最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« バスケットボール~メモ | トップページ | 中道とは何か »

2015年5月 2日 (土)

右翼の思想

昨日できなかったことが今日できる(信仰心)。
今までできたことがいつまでもできると思うな。
『ZARD Forever Best ~25th Anniversary~』MEDLEY

坂井泉さんは、死んだことになっているが、地方の精神病院で隠頓生活を送っている。
月一万五千円のお小遣いで、こてっちゃんを差し入れしたら、生のまま汁まで食べた。
私も一緒に食べた。
糖尿病、腎臓病、肝臓病の薬の飲み過ぎによる鬱病であり、人工透析をやらせたら急に笑いが止まらなくなった。
彼女は有名人の意見しか聞かない。
医療用麻薬をやれと行ったら、本当にやっていた。
人体の不調を訴えることができなくなるのが医療用麻薬であり、やめた方がいいと思った。
二重瞼と、本人の証言でかろうじて坂井泉さんだとわかるほど太っており、誰とも口を利かない。

右翼は、「どうやってこの楽器を使うの?」「俺の命をどう用いるのか?」
という観点からジャズを愛した。
sayuri kokusho - 雨のニューオリンズ

楽器と人間の使い方、それだけが俺が議論する理由だ。
これはクラシック音楽への重大な挑戦だった。
復活など信じない。異なったやり方への尊敬。
「神は死んだ」
システムなど信じない。自由に楽しもうぜ?
ジャズピアノ


「俺をバカにしろ、お前は死ぬ」(ストリートの法)。
サイエンスの尊敬、堕胎の敵、死刑の敵。
自尊心を維持できなければもはや人生は生きるに値しない(死んだ方がまし)。知恵と尊敬がこの言葉と関わっている。公正ではない社会。
「自尊心・政治コミュニティの不正・知恵」が尊敬の基盤だ。
女から求めるキス(フェイタルキス)。究極的に認めあう。
Duran Duran - A View To a Kill [HD]
尊敬とは敵をなくす学問。
伝説と戦うならボクシング(人間)を誤解するな。近代の瞬間のショットと政治における女へのモテ方。
吉野弘幸VS山口真澄 日本ウエルター級タイトルマッチ
人を尊敬することと自分を尊敬することは同時にはできないものだ。何が男らしいのか?という観点からまとめあげるものだ。

人間は自由ではなく、男と女も交流しない。人間の自然は否定しないが、敵を作ることを恐れない。
人間の本質をつかむ美を探求。
退屈、自分と世界の対立、バカげている、自由、無などを背景に、日常にはない緊急性や情熱を煽る。
人生を無為にすごすと、自分の存在と時間について考えるようになる。
個と公を対立させ、公に関心が向かう。
女を政策から排除する。
心配、死、無、正解を求めている人を批判することへの魅力にとりつかれる。
俺は何者なのか?自由への道のり。
怖いときは人と話せ、など自分の存在から自分の限界を探求する世界である。
心理学からアプローチするのではなく、大きすぎる目的を持った人間について研究する。
経験は意味に満ちていてなにか特別なものだ。
自分の意思は世界にオープンにしてこそ成り立つ。
目的は心にはなく、もっと高い次元にあり、世界が説明困難になる。
意識の限界は、自分とどのような関係にあるのかわからないものからなるのではないし、何かのものから生じるのでもない。ただ、意味の構造なのだ。
ハイデガーは、存在の意味をこのようなものだと示すことができず、ただ命を燃やすことでそれを表現しようとした。
最初はただの探求者にすぎない。女性に愛されて世界に存在するだけだ。
この思想が急進的キリスト教信仰と結び付き、神は死んだとニーチェは言った。
一見、無神論者に見えたが、これこそがキリスト教だったのだ。
この世界は今までの哲学では見えなかったし、多くの敵を作るものだった。
人生の一回性は神を語るのには十分すぎた。
この問題を解決するためには自分を普遍的なものにするしかなかった。それは魂によってなされるだけではなく、自然法にしたがっていなければならなかった。
それは私のテロであったし、私がすべきことであった。
私は個性を失い、人生は意味に満ちた。しかし、それは守るべきルールにしたがっていた。
健康的な生き方を支配する宇宙の法則に説明できたときだけ神は御褒美をくれた。
しかし、アブラハムが息子の犠牲になったことは健康的ではなかっただろう。それでも彼の人生は意味に満ちていたのだ。
アブラハムの健康的な生き方は意味がないように見えるだろう。しかし、神が与えた他者にはない命だったのだ。
この彼の支離滅裂な人生にも意味を与えなければならなかった。
否、アブラハムこそが人生の意味について語るアイドルだったのだ。
彼の人生を考えると「女らしさこそが真実である」ということがわかる。
アブラハムは、このバカげた行いに神の言葉など聞いてはいなかった。女たちだけが聞いていた。「息子こそが生き甲斐だ」という男に、女は男の内面の知性の限界を感じ、神の声を聞く。
スピリットは肉体より前をいく。スピリットとは「自分で状況を作る」ということだ。

松田聖子  赤いスイートピー 【60fps】

« バスケットボール~メモ | トップページ | 中道とは何か »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右翼の思想:

« バスケットボール~メモ | トップページ | 中道とは何か »