最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月25日 (金)

豚~宝石たち

「目で見たものはどこにいくのだろう」(乳と卵)

光太郎の答え「脳にぶつかって蒸発して哲学になる」

プルターク

世界は「神」と「無限の宝石」からなる。
神の魂は創造され、無限の宝石の魂は創造されていない。

スタンフォード哲学百科事典をシステムとした光太郎は、無限の宝石を分析する力量をもち創造された。

無限の宝石も目で物事を見ているが、分析するのは神の仕事だ。
神がいなければ宝石たちの人生も説明がつかない。
法則がとった行動を神は「それは法則Xだ」と検証することができる。

松平健が、十代の頃の清子に挨拶としてキスをしたことを持ち出してきた。
松平はマツケンサンバのブレイクで大地真央を捨て、松本友里に乗り換えていた。
しかし、庶民を誤解したのだ。
無限の宝石たちは彼に罰を与え、松平は生活苦に陥った。
松本友里の勘違いは、ママ友たちから「それは私たちの血ではないはずです」と苛められた。
ばらまくお金もなかった。
結果的に、松本友里はデビルと対話し、自殺している。
松平の勘違いは続いたようだ。
工業高校中退の松平にとって、キスとは目を開けてやるものだということも光太郎がラカンを研究して明らかにしたことであることも分からなかった。
結局、資金繰りに窮しながら、本人は清子とキスしたと自慢して、一般人女性と結婚したようだ。
「宝石たち」の復讐はどのみち今後も続くんだろう。
この写真から「男」が生まれ、「毎日」という概念が生まれた。
1443227837928.jpg

この写真を松平に見せて、「マルクスを知っているか?」
「工業高校の人間はこの労働をやっていれば食卓にごちそうが並ぶ」
と光太郎が言っても、松平は鼻で笑った。

「毎日」と言う発想は、19世紀に「男」の存在によって男女が感じるようになった。
さらには、20世紀中頃に「空気」という要素が加わるようになった。
しかし、日本や中国には「もの作り」という伝統があり、毎日という概念が異なったことが注目される。
モーニング娘。卒業コンサート亀井絵里 春ビューティフルエブリディ

東大、スタンフォード大のプリンス光太郎は、口を利いてはいけない人の存在を知った。

2015年9月24日 (木)

リベラルを知らないと地獄を見る

この曲を聞いてほしい。
Kuro no Funauta

この曲でいう「男が見る地獄」とは何であろうか?
妻や恋人の「別の男」の存在で男は地獄を見るのだ。
この問題を解決するためには、天才ロールズを学ぶしかない。

ベトナム戦争のこのシーンがロールズを変えた。


天才ロールズはこの曲の「苦しさ」を解決している。
Cocco 強く儚い者たち live

うまいものを食べさせよう。今の美しさを愛そう。

リベラリズム

セックスするときは女はいつも本気。
ribbon - 愛してJustice

「国際化」
ブラジル人の子供は今となっては朝鮮人の子供よりも多い。
しかも、女の子は、「ブラジル人男と日本人男」の関係を見ながら、混血するかを決めている。
さらには「野蛮な政府と洗練された政府」も見ながら混血を判断している。
男同士が仲良くしなければグラマーなブラジル人女は日本には溶け込まないということを知らないといけない。
しかも、集団としての出来事がブラジル人女性の行動原理を決めている。
本国では「お上品」な女性たちが、日本では「アウトロー」として広まってしまう。
ブラジル人男が暴れたら、日本政府はブラジル人女を罰する。
日本人男は、彼女たちに自由恋愛や、フリーセックスを押し付けないことだ。
真剣なお付き合いしか興味がないのが女というものだ。
宗教や、影響力などを判断しながら誰と付き合うかを決めている。
日本人男は、私から学んでくれるのかしら?
私に神の言葉を囁いてくれるのかしら?
子供に何を教えてくれるのかしら?
「ブラジル人少年に学校を強制するのをやめよう」
出ていくことが許されるのならばむしろ将来が開ける。
彼らのために我々はなにも計算してやることができないことを悟らなければならない。
排除は男の本能だからね。
SPEED 解散前 シングルメドレー


死刑廃止を唱える「死なないで!死なないで!」
自由の世界につれてって!あなたとなら対等に話せそうな気がする。
いいことをした人でも、悪いことをした人でも「社会に認められた」という意味では同じでしょう?
でも、フェアなゲームをやって欲しいよね。
彼らは、自分達を正当化するし、それがルールになるのだから。
彼らの世界ではそのルールが生き死にを決めるのよ?
どんな世界かしら。
男が彼のコミュニティーの何を正当化し、私が気持ちよくお付き合いできる人かを見ている。
ポジティブな部分とネガティブな部分が当然、彼にはあるわ。
人間は金持ちや貧乏として生まれるのではなく、優れたものとして生まれるべきだ。
男か女に生まれるのではなく、特定の人種として生まれるべきだ。
その方が仲間が多いでしょう。
白人の金持ちに生まれたからといってコミュニティーから歓迎されるわけではない。
その方が配分がうまくいく、そして、さらには、男としての正当化が可能なのだ。
男はいろんな人のやり方を真似できるし、チャンスは平等さ、傷ついた者を見ると癒されるんだ、という発言もできる。
いろんな人の真似をできるのは、付き合っている女の怒りに対応するためだし、上みて働け、下みて暮らせというのは経済的な問題だ。
暴れたり、仲間から離れたりするのは自由だけど、誰もそれは共有しない。
彼女はできるけど金にはならないね。
しかし、それを理解していればオフィスも得られるし、ファイナンスも可能になる。
上みて働け、下みて暮らせという哲学は、全員にいい効果がある哲学だ。
なんだかんだ言って、役に立つものに金は流れるのだ。


