最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« プロ野球という宗教 | トップページ | 自殺 »

2015年5月10日 (日)

白色テロ

「白色テロ」
現実の、意図的な、広範囲の紛争。
個人の争いは戦争とは言わない。
政治コミュニティーでなされる。
テロリストも含まれ、国家の発展のために行う。
国家とはなにか?
ネイション:多くのものを共有している人々。人種・文化・言語・歴史的経験・理想・価値・ファッションなど。
ステイト:領土。
地方のエスニックグループ。
その領土で何を言うか。統治。
誰が権力を握るか?富を得るか?資源を得るか?
誰がメンバーで、誰がそうでないか?
平和へのプロセスが分からないからやる。
誰の理想が勝るか?
どの法が作られるか?
何を学校で教えるか?
武器は本物でなければならない。
境界パトロールは戦争とは言わない。
明確なコミットメント(引き受け)がなければならない。
大量の兵士を投入しなければならない。
統治への同意ができない場合。
戦争。残酷で醜い企画である。
人間の社会と変革の歴史。
出来事において何が正しいのか?
我々を常に危険にさらす。
911テロの反撃としてアフガニスタンを攻撃し、サダム・フセインを倒し、スーダンのダルフールで戦い、マドリッドやロンドンの爆破テロと戦った。
暴力から人々は議論し、考える。
何が正しくて何が責任か?
ribbon - .ゆっくりと好き

« プロ野球という宗教 | トップページ | 自殺 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白色テロ:

« プロ野球という宗教 | トップページ | 自殺 »