」。
ハリケーンも虫歯も悪だが、人殺しは敵を作る。
サイエンスに基づくか、敵を作るかのどちらかの悪がある。
話題にふさわしい?パワフルで、全知で、最高善の神が作った世界で、話題にふさわしい。
リリントンプレイス10番街事件。
売春婦の溜まり場で、事件が起きて名前を変えた。
cuntとは、女性の性器という意味。
スタジアムや墓地が出来て、施設が整備されたが、今でも聖者の活動の場だ。
Bill Burr - The History Of Gropecunt Lane
「神など信じられない」それがハンナ・アーレントのテーマだった。

一方、些細なことも「敵を作る」として女たちは語り合う。

【書きかけ】

« 日本の政治家リバイバル | トップページ | 長渕は鉄砲玉ですか »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンナ・アーレント:

« 日本の政治家リバイバル | トップページ | 長渕は鉄砲玉ですか »