最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« リチャード三世 | トップページ | シェークスピア講義 »

2015年8月25日 (火)

糖尿病への注意の呼び掛け

ルーズなズボンをはいていて、靴下を履かないと男は中年になり足のかゆみにのたうち回る。
女がその時、「靴下を履きなさい」と言わないと男は糖尿病になり早死にする。
女はピストルを持っていた。
男は足がかゆい足がかゆいとのたうちまわり、病院にいってもなにもしてくれない。
気がついたら一生、糖尿病との付き合いになる。
糖尿病の患者さんにためしに靴下を履かせてみたら顔が真っ赤になった。
手遅れになるともう靴下も履けないのだ。
ピアノ 靴下の秘密/COCCO

三浦海岸は、ファッション雑誌「mini」が強い地域だが、靴下を履いていないファッションが多い。
この事を編集部に伝えておいた。
実際に、丸々と太った糖尿病患者を生み出しているのだ。
因果関係が分かったら続けるわけにはいかないだろう。

« リチャード三世 | トップページ | シェークスピア講義 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病への注意の呼び掛け:

« リチャード三世 | トップページ | シェークスピア講義 »