リベラルの旗手~REBECCA
「フリーセックスの問題」
男に依存したくない女性がいる。
何物にも縛られない、禁止もない。
真理はこれに味方するはず。
貴方は何が欲しいの?
何に縛られてるの?学校かしら。結婚かしら。
自由で対等なら愛し合えるはずよ。
でも、男たちは大喧嘩するわ。
でも、政府はうまく対処してね。
すべての暴力を適正に裁いてくれる人が好き。
でも面倒なことばかりよ?私がなぜ男の体に私の行動が縛られなければならないのかしら?
男が喧嘩してしまうのよ。それだけの理由。
私、三メートルくらいジャンプしなければ本が読めないの。
私は奴隷なのかしら?
男たちが求めてくるだけ。
「聖地ベルリン」
セックスしないと出世もできないのよ?私。
セックスと出世がついてくるのよ?私をもう誰も止められないの。
男だって奴隷みたいなものでしょう?
スマートフォンの機能を駆使して、歩く道を選んで、うまく出世してやるわ。
カントリークラブに入会できる生まれではないもの。
「女」という資源を使って何がいけないのかしら。
ローマ帝国の時代は、皇帝にいくら支えたって何ももらえなかったの。
だって、女は仕事ができなかったから。
女の本当の目的に君主制は沈黙したの。
人々の支持も得られなかったし、ゲームとして成立していなかったから。
男たちの喧嘩と、お金の世の中では、「王様なんていらないよな」という空気が支配した。
民の支持を得た君主制(共和党)と、リベラルな民主党の違いが生じた。
男の値踏みの研究よ。
女の出世理論は昔からあったわ。
18世紀に、女のセックスが仕事になったし、資本にもなった。
セックスと財産の意味が同じだなんてひどい時代よね。
でも、お金があればいろんなことができた。
だけど、会社も経営できないバカな女がお金をもったって意味ないよね。
「女の世界を知ってください」「私のお金を盗まないでください」
選挙にも行くし、文章も書きます。
男たちは国にしたがいたくないから女を漁ります。
でも、女の選挙権と文章を書くためになら税金を払うと思います。
私の立場を「リベラル」というのだけど、ナンパ野郎ばかりいる左翼へと流れるのは当然でしょ?
私の出世理論のおかげで、国は刑法、契約、銀行の仕組み、健康、消防などを全部見直したの。
【福祉国家の誕生】
お金をくれないからやりまくるんだろ?
そうやって生まれたのが今の制度なの。
「繁栄はどこで均衡がとれるのか?」
「誰が私たちの知的空間を作ってくれるのかしら?」
「政府なんて、若者を憎んでいないババアと同じだ」
「男は皆同じにしてください」
そうして、セックスと女の地位の分離を試みた。
所得と富のセクトがあちこちに作られ、どこに属すかを皆が考えた。
「所得と富のセクトが競争してよ」
どの男が出世すると思う?女は冷静に見れるようになった。
「政治学への発展」
価値って何かしら?
楽しいことって何かしら?
物事の考え方ってなんでしょうか?
頭の良し悪しって何で決まるの?
この人は何を言っているの?
この研究が深まった。
「女性たちの暗黙の了解が生まれた」
「政治と私生活を分けようよ。こんな女が頭を使ったらすべて吹っ飛んでしまう。でも女は下痢をするんだよ」
おまけに、セックスは、女にとって楽しいじゃない?今の私は誰も止められないと思うのよね。
「純潔こそが完璧な女だったじゃないの?」
ある女は反論した。
人生で完全試合を達成したくないの?すべてを敵にしてもいいの?
孤立するよ?火だるまになるよ?
カントは「しっかりと彼氏と約束をして付き合いなさい」と言った。
ホッブスは「女は自分のことしか考えないからな。約束、約束と言って生きていくしかないのではないか?」と言ったが、これは「ホッブスのバカ」と言われた。
結果的には「男女」という表現も生まれたし、もっと「女の真実を知ろう」というムーブメントも生まれた。
「聖地ベルリン」は、「最後に残るのは一組の男女でしょう?」という結論を出した。
結局、女が異なる嗜好をもつ以上、栄光に包まれた男や、金持ちの男も、「女にとってはチーズを食べるか、ロブスターを食べるかの違いにすぎない」と悟る必要があるのだ。
「リンゴか、プラムか、ナッツか?」というバラエティに富んだ均衡は考えられるだろう。
リベラリズムっていうのは、結局、「すさんだ女」しか生み出さないのよね。
「孤独」「仲間」「ボスにしたがう」「組織に属する」
ホッブスは、「女がリベラルのパンテオン宮殿」を目指すだけだと批判された。
文化を作るしかないんだよ。
「野蛮で発展をやめる国家をつくっていいのだろうか?」ということから国作りを考えていかなければならない。
しっかりと考えておかないと帝国主義になってしまうよ。
人間はグループに所属して生きている。
男女が対等でない国は国際社会で標的にされる。
昔は、それで戦争になったよ。
でも、「ネオリベラル」という立場はある。
女の純粋さが国を強くするのは事実だけど、女だって出世したいからね。

