最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ストーカーは何を考えているか? | トップページ | 列女伝 »

2015年8月19日 (水)

天皇の人間宣言から世界進出を

国体概念は、終戦後、政府部内でもかなりブレが生じた。
そこで、宮澤俊義は国会で金森に質問した「国体概念は変わったのかどうか?」
金森徳二郎国務大臣は「主権の所在という意味では変わったが、道徳的意味においては変わっていない」と。
天皇と国民はひとつ(One)である。
「天皇よ、国民が邪魔物ならば学べ、国民よ、天皇が邪魔物ならば学べ」
(小野光太郎見解)

次期天皇光太郎の人間宣言。
スタンフォード哲学百科事典や、中国哲学、ハリソンの医学書にしたがっている以上、
光太郎は人間である。
これが清宮四郎の「大日本帝国は永遠である」という論文の梯子を外した天皇の人間宣言である。
国学のみに頼らないとする八月革命であった。
源氏物語を語るラーメンやドリアだけでは食べていけないのだ。

「地方自治と伝来説」
中華人民共和国は、たしかに日本国より家格は上である。
しかし、東京が東大法学部を保有し、スタンフォード哲学百科事典、中国哲学、ハリソンの医学書などから中華人民共和国に的確な指示を繰り返すことにより経済的利益を得ることを現在考えている。
東京にとっては厳しい「脳のスポーツ」となるが、もし、中華人民共和国の統治権は東京に由来するという伝来説を認めさせることができたのならば、東京の大勝利であろう。

スタンフォード哲学百科事典

中国哲学

« ストーカーは何を考えているか? | トップページ | 列女伝 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇の人間宣言から世界進出を:

« ストーカーは何を考えているか? | トップページ | 列女伝 »