最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 真ちゃんの歌 | トップページ | マルクス~地球が道具だ。 »

2015年5月21日 (木)

美智子のリアリズム

美智子さんは人生の最後に日本国の「文明の不完全性」を露呈してしまい、光太郎の前では女学校は「三等国民」であることを明らかにしてしまった。
「雲の上から落ちてしまいました」

女の心には火がある。言葉は全部嘘をつく。

「世界の母、恋人、友人」であるためには、男とどう関わったか、犠牲になったかが問われる。
瑠璃色の地球 ‐ Seiko Matsuda

仕事をしない天皇。
皇室の腐敗と格差は確実に清子を蝕んでいた。
太り、薬で左手は震え、光太郎からの「結婚しよう」「二人で海の見える丘にチャペルを作ろう」という手紙だけを大事に読んでいた。
天皇明仁の残した「宿題」を一人で背負う清子。
「左手の震えにはリポビタンDが効くよ?」という光太郎の言葉もストイックに我慢した。
宮内庁は「赤い」し、福井記念病院も「赤かった」のだ。
これが平成の結論だ。
若頭、光太郎だけが残った。
上層部の意向は下には伝わりにくいということが分かったのもここ20年ほどだ。
「赤」というものを誰よりも光太郎は知っていた。
福井記念病院の浅利という医者は清子を「所有物」と呼んだ。
神を司る天皇家にいてはならない医者

美智子と光太郎はエスラーダンロス症候群だ。
家系の突然変異で無口でコラーゲンが足りない。
ひたすら読む習慣がある。美男美女として生まれる。
手足の長さ。
1999年3月ホリフィールド対レノックス・ルイス第一戦で、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンにおける出来事を、横浜の小野光太郎がネットスケープで黙って読んでいた。
これがFBIに衝撃を与えた。
インターネット時代の幕開けだった。

女が決める、女が決めるというが、何事も女が決めるとはたが迷惑する(青い山脈)。

美智子(80)が決めるか光太郎(44)が決めるかを争った皇室。
この問題はすでに20世紀中頃には解決済みであり、「男が決めよう」ということになっている。

是非皆さんも「私の人生は男が決めたか、女が決めたか」を語ってください。
論文では65歳で「女から男へ」となっていますが、
データが必要です。

人生には意味を与え続けることが必要。
20世紀中頃まで人生は女が決めてくれた。
20世紀中頃以降は、人生は男が決めるようになった。
ネコグスパブリッシングMV「人生」

則天武后の時代に「善の研究」が進んだ。
善こそが物事を治めるが、治めようとする「人」は必要なかった。
美智子皇后の「善の研究」はひたすら続く。
【ガチで泣ける涙が止まらない感動話】一杯のかけそば
平成のオープニング~涙のファシズム
暑くもなく寒くもなく涼しくもなければ民は不満を言わない。楽しみを餌とし、客は足を止め、出口はなく、聞くべきものも聞こえず、見るべきものも見えなかった。
上の者は治めようとせず、下の者が必死で治めた。
上の者はサイエンスを知らず、人情だけがものを言った。
礼を尽くすことかが正しいとされたが、則天武后は屁であった。
治める知識が無くなった後に治める人がいなくなり、治める人がいなくなったらサイエンスの知識がなくなり、サイエンスの知識が無くなった後に、人々は義理人情を失った。
忠臣はいなくなり、古典こそが治める方法の花形となった。
「気にしない、気にしない」と人々は言ったが根拠はなく、古典を学んだものがすべてを持っていった。
秋は、男たちが目標を持つため女は失恋する。女としては「なぜ私は失恋したんだろう?」と考えてしまう。
松田聖子 風立ちぬ
古典を修めた神聖な王もむなしい扱いを受け、言葉だけが残った。
これが「女帝」というものだ。

「メルロ・ポンティ~女帝の探求」
サイエンスと男性主義が、人々の心や振る舞いをどう変えたか?
回転は女の労働を変えたし、心も変えた。
女神をうまく描き、それによって治めることに熱中した。
女神の知性主義、そして己の限界の打破。
産業革命により、女性が男性と同じ可能性を秘めた。
メルロ・ポンティの戦術は人々の感受性のデータを分析と、果たして女性がそのような知性を持ちうるのか?から研究が進められた。
女の子達の暗い部屋の向こうに光が見えた。
意味と方向性が大事だし、ユニークな一本道だった。
小泉今日子 なんてったってアイドル
本物の光、流動的な世界、そして「私」の中で不安定さを露呈する体制だ。
影のある女、そしてスポットライト。それが人を引き付ける。
小学生にとっての衝撃的モデルだ。
ルックスは異なっても、痛みを味わった後の少年の反応は暴力的なものではなかった。癒しでしかなかった。
学ぶというのは男子にとって現実的な命令ではなかった。
受験サイボーグを作らざるを得ない時代の産物がアイドルだったし、他に選択肢はなかった。
当たり前のように青春を失う連中が熱烈に彼女を支持した。
俺の肉体、物事の考え方、議論する理由。そのようなものをメルロ・ポンティは提示したのだ。
ダイナミックに「知る」ことができるのだ。
Pierrot - Agitator (Sweet trance 2001)
学歴と肉体の交換。メトロポリタン美術館も俺の欲望を満たさなかった。
人間社会の命令により、カエルがハエを捕らえるような獲物の奪い方の探求が必要だった。
男、女、そして勉強というヘーゲルの活用を行った。
意識と人間科学の研究。二人以外には誰もいなかったことが大事だった。
青春を謳歌しているものへの「誤解」をいかに作り出すか?
恋をしただけ/渡辺満里奈
「魂と肉体はもう離れられないんだ!」
大きすぎる夢は男性的なものだ。青春の謳歌のモデルは女が提示するものだ。
感受性の限界の突破は壮大な恋愛空間からもたらされる。
女が大きすぎる夢をもった曲を聞いてみてほしい。
東京パフォーマンスドール/FAME
大きすぎるものから女は物理学、生物学を忘れる。
宇宙、そして男、斜め下の女、そして動物。女がスーパームーンを見て物理学を忘れた。
それが女性の表現ではないか?世界を感じよう。
計算しない世界を生きることが男たちに求められた。
女性の瞑想は「悪の天才」だ。敵を作ってもいいと思っている。
女性との同調。「事件です。勉強しろ」
男の将来を予感させる。
女性からの電話「あなたの学校では何を教えているの?」「それ本当?」女性の直感は宗教センター。
本来、交通ルールを守ると脳にメラトニンという快楽物質が流れる。

1443444768742.jpg

己の限界の突破は、偶発的出来事への「上から降りてくる」判断力を磨く。
いい判断ができると開放感がある。
その繰り返しだ。
世界は世界だ。しかし、上から降りてくるものによって世界は変わる。
上から降りてくるものを「カテゴリー」と呼ぶ。
いいカテゴリーを作る作業が必要だ。
「なんでこんなお堅い言葉がウケたのか分からない」という世界の探求。
言葉の響きを変えてしまうのだ。
ビックリするような方程式が必要であり、たとえば「堕胎を禁止することはあなたの体に誰でも触れることだよ」というとする。
背景には「女が生殖をコントロールできなければ男と対等ではない」という認識があり、どんな男でも体にアクセスできることを意味することから、この方程式が生まれている。
直感的には、反論されるし、否定的評価も受ける。
しかし、方程式が大事なのだとソシュールは考えた。