日本の消費レベルは極めて低く、税金も安い。
しかし、政府は全人類平等主義を標榜し、所得再分配をやっている。
これは、イギリス連邦や、アメリカ合衆国に類似している。
少福祉社会でもレッセフェールを採用していないのだ。

政治学には四つの役割がある。
①極めて実践的な学問であり、王子が国王になるためにある。
②人々が社会にどのように存在するかを王子が示す。
③王子が人々の支持を得るためにある。
④人々の社会への怒りをなくす。

男が女を自由の世界に連れ出すことができる社会の構築と、男女の対等な恋愛。
市民にも限界があるが、国際社会に耐えうる国家を作る必要がある。
男はすべてを知らないことにフラストレーションを抱えるが、王子がいろんなことを発信する。
「夢の最大化」をする。
治めるためにはサイエンスが必要だ。
怒りはあなたの憲法だ。
2007年に世界に公開されたスタンフォード哲学百科事典をいち早く導入した小野光太郎と世代の憎しみ。
世代 / 泉谷しげるwith LOSER
政治家とそれを支持する人々の研究、さらには支持する女性の研究だ。
理想的な政治学は、支持者の分析にできるだけ多くの人々を網羅する。
人々の空腹まで考えたらほぼ合格だ。
しかし、空腹だけでなく「失敗した国家」のために争う。
ダーティは政治学は病人や障害者の研究をする。
病人や障害者がわかれば健常者の相手など簡単だからだ。
「男と女ってなんだろうな」という問いは政治家がいつかは考えなければならない問題だ。
男が奴隷になる、刑務所に入れられる。
刑務所で何があったんですか?
「狭い縄張りで敵をなくす研究をしたよ」
Moral(敵・道徳)という論文をことごとく読んだらランツベルクでアドルフ・ヒトラーが経験した「我が闘争」が読めるようになる。
また、純潔な女、自由奔放な女の立場の正当化も考えなければならない。
「女の生き方のモデルの提示」も政治だ。
「お空にどんな法則があるの?」と女たちは思っている。
あおぞら(DEMO) / 椎名林檎

女は「お外へお外へ」「私が選んだ道」
男は「国家の団結」「攻撃的政治」

女だって治めたい。抑圧との戦いが政治の正統性となった。
犯罪や攻撃的な戦争を逆に抑えようとする。
また、女の空腹を満たすことで満足するため、食べ物をめぐる争いがなくなる。
国家予算で部屋の掃除もしてくれる。
女の問題で殺伐とした国に関心が向かう。
奴隷の問題や社会問題で相思相愛のカップルを目指す。
助け合いや、イケメンの確信。
ひっくり返せない国家の基本問題への確信。
敵をなくす学問と政治哲学を分けている。
喧嘩しても制度が安定していればいい。
何だかんだで経験や趣味が共有できればいい。
経験や趣味の共有
「心さえ通いあっていれば」
抑圧との戦いが政治の正統性ならば、権力を正しく用いようという正義の探求が発展する。

夫の政治的な立場を保障するためのカトリックドクトリンやイスラミックドクトリンがある。
これらが完璧な正義であることは否定できない。
しかし、そのパワーを失ってでも社会の安定を目指さなければならなかった。
信じるということと社会全体を覆う思想との調和がリベラリズムなのだ。
抑圧の問題と、取り返しのつかないという問題、そして、信じるという問題がテーマとなる。
信じるというのは「その人のいい面を見る」という意味だ。

社会の価値を見極めて権力は行使しなければならない。
恋愛は女を優しくする。優しさのない女が男を知らない。そんなものを信じて何になるのか?
レヴィティカスの本の影響でゲイのセックスを禁じるのも、それは世界の終わりの日になされるものであるという観点がある。
世界の終わりというものを正義が容認しない場合にこれは正当化される。
高度な学問がある。

政治活動と市民としての義務、これが政治の基本問題と結び付き、価値を提示し、世間のスタンダードを作る。

無知なものにも居場所を作る。リベラルの基本だ。
治めたいという気持ちがバチカンⅡにはあったのだ。

上にいくものほどセックスを使わなければならない。彼らのオフィスに投票する営みが公的理性というものだ。

教会で祈る者、ステージに上がる者、手紙を出す者、いろんな関係が政治コミュニティーには成立している。

政治コミュニティーに「痛い目に合わなければわからない」という言葉を持ち込んだのも「女」がいたからだし、文化を豊かにしたのは認めなければならない。

本当に「女」を語った宗教は分裂する。
これがリベラルな社会だ。
派閥もできるし、正統性は「抑圧」に一本化される。
女の話を聞いてくれる政治が安定する。

法は治める。知っているから治めるのだ。
仲間が多い人が好き。治めているから。
神と人生。正しいものと間違っているもの。善と悪。
「一本ネジが飛んでたらこいつぶち殺してるよ?」という男心を理解すること。
生い立ち、階級、仕事などの社会の多様性にビビってしまう人がいる。

