最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 三浦海岸の不二家 | トップページ | 美少女日記 »

2015年8月 8日 (土)

映画の構想

「映画の構想」
貴族の娘がお兄さんにぶたれて顔にアザをつくって鏡を見る。
お母さんは「この子はどこかおかしいな」と思いながら育てる。
一緒にお母さんは娘と自分達が写っているテレビを見る。
その頃、一人のハンサムボーイが、シャイな劣等感とともに生きていた。
うつ病のハンサムボーイは、やがて面白い話を見つけて鬱を脱する。
28歳の時、ハンサムボーイと女の子はお見合いをする。
うつ病の時に覚えた面白話が、心を閉ざした女の子にとっては面白かった。
しかし、男は国家を背負う使命を自覚し、貴族の女の子を捨てる。
十年の歳月を経て、二人はまた違う恋を知る。
100年分のGLORY/渡辺満里奈

« 三浦海岸の不二家 | トップページ | 美少女日記 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画の構想:

« 三浦海岸の不二家 | トップページ | 美少女日記 »