男女の関係は、コンクリートのように固まっている。ここから「言葉」が発達した。それは本能の発露であった。
男言葉ができるのに「なぜ?」はない。
女言葉は「考える女」であり「話す女」ではない。
夫、子供、ストリート、仕事で言葉を分けている。
言葉という煙は女心という火を欺く。
沈黙を破る女の行動。言葉はジェスチャーなのだ。貧乏揺すりしている女は言いたいことを黙っている。
木のある方向を示すのは男の魂でも、女言葉は「ジェスチャー」である。
♪さよならねって言い出したのは私の方が先だったのに~♪と歌ったら、
♪三年目の浮気ぐらい大目に見てよ♪男女が歌ったことがある。
女性にとって、すでに消費された言葉が大事だったのだ。
女にとってスポークンランゲージはジェスチャーではなかったのだ。
幸せなときは歌うように話す。
愛の中でキスしたり、怒ったりすることは、もはやテーブルをテーブルだと呼ぶことのように当たり前のことなのだ。
射精して果てるという「低い経験」ではなく、より詩的な「高い経験」にしなければならない。
情熱 斉藤由貴
心の火はコンセプトだし、女の言葉は煙だ。心の火を何か生産的な「コンセプト」だとしたのがソシュールだった。
レイプ体験というコンセプトを言葉にできない女性がいる。
COMPLEX - Be My Baby
言葉のあやと誤解が男と女にはつきまとう。
詩によって世界を作り替える必要がある。
男社会の言葉を変革する必要がある。
言葉が必要ない世界は確かにある。しかし、前向きではない。
前向きな言葉ほどすでに終わったことを話している。どこかにそらす多様性を言葉は持っている。
CoCo~あさやけリバーサイド
メルロ・ポンティは、戦後、「普遍的階級」として赤に染まった。
人間が表現する「瞬間のショット」の恐怖を語ったのだ。
瞬間のショットはプロレタリアートと関わらなければとれなかったし、発展の可能性もそこにしか見いだせなかった。
なぜなら、プロレタリアートは人間活動に飽きていなかったし、バカだったからだ。哲学者の草狩り場にしか見えなかった。
己の限界を突破する方法(現象学)が分からないと時の流れがゆっくりと進むように感じる世界だ。
人間の歴史はバカと怒りが語ったものだ。
風のInvitation
ソビエトの「世界革命に暴力が必要か?」と言う問いにメルロ・ポンティは「No」と答えた。
「マルキシズムは放棄すべきか?」との問いにもメルロ・ポンティは「No」と言った。
刑務所のゴロツキどもをどう手なずけたかの経験をいかせと言った。
共産主義は確かに傾いた。しかし、バカと怒りの歴史は繰り返される。
それを忘れてはならない。
マルクスが明日のために役に立つのは事実だからな。
ミクロの人間分析がなされなければ世界は朽ちていくだけだ。
女には心の火がある。しかし言葉は嘘をつく。
これを宗教センターとしたことから哲学者は「哲学の終わり」を感じるようになった。
これは、文学、音楽などの世界に活用されることが期待されている。
メルロ・ポンティの可能性は無限ではない。
しかし、どこにでもあり、どこにもないものであった。
「新世界の言語」の探求。
産業革命によって生まれた「回転」車やバイクは女と男を対等にしたのだろうか。
一回限りの命、それがどのようなものかは分からないか、熱く魂を燃やせ。

子供を皇帝にした場合

自分がされて嫌なことは人にするな(カント)。
これは自信のある人しか言えない。
美智子は自分のいじめ体験を光太郎に対してやった。
東京大学、スタンフォード大学と聖心女子大の自信の違いだった。
人に助けの手をさしのべられる人間かどうかはこれで分かる。

水色のブラジャーをしている女あり。胸チラは素直でない私。私とは何かが胸。見せたがりは抑圧された下の子。
出会いたいあの人。空と海の色。
河合その子「さよなら夏のリセ」
コール♪後藤とセックス生き残り♪

白いブラジャーは私はあなたのもの。
Pear White Eve  松田聖子
♪公衆便所、公衆便所♪

ピンクのブラジャーは、ゲームならルール決めましょう。
松田聖子 ピンクのモーツァルト
♪ケバいわ、ケバいわ♪

黒のブラジャーは、あなたは私のことは分からないでしょう。
Kuro no Funauta
♪偽物全学連、勝者が歴史を決める♪

穴井夕子 赤い罪 青い純愛

清子さん~マーガレット・フェル
クエーカー教徒は、女の対等を求めたため、王位継承に関与できなかった。
キリストの乗り物であるときだけ教会について語ることが許された。
女であることを自ら否定、これは、王室と関与した女どもにしか分からなかった。
王位継承のテキストである聖書に対して、「私たちだって法則にしたがっている」「主のキャンドルをあなたの心へ」と主張して影響力を増した。
治めることよりも「生きる、純粋に、永遠に」を重視した。
王でなくても、私たちは神の光を感じることができるとしたのだ。
「ベッドの上での私たちはいつも新鮮」を探求した。
杏里 「Summer candles」
「真面目に考えて?」「探して味わって?」私が考えていることを。
工藤静香 LIVE'90春「No no no no~琥珀のCocktail~
愛し合うことの喜び、イスラエルの種への期待、などの本がある。
心の弱いユダヤ人に自殺を迫られたクロムウェルは彼女たちにキリスト教への改宗を迫った。
これがクエーカー教徒の原点だ。
しかし、クエーカー教徒は、聖書の預言にしたがうのは「最後の日にね!」としている。本物のイエスさまを見た日に本気になるとした。
男たちは「俺こそが生き神さまである」と争った。
クロムウェルは「メシアに期待するな。君たちの内面と向き合いなさい」とも言った。
「私たちを口説きたければ、男たちに認められてからにしなよ」女は言った。
「私たちに純潔を求めるなら、そんなもの抑圧だと言ってくれたハーケンに勝ってからにしなよ」
「夜の月、朝のお日さま、それがすべてじゃない?ハーケンは宇宙を語るよ?」
男はオックスフォードやケンブリッジである必要はないの。神の言葉さえ囁いてくれたら。
勉強する男は冷たいもの。でも、牧師さんには喧嘩を売ってね!
大臣だって怖くないわ。女の前では光は丸裸になるの。
勉強する人は神の創造と発明からほど遠いルックスをしている。
牧師さんは勉強したのではなく聖書から出てきた人なの。
皇位継承から女を排除しないためのマーガレット・フェルの旅だった。
私を野球につれてってくれる人は約束を守るから私をぶたないわ。
軍隊は見せかけの愛と真実ね。
イエスさまは私をぶたないわ。お互いに自由ですもの。
聖書の言葉なんて全部ウソ。彼の言葉から真実を見つけるの。
I Remember / SPEED
女の勘が最高の権威
イヴは、アダムの肋骨から生まれたから女は牧師さんになってはダメ。男の声じゃなきゃね。
女の牧師さんは神の魂に動かされてはいないからね。
でも、男の指導者に蜂の一刺しを与えてくれる女の牧師さんもいるよ。
女社会というモンスター体制では、常識的な女の牧師も必要ね。
弱いものが強いものを導くことになるわね。
女の直感が男を導くというのはパウロさまの教え。
女性は沈黙から学ぶ。
女性はセックスしたいときは沈黙するものだ。この観点からも女性の牧師さんは問題だとされる。
神か聖霊以外話してはならない教会で女性が話していいのかも問題となる。
女性のスピーチは、「主にキスしてセックスを諦める」ものとならざるを得ない。
男は聖書に王位継承をかけているけど、女の聖書の解釈は明るいのよ。
女は団結するからね。
クエーカー教徒は、アダムもイヴも神と同じ形で作られたとしたが、それは、イヴが「アダムの肋骨から生まれたがアダムにはしたがいたくない」という意味だとした。
神は女に「女の種」を授けたが、マリアはその種を語ることを禁じられた。
【MV】 RIVER / AKB48 [公式]
マリアは女の牧師ではない。アイドルだ。そのため、彼女の話はしもべたちの種となった。
人間のファーストクリエイションの時、男女は平等だった。
キリストも男であったが女心も持っていた。
クエーカー教徒の男は女性の支持を得るのがうまかったのだ。
王位継承で殺されるのは男でしょ?聖書に出てくる女性たちは皆、処刑された男に駆け寄るだけ、祝福されてるの。
コリント人への手紙14:34「教会では女を黙らせなさい」
これは、男たちが暴れても知恵で黙らせて、安全をもたらしてくれた女の眼差しを意味している。
男と語り合って知恵というのは育てるものだ。
テモテ2:11「女たちを沈黙させ、女心で感じさせなさい」
夫であり父であればそのような修行の場はいくるでもあるだろう。
暗い僧はおしゃべり女に怒る。しかし、大勝利を経験してみよ。
女は黙ったあとに神を称える歌を歌い始める。
女の牧師は女性と「あなたをこんな目に遭わせた男」について語れるという特権がある。
「男と女はひとつ」というクエーカーの立場に対しては、「実際の私たちはもっと弱く、虚しく、恥を見ているのです」という批判がなされた。
沈黙、セックスというが語りたいことがあるのではないでしょうか?
女の本音
いずれにせよ、クエーカー教徒は、男女共同参画を目指したのだ。