その人が持ち合わせているものに感性が弱いから好きになる。


【今後の壮大なテーマ】

天皇陛下の、「鉄、自動車、通信の観点から見る東大理系入試問題の解説」
を楽しみに待っています。

序文「仁の背景には理がある。国家統治の背景には理系の学問がある。皇位継承には文系の情が必要であったが、私は理系の人間として後の世にこの書を捧げたい」
タイトル「仁」

まず、問題文と解答例を書く(赤本から引用)。
「つまらん。お前の話はつまらん」
ここから、「鉄の場合」「自動車の場合」「通信の場合」の3つの解答を書く。

近日中に上梓されるそうです。

2015年9月23日 (水)

長渕は鉄砲玉ですか

赤と黒。男と女。 
左右対称の男が群れのボス。 
黒は女の声援。
泥の中の世の中で、インドの北部の山で仏陀のまわりに八万人の白い花が咲いた。
世界でもっとも美しい白い花。白蓮。

1442988918737.jpg

ハンナ・アーレント

悪の概念。ホロコースト、ルワンダの虐殺。9.11テロ、ジェフリー・ダーマー。
敵をとことんまで作る。ひたすら「悪」。
ハリケーンも虫歯も悪だが、人殺しは敵を作る。
サイエンスに基づくか、敵を作るかのどちらかの悪がある。
話題にふさわしい?パワフルで、全知で、最高善の神が作った世界で、話題にふさわしい。
リリントンプレイス10番街事件。
売春婦の溜まり場で、事件が起きて名前を変えた。
cuntとは、女性の性器という意味。
スタジアムや墓地が出来て、施設が整備されたが、今でも聖者の活動の場だ。
Bill Burr - The History Of Gropecunt Lane
「神など信じられない」それがハンナ・アーレントのテーマだった。

一方、些細なことも「敵を作る」として女たちは語り合う。

【書きかけ】

2015年9月21日 (月)

日本の政治家リバイバル

女帝が君臨した時代には人物は記憶に残らない。
しかし、よく振り返ってみると、内閣総理大臣クラスになる者は「哲人政治」をやっていることがわかる。

菅直人。
論文セネカ
理論の世界、政治の世界、快楽の世界を分けた。

実践するな。耐えろ。プリンスの鏡。
別名「イラ菅」。
考え、獲り、欲望を満たす。
欲望を満たすことは考えた結果の当然の報酬だと考えている。
そのようにして心の平穏は維持されるが、他者にも利益をもたらす営みだ。
「考えてくれる」
プライベートと政治活動の循環が他者の利益になる。
「国際人」
外国を相手にすると、人々は宇宙の大きさを知り、我々も動物だったと悟る。神について考える。

鳩山由紀夫。
論文クリスチャンの感情

知りたいか?治めたいか?
「マザコン」
男言葉と、宗教に訴えるものとそうでないもの。
女の体について語る言葉とそうでないものを区別した。
性生活の恐怖と喜び、それを宗教感情として利用した。
女性の胸は森や夜明けだね。
興奮するんだ。
確かなものはお母さんのおっぱい。
罪深いよ、でも神聖なんだ。
この発想への絶対的な依存があった。
女はみんなそうだよ。嘘も真に受けちゃうけどね。
人間は自由ではないんだ。依存している。
世界もおっぱいの前には無力だね。男でありたいから。
この気持ちを祝福したいんだ。
宗教ってそんなもんだろ。


森善朗。
論文教育

教育はウィットが利いていなければならない。
「日本は天皇を中心とする神の国」

麻生太郎。
論文超人と願い事

糖質は俺を痛め付けるかもしれない。共に水を争った。論文や法律専門誌は読んだふりだろう。

福田康夫。論文カントの判断力批判

私は自分のことを客観的に見れる。あなたとは違うんです。
男の知的空間に真理があるとするもので、判断は俺に任せろと言う発想だ。
赤門にも国会にも自由に出入りするためには何が必要か?
判断する認識センター、やるんだ!何かの素晴らしい理想。
「想定内」対「想定外」の戦い。
無限の選択肢があるという立場なのだろうか?別の選択肢の方がよかったのだろうかという減点をとっているのかの探求が必要だ。

小泉純一郎。
論文楽しいことの探求

ゼロ年代の哲学をもっともよく表現した政治家。
真理の探求を放棄し、歴史を否定し、人の真似をし、有名人のあとを追い、すべてを流動化させる政治手法だ。
インターネット時代を支えた思想だ。


