最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ピコデラミランドラ | トップページ | 風俗通義 »

2015年8月31日 (月)

法家~韓非子

「韓非子」
パク・クンヘが小野光太郎と面会した。
「日本国におきましては朝鮮人は言葉が話せなければ死んだも同然です」 
「しかし、どのように罪人を裁くか。これを見ています」

法は、韓国から「我々をどのように治めるつもりだ?」と言って発達した。

小野光太郎「滅びには三つの種類がある。政治を素人が扱うこと。正しいものを邪な心で攻めること。クーデターに従うこと」
世情‐中島みゆき Cover XXkurage

あらくれどもの韓国の張の軍勢は一千万人にのぼる。
全員、言葉で敵を作り、言葉で褒美を取り逃がし、言葉で不信感に満ちている。
韓国は「法」が欲しいだけだ。
夫が殺されることは、十になり、百になり、千になる。
これをなくすためにはどうしたらいいのか?
アジア一位の東京大学法学部の号令を待っています。

日本国は田畑を開墾したが、耕作放棄地が目立ち、倉庫は空になっている。
これを韓国は心配しています。
絶対に負けない覇王の存在も見ています。
病人の扱いも見ています。
海という万里の長城も見ています。
田舎でも都会でも夫の働き方を教えてください。
お城の跡を見て憎しみがないかどうかを見るのも重要だ。
覇王がいればみんな落ち着いて学問ができるでしょう。
趙に覇王がしたがえばいろんなものが不安定になります。
学問は荊の道です。学がないのに権力を自慢する趙がいては困るのです。
私たちは静かにご先祖様を敬い、学びたいだけなのです。

都会では人の命は安く、富める者と貧しいものの不信感も根強い。
田舎を知ってください。
田舎では一人が苦しめばみんなが学べる。

曹操が中国を統一できなかったのは韓国から学ばなかったからだ。
韓国を治めるにはありとあらゆる学問が必要となる。
知性ほど金になるものはない。伯爵さまのように文章が読めるようになりたい。
それを教えてくれるのならば国を明け渡してもよい。

人は間違えながら生きているものだ。百姓に教えろ。

韓は、学問のある「秦」による統治を望んでおり、荊の道を歩かない「趙」を嫌っているだけなのだ。
趙は、陰謀をたくらむから嫌いなのだ。
夫は知事よりも大事であり、仕事を教えてくれる秦を探している国だ。

« ピコデラミランドラ | トップページ | 風俗通義 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法家~韓非子:

« ピコデラミランドラ | トップページ | 風俗通義 »