清子と光太郎にとって、結婚とは「お互いがお互いを所有すること」である。人格を所有するとは「奴隷扱いする」ということだ。
恋の奴隷 奥村チヨ 1993

プーラン・ド・ラ・バール
男の心を読み、童貞を調べ、男女の平等を指向した男。歴史上誰かがやっているカトリックの側からの理論家であるが、カトリック批判の対象にはなるだろう。
女ばかりが純潔を求められたことから、女性が優越感を味わいたくて男の心を読んだ。
美智子の反撃は光太郎に向けられた。
私の「眠り薬」の正当化をしてください。
Qlair - PAJYAMA de DORAIBU

「清子さんは優香に似ているね」と言った光太郎
まず、この言葉が清子さんを自由にしたことは明らかだった。
また、光太郎も志村けんと呼ばれた。
優香と志村けん、その生き方の比較と意思の自由に関する論文がこれだ。
いかに有効に「~に似ている」と言うかどうかが問われる。
本来、「~に似ている」と言われなければ、我々は守るべきルールがない。
自由意思を制約し、他者をコントロールする技術である。
「あの人ならどう行動するかしら?」
欲望を満たすのにも都合のいい説明が出来るようになる。
深刻な場面で人間は「あの方ならどう行動するかしら?」と考えるものだ。
生き方やファッションまで真似してしまうケースもあれば、もっと思慮深くなってやろうと考えるケースもある。
似ているとされる人物は何かを探求しているものだ。
それが28歳の光太郎であり、30歳の清子であった。
何かの出来事に直面すると人間は「あいつならどう行動するか?」を考える。これを「よく考えられた非決定論」と呼ぶ。男の方がこの発想をよく使う。
真似する男は結果までは気にしないものだが、結果まで左右する「究極のコントロール」というものが存在する。
光太郎「俺の真似をしていればアルティメット」
チョコミミ
論文を読むときに「Agent」を「心の代理人」として少女漫画や芸能人と訳してみると面白い。
腕の上げ方にも個性があり複雑性がある。それも真似してしまうのだ。

美智子「娘はあの方に差し上げようかしら」
光太郎「美智子さん、結婚とはどのような意味かご存じですか?」
「子育ての統制とセックスの統制だ。」
「それをあの方にやらせるおつもり・・・」
その瞬間、美智子は光太郎の頬をバチんと叩いた。

お風呂の湯は上が熱く下が冷たい。デモも男が熱く女は冷たい。気温がゼロになればデモもゼロになる。零下になればみんな家に引きこもるよ。気温だけ見ていればいい。
男が熱く、女が冷めている事例。
光太郎「テトラビブロスを寝室に奉納しよう」
清子「いつでも読むからもういいよ~」

皇太子妃雅子の物語。
五穀米を食べ、甘いものはダメ。
人の真似が好き、という美学。
服を真似したり、人の特徴やエピソードで犬の名前やニックネームをつける。
ゲーテの「回転の美」と同様に、エンジンが好きでマイバッハに憧れている。
挿入の想像が好き。肛門など。
ロマンティックなものをアーティスト・プリンスに見いだす。
男の魂の知的空間に憧れ、「なぜ桃の節句(女の子の節句)に桃は咲かないのだろう」と嘆く。
男の物理世界の表現の影響力を楽しむため、医師団の見解を自分で書いている。
完璧な普遍は、鴨長明の方丈記の遺体を数える場面にあると考えている。
美は、心だけでなく人間の全身に表現されるものと考えており、心の弱さなどひとつの問題にすぎないと考えている。
イデオロギーの論客はバーナード・ボサンケットだ。
時代に即した公務も、女の現象ではなく男の意識を基盤にし、コウノトリと表現するか現実的に表現するかが対立し、女は外へ外へ出て行くことを選択し、道は女が自分で選ぶというものだ。
ボサンケットの議論のメインテーマは「政治的権威はどこから来るのか?」という問題だった。
政治的権威は、人々の「ベストライフ」から来る。
そのためには、一部の女性は貞淑を守らなければならないだろう。
高校での異性との別れ、成人式での彼氏との出会い、夏休みなどのフォーラムでは貞淑な女性が世界観を広げることを認める。
「私たちはどこにいくの?」
経験豊富な女性がリーダーになるのだ。
女の「リアル」と「一般意思」の形成にはそのような女性が必要なのだ。
男女を問わず、痛い目にあうことを恐れない人間がいろんな経験をして「個の完全性」「一般意思」を形成していく。
自分の実績を越えた知性、傑出した魂たち。
人それぞれの魂たちを、自分の実績を越えた知性で導く。
「前向きさ」
隠れたものが隠されている。
これはプラトンのこの世界のなかに仮説というフィルターをかけてみる、という発想と異なり、隠されているものの発掘という発想の転換を行っている。
群れから離れることの寂しさ、社会契約は、夏休みの終わりであり、高校の卒業だ。
この経験を得がたい人生経験としている。
群れと個人であること。
この経験も、恋愛経験と同じぐらい重要だとした。
異なる思惑が協調した国際連盟は駅であった。
【河合その子】青いスタスィオン
仲間作りにだけ一生懸命になった人ほど時代の終わりや変化に慣れていない。
個人の力量を測定する方法は「変化」に直面するということだった。
外に出るための限界もこのあたりの力量にあるし、「最高善」とは人々がぶつかり合ったあげくにできた法律であった。
国家や法律は衝撃、抑圧を扱うものだ。そのため、女性を自由の世界に連れ出すナンパに調度いい話題だ。
女性が好きな自由の世界と法律は両立しない。そのため、暴動を起こす権利はなくても抵抗する権利はある。
チェンジの3つの形体は、交換してしまうことと、改革することと、予防することだ。
チェンジのしようもする人を処罰することは、その人がモテることにつながり、善しかもたらさない。
ボサンケットは、保守ともリベラルとも立場を明確にしなかったが、その関心は物事の効率性や、金のバラまきかたの研究、教育にまで及んだ。
システマティックなスタンフォード哲学百科事典に魂を売ったのが小野光太郎であり、「一般意思」を明らかにしている。
「私たちはどこに行こうとしているの?」
という問いに答えを出したのだ。
雅子さんのハーバードがどのような扱いになるかは未知数だ。

光太郎システム(スタンフォード哲学百科事典)

光太郎システム(中国哲学)