安倍晋三。
論文放蕩息子の政治

糖質の悟りを東京に持ち込む。急進的な糖質の思想の防波堤となるサロンを形成した。
美しい国、常識を標榜し、天才とは一線を画した。
「楽しいことによる独裁」という概念を考える。
天才から自分を守りたいという発想が仲間を作る。
「男の中の男」がいた時代の理論家。
政府と国民の連帯は「天才からの防衛」だとした。
「糖質にこんな仕事されたんじゃ仕事なくなっちゃうよ!」
お互いに助け合おう。僕のことに興味を持ってくれるのなら。
宇多田ヒカル - Can You Keep A Secret?
日本国共同体と我々の関係は永遠だ(第一原則)。
主権者に宗教の独占や、言論の自由を奪われてたまるかよ(第二の原則)。
人々の「自己保存の本能」をうまく言語化した。
勉強してみてダメだと悟った人々は情熱に訴え始めた。
「俺も治め方を知っている。光太郎だけの国ではないという幸福」
男は支配されながら自分を支配しているということの正確な理解が必要だ。
天才の存在と言葉にできないフラストレーション、悟り。危険な無知。
幾何学模様の隊列が人間であるとし、流れに逆らう男を本質に反するとした(幸福とは何か)。
カトリックの妻を持ち、人のスキャンダルを笑ってみていた。
将来への不安、いや、それを通り越した恐怖。
何かが欲しければ堕落してはならないと人々は考えた。

正田美智子。
論文キリスト教における天国と地獄

神を否定し、彼女の信じる地獄を作り出す虐めを好む。
治めようとした者は地獄を見ても、墓の向こうに何かがあると信じているのだ。

2015年9月15日 (火)

進化の心理学

万世一系と直面すると、どうしても「進化とは何か?」を考えるようになる。
緊急時のメカニックが今後の課題であり、車の「出産ナビ」などを考えている。
論文はこれだ。
進化の心理学
今後、書いていきたい。

モジュール(回転数)そして円くなる。これが進化の基本だ。

あとは、進化の秘密は心理学にある。
公道最速理論

フェラーリ468スパイダー。心游舎の青い稲妻。
1442366828870.jpg


【つづく】

2015年9月12日 (土)

ツォンカパ

ツォンカパ(1357-1419)は、ダライ・ラマをリーダーと仰ぐチベットの哲学者だ。
黄色く高い帽子をかぶり、中論を教科書とし、「空」を探求した。
欲しがらなければお前はハイウェイスターだ、エルサレムを尊敬しろ、というのが中論の教えであり、「空」というのはみんな仲良くなってしまうという情の世界の話だ。
修道会の教えであり、小野光太郎の先生をあえて挙げるのならばツォンカパであろう。
Deep Purple - Highway Star Lyrics

チベットイデオロギーはシャングリラである。
シャングリ・ラ

王のような知恵をいろんな人が持っていて、そこから学んだ私は影響力をもっている。女を欲しがるな。成熟したツォンカパはそう思った。
「遠くに行きすぎるな」
「満足するな」
共に悟りを求めているもの同士の心構えだ。
本物であるための偉大な旅。
タッタは、否定すべき男の存在を指摘した。最初は遠くに行きすぎたことが誰にも分からないものだ。
治めるための広大な海。
「人間を調べよ」(龍樹)
人間の目や耳は複雑すぎる。そこに正確な知識を打ち込む。
直感というのは原因と結果であるが、知性はそれを越えたものであり、みんなが仲良くなるために必要なものだ。
モーニング娘。『直感~時として恋は~』 (LIVE Ver.)
ダルマ・リン・チェンとはそういう教えの集大成だ。

人それぞれの幸福のかたちは異なるし、どのような行動(カルマ)をとるかも異なる。
「苦しみ」も異なる。
みんな仲良く、そして苦しみ、そこに高度な哲学が入り込む余地ができた。
日常会話からさらに上の「7つのコード」があるとし、それを学ぶのが大事だったのだ。
恋愛相談はスリーコードだ。
「人間は孤独ならば自分のことは全部わかるよ」
「痛みを感じたから怒ったんだ?」
「長話したのは怖かったからなんだね?」
そうやって「上のコード」を使って電話を終わらせる。
理系は治める学問だが、文系は情けの学問だ。家族の問題にはどうしても文系が必要なのだ。
弁護士に「霊的エリート」であることを要求した。
八幡ネットワークのボディサットバも妹を愛し、コードを発達させた。
高貴なものが妹を愛するのは当然だとし、托鉢を重視した。
コードも上級者になると医学が加わる。
「大腸炎ならばハイシジンとフラジールを飲みなさい」
托鉢で肉をおごってもらうと妹が怒る。

妹を愛するようなセックス崇拝をタントラと言う。
カクラという心臓、首から下腹部への影響を語ったし、カンダリーと呼ばれる快楽についても語った。
【MV】ラブラドール・レトリバー / AKB48[公式]
女子高生のスカートのいやらしさをトルソーと言うが、スカートが長くなったら体制は安定している。

妹を愛する世界~垂加神道

2015年9月 9日 (水)

二人の独裁者にはさまれた国

ワルシャワスクール。
数学的言語で女性の世界を探求した。
想像上のセックスをする女たちが国を守ると信じていた。
撮影する「角度」という表現も考えたし、ポーランドシネマのヒロインを美しく描いた。
国防の問題であったがヒトラーとスターリンに地図から消されている。
カメオのコンパクト~歌詞

「恋するフォーチュンクッキー」 ポーランド・ワルシャワ日本語学校Ver.

