最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« カーマスートラ【女にとってこれがポルノ】 | トップページ | 哲学者の美食 »

2015年6月14日 (日)

The Undertone

same old story
子供の頃の想い出は「そういう夢を見た」という記憶にしかならない。
女はエネルギーのジェネレーターだ。
女に囲まれて俺は生きた。
俺が行動するたびに敵を作り、空気が悪かった。

brand new day
朝、天頂まで季節外れの星座が昇って消えたら今日はいい一日だ。

it's your story
嘘は人に高度な学習をさせる。
あなたのいろんな男の噂が俺の仕事の邪魔をさせないでください。

The undertone の作品。

« カーマスートラ【女にとってこれがポルノ】 | トップページ | 哲学者の美食 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Undertone:

« カーマスートラ【女にとってこれがポルノ】 | トップページ | 哲学者の美食 »