秋篠宮紀子の物語。
私の母は、上の娘に似ました。下の娘は夫の母に似ています。夫の母は物静かな方でした。
貧しさがいけなかったのでしょうか。
私には、表に出せないゆう子という姉がいます。
お兄さんもいたと思いますが、分かりません。
紀子ではなく「はるなこ」と身内では呼ばれています。
私の母も働けばよかったのでしょうか。
沖縄に住みたいです。

紀子さま「貧しさのトートロジー」

1442824754744.jpg
【糖質の解説】紀子さまの「アプリオリ」は貧しさである。これは今後の人生で何を得てもトートロジーにならざるを得ないものだ。その場面を収めた写真は貴重以外の何物でもない。
「与えられた境遇」そして「獲得したもの」という二つのドグマも常磐会のテーマだ。
シュリックは、カントの「与えられた境遇」の重視を批判し、男の言葉とこの女は全く別の原理で動くだろうという快感を重視した。
目標を持った男は同世代の女に冷たいし、ナンパ男は言葉を知らない。
ここに「常磐会の不幸」がある。
ナンパ男も秋になると目標を持ち始め、なぜかみんな失恋するのだ。
秋の女の失恋は男の実存主義にあることを女は知らない。
瀬能あづさ~秋
キーワード「世界は変えられる」

学校では目立たないタイプでした。
娘たちとの競争で疲れはてています。
お父様が隠し持っていた王族と庶民の娘のエッチなビデオを見たことがあります。
それで私は女になりました。
私はウィーンサークル(Vienna circle)のイデオロギーを共有した常磐会の出身です。
わけの分からない議論が嫌いで、減点主義で、男性の科学の大発見だけが好きです。
婦人公論で私は自分と社会の関係を決めています。
本当は徳仁さんが理想の男なんです。なぜなら、雅子さまへの優越感を感じたいからです。
154センチ46キロ。痩せる努力をしています。
お料理もお掃除も好きです。思春期に痩せたし、お母さんが嫌いになったし、学園のアイドルでもなかったからです。
中学に上がった頃住んでた家のトイレが北東にあり、運気が下がりました。
周易によると、トイレは雨の時に水が溜まり、また、女子がいやらしいことをする場所であることから運気と関わるとされる。
常磐会の世界~Playを押してください。
紀子さんの口癖「日本語でどうぞ」
これは形而上学批判であり、経験でわからないものを批判しているのだ。しかし、日本語の可能性も信じているのだ。
自分にとって重要なことが違う。
話題に「現実のコンテンツ」がなければ相手にしない。
写真の非常に洗練された解説を好む。
紀子さんの口癖「論拠をどうぞ」
言葉の到達点を信じているし、何か上の方から物事が解決されると信じている。
「演繹の鎖」を信じているのだ。
男がうまく受け答えしないと泥仕合に巻き込まれ、立ち去ると「逃亡!」といって連れ戻そうとする。
これらは「演繹の鎖」と言って、男に問題の解決を委ねていることを意味する。
演繹を知らない男を憎んでいる。
経験から学ぶことを嫌い、男の言葉による解決を望んでいる。
執行も感じればわかるという立場だし、野心もあまりにも低い。
マリー・アントワネットは思い付きでルイ16世を処刑したし、より高度な知恵を求めていた。
光太郎はルイ16世に見えたが、「パクリレポート」は反形而上学キャンペーンだった。
個であることが自覚され、もはや処刑が信じられなくなったルネッサンス。
光太郎は紀子さんにボコボコにされた。
【髭男爵 】コント「十年ぶりに再会した親友とチェスを楽しんだの巻」
手話は孤独を意味するし、間違っているか正しいかを誰もわからないから好んで使う。
[OPV][ENG] Tanaka Reina 「 愛の炎 」
【糖質の解説】紀子さんがモーリッツ・シュリックをリーダーとするウィーンサークルのイデオロギーを基盤としているとしたのは俺であり、ヒトラーのオーストリア併合は、彼が生きていればなりたたなかったと考えている。女たちの常識とも言える純潔を背景にし、わけの分からない議論(形而上学)を批判し、サイエンスの大発見に憧れた。オーストリア・ハンガリー帝国に共有された思想は、ポーランドにも広まったが、ヒトラーの「レディチャペル」に征服される宿命にあった。女に純潔を求めることを「抑圧」とヒトラーは考えたのだ。
マリー・アントワネットを輩出したハプスグルグ家があった国であるから当然とも言える。
女たちのエッセイのコレクターがこの研究を深めた。
雅子さまがウィーンサークルとは一線を画しているのは周知の通りだが、「私が選んだ道」「お外へお外へ」という雅子さまの立場がむしろ日本の主流だということも知らなければならない。
ウィーンサークルは、木曜の夜に科学だけではなく世の中の出来事を語り合った。
「科学の世界の考え方」というサークルだ。
マクスウェルの悪魔という概念が女性をメランコリーにすることなどをサイエンスから学んだのだ。
言葉のルールは「Lルール」、物理学のルールは「Pルール」と呼ぶ。
言語の完全性を求めたムーヴメントが、言語と物理学の結び付きなのだ。 
エバレットと台湾論
ノーベル物理学賞の取り方
ゴルゴ13~二人のローレンツ力
糖質政治哲学
映画の評論
写真と神
ダンス~ルドルフ・ラーバン
自殺について
お風呂のサイエンス

紀子さまの手紙。
「小野光太郎さんへ。私のこんな辛い人生を共にしてくれてありがとう」
Vienna circle
ベルサイユのばら OP・EDフル

1441608327243.jpg
(撮影:秋篠宮紀子)
下の子は認めていないので「お母さん美人」と言ってくれますが、可愛がっている上の子にそう言ってもらいたいのです。
私は子供が嫌いです。他所の子を見るとイライラします。でも、イケメンがいる道は通りたいです。
ボケとツッコミなら、娘たちの前では私はボケなんです。
夫は身の程知らずなんです。
沖縄の広い海で男性社会に勝ちたいです。
「あ、鳥が横切った」「そんなにアンテナ張ってたら引っ掛かりませんか?」
などの暗号で彼氏を射止めた人生です。
下の子に彼氏がいたらどうしよう。大人だったら大変。
下の子が私の代わりに大人のような心配をして可哀想です。
「大人に裏切られる経験は夏休みにもあるし、クリスマスにもある。しかし、二十歳から二十一歳の誕生日を迎えるときにもあることを村上春樹が指摘している」(小野光太郎)
教わったことしかできないのがU-21だ。それ以降は自分で物事を考えて行動しなければならない。今の能力で私は生きていけるのかしら?教わった通りにやればよかった時代は終わってしまうのかしら?ノルウェイの森の直子は二十歳の誕生日に泣いた。
もう少し子供のことを顧みていいのではないか?と思ったのが二十世紀だ。ルソーはもう少し前になる。
社会契約が切れるのだ。
佳子のことは「まん」と読んでいます。
塾の送り迎えもしています。
三浦理恵子/日曜はダメよ 【PV】
あなたのメシア信仰に、若者の歩く早さを加えてください。目的を持っている(小野光太郎)
今見えている風景がすべてではない(ラムジーメソッド)。
それは、自分により高い次元の知的空間を作ることを意味する。
しかし、ラムジーメソッドは「神学的であり、現実の構造の分析を怠っている」と批判された。
だが、世界は段階を上下していて自然に動くものだとラムジーメソッドは考えたのだ。
これに対して、世界は段階ではなく規模であると批判がなされた。
しかし、今見ている風景がすべてではないということは何度も経験してきたと反論した。
しかし、数学や物理学で考えた方がいろんなものが予測可能だと考えられる。
だが、「どんな別の風景が見えているのか?」は当然語らなければならないだろうとされた。
結局、この議論を仕掛けたカルナップの心は知って欲しいというあたりで話は終わるようだ。

パットナムは、人生経験が浅い人も月の満ち欠けを眺めていれば「今見えている風景がすべてではない」と悟るだろうとした。
自分を拒絶したくなる夜にも「異性への告白」というテーマが私を救ってくれる。
瀬能あづさ~永遠に友達
酒井法子「天使の館」も参考になる。
かわいこちゃんも相対的であり、防衛戦がある。
ラムジーちゃん日本語OP_まんがキッドボックス

1441259386838.jpg

Hikaru Utada@arashi no megami / music box

瀬能あづさ~キスをして、恋をして

ノーメイク眞子佳子。

1441589513086.jpg
(撮影:秋篠宮紀子)
この写真でアリストテレスの神学を知ってほしい。
9世紀にプロティヌスが、この写真の衝撃の理由をアラブ社会に紹介している。
「神聖な学問に関する手紙」で語られている。
このような「驚き」は、アリストテレスが明らかにしていたが、実際に人々が感じたのはアラブ社会においてだったのだ。
写真で「神」を感じてもらおうというのがポーフィリーの立場でもあった。
男の魂はここに介入するのだ。
「伝説もこの程度」この発想が政治コミュニティーを自由にしたのだ。
この人の周りは知性に満ちている、それが大事だったのだ。
この人と関わると何らかの「効果」がある、という観点を重要だ。
世界の永遠を否定することは人間の学問が神に挑戦するという意思表示だ。
クリエイターはひたすら「ひらめき」と「流れ」を見ている。
「神よ!現実を語れ」
純粋な存在であることが大事だ。
神が「知らない」ということは知識よりも大事なのだ。
現在の状況がなぜもたらされたか「分からなかった」という言葉の方が「想定内」という言葉よりはるかに学問を発達させる。
無知にも「低い」と「高い」があり、何かを考えているバカというのが大事だ。
「私のことを知っているのかしら?」これが神だ。
心理学的には、女と精子の学問がこの写真だ。すべての人が傑出した人生を望んでいる以上、写真は世界の魂だ。
しかし、世界の魂には「知性」で答えなければならない。
場の雰囲気を作る「空気」。
治めたいという「水」。
獰猛な「火」。
人を育てる「土」。
心理学はこの4つの分類からは離れられない。
この写真はプラトンとアリストテレスというふたつの伝説を融合させた。
神学を語ったアリストテレスに、写真というプラトン的手法が用いられたのだ。
そしてこの発想は、イスラエルにも広まった。
高いところで語られる悩みは下に落ちていく。
神と言葉と最高の知性は三位一体だし、神と小野光太郎とスタンフォードも三位一体だ。
これを最後に指摘しておきたい。

水と幾何学模様は女を純粋にする。秋篠宮のプライベート写真。紀子さまの大事な一枚。

1441924890911.jpg
(撮影:秋篠宮紀子)

秋篠宮文仁の本音。
根っからの学者。研究時間が欲しい。
紀子さんと大喧嘩したあとに、ビールの缶が倒れ大笑いする。
「光太郎さんがやったんだろう」と話し合った。

周瑞家の息子のもとに皇帝の娘が遊びに来た。
「お嬢さん、今日は」
「私は朝から晩まで患者を診る人生だよ」
「海の向こうに何があるか知っているかい?」
娘「死人か悪巧みでしょうか?」
「ははは、悪巧みの雨などあるものか。みんな薬を飲んで生きているんだ」
娘「冷香丸でしょうか?」
「何だそれは?はじめて聞くな。調べてみよう」
「ああ、それは香菱のことか。都会ではハイカラな言い方するな」
さすが都会の娘だと皆思った。
息子がお城に送り届けたら、見張り塔の人間が鐘を鳴らした。
それでデートは終わった。
都会で息子は冷香丸を買わされた。

ケンドール・ウォルトンは、人間の本質を見せた方が人々が感動するとした。
紀子さまの憧れの新築。

1442834511038.jpg

1442834511535.jpg

お料理大好きな紀子さまのキッチン。

1442834809684.jpg


「トルストイ」
フランスでナポレオンがヨーロッパの半分を征服した。
ロシアは、将来の不安などを抱えることになった。
家族は戦争で喧嘩をし、離婚し、いやらしいセックスを行った。
資本主義の時代に、結婚にお金の話がまとわりつくようになり、男は資金力を競いあったし 女はお稽古事をやった。
結婚に強烈な愛がともなった。このように人々が説明するようになった。
トルストイは、愛を語り、戦争を語った。
五十才になるまでには読んでおくように、と人々はトルストイを評価した。

眞子ちゃん語録。
「男は精子タンク」
紀子さんに「ちょっと話がある」と呼び出される。
違法ダウンロードの問題で、ランダムアクセスメモリーへの記録までは規制できないことや、絵で書いた幼児ポルノは規制されないことなどを糖質に教わる。
模試で成績が悪かったときの言い訳。
「前の席に腐った糖質みたいなのがいたから」
紀子さんに国会図書館で糖質に英語を教われと言われて、
「私は英語が得意なのである」

【番外編】エリザベス女王にとってダイアナは王室の生け贄であった。医者でも政治家でも有名な人間は肉を食べることでダイアナになり、女王にとって素晴らしい人はすべてダイアナに見えた。

皇太子徳仁の物語。
「世界を幸せにしてくれ」
俺は神だ。俺の名前を出していろんな人が物事を治めてくれ。
顔の若々しさを見てほしい。皇太子殿下は体にメスを入れていない。
ポリープも薬で治している。
また、彼は夢を見る。つまりアル中ではない。
しかし、抗がん剤による体重減少を引き起こしている。

1442115072629.jpg
せき、顔のこわばり、歯の痛みでポリープを疑う。
しかし、胃から出血して失神した、と皇太子は証言している。
腫瘍ならば顔の麻痺を見ておけばいい。
しかし、胃の出血だけならば興奮を抑える薬を与えておけばいい。
皇太子も「王朝の薬」とは無縁ではなかったのだ。
腫瘍が確認できればロイコボリンの投与であろうが、いずれにせよ医者は「単なる出血による興奮」か「腫瘍によるロイコボリンの投与」かの決断を迫られ、抗がん剤を投与したが、彼の顔色は極めていいまま、ウェイトロスを引き起こしている。

天皇明仁は、あごが前に出てきている。
これは、レム睡眠とノンレム睡眠をN1.N2.N3と繰り返して目覚めることがうまくいっていないことを意味する。
朝は興奮し、心臓に負担がかかる。

彬子女王の場合。子供の頃、お布団の上でご飯を食べたため、16歳の頃から生理がなく、膣痙攣になりました。
セックスの時は痛くて仕方がありません。
勃起しない皇太子殿下を愛しています。

1442227457776.jpg
ヒスロン、プロベラ、ルトラールを光太郎が処方している。
若いお母さんになりたかったです。今は治療中で私の哲学の先生を待っています。
松田聖子 ハートをRock

先生。追いかけっこしましょう。
垂加神道

【番外編】吉永小百合さん。
国家は神話についていく。それを理解していた行政官が、昭和天皇を神話として高度な国家、経済統制を行った。
アドルノを理解していた連中だった。
永田鉄山などだろうか?
行政官はエリートでも、司法官は格下だったのだ。
平沼騏一郎は、検事総長として行政官をことごとく呼び出し、行政官を詰問した。
平沼騏一郎は内閣総理大臣になっている。
吉永小百合のお母さんは平沼騏一郎の愛人だった。
母は、娘にナチスドイツの美容整形技術を施し、ステージママとして君臨した。
吉永小百合の出生の秘密だ。

ノーメイクでも目の大きさは際立っていた。
子供がいないことから、「免疫抑制剤を飲んだことはありますか?」と聞くと、「とつても気分がハイになります」とそれが理由であることを認めた。
映画の撮影を戦争にたとえ、「100マイル進むとお金が70万世帯に行き渡る」と孫子の兵法を引用すると、「う~ん」と考え込む吉永さん。
そんなお金はなかったのだ。
「17歳年上の夫がいます」というので、「精子は卵子に向かうエネルギーの十倍で他のライバルを蹴散らす。旦那さんのエネルギーは相当なものだったと思います」と言うと、
また「う~ん」と考え込む吉永さん。
頭にニット帽をかぶり、医者を追いかけるときも「ああっ」と倒れこんでしまう姿は映画そのままだ。
光太郎に「私は善で貴方は悪」という台詞は伊豆の踊り子のままだ。
吉永小百合さん(70)の恋愛のストライクゾーンに光太郎(44)はいまだど真ん中に入っていた。
心は若い女性でした。
25歳で「青春大全集」が大コケした。それ以前の吉永さんは渡哲也も「結婚しようと思いましたが無理でした」と語っている。
ステージママを嫌いになったとき、吉永さんは「大人になるって簡単なんだな」と思った。
美空ひばり作詞。
松浦亜弥 - 草原の人 [PV]
「正田美智子」
マーシャルプランにより、アメリカ合衆国は日本国に小麦粉を流した。
平和の食事と呼ばれ、日本国に普及させようという国策だった。
日清製粉も、娘に高度な美容整形技術を使うのは当然だった。

【番外編】渡辺満里奈さん。
かつては、おニャン子クラブ時代に、学園祭がパニックになるから学校を休めと言われた満里奈さん。
しかし、その地位を得た代償としてレイプ経験を持っていた。
ラパマイシンという病魔におかされ、その場の男たちを指で数え、一人一人に腰を振る奇妙な性癖をお持ちの方だ。
そんな症状にはフルーツ、野菜、ローファットの食べ物。
BMIは20~27に抑える。

【番外編】松浦亜弥さん。
太っていて胸がデカかった。
色の白さが際立っていたが、目の下のほくろを気にしていた。
口をヤンキー風にポカーンと開ける癖がある。
子宮筋腫によるうつ病で、カルシウムやアドレナリンが必要だし、女性ホルモンも必要だ。
デトルシトール、ダラシン、フェソロデックスが有効だ。
全盛期に丸山台中学校前の交差点なとで光太郎をストーキングした経歴あり。
LOVE TRAIN 松浦亜弥コンサートツアー2004春~私と私とあなた~

【番外編】高橋愛さん。
思い出したくないことがあり声が出なくなる。顔の表情も失われる。
興奮から心臓への影響が出る。
ニトプロ、ニコデール、トランデートを処方、
サラダと塩でもいい。
光太郎の前でしゃがみこんで泣いたふりをした。

【番外編】田中有紀美さん。
咳が出たときの高熱で統合失調症になる。
耳が聞こえない女の子と筆談したりする優しい人。タバコを憎んでいる。

8月26日団藤重光と議論。
光太郎「日本国はデュープロセスを採用している。デュープロセスとはフェアプレーのことだ。凶悪犯罪者もその場で処刑せずに長々と刑事裁判をやる。そうでなければ巡査が陰につれていってその場で処刑するだろう。フェアプレーが問題だ」
団藤重光「日本国はデュープロセスは採用していない」
光太郎「あなたの歴史的評価が抹殺できて光栄だ」

昨日出来なかったことが今日できる、これが信仰心だ。
美智子は3カ月前に光太郎につけて笑っていた「重り」を今日再びつけて、光太郎に怒られた。
タバコの煙は遠くを信じていたし、これが自分の歴史的評価だと悟っていた。
「私は世界平和すら祈っておりますの」
世界平和というのは、たとえば、靴下を履いていない女性に「靴下を履きなさい」と言って「うるさいなあ」と思われるだけの学問だ。太った糖尿病の伯母さんになったら大変だと思って言うのだが、注意したら当事者は何事もなかったように生きるだけだ。
最高の学問を要求されながら、みんなつまらない。
この台詞は美智子の信仰心のなさを示している。
「私は何か学ばなければならないことがあるのでしょうか?」
「男の労働を見ていなさい」としか言えないレベルの人だった。

光太郎は28歳の時にインターネット時代の扉を開いた。
デビュー2年目のホームランキング、マーク・マグワイアのような男だったが、美智子はこの男が三冠王をとる41歳になるまで直接会うことはなかった。
テレビのスクリーンなどを使って眺めていた。
41歳の時のノーベル文学賞ノミネートの時に、慌てて飛んできたのが真相だった。
翌年はノーベル経済学賞、さらに神社の教義を書くに至り、宮内庁に仲間を作った。
美智子は自分の得た有利な立場を「不当利得」と考えるようになり、娘を自由にするために光太郎に重りをつけたのだ。
マスオとフネの間の「敬語」の存在は男性優位の社会であることと不当利得にあるのだ。
おニャン子くらぶ いじわるねダーリン

美智子さんが光太郎の後頭部を愛したのも自分の絶壁頭に自信がなかったからだ。

清子は、光太郎がうつ病の頃覚えた面白話を愛した。
その頃光太郎が吸っていたマルボロメンソールを今でも吸っている。
妊娠して滑舌も悪くなった。
I Remember / SPEED

紀宮は言いたいことを言わない子だった。その代わり優しさがなかった。

8月13日木曜日20:30
光太郎は、この皇位継承ゲームを日本国において二度とやらないと誓った。
光太郎がマルクスアウレリウスを越えた瞬間だった。
大雨が降り、川は水に溢れ、世代の憎しみは怒濤のごとく海に流れ込んだ。
マルクスアウレリウスは、お妃さまの好みにしたがいセプティミウス・セウェルスをアフリカから連れてきたが、軍人皇帝の時代に突入し、皇帝はしだいにローマやイタリアとは異なる慣習や宗教に傾くようになった。五賢帝時代の終焉だった。

「チャタレイ夫人の恋人」
セックスにおいて女をひどく従属的に描いたことがフェミニズムのムーヴメントに影響を与えた。
これに関して、日本国では「なにかいやらしいことを書いているんだろう」として翻訳し、出版し、猥褻概念と芸術の関係が明確になった。
天皇明仁も「読んだけど大したことなかった」と皇太子時代に発言している。

「金閣寺」
三島由紀夫は、東大で天皇に銀時計をもらった。
このとき彼の文学者としての立場は固まった。
天皇を守るための理論。
時代の輝きは天皇。
周囲には嫉妬もあったし、天皇は兵士たちの憧れでもあった。
兵士は天皇に妻の心を奪われ、戦地へ赴くことになる。
これが民族の永遠の象徴たる天皇だった。
しかし、三島にとって本当に美しかったのは、時代の影に隠れた銀閣寺だった。
それは、三島由紀夫自身であったし、兵士たちであった。
これを檄文として記し、自衛隊市ヶ谷駐屯地に向かっている。
それは、美智子さまを奪い返すためであったのだろうか。
銀閣寺の美こそが天皇へのクーデターの原動力となることを知っていた。
地上波の登場は美智子の争奪戦を引き起こした。美智子を落とせば天下がとれると三島は思った。
ただで見れる番組が地上波ではなかった。国内最大の影響力を誇る媒体が地上波であることはいまだ変わらない。
文学が直面した白黒テレビへの怒りだったのだろうか。美智子が白黒テレビならば、三島はカラーテレビだった。

光太郎が夜、街を歩いた。
「赤い月の夜は不吉なことが起きる」
と言った。
清子のことだけを心配していた。
海沿いの道路で月が見えた。
「あれは赤くないか?」
風岡典之「黄色ですね~」
解釈改憲した。
どんな男社会の権力者も宇宙の意味には逆らえないことを知った。
本来、女性が宇宙を利用して男を脅すのだ。
瀬能あづさ~何かが道をやってくる

8月23日光太郎は足のかゆみをハリソンの医学書を読んで靴下を履くことで治した。
苦しい苦しいと言って本来は糖尿病一直線の症状だった。
苦しい苦しいと言って打つ手なしだった美智子皇后に謝った。
美智子と日本医学界の関係再構築だった。

日本の暗い魂が、米英の明るい魂に負けた。爽快感しかなかった。
しかし、マルクスもフロイトも金と女の話もわからない時代への不安だけがあった。
三島由紀夫さんの貴重なインタビュー映像です。

のちに小野光太郎と激しい恋に落ちる紀宮清子。イエスさまを崇拝し、光太郎がイエスさまに。お互いがお互いを独占しあい、激しい駆け引きをした。
清子は、子供の頃、礼宮(秋篠宮)にぶたれてアザを作った顔を鏡で見た。
女の子にとってそのショックは計り知れず、てんかんになっている。
人混みが嫌いで、ラジオやウォークマンを聞くと目の前に光がチカチカします。
この子、どこかおかしいわ?と美智子さまは思いながら愛情を注いでくれました。
上のお兄さんに抑圧され、天皇明仁に抑圧されたため、胸が性感帯にならず、それを治してくれたのが光太郎さんでした。
光太郎さんがファミレスで製薬会社の新入社員に医学を教え「科研の若造を覚えておいてください」と言われたときに胸に強烈な快感を覚えたのです。
抑圧された女性に必要なことは男性社会で実力で勝つことだと知りました。
それまでは胸をさわられるのが嫌いだったし、人に見せたかったのです。
お母さん(美智子さん)は大好きでした。一緒に私たちが映っている皇室特番を正座して見たし、ナルシシズムもありました。
そのために私は不感症になっています。
不感症がなおったのも光太郎さんとの出会いでした。
一緒に良子さんの虐待等の企画を練っては楽しませてくれたお母さんでしたが、光太郎さん虐待という企画を美智子さんは提示してくれたのです。
しかし、スポーツ界、文学界、法学界、医学界、音楽界の話などを一流のレベルで平気で話す光太郎さんはお母さんよりも遥かに楽しく、私の不感症は治ってしまいました。
光太郎さんが私を女にしてくれたのです。
光太郎さん虐待の企画への光太郎さんの怒りは治まることを知らず、それを主導した羽毛田慎吾に、左目をタバコで潰すように命じました。
それほど光太郎さんはいじめを憎んでいたのです。
光太郎さんの肉体が鍛えられていたのもいじめが原因でした。
しかし、羽毛田慎吾は逃げてしまったのです。
左目を潰したら、光太郎さんが作った八幡ネットワークのオーディンにしてやるといっても逃げました。
70歳過ぎて、死ぬ覚悟もなく光太郎さん虐待の美智子さんの企画の立案を行っていたことを知りました。
ノーベル賞三冠という偉業を成し遂げようとしている光太郎さんに必要なのは研究資金です。
しかし、賞金まで没収しているのです。
光太郎さんはともかく、日本国の失ったものの大きさを考えなければならないのです。

1438154173958.jpg
独占欲
昔の紀宮清子は「白」
今は光太郎が「赤」、清子が「緑色」。
赤は男で緑色は女。補色。

「清子はバカだ。光太郎はバカだ」(神聖な名前)
大人になるたびまっすぐ恋した清子。
[OPV][ENG] Tanaka Reina 「 愛の炎 」

レッグクランプノクターン(夜、眠れずに考え続けること)が、7月30日朝の光太郎からの電話で一気に清子を立てなくさせた。
清子は光太郎のことを考え続けた。
うしろゆびさされ組 - 行け! ヘラクレス!! [Bass]
血管が浮き出ている人は寒い国の生まれで音楽を侮辱する。
秋元康と後藤次利。

7月31日美智子が光太郎に土下座する。アメリカ軍需産業レイセオンの社員の心を一手に引き受けようとしたからだ。
美智子は、今後も口座からお金を引き出せることを知り光太郎との関係再構築をしようとして土下座したが、光太郎は政治活動資金の締め付けをやられるだけだと考え、美智子の頭を踏みつけるしかなかった。
「えらい大人げないことをしてしまった。申し訳ない」と光太郎は謝る。

お祓い:今までの記憶を条件を変えることで忘れさせようという儀式。

「ラカンさえなければなあ」(美智子)

ナイスガイは、何も取り柄がなくても敵がいないし体を鍛える必要もない。敵がいて体を鍛えていない奴は将棋をやったり楽器をやったりする。

光太郎と美智子の会談(2015年7月3日夜9時から1時間、ジョナサン三浦海岸店喫煙室)

「あなたは清子と認めあうことが必要だ。清子は大阪の大富豪の貴婦人の娘であり、その人はあなたに優越感を持っている」
「それを理解した上で清子をくださいと申し上げている」
「あなたが動かないと日本国が動かないのは承知している」
「もしあなたが生まれ変わるのならば偶像ではなく庶民の娘、孔雀ではなく雀として生きてください」
桂銀淑,すずめの涙 1998-12-10

光太郎と天皇明仁の会談(2015年7月7日朝8時新橋のオアシスの風呂にともに浸かりながら)
「あなたの寿命は天皇裕仁と良子の亡くなった歳あたりで決まるだろう。それを踏まえて人生計画を練らないといけない」
「美智子さんのご病気は、テニスをするとスッキリするそうだ」
「なぜあなたが天皇という神になったかというと側近がいろんなところに介入したいからだ」
「しかし、あなたも人生に傑出したものを望んでいた」
「若さを無駄にした日々には熱く命を燃やしたことこともあっただろう」

2015年7月13日(光太郎と清子のデート)
「あなたには自尊心があったし、俺には女性差別があった」
「茶道について研究した」
「お稽古ごとにお金をかけていいパートナーを見つける女の子」
「日本舞踊は、女の子をステージの真ん中に立たせてナルシシズムにひたらせる」
「それにも目的がある。おっぱいを性感帯にするためだ」

7月15日(羽毛田信吾発言)
小野光太郎「五億円集める力を天皇の排除に向けていたらどうなるかわかってんだろうな」
羽毛田信吾「やっていいよ」
解説:官僚的オポチュニズムとは、政治家の政治力に官僚が右往左往させられることをいう。

「サルベーション」
光太郎に対して「ああ、つまんねえなあ。いじめらんねえなあ」と言った羽毛田信吾。
しかし、なぜ男のおちんちんが白い人がいるのだろうという議論で、医学書で五分で「バンコマイシンを飲んだから」だと指摘した。
みんなの見ている前で、あなたの予言通り、あなたが窮地を脱するのを見た。
これがユダヤのサルベーション。
窮地を脱したときに人は他者を許せるのだ。
追い詰めた側は、本当に深刻な場面に遭遇するが、そこに救済がある。
光太郎の前に羽毛田が現れた。感嘆し窮地を脱した光太郎は怒った。
お前の名前はあえて言わない。名前をつけない、愛情を持たない、これだけで人間というのは人を殺せるものだと語る光太郎。
じっと何かを睨み付ける名無しの男に、「人生をふりかえっているのか?」などと語る。
しかし、アカデミズムへの貢献という満足感から最後に男に名前をつけて処刑をやめる。
「羽毛田くん」光太郎は言った。

「隣人愛」
政治的な邪魔物を、人は「生きてるものはしょうがない」とかんがえ、何も学ぼうとしないものだ。
邪魔物から学ぶことを「隣人愛」と呼ぶ。
自分がされて嫌なことを人にするな、とカントは言った。
隣人愛のない年寄りにも豚肉を薦め、臓器の復活の実験をする。
要するに、情報源の違いや余裕が違うのだ。
貴様らが俺が生きていることにより学ぶことがあるから俺はいきることが許されている。
大学教授が「私は生かされている」といっても不思議ではないのだ。

「愛国心」
基本的には、国が私や私の友人に何をしてくれたか?が愛国心の基盤だ。
しかし、隣の国の愛国心が高まればこちらの国の愛国心も高まる。
これは性欲と同じ原理だ。
石原慎太郎は、二十年間、安定的に日本国が統治していた尖閣諸島を東京都が購入するといって、中国の愛国心を高め、日本国の愛国心も高め、募金を募った。
靖国参拝も同じ原理だ。
政治家がファイナンスのためにやるのだ。

麻生太郎財務大臣。
障害者をキチガイと呼ぶ。
光太郎は「みんな神に作られた作品だ。医学書にある法則にしたがっている。障害者はその人本来の人格を示すものではないと発言した方が大人ですよ」
麻生太郎は光太郎について語った。
「嫌いじゃないよ。そういう人」
(麻生太郎のソフィア)
 
牧野尊行宮内庁審議官発言。
光太郎が自分の時代を「大正」と呼ぶと、牧野はそれを「明治である」とレトリックでの訂正を行った。
光太郎の時代の永遠を祈った。
寿命が縮むような光太郎の荒行だった。
あるいは、「大正天皇は元気はつらつであったが傲慢さが災いして毒を盛られただけだ」
という光太郎発言に、「光太郎の才能に勝ちたい」「でもできないという深刻さ」「出口もない」という思いがあったのだろうか。
牧野は涙が止まらなかった。
[FANDUB] 松浦亜弥 - 涙のわけ (Namida No Wake)

美智子さんは、子供の頃、トイレで「童貞狩り」のエロ本を読んで自分のフェチにしている。それでおねしょを止めたのだから幼児的自我となったのだ。

三島由紀夫に憧れていたのは美智子さんだった。金閣寺に放火した男がいた。表舞台の美しさに放火しやがって、銀閣寺の方が美しい、三島は考えていたのだ。

愛子さまとのデート。(2015年6月15日)
三浦海岸の小野光太郎私邸にて。
朝、話をしてもどうも通じないが、三浦海岸の海で、砂の感触を感じ、「女は土から生まれ土に帰る」と言い、ドネアトレーニング、アリシャツフルを披露し、
こんな男でも広い海と明け方の空には敵わないと言い、砂に「天皇光太郎」と書いて、文字は波にさらわれた。
そのあと、愛子さまはタバコを吸った。
愛子さまはお母さんが大好きだった。
しかし、自閉症だったのだ。
自閉症を治すためにはお母さんが嫌いにならなければならない。
それは女の子にとって病気をも治す「ショック」だったのだ。
そのため、愛子さまにマリオカートをやらせたり、クラスの成績優秀な男の子に鉛筆を渡したりすることを提案した。
皇太子殿下は「頭がおかしい女の子。暴力的だね」と言っていたが、雅子さんは愛情をもっていた。
自閉症は治るのだが、それを周囲に侮辱されると精神錯乱になる。
それは夕方になると特にひどい。
自閉的が治らないと文字を読むこともできない。
とにかく、カレンダーと時刻を教え、何月何日何時何分かを明確にし続けるしかない。
雅子さんは不感症だった。
「金と麻薬セックスのためなら嫌いな男とも結婚するのが女だ」と言って皇太子にショックを与えていた。
不感症女は「うんこ」と言っただけでも笑うし、お葬式の「チーン」という音にも笑いをこらえる。
優美子はステージママだった。
女子中学校は、男言葉を使う世界で、男言葉を使う勉強は得意でした。
ステージママの言うことを聞かず、雅子は恋愛の道を自分で決めたし、外に出た。
ステージママは、外国で言葉の通じない女子が何をしなければならないのかを知っていた。
のちに大きく影響を与える帰国子女の現状があった。 
優美子も必死だった。
雅子「ママ。ごめんなさい。愛しています」

7月23日(月)雅子さんと光太郎の会話。
「あなたはお化粧をしていない。子供を産んでいるからだ。言うことすべてが競争をしていない」
「愛子さまとあなたはライバルだ。愛子女帝論はあなたが認めないはずだ。」

光太郎の五億円を口座から盗んだ美智子「お金がほしかったんです。お金がほしかったんです」との証言。

夫が勃起するためには。
バイアグラだけではダメ。
セックスの歴史を女性に聞いてもらったり、札束の入った財布を見たりする。
レバチオ、アドルシカ、シアリス、レビトラ。

天皇の母親(良子)は、知恵と力を生み出すために異なる男の声を聞きたがり、裕仁と比較しては裕仁を怒らせていた。
「俺の声じゃ不満か?」
良子を食べた狼が美智子であり、そのお腹から生まれたのが清子だった。
清子は、いろんな男の名前を出しては光太郎を怒らせた。

日が昇るたびに光太郎が大人になっていく気がして。

女が影響を与えている男。私にはこう見える。
楽しさ、美しい行動、インパクト、科学、数学、意味論。
ガチンコの戦い。
aさん、bさん、cさんなどが存在し、F、G、Hという別々の経験を持っていて、信念、言葉、生活習慣、人生設計を持っている。
私の方が強い、みんな仲間、現物を動かすやつしか信用しない、法則から道を見つけてくれる人、などがこのような地図を作った。
左翼活動、女らしさ、プロレスが現実に勝った。

1432200167974.jpg

顕微鏡で見た男、財産。

「うんこ一発、群れのボス」
美しい女性がいじめられて、外で野糞をさせられた。これは、コミュニタリアニズムという法則で、この事の意味の重さが美智子を宮内庁のボスにしてしまった。
虐める側も「法則」を知らなかったのだ。
アリストテレスは、「勇敢とは臆病と向こう見ずの間の自制にある、とし、武勇伝を自慢するものは不適切なものから快楽を得るだろう」として、このような行為を戒めている。
野糞をするというのは軽犯罪であり、誰かにきつく怒られるだけで済むものだが、美智子は野糞をすることで退路を絶った。

「罪の告白」
画家は、一生懸命絵を描く。
しかし、うまく描けた絵も描けない絵もある。
なぜうまく描けなかったのか?
それを語る行為が「罪の告白」である。
神の意志により近づく行為だと言える。

精神錯乱を起こした人には「時計を見せる」「カレンダーを見せる」ということが大事だ。
ウェルニッケ失語症を起こした人は発狂と区別がつかないため「あなたのお名前は?」と聞いてわれに返らせることが周囲に求められる。

不定愁訴。
持続的で、過剰で、非現実的な心配。筋肉の緊張。集中力が下がる。
いつも崖っぷち、休めない、不眠症。二十歳の前の子供の頃の心配。
家族の歴史から研究。

「行李ひとつで来てください」というのは、美智子が野糞をして、社会に居場所をなくし、皇室に来るしかなくなることを意味した。明仁の独占欲であったのだろうか?
Morning Musume (モーニング娘。) Dokusenyoku (独占欲)

【研究途中】

« 真ちゃんの歌 | トップページ | マルクス~地球が道具だ。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美智子のリアリズム:

« 真ちゃんの歌 | トップページ | マルクス~地球が道具だ。 »