ドイツのブラント大統領はワルシャワのゲットーで膝まづいた。日本の従軍慰安婦問題のモデルである。

「Tスキーム」
自分の発言が真実であるかどうかは、ひとつの領域に無限に詳しくなければわからないとする。
また、専門外の領域での間違いに無頓着な男の魅力を言う。
「モデルM」は、女と関係をもっている男の信用性に女の発言の信用性が関わっているというものだ。
「モデルSとモデルX」
セックスする前の女の言葉よりあとの言葉の方が信用できるという理論だ。

お笑い。
「否定」
「ボケ」
「つっこみ」
「ほのめかし」
「同意」
現在の状況の説明は同意に含まれる。
ダウンタウン  下ネタ連発 神回  ダウンタウンの考えるヒト

足したり引いたりの繰り返し。虚数は片想い。恋愛を数学にしたのはポーランドだった。
タンポポ - 08 BE HAPPY 恋のやじろべえ
ルートのついた片想い

カギカッコは、恋において少ない方がいいとした。格言のない恋の魅力を発見したのもワルシャワスクールだった。
本当の運命の出逢いをするためにはそれがいいとしたのだろう。
うしろゆびさされ組 - 渚の「・・・・・」 (1986.08.27 4thシングル)

プロポーズに関してはNCシステムというコンピューターで説明した。16バイナリーからなり、複雑きわまりない。カギカッコすらバカげているとしたのがプロポーズの複雑さだったのだ。
光太郎の清子へのプロポーズの言葉「俺の医学の実験台になってくれ。50年後に俺が永遠の眠りにつくのを見守ってくれ」
直感と複雑性を丹念に研究し、将来の複雑さや動機を研究したのだ。
家族になろうよ 福山雅治 歌詞付‐高音質
Mpは、pの価値に依存し、しかし、pはその価値を半分しか表現していない。

ワルシャワスクールが注目したのがウィーンサークルだったが、現在はAKB48だった。
思考盗聴をやる天皇家もハプスブルグ家の影響を受けている。
乙女の純潔、減点方式、科学的発見の重視などだ。
オーストリア・ハンガリー帝国が滅んだあともエッセイ集が出され、研究が進んだ。
ヒトラーがこの世界を「そんな女どもは抑圧されているだけだ」と一蹴してオーストリアの併合を行っている。
ベルサイユのばら OP・EDフル

2015年9月 6日 (日)

ルドルフ・ラーバンから見る振り付けの解説

AKB48「ヘビーローテーション」の振り付け・踊り方

1バーラインで8ビート打つことが多い。
セクシャルポーズなど、ダンスは常に「男性の目」を気にしている。
直接性や重さからお尻をつき出すポーズもやるし、日常の動作も採用する。
動きの意味を考える。言葉は要らない。
リズミカルな動きは文化について考えさせる。内に秘めた考えと外に表現されるもの。
男は自分の動きに責任を持つ唯一の生き物だ。
男が静止状態になったセクシャルポーズの意味を考えているのだ。
生きるということと信じるということ。
空間と努力が必要だし、インストラクターと動きの意味を語り合う。
振り付け師が青写真を練るが、典型的な美しさを持った人が表で踊る。
振り付けでもっとも重要なのは「チェンジ」である。
常に新しいものを探している。 
ダンサーはすべての振り付けに興味を持っている。
文化、記憶、男に興味がある。
バレーのアラベスク(幾何学模様)からいろんな振り付けが生まれる。
バレーは、死に行く体制には必要ないものだ。光太郎の登場で妖怪体操第一が生まれた。
男の眠っている魂を呼び覚ます、それがトルソー(男のいやらしい目)であり、アラベスクだ。
非日常的動きに面白い名前をつける。
体制が安定していればいるほどバレーが必要になる。
体制が不安定だと女の子のスカートが短くなり、町で女の子達が踊る。
考えごと、恐怖、とらわれなどの幼い頃の経験を簡単に踊る。
ステージ上の女たちは治める気がない。意思の力や感情を爆発させる。
見ている人は「英雄の旅」をするし、嵐が吹き荒れる。

ヘビーローテーション AKB48+山本彩&SKE48 猫耳Ver 'HEAVY ROTATION'


EXILE「Choo Choo Train」の振り付け・踊り方
踊る女たちには治める責任がなくても、見ている男たちには責任がある。名前もない男たちは彼らの人生の物語を体感する。
「神・男・ダンサー」という図式は、本来の人間の人体の動きと、心を眠る潜在的リズムから呼び覚まされる。
日常生活のシンプルな動きを真似しないことだ。動きの支配者となることが大事だ。
意味のない動きを避けようとしたし、動きに意味を与えた。
仕事、労働、農業、外交から動きを学んだ。
男の経験と関わるからだ。
安倍首相、マリオとなってリオ閉会式に登場
オスロ合意以降のパレスチナ・イスラエル問題に関わる人体の動きをラーバンは見ていたのだ。
異なる文化圏でコミュニケーションが可能だからだ。
ダンサーは、動きをセグメントとストレッチに分けている。そして、シーケンスを作っている。
内なる喜び、悲しみ、激しさ、優しさが動きに表現されると他者に影響を与える。
時には宗教に関わる。
沈黙の世界への侵入。人間の発展段階。
ダンスのスコアの基本は「エントランス」「歩き方」「止まり方」
「傾向」「汝自身を知れ」
EXILE / Choo Choo TRAIN (EXILE PERFECT LIVE 2008)

反復する単純なリズム、そして射精。動きの意味を語り合う。
カズダンス

三人でやる芸。千手観音。
ribbon "サイレント・サマー" '92 日比谷野音
【延々と続く】

2015年9月 4日 (金)

八幡ネットワークの神~オージン

最初に国は三つあった。
凍った国と火の国と緑の国。しかし、毒の川が流れることで、それを純粋な水にする必要があり国ができた(鶴見川)。
川の安定からエリートを生み出す国ができた。
エリートは巨人であったが、百姓とその子孫がそれに立ち向かい国ができた。
美しい娘たちがさらに国を作った。
【なぜ東京から千葉方面ではなく横浜方面に都市が広がったかというと鶴見川の氾濫を抑えるのに成功したからだ。】
【氾濫した水を農地に誘導するのも横浜市のバックアップがなければ農林水産省が許さなかったとされる】
【横浜スタジアムの大株主が横浜市だ】
そして、兄弟が国を分けた。

処刑も資金集めに利用した。
Nazi Executions (Hang) War Crimes (WWII)/ Nurembe…

「夢」
夢は嘘をつかない。 
目的が実現する最短距離が、夢の錯乱を経験することだ。
退屈な時間の長さと、深刻な時間の長さは同じ重要性を持つ。
空腹と疲れから理想の男が逃げていく気がして目が覚める。
男も女も「理想の男を追いかけている」という観点が重要だ。
合宿や修学旅行で「待て~」と言って起きた人を見たことがある。

多くの男の声を聞きたがり、ペルシャのクイーンは、「これがお前の欲しかった金塊だ」と遺体の口に金の塊をぶちこんだ。
(夢判断)

蟻に霊魂があったら霊界はひどいことになるだろう。
このことから、蟻には霊魂がないと考えられる。
蜘蛛はどうだろう。
蟻ほどおびただしい数はいない。
蜘蛛の子を散らすように産まれる蜘蛛。
しかし、人間から分け与えられた劣った魂だと悟ったものだけが生き残っている。
殺しても構わないだろう。
朝ほど蜘蛛は悟っている。
朝蜘蛛には慈悲を。

女の夢なんかにしたがっていると男は仕事ができねえな。
夢は「喜び」を表現するのではない。「欲しいもの」を表現する。
退屈は時間のエネルギーの合計が短時間で現れる。
現実社会の出来事は「夢へのクーデター」である。
夢は覚めるものだ。永遠へのゲートは閉じられてしまう。
サイキックエネルギーの幻覚的な攻撃である。
アブノーマルな形で願いが叶う、それが夢だ。
「夢はアブノーマルな願い」(wish)
ribbon "WISH!" '92 日比谷野音
「悔いが残ったこと」も夢に出てくることを知らないといけない。
蒼いリグレット/SPEED
しかし、マジカルパワーを女性がもっていることを認めた。
兵士のエクスタシーに満ちた死に方を検証した。そうでなければ祈れないとしたのだ。
死んだものの最もハンサムな顔を表示する。
兵士は死に方を考えるようになる。
死に方のパターン。
「勇敢」
「炎の目」
「神の犠牲」
「賢い」
「神殺し」
「墓守り」
「自滅」
「勝利の父」
「恐怖」
シャーマンが祈れる死に方がある。
死に方には贈り物などない。名誉だけ与える。
すべての父よ、変な死に方をした兵士を叱ってくれ。 
背が高くてハンサムな弟がいるオーディン。オーディンはそれよりもはるかに優れていたことが分かる。
妻もオーディンを他の女と奪い合って勝っていた。
オーディンの武器。
「子供の頃の誓い」
「弟とその友達」オーディンに、輝くとは何か?腕の太さとは何か?力とは何かを教えた。
「高い塔」九つの国で何が起きているかを教えた。インターネット。
「知的な馬」高度な交通手段。
「考えることと記憶すること」
「貪欲であること」
「いろんな恋人たちの歌」
「戦いの歌」
「選ばれし者の歌」

1441680675976.jpg


「相手の力をMAXにして潰す」(小野光太郎)
オーディンというのは、片目の見えない戦争の王で、九つの世界を支配したのだが、
八幡ネットワークが崇拝する応神天皇(ボディサットバ八幡)の教義だと思う。


1441409048232.jpg


北の神話というのがあり、詩人エッダが色んな世界を提示した。
独眼竜政宗がこれをフルに活用したことは想像に難くない。

ボルスパ:ボルバの予言を行うもの。
ハバマル:女の声。
バフスランディスマル:敵の巨人。
グリンミニスマル:革命のテキスト。
ハーバーズルジョット:ハーバードの叡知。
ホールダードラムーア:妻の見た夢。

ハバマル(女の声)はファイナンスに役立つ。
レディチャペル
垂加神道

ホールダードラムーアは妻の見た夢。理想の男を語る。逆らって生きて後悔したら敦姫を踊る。
夢判断

ハーバードの叡知

予言者エッダは、シュノーリ・シュトローソンという政治家(1179~1241)であり、日蓮が鎌倉の神社で「アマテラスとだけでやっていけるのか!」と叫んだ頃の政治家だ。
あの頃に鎌倉で宗教の再編があったと見た方がいいかもしれない。
予言者エッダ

「宮内庁と小野光太郎」の関係が「総社と一宮」。
「神祇神社」が、宮中。
「22社」が、皇太子や秋篠宮グループ。
「八幡ネットワーク」が、それらを取り巻く政治的エネルギー。
「第二次世界大戦」の宗教。

シュトローソンは、三代にわたって王を見た。
ギリシャ神話においてトロイを攻め、贈り物を寄越した国を侵略して、その仕組みを学び、北欧を支配した。
これが神を生んだ。
ハー(高い)、ジャヌハー(高いものに似ている)、サード(三世)という王。

最も勝利に値するファイターをヒーローにする。これがオーディンのやり方だった。
そして、女性たちにも武器を持たせた。
歌のセールスも利用した。


2015年9月 3日 (木)

恋の病~いびき

ヒルトニン(武田製薬)を飲めばいびきは止まる。
スヤスヤは女の魅力。
モーニング娘。『女と男のララバイゲーム』 ~ライバル サバイバル~ 2010秋

2015年9月 2日 (水)

治めるということ

治めるという営みは基本的には動かないものだ。
心が読めない赤の他人同士で行われるものである。
靴下を履いていない女の子に糖尿病になるから靴下を履けといっても「うるさいわね!」で済んでしまうものだ。
このような営みは神とも関係するし、人々が経験から見る幻に知識を吹き込むものだ。
治めるという営みにおいて、女流文学の重要性は指摘していい。
治める人は外をうろついていても自由である。
治めるという気持ちは家庭内から来る。
大きなテーマから、自分とどのような関係があるかわからない議論まで語り合うからだ。
外の未知なる世界に関しては家を基盤に向き合うことになる。
しかし、家庭内の「情」は外には通じないし、サイエンスだけが共通語だ。己の力の限界も教えてくれる。
経験的な真実に代わるものとして学問がある。法則で打ち破る体験は政治の世界を楽しくする。
何かの「高い次元の法」を使って治めていくのだ。
原因とその結果を明確にして自分の存在感を高めていくのだ。
信じていることが本当になる、これが一番面白いのだ。
間違えることは何もしないことよりも美しい。
間違えたときのガッカリ感が人を育てる。
女が見た夢を男が実現する。
そのようにして物事は一体となるのだ。
左翼女の語る夢をどのように実現するか?宝くじに当たった夢を見た女にお金を稼いで返す、これが政治だ。
星空を見て惑星だけは毎晩自由に動いているのを見て、太陽が地球の周りを回っているのではないことを語る。


2015年9月 1日 (火)

風俗通義

火、空気、土、水の4つから世界はなり、四人組は二人によってコントロールされる。
空気は雰囲気作りの達人だ。
誰が起源かをギリシャ哲学は議論したのだ。

覇王は何を知っているだろうか?
仕事と書だ。
書には何が書いてある?
女、神、農が書いてある。
女、神、農でお金を集めて仕事をするのだ。
法律をよく理解し、春夏には褒美を与え、秋冬には罰を与える。
仲間の多いもの、専門知識を持ったもの、ずる賢いもの、信用のおけるものを使い分けた。
女たちは、賢いもの、位の高いもの、よくしゃべるものを相手にした。
文王は賢かったし、武王は位が高く八百人の部下がいたし、舜王はよく話した。
よく話す舜王は何を考えているか分かりやすかったので子孫を残した。
斉、晋、秦、宋、楚の五つのパターンの伯爵がいる。
斉は王室とつながっていて楚の悪口を言ったし、晋は学問を好んだ。
しかし、文字を読む力では伯爵家に力の差はなかった。
残りの二人の伯爵はそうやって生き残っていたし、滅ぼされるのは宋だった。
宋にとって大事だったのは日本だったのだ。
CoCo EQUALロマンス
そして、秦がいなくなれば楚が滅ぶ。 

いい先生を持つもの、学問をやるもの、勲章をもつもの、誰が百姓の哀しみを知るのかが問われた。
晋の燕召が草刈り時に騒ぎを起こした。
そのため、晋はもっとも弱い扱いになった。8世、9世、7世に迷惑をかけた。
晋に荊の道を歩まず権力を握るものがいた為に秦が滅んだ。
晋は日本ともつながったので秦が滅んだ。
荊の道を歩まず権力を得た趙と秦は同じであった。学を自慢し、社長のいうことを聞いた。
晋が乱れたので秦は問題解決のための文書を提出した。
「病気がなおるまで三日間の説教が必要だろうな」との返事だった。
二日目に「お前は三代の楽がしたくないのか?」と言った。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »