最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

お悩み相談所

三浦海岸のジョナサンに呼び出してくれれば医学、法律学、哲学、宗教、政治の相談に乗ります。
電話080-6745-8440
小野光太郎

医学部大学ノート

夜中に発作もないのに何度も目が覚めるのは、医者が自殺を助けようとしたことによるものだ。
「動物を殺すとはどういうことか?」を考えなければならない。
目的を持った生き物と言えばクジラである。
子育てをするという目的を持っている。
そのクジラに愛情を持つと殺せないことを知る。

レイプされたら、長い太りやすさとのお付き合いが待っている。
果物や、野菜、繊維やミネラルをとることを心がける。
BMIは、21~27となるように心がける。
水分も1リットルとり、魚も週にいっぺんは摂る。

バリントシンドロームというのがある。
鏡を見るのが嫌いになると、声に反映される。
人の顔の区別がつかなくなり、車の区別もつかなくなる。
ひたすら鏡を見て、声を良くしていかなければならない。

子供のグズりの解消のためには、子供言葉が寝る前に「心臓のドキドキと汗」を心配しているからだ。
このときに「寝ているときは心臓も汗も脳が自動制御してくれるよ」と教えることが大事だ。
するとすんなり眠ってくれる。

「片方の耳が聴こえない」
耳はバイラテラル(左右)のものであり、片耳が聴こえないのは脳の問題ではない。
末梢神経の問題であり、ものが二重に見えるという症状がおき、発声練習が必要だ。
ディックスハルパイクは、患者の目を見ながら聴こえない方の耳の方向に患者の顔を向けてみた。
目に願望が出るのだ。
メニエール病を疑ってMIRを撮影するが、ステロイドホルモンや、SSRIsを投与する。

貧乏ゆすりは、社会の安全が確保されてないことを意味するが、総胆管結石を疑い、ウルソを与えた方が有効だ。

腸閉塞は、肝臓が原因で便が出なくなる、
デアメリンが有効だ。

統合失調症は、六番目の遺伝子と二十二番目の遺伝子の異常があり起きる。
原因は「栄養不足」「酸欠状態」「熱」「マリファナ」だけだ。
トランス状態をジャンル分けしたのが精神科医療の歴史であり、自分の足で病院に来た、バイクで来たなどの人は精神病ではないと割りきった方がいい。

あごの震えは、エナメルが原因で、ペンキとどのように関わってきたかを聞く必要がある。

てんかんというのは、「子供の頃の発作のトラウマ」が原因であるが、幼稚園の頃、詩文の顔を鏡で見て「ハンサム」「美しい」などの理由で治っている。
てんかんは低学歴を余儀なくされているが、カーラジオの禁止、薬を飲むなどで大人になったら他の人とあまり変わらなくなるが、お金がない人が多く、「目がうつろ」「わかばを吸っている」「メタボ」の三つで分かる。

足の悪い人には「眠れないでしょう?」と聞く。大抵、眠れていない。

腰が痛いという人には、ラジオを薦める。しかし、てんかんの人にはこれを避けなければならない。

一番上の子しかお酒を飲めないことも知る必要がある。

日本にいる140万人のB型肝炎の人も、肝性脳症を抑え込むためには「アミノフリード」を処方すればいい。
純度の高いアミノ酸と肝臓との関係を精神科医療は知る必要がある。

下痢をすると色々原因を探求するのだが、虚血症の可能性がある。
アスリートでも、我那覇和樹という選手が、スタミナをつけるために「ベタナミン」を使用している。
一回の心拍数でどれだけ血液の量を増やすかという有酸素運動も、下痢と虚血症の治療を利用している。
ribbon "ハートだけがUNIVERSE" '92 日比谷野音

睡眠というのはドーパミン調整だ。眠気を感じたら十分間目をつぶってドーパミン調整をしてみるといい。
Matsuura Aya - OO - Joshi Kousei no Shuchou

女が群れを離れると目が飛び出てくる。これは女の前立腺を治療すれば治る。

顔色が赤いと、吐いて崩れ落ちたことがあるかどうかを見る。そのときのトラウマでてんかんになることがある。

赤面はビタミンBと深呼吸。

夢を見なければアルコール中毒。

痛風の治療薬。
ケナコルトA(関節に注射)
マキュエイド(目)
アフタッチ(感染症)
レダコート(クリーム)
メドロール(感染症)

攻撃性から、思春期に精通しないで両刀使いになった可能性を考える。
奥さんは格が落ちるが勃起して射精をしないため、おしどり夫婦となることがある。

薬によるうつ病はβアドレナリンブロッカー、カルシウムブロッカーのせいだ。牛乳を飲んで深呼吸をしよう。

顔の歪みは深呼吸。人混みやカーラジオによる発作も深呼吸。生理前の落ち込みも深呼吸して治せる。
深呼吸して/渡辺満里奈 with おニャン子クラブ

目の下にくまができていたら食欲がなく、プリンやヨーグルトを食べさせる。タバコをやめさせカオリンペクチンを摂取させるのだ。
風呂での目の充血にはカオリンペクチンは効かないようだ。

発作というのは子供の貧困と関わっている。血圧に注意したり、インスリンへのアクセスを確保したりして対処する。

感染症というのは、感染ルートの解明をする必要があるが、経済学が必要だ。
世界ネットワークを最初に作ったのは猿であり、人間のネットワークにおいては、もはや感染症は男女、知的レベルなどによる分析が必要だ。
「情」のあるなしで感染するかどうかは決まり、心臓病も「情の学問」となっている。

女性ホルモンによってメタボになりやすいし、大量に食べたら心臓に来る。
空腹に苦しむ。
満腹感を味わったあとの心臓発作は男性より女性の方が倍の確率になる。
生理の時は女性ホルモンは撤退する。
男が女性ホルモン漬けになると太る。
Sexy8 Shiawase Desuka 幸せですか?

優性学というのは、人間の賢さを探求したものだが、鈍い男ほど生きていきやすいという観点を知る必要がある。
中曽根康弘元首相は、私が「老化」という項目を英語の医学書で読んでいたら、「やめちゃうの?無責任だ」と発言している。
あるいは、スタップ細胞の観点からは「目的を持て」「こうあるべし」という発想が若返りに繋がるとされる。

心配事が首やアゴの痛みとなる。

感染経路を探求する学問を疫学という。頭の良いもの、そうでないもの、男、女、経済学からのアプローチが必要だ。
猿が世界ネットワークを作った最初の生き物だが、人間は感染症に関しては「神が与えた有効なもの」と考えなければならない。

蕁麻疹はおしっこをしないことから来る内出血だ。

糖尿病は、ルーズなズボンをはいて靴下を履かないことから起きる。
靴下を履けばいい。

顔がむくんだら塩水に近いものを飲む。

疲れと眠気が戦ったら深呼吸する。

足を机の上に投げ出すと血行が良くなる。

根性を振り絞っているときに目が充血する。

子供の頃、虐待されてホモになると、タバコの銘柄の区別がつくようになる。

女性は妊娠したあと、でっぷり太った状態になりやすい。
これは糖尿病や心臓病のリスクを高めるし、乳ガンの確率も高める。
しかし、女性の方が男性よりも長生きなのだ。

眠る最初の二時間、おしっこに不規則に通ったり、食べたり、家から出たりすることを断片的に覚えていることを夢遊病という。

禿げというのは、恐怖によるものと、そうでないものに分けられる。

痛みを感じている部分に「世界一の名医」が手を触れるだけでいいことがある。

精神病院での話。
老人向け。
「左腕は挙がりますか?」(挙がらなければアルツハイマー)「物忘れがひどいでしょう?」

「子供の頃発作を起こしましたか?」(目の力が弱ければテンカン)

「右フックをテンプルにもらったことはありますか?」
(指紋がなくなる・心の警告に敏感な指)
(あれば言葉がはっきりしない)オカマになる。

「じゃあ若い頃のマリファナでしょう?」

今は何月何日何時何分ですか?
あなたのお名前を言ってください。

腎臓が悪いといってもひとつの発想でね。
太ると腎臓が悪くなり水分がほしくなり、おしっこが止まらなくなる。
いろんなものを少しずつバラエティに富んだ食事をして体重を落とすとおしっこが止まる。
問題はハイパーテンションであり、よく眠り、夜、決まった時間は布団から離れず横になる。
携帯をいじったりiPodを聞いたりしてもいいから横になる。
血圧を下げてサラダをよく食べる。
塩をなめるといい。
腎臓というのは太りすぎの罪だとされる。

認知行動療法とは何か?
人間はレイプなどの恐怖にさらされたときにPTSDになり眠れなくなる。
体から心に情報を吸い上げるという快楽の作業がうまく機能しなくなる。
大事なのは「恐怖にあえて身をさらしてストレスに慣れていく」ということであり、
120分のメニューを12回行う。
病院では点数が同じであるため20分ぐらいでごまかしてしまうことが多い。
臨床心理士ならば金はかかるが120分やってくれるとされる。
厚生労働省は承認していないが、SSRIsといううつ病の薬もPTSDに有効だとされる。

緑内障にはベバシズマブとラニシズマブを注射するといい。
目に見えないものが顔にヒットしたり、何かひどい光景を見たことのトラウマが白内障の原因だ。だんだん視界が悪くなっていく。
網膜剥離というのはまぶしくなったりする。

弱さ。
運動神経の問題。
腕と足。
脳腫瘍によるもの。ステロイドホルモンを飲む。
寄生虫による場合もある。

ハイパーテンション脳症 ニトプロ ニコデール トランデート

膣痙攣:16歳の頃から生理が止まる。ヒスロン、プロベラ、ルトラール。

てんかん:バロプロ酸ナトリウム。セレニカ、デパゲン。

パニック障害は、恐怖の体験から汗をかいたりベッドの上をのたうちまわったりするものだ。

PTSDは、急激なトラウマ的出来事に直面することで起きる。愛する人を失ったり、人が死ぬのを見たりしてして、フラッシュバックや、夢を見る。

糖尿病と足。足をリラックスさせている人ほど糖尿病の疑いがある。圧迫感へのトラウマがあるのだろう。
糖尿病によるうつ病。トリプタノール、サインバルタ。
ガパペン、リリカ、テグレトール、ラミクタール。

肩凝りにはチーズと緑茶。

村上春樹が、ノルウェイの森で、セックスしたあとの翌朝に、屈辱感で起きれなくなり、「私にお似合いの病院があるの」と女性が言う場面を描いている。
精神病院は案外、そのような女性が「あなたは統合失調症です」と言われて医者に飼われる温床となっているのだ。

インフルエンザや、頭へのトラウマなどから臭いが分からなくなり思考力が下がることがある。
このようなときはステロイドホルモンを用いる。
興味深いのは、性同一性障害のまま出産してしまったときに、神経痛になる事例があるのだ。

2015年5月30日 (土)

死の恐怖との向き合いかた

今日は違う一日の始まりだった。バーモントからロサンゼルスに来た。
十年間の訴訟から家族が解放された。
父が五十才の誕生日を迎え、彼の妻と二人の姉妹と三人の兄弟と私のフィアンセと私と姉夫婦と共に雪と泥と氷の世界から、
ロサンゼルスに一ヶ月の旅をしに来た。
ディズニーランド、シーワールド、サンディエゴ動物園。
金ならあったし、金の心配すら必要なかった。
この七年間、父とは親しくなった。
17歳の時、ジュリーというガールフレンドと暮らすために家を出た。
人生に友もなく、裏切りもあったし、私は彼らの人生から追い出された。
父が私のもっとも親しい友人になった。
私が勝ったり負けたりしたときも必要なときに近くにいてくれたし、二十歳を過ぎたら子供と両親の関係は友情に近いものになった。
訴訟に勝ったのがすべての旅行の始まりだった。
最初の一週間はディズニーランドにいた。楽しみにしていた。ディズニーランドに勝るところはなかった。
二十五才だった私も、まるで六歳の子供がアイスクリームを勝ってもらった子供のように嬉しかった。
次の週は、ハリウッドに行った。
そのあとサンディエゴに、最後の週はサンフランシスコに行った。
初日にプールとベッドのある部屋にチェックインした。
薬で眠り、朝、八時過ぎに電話で目を覚ました。
「ミッキーマウスに会いに行こう。電話は聞こえたか?」
「まるでドラムのようなノックだな」
お父さんが呼んでいるようだ。
食事をたくさん腹に詰め込んで、プールに行った。
3分の乗り物に二十分待つディズニーよりプールの方が楽しかった。
夜は部屋ですごし、三日かけて荷物をほどいた。
そして、ロビーで7時に待ち合わせしてディナーにすることにした。

2015年5月26日 (火)

注意

私の銀行口座に入金すると、国家権力の側(皇后陛下)が没収してしまうようです。
一旦資金集めは停止します。
どうかご理解お願いします。

2015年5月25日 (月)

中華帝国からアメリカへのパワーシフト

思考盗聴の15年の歴史の最後に、長い様々な映像を見た。
俺は自然法の観点から、映像の解説を試みた。
脳に緊急性を持たせ、伝えたい価値を伝える。まず、おちゃらけたいじめの映像が流れ、いじめの正当化を行っていること、真の愛国心の発露を高く評価していること。
緊急性と日常性を明確に区別し、伝えたい価値を都合よくコントロールしていること。
この映像をやっている宮内庁の連中に「どこから得た?」と聞いたら、その驚くべき質問は「中華帝国だ」とのことだった。
中華帝国は「いい行いには褒美を、悪い行いには罰を、その厳密な尺度」を定めるのを王朝の力量としており、その核心部分は「愛国心の発露」にあったのだ。
思考盗聴の結論は「愛国心鼓舞」にあった。宮内庁職員に、そのルーツは古代エジプトまで行っていたのか?と聞いたら「行っていただろうな」と言って、「俺たちも詳しくは知らない」と言った。
デカルトの「我思うゆえに我あり」という言葉で思考盗聴を行わないという体制選択を行い、江戸幕府が「中華帝国に連なったか?」という問題も、将軍がこれを経験したか?という問いかけだったのだ。

まさに、日本国の神道が儒学からスタンフォード哲学百科事典に交代しようとしていた最中に俺が指摘したことだった。

2015年5月22日 (金)

マルクス~地球が道具だ。

マルクスは、詳細な経済学の本を書いたが、非常に難解なため、それを「プロレタリアートに上から教える」ことを理論化したのがレーニンだった。

1432987162444.jpg

生産構造の変革のことを革命と呼ぶが、英語では、明治維新もレボリューションと書かれている。
二段階革命論のような物騒な話は、案外、河上肇や山川均らが作った日本発信のものかもしれん。
英国王室が、代々「バガボンドと呼ばれる階級」を差別していて、国王の中には、バガボンドの胸に「V」という刻印を押してしまった人もいたそうだ。
日本の共産主義と天皇制の原点がここにある。
マルクスは、物を作ってお金を稼ぐことを基本にお金の研究をしたが、お金がお金を生み出すことがあることに注目し、これを「資本」と呼んだ。
ホリエモンも、増やす目的で入ってきたお金(資本)を利益に計上してしまい、粉飾決算で罪に問われている。
マルクスは会計学にも影響を与えているのだ。
資本が蓄積すると、資本家が労働プロセスを決めるようになる。
実際にマルクスは「過酷な現場」を徹底的に調査している。
マルクスは「生産手段の共有」あたりを夢見ていたようだ。
TURC & JAGGLA from TORNADO「OFF ROAD」 - OFFICIAL V…
法律の「民法」が、財産法と親族法からなり、いわば「金と女」の話だと言われるが、マルクスとフロイトもそれぞれ「金と女」だ。
それが出揃ったことから、哲学は「面白いことの探求」をするようになった。
そもそもポストモダニズムというのが、マルクスやフロイトが出揃った時代に俺たちは何をやればいいんだろう。
というムーヴメントで「面白いことの探求」をやるようになった。
しかし、東京はまだマルクスもフロイトも詰めきれていないようだ。
入院中に英語で資本論を読みました。
英語版もエンゲルスがマルクスの娘と出した原著なのです。
農地を囲いこんで羊を飼った英国のムーヴメントを理想郷を求める経済活動としたり、ドナウ川周辺の「皆が楽に働いて暮らしている地域」をコミューンと呼んだり、いろいろと勉強になりました。
この病院の労働者を見物したりしています。
プロレタリアートの特徴。お金目当て、仲間を求める、自分で考えない。

2015年5月21日 (木)

美智子のリアリズム

美智子さんは人生の最後に日本国の「文明の不完全性」を露呈してしまい、光太郎の前では女学校は「三等国民」であることを明らかにしてしまった。
「雲の上から落ちてしまいました」

女の心には火がある。言葉は全部嘘をつく。

「世界の母、恋人、友人」であるためには、男とどう関わったか、犠牲になったかが問われる。
瑠璃色の地球 ‐ Seiko Matsuda

仕事をしない天皇。
皇室の腐敗と格差は確実に清子を蝕んでいた。
太り、薬で左手は震え、光太郎からの「結婚しよう」「二人で海の見える丘にチャペルを作ろう」という手紙だけを大事に読んでいた。
天皇明仁の残した「宿題」を一人で背負う清子。
「左手の震えにはリポビタンDが効くよ?」という光太郎の言葉もストイックに我慢した。
宮内庁は「赤い」し、福井記念病院も「赤かった」のだ。
これが平成の結論だ。
若頭、光太郎だけが残った。
上層部の意向は下には伝わりにくいということが分かったのもここ20年ほどだ。
「赤」というものを誰よりも光太郎は知っていた。
福井記念病院の浅利という医者は清子を「所有物」と呼んだ。
神を司る天皇家にいてはならない医者

美智子と光太郎はエスラーダンロス症候群だ。
家系の突然変異で無口でコラーゲンが足りない。
ひたすら読む習慣がある。美男美女として生まれる。
手足の長さ。
1999年3月ホリフィールド対レノックス・ルイス第一戦で、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンにおける出来事を、横浜の小野光太郎がネットスケープで黙って読んでいた。
これがFBIに衝撃を与えた。
インターネット時代の幕開けだった。

女が決める、女が決めるというが、何事も女が決めるとはたが迷惑する(青い山脈)。

美智子(80)が決めるか光太郎(44)が決めるかを争った皇室。
この問題はすでに20世紀中頃には解決済みであり、「男が決めよう」ということになっている。

是非皆さんも「私の人生は男が決めたか、女が決めたか」を語ってください。
論文では65歳で「女から男へ」となっていますが、
データが必要です。

人生には意味を与え続けることが必要。
20世紀中頃まで人生は女が決めてくれた。
20世紀中頃以降は、人生は男が決めるようになった。
ネコグスパブリッシングMV「人生」

則天武后の時代に「善の研究」が進んだ。
善こそが物事を治めるが、治めようとする「人」は必要なかった。
美智子皇后の「善の研究」はひたすら続く。
【ガチで泣ける涙が止まらない感動話】一杯のかけそば
平成のオープニング~涙のファシズム
暑くもなく寒くもなく涼しくもなければ民は不満を言わない。楽しみを餌とし、客は足を止め、出口はなく、聞くべきものも聞こえず、見るべきものも見えなかった。
上の者は治めようとせず、下の者が必死で治めた。
上の者はサイエンスを知らず、人情だけがものを言った。
礼を尽くすことかが正しいとされたが、則天武后は屁であった。
治める知識が無くなった後に治める人がいなくなり、治める人がいなくなったらサイエンスの知識がなくなり、サイエンスの知識が無くなった後に、人々は義理人情を失った。
忠臣はいなくなり、古典こそが治める方法の花形となった。
「気にしない、気にしない」と人々は言ったが根拠はなく、古典を学んだものがすべてを持っていった。
秋は、男たちが目標を持つため女は失恋する。女としては「なぜ私は失恋したんだろう?」と考えてしまう。
松田聖子 風立ちぬ
古典を修めた神聖な王もむなしい扱いを受け、言葉だけが残った。
これが「女帝」というものだ。

「メルロ・ポンティ~女帝の探求」
サイエンスと男性主義が、人々の心や振る舞いをどう変えたか?
回転は女の労働を変えたし、心も変えた。
女神をうまく描き、それによって治めることに熱中した。
女神の知性主義、そして己の限界の打破。
産業革命により、女性が男性と同じ可能性を秘めた。
メルロ・ポンティの戦術は人々の感受性のデータを分析と、果たして女性がそのような知性を持ちうるのか?から研究が進められた。
女の子達の暗い部屋の向こうに光が見えた。
意味と方向性が大事だし、ユニークな一本道だった。
小泉今日子 なんてったってアイドル
本物の光、流動的な世界、そして「私」の中で不安定さを露呈する体制だ。
影のある女、そしてスポットライト。それが人を引き付ける。
小学生にとっての衝撃的モデルだ。
ルックスは異なっても、痛みを味わった後の少年の反応は暴力的なものではなかった。癒しでしかなかった。
学ぶというのは男子にとって現実的な命令ではなかった。
受験サイボーグを作らざるを得ない時代の産物がアイドルだったし、他に選択肢はなかった。
当たり前のように青春を失う連中が熱烈に彼女を支持した。
俺の肉体、物事の考え方、議論する理由。そのようなものをメルロ・ポンティは提示したのだ。
ダイナミックに「知る」ことができるのだ。
Pierrot - Agitator (Sweet trance 2001)
学歴と肉体の交換。メトロポリタン美術館も俺の欲望を満たさなかった。
人間社会の命令により、カエルがハエを捕らえるような獲物の奪い方の探求が必要だった。
男、女、そして勉強というヘーゲルの活用を行った。
意識と人間科学の研究。二人以外には誰もいなかったことが大事だった。
青春を謳歌しているものへの「誤解」をいかに作り出すか?
恋をしただけ/渡辺満里奈
「魂と肉体はもう離れられないんだ!」
大きすぎる夢は男性的なものだ。青春の謳歌のモデルは女が提示するものだ。
感受性の限界の突破は壮大な恋愛空間からもたらされる。
女が大きすぎる夢をもった曲を聞いてみてほしい。
東京パフォーマンスドール/FAME
大きすぎるものから女は物理学、生物学を忘れる。
宇宙、そして男、斜め下の女、そして動物。女がスーパームーンを見て物理学を忘れた。
それが女性の表現ではないか?世界を感じよう。
計算しない世界を生きることが男たちに求められた。
女性の瞑想は「悪の天才」だ。敵を作ってもいいと思っている。
女性との同調。「事件です。勉強しろ」
男の将来を予感させる。
女性からの電話「あなたの学校では何を教えているの?」「それ本当?」女性の直感は宗教センター。
本来、交通ルールを守ると脳にメラトニンという快楽物質が流れる。

1443444768742.jpg

己の限界の突破は、偶発的出来事への「上から降りてくる」判断力を磨く。
いい判断ができると開放感がある。
その繰り返しだ。
世界は世界だ。しかし、上から降りてくるものによって世界は変わる。
上から降りてくるものを「カテゴリー」と呼ぶ。
いいカテゴリーを作る作業が必要だ。
「なんでこんなお堅い言葉がウケたのか分からない」という世界の探求。
言葉の響きを変えてしまうのだ。
ビックリするような方程式が必要であり、たとえば「堕胎を禁止することはあなたの体に誰でも触れることだよ」というとする。
背景には「女が生殖をコントロールできなければ男と対等ではない」という認識があり、どんな男でも体にアクセスできることを意味することから、この方程式が生まれている。
直感的には、反論されるし、否定的評価も受ける。
しかし、方程式が大事なのだとソシュールは考えた。

男女の関係は、コンクリートのように固まっている。ここから「言葉」が発達した。それは本能の発露であった。
男言葉ができるのに「なぜ?」はない。
女言葉は「考える女」であり「話す女」ではない。
夫、子供、ストリート、仕事で言葉を分けている。
言葉という煙は女心という火を欺く。
沈黙を破る女の行動。言葉はジェスチャーなのだ。貧乏揺すりしている女は言いたいことを黙っている。
木のある方向を示すのは男の魂でも、女言葉は「ジェスチャー」である。
♪さよならねって言い出したのは私の方が先だったのに~♪と歌ったら、
♪三年目の浮気ぐらい大目に見てよ♪男女が歌ったことがある。
女性にとって、すでに消費された言葉が大事だったのだ。
女にとってスポークンランゲージはジェスチャーではなかったのだ。
幸せなときは歌うように話す。
愛の中でキスしたり、怒ったりすることは、もはやテーブルをテーブルだと呼ぶことのように当たり前のことなのだ。
射精して果てるという「低い経験」ではなく、より詩的な「高い経験」にしなければならない。
情熱 斉藤由貴
心の火はコンセプトだし、女の言葉は煙だ。心の火を何か生産的な「コンセプト」だとしたのがソシュールだった。
レイプ体験というコンセプトを言葉にできない女性がいる。
COMPLEX - Be My Baby
言葉のあやと誤解が男と女にはつきまとう。
詩によって世界を作り替える必要がある。
男社会の言葉を変革する必要がある。
言葉が必要ない世界は確かにある。しかし、前向きではない。
前向きな言葉ほどすでに終わったことを話している。どこかにそらす多様性を言葉は持っている。
CoCo~あさやけリバーサイド
メルロ・ポンティは、戦後、「普遍的階級」として赤に染まった。
人間が表現する「瞬間のショット」の恐怖を語ったのだ。
瞬間のショットはプロレタリアートと関わらなければとれなかったし、発展の可能性もそこにしか見いだせなかった。
なぜなら、プロレタリアートは人間活動に飽きていなかったし、バカだったからだ。哲学者の草狩り場にしか見えなかった。
己の限界を突破する方法(現象学)が分からないと時の流れがゆっくりと進むように感じる世界だ。
人間の歴史はバカと怒りが語ったものだ。
風のInvitation
ソビエトの「世界革命に暴力が必要か?」と言う問いにメルロ・ポンティは「No」と答えた。
「マルキシズムは放棄すべきか?」との問いにもメルロ・ポンティは「No」と言った。
刑務所のゴロツキどもをどう手なずけたかの経験をいかせと言った。
共産主義は確かに傾いた。しかし、バカと怒りの歴史は繰り返される。
それを忘れてはならない。
マルクスが明日のために役に立つのは事実だからな。
ミクロの人間分析がなされなければ世界は朽ちていくだけだ。
女には心の火がある。しかし言葉は嘘をつく。
これを宗教センターとしたことから哲学者は「哲学の終わり」を感じるようになった。
これは、文学、音楽などの世界に活用されることが期待されている。
メルロ・ポンティの可能性は無限ではない。
しかし、どこにでもあり、どこにもないものであった。
「新世界の言語」の探求。
産業革命によって生まれた「回転」車やバイクは女と男を対等にしたのだろうか。
一回限りの命、それがどのようなものかは分からないか、熱く魂を燃やせ。

子供を皇帝にした場合

自分がされて嫌なことは人にするな(カント)。
これは自信のある人しか言えない。
美智子は自分のいじめ体験を光太郎に対してやった。
東京大学、スタンフォード大学と聖心女子大の自信の違いだった。
人に助けの手をさしのべられる人間かどうかはこれで分かる。

水色のブラジャーをしている女あり。胸チラは素直でない私。私とは何かが胸。見せたがりは抑圧された下の子。
出会いたいあの人。空と海の色。
河合その子「さよなら夏のリセ」
コール♪後藤とセックス生き残り♪

白いブラジャーは私はあなたのもの。
Pear White Eve  松田聖子
♪公衆便所、公衆便所♪

ピンクのブラジャーは、ゲームならルール決めましょう。
松田聖子 ピンクのモーツァルト
♪ケバいわ、ケバいわ♪

黒のブラジャーは、あなたは私のことは分からないでしょう。
Kuro no Funauta
♪偽物全学連、勝者が歴史を決める♪

穴井夕子 赤い罪 青い純愛

清子さん~マーガレット・フェル
クエーカー教徒は、女の対等を求めたため、王位継承に関与できなかった。
キリストの乗り物であるときだけ教会について語ることが許された。
女であることを自ら否定、これは、王室と関与した女どもにしか分からなかった。
王位継承のテキストである聖書に対して、「私たちだって法則にしたがっている」「主のキャンドルをあなたの心へ」と主張して影響力を増した。
治めることよりも「生きる、純粋に、永遠に」を重視した。
王でなくても、私たちは神の光を感じることができるとしたのだ。
「ベッドの上での私たちはいつも新鮮」を探求した。
杏里 「Summer candles」
「真面目に考えて?」「探して味わって?」私が考えていることを。
工藤静香 LIVE'90春「No no no no~琥珀のCocktail~
愛し合うことの喜び、イスラエルの種への期待、などの本がある。
心の弱いユダヤ人に自殺を迫られたクロムウェルは彼女たちにキリスト教への改宗を迫った。
これがクエーカー教徒の原点だ。
しかし、クエーカー教徒は、聖書の預言にしたがうのは「最後の日にね!」としている。本物のイエスさまを見た日に本気になるとした。
男たちは「俺こそが生き神さまである」と争った。
クロムウェルは「メシアに期待するな。君たちの内面と向き合いなさい」とも言った。
「私たちを口説きたければ、男たちに認められてからにしなよ」女は言った。
「私たちに純潔を求めるなら、そんなもの抑圧だと言ってくれたハーケンに勝ってからにしなよ」
「夜の月、朝のお日さま、それがすべてじゃない?ハーケンは宇宙を語るよ?」
男はオックスフォードやケンブリッジである必要はないの。神の言葉さえ囁いてくれたら。
勉強する男は冷たいもの。でも、牧師さんには喧嘩を売ってね!
大臣だって怖くないわ。女の前では光は丸裸になるの。
勉強する人は神の創造と発明からほど遠いルックスをしている。
牧師さんは勉強したのではなく聖書から出てきた人なの。
皇位継承から女を排除しないためのマーガレット・フェルの旅だった。
私を野球につれてってくれる人は約束を守るから私をぶたないわ。
軍隊は見せかけの愛と真実ね。
イエスさまは私をぶたないわ。お互いに自由ですもの。
聖書の言葉なんて全部ウソ。彼の言葉から真実を見つけるの。
I Remember / SPEED
女の勘が最高の権威
イヴは、アダムの肋骨から生まれたから女は牧師さんになってはダメ。男の声じゃなきゃね。
女の牧師さんは神の魂に動かされてはいないからね。
でも、男の指導者に蜂の一刺しを与えてくれる女の牧師さんもいるよ。
女社会というモンスター体制では、常識的な女の牧師も必要ね。
弱いものが強いものを導くことになるわね。
女の直感が男を導くというのはパウロさまの教え。
女性は沈黙から学ぶ。
女性はセックスしたいときは沈黙するものだ。この観点からも女性の牧師さんは問題だとされる。
神か聖霊以外話してはならない教会で女性が話していいのかも問題となる。
女性のスピーチは、「主にキスしてセックスを諦める」ものとならざるを得ない。
男は聖書に王位継承をかけているけど、女の聖書の解釈は明るいのよ。
女は団結するからね。
クエーカー教徒は、アダムもイヴも神と同じ形で作られたとしたが、それは、イヴが「アダムの肋骨から生まれたがアダムにはしたがいたくない」という意味だとした。
神は女に「女の種」を授けたが、マリアはその種を語ることを禁じられた。
【MV】 RIVER / AKB48 [公式]
マリアは女の牧師ではない。アイドルだ。そのため、彼女の話はしもべたちの種となった。
人間のファーストクリエイションの時、男女は平等だった。
キリストも男であったが女心も持っていた。
クエーカー教徒の男は女性の支持を得るのがうまかったのだ。
王位継承で殺されるのは男でしょ?聖書に出てくる女性たちは皆、処刑された男に駆け寄るだけ、祝福されてるの。
コリント人への手紙14:34「教会では女を黙らせなさい」
これは、男たちが暴れても知恵で黙らせて、安全をもたらしてくれた女の眼差しを意味している。
男と語り合って知恵というのは育てるものだ。
テモテ2:11「女たちを沈黙させ、女心で感じさせなさい」
夫であり父であればそのような修行の場はいくるでもあるだろう。
暗い僧はおしゃべり女に怒る。しかし、大勝利を経験してみよ。
女は黙ったあとに神を称える歌を歌い始める。
女の牧師は女性と「あなたをこんな目に遭わせた男」について語れるという特権がある。
「男と女はひとつ」というクエーカーの立場に対しては、「実際の私たちはもっと弱く、虚しく、恥を見ているのです」という批判がなされた。
沈黙、セックスというが語りたいことがあるのではないでしょうか?
女の本音
いずれにせよ、クエーカー教徒は、男女共同参画を目指したのだ。

清子と光太郎にとって、結婚とは「お互いがお互いを所有すること」である。人格を所有するとは「奴隷扱いする」ということだ。
恋の奴隷 奥村チヨ 1993

プーラン・ド・ラ・バール
男の心を読み、童貞を調べ、男女の平等を指向した男。歴史上誰かがやっているカトリックの側からの理論家であるが、カトリック批判の対象にはなるだろう。
女ばかりが純潔を求められたことから、女性が優越感を味わいたくて男の心を読んだ。
美智子の反撃は光太郎に向けられた。
私の「眠り薬」の正当化をしてください。
Qlair - PAJYAMA de DORAIBU

「清子さんは優香に似ているね」と言った光太郎
まず、この言葉が清子さんを自由にしたことは明らかだった。
また、光太郎も志村けんと呼ばれた。
優香と志村けん、その生き方の比較と意思の自由に関する論文がこれだ。
いかに有効に「~に似ている」と言うかどうかが問われる。
本来、「~に似ている」と言われなければ、我々は守るべきルールがない。
自由意思を制約し、他者をコントロールする技術である。
「あの人ならどう行動するかしら?」
欲望を満たすのにも都合のいい説明が出来るようになる。
深刻な場面で人間は「あの方ならどう行動するかしら?」と考えるものだ。
生き方やファッションまで真似してしまうケースもあれば、もっと思慮深くなってやろうと考えるケースもある。
似ているとされる人物は何かを探求しているものだ。
それが28歳の光太郎であり、30歳の清子であった。
何かの出来事に直面すると人間は「あいつならどう行動するか?」を考える。これを「よく考えられた非決定論」と呼ぶ。男の方がこの発想をよく使う。
真似する男は結果までは気にしないものだが、結果まで左右する「究極のコントロール」というものが存在する。
光太郎「俺の真似をしていればアルティメット」
チョコミミ
論文を読むときに「Agent」を「心の代理人」として少女漫画や芸能人と訳してみると面白い。
腕の上げ方にも個性があり複雑性がある。それも真似してしまうのだ。

美智子「娘はあの方に差し上げようかしら」
光太郎「美智子さん、結婚とはどのような意味かご存じですか?」
「子育ての統制とセックスの統制だ。」
「それをあの方にやらせるおつもり・・・」
その瞬間、美智子は光太郎の頬をバチんと叩いた。

お風呂の湯は上が熱く下が冷たい。デモも男が熱く女は冷たい。気温がゼロになればデモもゼロになる。零下になればみんな家に引きこもるよ。気温だけ見ていればいい。
男が熱く、女が冷めている事例。
光太郎「テトラビブロスを寝室に奉納しよう」
清子「いつでも読むからもういいよ~」

皇太子妃雅子の物語。
五穀米を食べ、甘いものはダメ。
人の真似が好き、という美学。
服を真似したり、人の特徴やエピソードで犬の名前やニックネームをつける。
ゲーテの「回転の美」と同様に、エンジンが好きでマイバッハに憧れている。
挿入の想像が好き。肛門など。
ロマンティックなものをアーティスト・プリンスに見いだす。
男の魂の知的空間に憧れ、「なぜ桃の節句(女の子の節句)に桃は咲かないのだろう」と嘆く。
男の物理世界の表現の影響力を楽しむため、医師団の見解を自分で書いている。
完璧な普遍は、鴨長明の方丈記の遺体を数える場面にあると考えている。
美は、心だけでなく人間の全身に表現されるものと考えており、心の弱さなどひとつの問題にすぎないと考えている。
イデオロギーの論客はバーナード・ボサンケットだ。
時代に即した公務も、女の現象ではなく男の意識を基盤にし、コウノトリと表現するか現実的に表現するかが対立し、女は外へ外へ出て行くことを選択し、道は女が自分で選ぶというものだ。
ボサンケットの議論のメインテーマは「政治的権威はどこから来るのか?」という問題だった。
政治的権威は、人々の「ベストライフ」から来る。
そのためには、一部の女性は貞淑を守らなければならないだろう。
高校での異性との別れ、成人式での彼氏との出会い、夏休みなどのフォーラムでは貞淑な女性が世界観を広げることを認める。
「私たちはどこにいくの?」
経験豊富な女性がリーダーになるのだ。
女の「リアル」と「一般意思」の形成にはそのような女性が必要なのだ。
男女を問わず、痛い目にあうことを恐れない人間がいろんな経験をして「個の完全性」「一般意思」を形成していく。
自分の実績を越えた知性、傑出した魂たち。
人それぞれの魂たちを、自分の実績を越えた知性で導く。
「前向きさ」
隠れたものが隠されている。
これはプラトンのこの世界のなかに仮説というフィルターをかけてみる、という発想と異なり、隠されているものの発掘という発想の転換を行っている。
群れから離れることの寂しさ、社会契約は、夏休みの終わりであり、高校の卒業だ。
この経験を得がたい人生経験としている。
群れと個人であること。
この経験も、恋愛経験と同じぐらい重要だとした。
異なる思惑が協調した国際連盟は駅であった。
【河合その子】青いスタスィオン
仲間作りにだけ一生懸命になった人ほど時代の終わりや変化に慣れていない。
個人の力量を測定する方法は「変化」に直面するということだった。
外に出るための限界もこのあたりの力量にあるし、「最高善」とは人々がぶつかり合ったあげくにできた法律であった。
国家や法律は衝撃、抑圧を扱うものだ。そのため、女性を自由の世界に連れ出すナンパに調度いい話題だ。
女性が好きな自由の世界と法律は両立しない。そのため、暴動を起こす権利はなくても抵抗する権利はある。
チェンジの3つの形体は、交換してしまうことと、改革することと、予防することだ。
チェンジのしようもする人を処罰することは、その人がモテることにつながり、善しかもたらさない。
ボサンケットは、保守ともリベラルとも立場を明確にしなかったが、その関心は物事の効率性や、金のバラまきかたの研究、教育にまで及んだ。
システマティックなスタンフォード哲学百科事典に魂を売ったのが小野光太郎であり、「一般意思」を明らかにしている。
「私たちはどこに行こうとしているの?」
という問いに答えを出したのだ。
雅子さんのハーバードがどのような扱いになるかは未知数だ。

光太郎システム(スタンフォード哲学百科事典)

光太郎システム(中国哲学)

秋篠宮紀子の物語。
私の母は、上の娘に似ました。下の娘は夫の母に似ています。夫の母は物静かな方でした。
貧しさがいけなかったのでしょうか。
私には、表に出せないゆう子という姉がいます。
お兄さんもいたと思いますが、分かりません。
紀子ではなく「はるなこ」と身内では呼ばれています。
私の母も働けばよかったのでしょうか。
沖縄に住みたいです。

紀子さま「貧しさのトートロジー」

1442824754744.jpg
【糖質の解説】紀子さまの「アプリオリ」は貧しさである。これは今後の人生で何を得てもトートロジーにならざるを得ないものだ。その場面を収めた写真は貴重以外の何物でもない。
「与えられた境遇」そして「獲得したもの」という二つのドグマも常磐会のテーマだ。
シュリックは、カントの「与えられた境遇」の重視を批判し、男の言葉とこの女は全く別の原理で動くだろうという快感を重視した。
目標を持った男は同世代の女に冷たいし、ナンパ男は言葉を知らない。
ここに「常磐会の不幸」がある。
ナンパ男も秋になると目標を持ち始め、なぜかみんな失恋するのだ。
秋の女の失恋は男の実存主義にあることを女は知らない。
瀬能あづさ~秋
キーワード「世界は変えられる」

学校では目立たないタイプでした。
娘たちとの競争で疲れはてています。
お父様が隠し持っていた王族と庶民の娘のエッチなビデオを見たことがあります。
それで私は女になりました。
私はウィーンサークル(Vienna circle)のイデオロギーを共有した常磐会の出身です。
わけの分からない議論が嫌いで、減点主義で、男性の科学の大発見だけが好きです。
婦人公論で私は自分と社会の関係を決めています。
本当は徳仁さんが理想の男なんです。なぜなら、雅子さまへの優越感を感じたいからです。
154センチ46キロ。痩せる努力をしています。
お料理もお掃除も好きです。思春期に痩せたし、お母さんが嫌いになったし、学園のアイドルでもなかったからです。
中学に上がった頃住んでた家のトイレが北東にあり、運気が下がりました。
周易によると、トイレは雨の時に水が溜まり、また、女子がいやらしいことをする場所であることから運気と関わるとされる。
常磐会の世界~Playを押してください。
紀子さんの口癖「日本語でどうぞ」
これは形而上学批判であり、経験でわからないものを批判しているのだ。しかし、日本語の可能性も信じているのだ。
自分にとって重要なことが違う。
話題に「現実のコンテンツ」がなければ相手にしない。
写真の非常に洗練された解説を好む。
紀子さんの口癖「論拠をどうぞ」
言葉の到達点を信じているし、何か上の方から物事が解決されると信じている。
「演繹の鎖」を信じているのだ。
男がうまく受け答えしないと泥仕合に巻き込まれ、立ち去ると「逃亡!」といって連れ戻そうとする。
これらは「演繹の鎖」と言って、男に問題の解決を委ねていることを意味する。
演繹を知らない男を憎んでいる。
経験から学ぶことを嫌い、男の言葉による解決を望んでいる。
執行も感じればわかるという立場だし、野心もあまりにも低い。
マリー・アントワネットは思い付きでルイ16世を処刑したし、より高度な知恵を求めていた。
光太郎はルイ16世に見えたが、「パクリレポート」は反形而上学キャンペーンだった。
個であることが自覚され、もはや処刑が信じられなくなったルネッサンス。
光太郎は紀子さんにボコボコにされた。
【髭男爵 】コント「十年ぶりに再会した親友とチェスを楽しんだの巻」
手話は孤独を意味するし、間違っているか正しいかを誰もわからないから好んで使う。
[OPV][ENG] Tanaka Reina 「 愛の炎 」
【糖質の解説】紀子さんがモーリッツ・シュリックをリーダーとするウィーンサークルのイデオロギーを基盤としているとしたのは俺であり、ヒトラーのオーストリア併合は、彼が生きていればなりたたなかったと考えている。女たちの常識とも言える純潔を背景にし、わけの分からない議論(形而上学)を批判し、サイエンスの大発見に憧れた。オーストリア・ハンガリー帝国に共有された思想は、ポーランドにも広まったが、ヒトラーの「レディチャペル」に征服される宿命にあった。女に純潔を求めることを「抑圧」とヒトラーは考えたのだ。
マリー・アントワネットを輩出したハプスグルグ家があった国であるから当然とも言える。
女たちのエッセイのコレクターがこの研究を深めた。
雅子さまがウィーンサークルとは一線を画しているのは周知の通りだが、「私が選んだ道」「お外へお外へ」という雅子さまの立場がむしろ日本の主流だということも知らなければならない。
ウィーンサークルは、木曜の夜に科学だけではなく世の中の出来事を語り合った。
「科学の世界の考え方」というサークルだ。
マクスウェルの悪魔という概念が女性をメランコリーにすることなどをサイエンスから学んだのだ。
言葉のルールは「Lルール」、物理学のルールは「Pルール」と呼ぶ。
言語の完全性を求めたムーヴメントが、言語と物理学の結び付きなのだ。 
エバレットと台湾論
ノーベル物理学賞の取り方
ゴルゴ13~二人のローレンツ力
糖質政治哲学
映画の評論
写真と神
ダンス~ルドルフ・ラーバン
自殺について
お風呂のサイエンス

紀子さまの手紙。
「小野光太郎さんへ。私のこんな辛い人生を共にしてくれてありがとう」
Vienna circle
ベルサイユのばら OP・EDフル

1441608327243.jpg
(撮影:秋篠宮紀子)
下の子は認めていないので「お母さん美人」と言ってくれますが、可愛がっている上の子にそう言ってもらいたいのです。
私は子供が嫌いです。他所の子を見るとイライラします。でも、イケメンがいる道は通りたいです。
ボケとツッコミなら、娘たちの前では私はボケなんです。
夫は身の程知らずなんです。
沖縄の広い海で男性社会に勝ちたいです。
「あ、鳥が横切った」「そんなにアンテナ張ってたら引っ掛かりませんか?」
などの暗号で彼氏を射止めた人生です。
下の子に彼氏がいたらどうしよう。大人だったら大変。
下の子が私の代わりに大人のような心配をして可哀想です。
「大人に裏切られる経験は夏休みにもあるし、クリスマスにもある。しかし、二十歳から二十一歳の誕生日を迎えるときにもあることを村上春樹が指摘している」(小野光太郎)
教わったことしかできないのがU-21だ。それ以降は自分で物事を考えて行動しなければならない。今の能力で私は生きていけるのかしら?教わった通りにやればよかった時代は終わってしまうのかしら?ノルウェイの森の直子は二十歳の誕生日に泣いた。
もう少し子供のことを顧みていいのではないか?と思ったのが二十世紀だ。ルソーはもう少し前になる。
社会契約が切れるのだ。
佳子のことは「まん」と読んでいます。
塾の送り迎えもしています。
三浦理恵子/日曜はダメよ 【PV】
あなたのメシア信仰に、若者の歩く早さを加えてください。目的を持っている(小野光太郎)
今見えている風景がすべてではない(ラムジーメソッド)。
それは、自分により高い次元の知的空間を作ることを意味する。
しかし、ラムジーメソッドは「神学的であり、現実の構造の分析を怠っている」と批判された。
だが、世界は段階を上下していて自然に動くものだとラムジーメソッドは考えたのだ。
これに対して、世界は段階ではなく規模であると批判がなされた。
しかし、今見ている風景がすべてではないということは何度も経験してきたと反論した。
しかし、数学や物理学で考えた方がいろんなものが予測可能だと考えられる。
だが、「どんな別の風景が見えているのか?」は当然語らなければならないだろうとされた。
結局、この議論を仕掛けたカルナップの心は知って欲しいというあたりで話は終わるようだ。

パットナムは、人生経験が浅い人も月の満ち欠けを眺めていれば「今見えている風景がすべてではない」と悟るだろうとした。
自分を拒絶したくなる夜にも「異性への告白」というテーマが私を救ってくれる。
瀬能あづさ~永遠に友達
酒井法子「天使の館」も参考になる。
かわいこちゃんも相対的であり、防衛戦がある。
ラムジーちゃん日本語OP_まんがキッドボックス

1441259386838.jpg

Hikaru Utada@arashi no megami / music box

瀬能あづさ~キスをして、恋をして

ノーメイク眞子佳子。

1441589513086.jpg
(撮影:秋篠宮紀子)
この写真でアリストテレスの神学を知ってほしい。
9世紀にプロティヌスが、この写真の衝撃の理由をアラブ社会に紹介している。
「神聖な学問に関する手紙」で語られている。
このような「驚き」は、アリストテレスが明らかにしていたが、実際に人々が感じたのはアラブ社会においてだったのだ。
写真で「神」を感じてもらおうというのがポーフィリーの立場でもあった。
男の魂はここに介入するのだ。
「伝説もこの程度」この発想が政治コミュニティーを自由にしたのだ。
この人の周りは知性に満ちている、それが大事だったのだ。
この人と関わると何らかの「効果」がある、という観点を重要だ。
世界の永遠を否定することは人間の学問が神に挑戦するという意思表示だ。
クリエイターはひたすら「ひらめき」と「流れ」を見ている。
「神よ!現実を語れ」
純粋な存在であることが大事だ。
神が「知らない」ということは知識よりも大事なのだ。
現在の状況がなぜもたらされたか「分からなかった」という言葉の方が「想定内」という言葉よりはるかに学問を発達させる。
無知にも「低い」と「高い」があり、何かを考えているバカというのが大事だ。
「私のことを知っているのかしら?」これが神だ。
心理学的には、女と精子の学問がこの写真だ。すべての人が傑出した人生を望んでいる以上、写真は世界の魂だ。
しかし、世界の魂には「知性」で答えなければならない。
場の雰囲気を作る「空気」。
治めたいという「水」。
獰猛な「火」。
人を育てる「土」。
心理学はこの4つの分類からは離れられない。
この写真はプラトンとアリストテレスというふたつの伝説を融合させた。
神学を語ったアリストテレスに、写真というプラトン的手法が用いられたのだ。
そしてこの発想は、イスラエルにも広まった。
高いところで語られる悩みは下に落ちていく。
神と言葉と最高の知性は三位一体だし、神と小野光太郎とスタンフォードも三位一体だ。
これを最後に指摘しておきたい。

水と幾何学模様は女を純粋にする。秋篠宮のプライベート写真。紀子さまの大事な一枚。

1441924890911.jpg
(撮影:秋篠宮紀子)

秋篠宮文仁の本音。
根っからの学者。研究時間が欲しい。
紀子さんと大喧嘩したあとに、ビールの缶が倒れ大笑いする。
「光太郎さんがやったんだろう」と話し合った。

周瑞家の息子のもとに皇帝の娘が遊びに来た。
「お嬢さん、今日は」
「私は朝から晩まで患者を診る人生だよ」
「海の向こうに何があるか知っているかい?」
娘「死人か悪巧みでしょうか?」
「ははは、悪巧みの雨などあるものか。みんな薬を飲んで生きているんだ」
娘「冷香丸でしょうか?」
「何だそれは?はじめて聞くな。調べてみよう」
「ああ、それは香菱のことか。都会ではハイカラな言い方するな」
さすが都会の娘だと皆思った。
息子がお城に送り届けたら、見張り塔の人間が鐘を鳴らした。
それでデートは終わった。
都会で息子は冷香丸を買わされた。

ケンドール・ウォルトンは、人間の本質を見せた方が人々が感動するとした。
紀子さまの憧れの新築。

1442834511038.jpg

1442834511535.jpg

お料理大好きな紀子さまのキッチン。

1442834809684.jpg


「トルストイ」
フランスでナポレオンがヨーロッパの半分を征服した。
ロシアは、将来の不安などを抱えることになった。
家族は戦争で喧嘩をし、離婚し、いやらしいセックスを行った。
資本主義の時代に、結婚にお金の話がまとわりつくようになり、男は資金力を競いあったし 女はお稽古事をやった。
結婚に強烈な愛がともなった。このように人々が説明するようになった。
トルストイは、愛を語り、戦争を語った。
五十才になるまでには読んでおくように、と人々はトルストイを評価した。

眞子ちゃん語録。
「男は精子タンク」
紀子さんに「ちょっと話がある」と呼び出される。
違法ダウンロードの問題で、ランダムアクセスメモリーへの記録までは規制できないことや、絵で書いた幼児ポルノは規制されないことなどを糖質に教わる。
模試で成績が悪かったときの言い訳。
「前の席に腐った糖質みたいなのがいたから」
紀子さんに国会図書館で糖質に英語を教われと言われて、
「私は英語が得意なのである」

【番外編】エリザベス女王にとってダイアナは王室の生け贄であった。医者でも政治家でも有名な人間は肉を食べることでダイアナになり、女王にとって素晴らしい人はすべてダイアナに見えた。

皇太子徳仁の物語。
「世界を幸せにしてくれ」
俺は神だ。俺の名前を出していろんな人が物事を治めてくれ。
顔の若々しさを見てほしい。皇太子殿下は体にメスを入れていない。
ポリープも薬で治している。
また、彼は夢を見る。つまりアル中ではない。
しかし、抗がん剤による体重減少を引き起こしている。

1442115072629.jpg
せき、顔のこわばり、歯の痛みでポリープを疑う。
しかし、胃から出血して失神した、と皇太子は証言している。
腫瘍ならば顔の麻痺を見ておけばいい。
しかし、胃の出血だけならば興奮を抑える薬を与えておけばいい。
皇太子も「王朝の薬」とは無縁ではなかったのだ。
腫瘍が確認できればロイコボリンの投与であろうが、いずれにせよ医者は「単なる出血による興奮」か「腫瘍によるロイコボリンの投与」かの決断を迫られ、抗がん剤を投与したが、彼の顔色は極めていいまま、ウェイトロスを引き起こしている。

天皇明仁は、あごが前に出てきている。
これは、レム睡眠とノンレム睡眠をN1.N2.N3と繰り返して目覚めることがうまくいっていないことを意味する。
朝は興奮し、心臓に負担がかかる。

彬子女王の場合。子供の頃、お布団の上でご飯を食べたため、16歳の頃から生理がなく、膣痙攣になりました。
セックスの時は痛くて仕方がありません。
勃起しない皇太子殿下を愛しています。

1442227457776.jpg
ヒスロン、プロベラ、ルトラールを光太郎が処方している。
若いお母さんになりたかったです。今は治療中で私の哲学の先生を待っています。
松田聖子 ハートをRock

先生。追いかけっこしましょう。
垂加神道

【番外編】吉永小百合さん。
国家は神話についていく。それを理解していた行政官が、昭和天皇を神話として高度な国家、経済統制を行った。
アドルノを理解していた連中だった。
永田鉄山などだろうか?
行政官はエリートでも、司法官は格下だったのだ。
平沼騏一郎は、検事総長として行政官をことごとく呼び出し、行政官を詰問した。
平沼騏一郎は内閣総理大臣になっている。
吉永小百合のお母さんは平沼騏一郎の愛人だった。
母は、娘にナチスドイツの美容整形技術を施し、ステージママとして君臨した。
吉永小百合の出生の秘密だ。

ノーメイクでも目の大きさは際立っていた。
子供がいないことから、「免疫抑制剤を飲んだことはありますか?」と聞くと、「とつても気分がハイになります」とそれが理由であることを認めた。
映画の撮影を戦争にたとえ、「100マイル進むとお金が70万世帯に行き渡る」と孫子の兵法を引用すると、「う~ん」と考え込む吉永さん。
そんなお金はなかったのだ。
「17歳年上の夫がいます」というので、「精子は卵子に向かうエネルギーの十倍で他のライバルを蹴散らす。旦那さんのエネルギーは相当なものだったと思います」と言うと、
また「う~ん」と考え込む吉永さん。
頭にニット帽をかぶり、医者を追いかけるときも「ああっ」と倒れこんでしまう姿は映画そのままだ。
光太郎に「私は善で貴方は悪」という台詞は伊豆の踊り子のままだ。
吉永小百合さん(70)の恋愛のストライクゾーンに光太郎(44)はいまだど真ん中に入っていた。
心は若い女性でした。
25歳で「青春大全集」が大コケした。それ以前の吉永さんは渡哲也も「結婚しようと思いましたが無理でした」と語っている。
ステージママを嫌いになったとき、吉永さんは「大人になるって簡単なんだな」と思った。
美空ひばり作詞。
松浦亜弥 - 草原の人 [PV]
「正田美智子」
マーシャルプランにより、アメリカ合衆国は日本国に小麦粉を流した。
平和の食事と呼ばれ、日本国に普及させようという国策だった。
日清製粉も、娘に高度な美容整形技術を使うのは当然だった。

【番外編】渡辺満里奈さん。
かつては、おニャン子クラブ時代に、学園祭がパニックになるから学校を休めと言われた満里奈さん。
しかし、その地位を得た代償としてレイプ経験を持っていた。
ラパマイシンという病魔におかされ、その場の男たちを指で数え、一人一人に腰を振る奇妙な性癖をお持ちの方だ。
そんな症状にはフルーツ、野菜、ローファットの食べ物。
BMIは20~27に抑える。

【番外編】松浦亜弥さん。
太っていて胸がデカかった。
色の白さが際立っていたが、目の下のほくろを気にしていた。
口をヤンキー風にポカーンと開ける癖がある。
子宮筋腫によるうつ病で、カルシウムやアドレナリンが必要だし、女性ホルモンも必要だ。
デトルシトール、ダラシン、フェソロデックスが有効だ。
全盛期に丸山台中学校前の交差点なとで光太郎をストーキングした経歴あり。
LOVE TRAIN 松浦亜弥コンサートツアー2004春~私と私とあなた~

【番外編】高橋愛さん。
思い出したくないことがあり声が出なくなる。顔の表情も失われる。
興奮から心臓への影響が出る。
ニトプロ、ニコデール、トランデートを処方、
サラダと塩でもいい。
光太郎の前でしゃがみこんで泣いたふりをした。

【番外編】田中有紀美さん。
咳が出たときの高熱で統合失調症になる。
耳が聞こえない女の子と筆談したりする優しい人。タバコを憎んでいる。

8月26日団藤重光と議論。
光太郎「日本国はデュープロセスを採用している。デュープロセスとはフェアプレーのことだ。凶悪犯罪者もその場で処刑せずに長々と刑事裁判をやる。そうでなければ巡査が陰につれていってその場で処刑するだろう。フェアプレーが問題だ」
団藤重光「日本国はデュープロセスは採用していない」
光太郎「あなたの歴史的評価が抹殺できて光栄だ」

昨日出来なかったことが今日できる、これが信仰心だ。
美智子は3カ月前に光太郎につけて笑っていた「重り」を今日再びつけて、光太郎に怒られた。
タバコの煙は遠くを信じていたし、これが自分の歴史的評価だと悟っていた。
「私は世界平和すら祈っておりますの」
世界平和というのは、たとえば、靴下を履いていない女性に「靴下を履きなさい」と言って「うるさいなあ」と思われるだけの学問だ。太った糖尿病の伯母さんになったら大変だと思って言うのだが、注意したら当事者は何事もなかったように生きるだけだ。
最高の学問を要求されながら、みんなつまらない。
この台詞は美智子の信仰心のなさを示している。
「私は何か学ばなければならないことがあるのでしょうか?」
「男の労働を見ていなさい」としか言えないレベルの人だった。

光太郎は28歳の時にインターネット時代の扉を開いた。
デビュー2年目のホームランキング、マーク・マグワイアのような男だったが、美智子はこの男が三冠王をとる41歳になるまで直接会うことはなかった。
テレビのスクリーンなどを使って眺めていた。
41歳の時のノーベル文学賞ノミネートの時に、慌てて飛んできたのが真相だった。
翌年はノーベル経済学賞、さらに神社の教義を書くに至り、宮内庁に仲間を作った。
美智子は自分の得た有利な立場を「不当利得」と考えるようになり、娘を自由にするために光太郎に重りをつけたのだ。
マスオとフネの間の「敬語」の存在は男性優位の社会であることと不当利得にあるのだ。
おニャン子くらぶ いじわるねダーリン

美智子さんが光太郎の後頭部を愛したのも自分の絶壁頭に自信がなかったからだ。

清子は、光太郎がうつ病の頃覚えた面白話を愛した。
その頃光太郎が吸っていたマルボロメンソールを今でも吸っている。
妊娠して滑舌も悪くなった。
I Remember / SPEED

紀宮は言いたいことを言わない子だった。その代わり優しさがなかった。

8月13日木曜日20:30
光太郎は、この皇位継承ゲームを日本国において二度とやらないと誓った。
光太郎がマルクスアウレリウスを越えた瞬間だった。
大雨が降り、川は水に溢れ、世代の憎しみは怒濤のごとく海に流れ込んだ。
マルクスアウレリウスは、お妃さまの好みにしたがいセプティミウス・セウェルスをアフリカから連れてきたが、軍人皇帝の時代に突入し、皇帝はしだいにローマやイタリアとは異なる慣習や宗教に傾くようになった。五賢帝時代の終焉だった。

「チャタレイ夫人の恋人」
セックスにおいて女をひどく従属的に描いたことがフェミニズムのムーヴメントに影響を与えた。
これに関して、日本国では「なにかいやらしいことを書いているんだろう」として翻訳し、出版し、猥褻概念と芸術の関係が明確になった。
天皇明仁も「読んだけど大したことなかった」と皇太子時代に発言している。

「金閣寺」
三島由紀夫は、東大で天皇に銀時計をもらった。
このとき彼の文学者としての立場は固まった。
天皇を守るための理論。
時代の輝きは天皇。
周囲には嫉妬もあったし、天皇は兵士たちの憧れでもあった。
兵士は天皇に妻の心を奪われ、戦地へ赴くことになる。
これが民族の永遠の象徴たる天皇だった。
しかし、三島にとって本当に美しかったのは、時代の影に隠れた銀閣寺だった。
それは、三島由紀夫自身であったし、兵士たちであった。
これを檄文として記し、自衛隊市ヶ谷駐屯地に向かっている。
それは、美智子さまを奪い返すためであったのだろうか。
銀閣寺の美こそが天皇へのクーデターの原動力となることを知っていた。
地上波の登場は美智子の争奪戦を引き起こした。美智子を落とせば天下がとれると三島は思った。
ただで見れる番組が地上波ではなかった。国内最大の影響力を誇る媒体が地上波であることはいまだ変わらない。
文学が直面した白黒テレビへの怒りだったのだろうか。美智子が白黒テレビならば、三島はカラーテレビだった。

光太郎が夜、街を歩いた。
「赤い月の夜は不吉なことが起きる」
と言った。
清子のことだけを心配していた。
海沿いの道路で月が見えた。
「あれは赤くないか?」
風岡典之「黄色ですね~」
解釈改憲した。
どんな男社会の権力者も宇宙の意味には逆らえないことを知った。
本来、女性が宇宙を利用して男を脅すのだ。
瀬能あづさ~何かが道をやってくる

8月23日光太郎は足のかゆみをハリソンの医学書を読んで靴下を履くことで治した。
苦しい苦しいと言って本来は糖尿病一直線の症状だった。
苦しい苦しいと言って打つ手なしだった美智子皇后に謝った。
美智子と日本医学界の関係再構築だった。

日本の暗い魂が、米英の明るい魂に負けた。爽快感しかなかった。
しかし、マルクスもフロイトも金と女の話もわからない時代への不安だけがあった。
三島由紀夫さんの貴重なインタビュー映像です。

のちに小野光太郎と激しい恋に落ちる紀宮清子。イエスさまを崇拝し、光太郎がイエスさまに。お互いがお互いを独占しあい、激しい駆け引きをした。
清子は、子供の頃、礼宮(秋篠宮)にぶたれてアザを作った顔を鏡で見た。
女の子にとってそのショックは計り知れず、てんかんになっている。
人混みが嫌いで、ラジオやウォークマンを聞くと目の前に光がチカチカします。
この子、どこかおかしいわ?と美智子さまは思いながら愛情を注いでくれました。
上のお兄さんに抑圧され、天皇明仁に抑圧されたため、胸が性感帯にならず、それを治してくれたのが光太郎さんでした。
光太郎さんがファミレスで製薬会社の新入社員に医学を教え「科研の若造を覚えておいてください」と言われたときに胸に強烈な快感を覚えたのです。
抑圧された女性に必要なことは男性社会で実力で勝つことだと知りました。
それまでは胸をさわられるのが嫌いだったし、人に見せたかったのです。
お母さん(美智子さん)は大好きでした。一緒に私たちが映っている皇室特番を正座して見たし、ナルシシズムもありました。
そのために私は不感症になっています。
不感症がなおったのも光太郎さんとの出会いでした。
一緒に良子さんの虐待等の企画を練っては楽しませてくれたお母さんでしたが、光太郎さん虐待という企画を美智子さんは提示してくれたのです。
しかし、スポーツ界、文学界、法学界、医学界、音楽界の話などを一流のレベルで平気で話す光太郎さんはお母さんよりも遥かに楽しく、私の不感症は治ってしまいました。
光太郎さんが私を女にしてくれたのです。
光太郎さん虐待の企画への光太郎さんの怒りは治まることを知らず、それを主導した羽毛田慎吾に、左目をタバコで潰すように命じました。
それほど光太郎さんはいじめを憎んでいたのです。
光太郎さんの肉体が鍛えられていたのもいじめが原因でした。
しかし、羽毛田慎吾は逃げてしまったのです。
左目を潰したら、光太郎さんが作った八幡ネットワークのオーディンにしてやるといっても逃げました。
70歳過ぎて、死ぬ覚悟もなく光太郎さん虐待の美智子さんの企画の立案を行っていたことを知りました。
ノーベル賞三冠という偉業を成し遂げようとしている光太郎さんに必要なのは研究資金です。
しかし、賞金まで没収しているのです。
光太郎さんはともかく、日本国の失ったものの大きさを考えなければならないのです。

1438154173958.jpg
独占欲
昔の紀宮清子は「白」
今は光太郎が「赤」、清子が「緑色」。
赤は男で緑色は女。補色。

「清子はバカだ。光太郎はバカだ」(神聖な名前)
大人になるたびまっすぐ恋した清子。
[OPV][ENG] Tanaka Reina 「 愛の炎 」

レッグクランプノクターン(夜、眠れずに考え続けること)が、7月30日朝の光太郎からの電話で一気に清子を立てなくさせた。
清子は光太郎のことを考え続けた。
うしろゆびさされ組 - 行け! ヘラクレス!! [Bass]
血管が浮き出ている人は寒い国の生まれで音楽を侮辱する。
秋元康と後藤次利。

7月31日美智子が光太郎に土下座する。アメリカ軍需産業レイセオンの社員の心を一手に引き受けようとしたからだ。
美智子は、今後も口座からお金を引き出せることを知り光太郎との関係再構築をしようとして土下座したが、光太郎は政治活動資金の締め付けをやられるだけだと考え、美智子の頭を踏みつけるしかなかった。
「えらい大人げないことをしてしまった。申し訳ない」と光太郎は謝る。

お祓い:今までの記憶を条件を変えることで忘れさせようという儀式。

「ラカンさえなければなあ」(美智子)

ナイスガイは、何も取り柄がなくても敵がいないし体を鍛える必要もない。敵がいて体を鍛えていない奴は将棋をやったり楽器をやったりする。

光太郎と美智子の会談(2015年7月3日夜9時から1時間、ジョナサン三浦海岸店喫煙室)

「あなたは清子と認めあうことが必要だ。清子は大阪の大富豪の貴婦人の娘であり、その人はあなたに優越感を持っている」
「それを理解した上で清子をくださいと申し上げている」
「あなたが動かないと日本国が動かないのは承知している」
「もしあなたが生まれ変わるのならば偶像ではなく庶民の娘、孔雀ではなく雀として生きてください」
桂銀淑,すずめの涙 1998-12-10

光太郎と天皇明仁の会談(2015年7月7日朝8時新橋のオアシスの風呂にともに浸かりながら)
「あなたの寿命は天皇裕仁と良子の亡くなった歳あたりで決まるだろう。それを踏まえて人生計画を練らないといけない」
「美智子さんのご病気は、テニスをするとスッキリするそうだ」
「なぜあなたが天皇という神になったかというと側近がいろんなところに介入したいからだ」
「しかし、あなたも人生に傑出したものを望んでいた」
「若さを無駄にした日々には熱く命を燃やしたことこともあっただろう」

2015年7月13日(光太郎と清子のデート)
「あなたには自尊心があったし、俺には女性差別があった」
「茶道について研究した」
「お稽古ごとにお金をかけていいパートナーを見つける女の子」
「日本舞踊は、女の子をステージの真ん中に立たせてナルシシズムにひたらせる」
「それにも目的がある。おっぱいを性感帯にするためだ」

7月15日(羽毛田信吾発言)
小野光太郎「五億円集める力を天皇の排除に向けていたらどうなるかわかってんだろうな」
羽毛田信吾「やっていいよ」
解説:官僚的オポチュニズムとは、政治家の政治力に官僚が右往左往させられることをいう。

「サルベーション」
光太郎に対して「ああ、つまんねえなあ。いじめらんねえなあ」と言った羽毛田信吾。
しかし、なぜ男のおちんちんが白い人がいるのだろうという議論で、医学書で五分で「バンコマイシンを飲んだから」だと指摘した。
みんなの見ている前で、あなたの予言通り、あなたが窮地を脱するのを見た。
これがユダヤのサルベーション。
窮地を脱したときに人は他者を許せるのだ。
追い詰めた側は、本当に深刻な場面に遭遇するが、そこに救済がある。
光太郎の前に羽毛田が現れた。感嘆し窮地を脱した光太郎は怒った。
お前の名前はあえて言わない。名前をつけない、愛情を持たない、これだけで人間というのは人を殺せるものだと語る光太郎。
じっと何かを睨み付ける名無しの男に、「人生をふりかえっているのか?」などと語る。
しかし、アカデミズムへの貢献という満足感から最後に男に名前をつけて処刑をやめる。
「羽毛田くん」光太郎は言った。

「隣人愛」
政治的な邪魔物を、人は「生きてるものはしょうがない」とかんがえ、何も学ぼうとしないものだ。
邪魔物から学ぶことを「隣人愛」と呼ぶ。
自分がされて嫌なことを人にするな、とカントは言った。
隣人愛のない年寄りにも豚肉を薦め、臓器の復活の実験をする。
要するに、情報源の違いや余裕が違うのだ。
貴様らが俺が生きていることにより学ぶことがあるから俺はいきることが許されている。
大学教授が「私は生かされている」といっても不思議ではないのだ。

「愛国心」
基本的には、国が私や私の友人に何をしてくれたか?が愛国心の基盤だ。
しかし、隣の国の愛国心が高まればこちらの国の愛国心も高まる。
これは性欲と同じ原理だ。
石原慎太郎は、二十年間、安定的に日本国が統治していた尖閣諸島を東京都が購入するといって、中国の愛国心を高め、日本国の愛国心も高め、募金を募った。
靖国参拝も同じ原理だ。
政治家がファイナンスのためにやるのだ。

麻生太郎財務大臣。
障害者をキチガイと呼ぶ。
光太郎は「みんな神に作られた作品だ。医学書にある法則にしたがっている。障害者はその人本来の人格を示すものではないと発言した方が大人ですよ」
麻生太郎は光太郎について語った。
「嫌いじゃないよ。そういう人」
(麻生太郎のソフィア)
 
牧野尊行宮内庁審議官発言。
光太郎が自分の時代を「大正」と呼ぶと、牧野はそれを「明治である」とレトリックでの訂正を行った。
光太郎の時代の永遠を祈った。
寿命が縮むような光太郎の荒行だった。
あるいは、「大正天皇は元気はつらつであったが傲慢さが災いして毒を盛られただけだ」
という光太郎発言に、「光太郎の才能に勝ちたい」「でもできないという深刻さ」「出口もない」という思いがあったのだろうか。
牧野は涙が止まらなかった。
[FANDUB] 松浦亜弥 - 涙のわけ (Namida No Wake)

美智子さんは、子供の頃、トイレで「童貞狩り」のエロ本を読んで自分のフェチにしている。それでおねしょを止めたのだから幼児的自我となったのだ。

三島由紀夫に憧れていたのは美智子さんだった。金閣寺に放火した男がいた。表舞台の美しさに放火しやがって、銀閣寺の方が美しい、三島は考えていたのだ。

愛子さまとのデート。(2015年6月15日)
三浦海岸の小野光太郎私邸にて。
朝、話をしてもどうも通じないが、三浦海岸の海で、砂の感触を感じ、「女は土から生まれ土に帰る」と言い、ドネアトレーニング、アリシャツフルを披露し、
こんな男でも広い海と明け方の空には敵わないと言い、砂に「天皇光太郎」と書いて、文字は波にさらわれた。
そのあと、愛子さまはタバコを吸った。
愛子さまはお母さんが大好きだった。
しかし、自閉症だったのだ。
自閉症を治すためにはお母さんが嫌いにならなければならない。
それは女の子にとって病気をも治す「ショック」だったのだ。
そのため、愛子さまにマリオカートをやらせたり、クラスの成績優秀な男の子に鉛筆を渡したりすることを提案した。
皇太子殿下は「頭がおかしい女の子。暴力的だね」と言っていたが、雅子さんは愛情をもっていた。
自閉症は治るのだが、それを周囲に侮辱されると精神錯乱になる。
それは夕方になると特にひどい。
自閉的が治らないと文字を読むこともできない。
とにかく、カレンダーと時刻を教え、何月何日何時何分かを明確にし続けるしかない。
雅子さんは不感症だった。
「金と麻薬セックスのためなら嫌いな男とも結婚するのが女だ」と言って皇太子にショックを与えていた。
不感症女は「うんこ」と言っただけでも笑うし、お葬式の「チーン」という音にも笑いをこらえる。
優美子はステージママだった。
女子中学校は、男言葉を使う世界で、男言葉を使う勉強は得意でした。
ステージママの言うことを聞かず、雅子は恋愛の道を自分で決めたし、外に出た。
ステージママは、外国で言葉の通じない女子が何をしなければならないのかを知っていた。
のちに大きく影響を与える帰国子女の現状があった。 
優美子も必死だった。
雅子「ママ。ごめんなさい。愛しています」

7月23日(月)雅子さんと光太郎の会話。
「あなたはお化粧をしていない。子供を産んでいるからだ。言うことすべてが競争をしていない」
「愛子さまとあなたはライバルだ。愛子女帝論はあなたが認めないはずだ。」

光太郎の五億円を口座から盗んだ美智子「お金がほしかったんです。お金がほしかったんです」との証言。

夫が勃起するためには。
バイアグラだけではダメ。
セックスの歴史を女性に聞いてもらったり、札束の入った財布を見たりする。
レバチオ、アドルシカ、シアリス、レビトラ。

天皇の母親(良子)は、知恵と力を生み出すために異なる男の声を聞きたがり、裕仁と比較しては裕仁を怒らせていた。
「俺の声じゃ不満か?」
良子を食べた狼が美智子であり、そのお腹から生まれたのが清子だった。
清子は、いろんな男の名前を出しては光太郎を怒らせた。

日が昇るたびに光太郎が大人になっていく気がして。

女が影響を与えている男。私にはこう見える。
楽しさ、美しい行動、インパクト、科学、数学、意味論。
ガチンコの戦い。
aさん、bさん、cさんなどが存在し、F、G、Hという別々の経験を持っていて、信念、言葉、生活習慣、人生設計を持っている。
私の方が強い、みんな仲間、現物を動かすやつしか信用しない、法則から道を見つけてくれる人、などがこのような地図を作った。
左翼活動、女らしさ、プロレスが現実に勝った。

1432200167974.jpg

顕微鏡で見た男、財産。

「うんこ一発、群れのボス」
美しい女性がいじめられて、外で野糞をさせられた。これは、コミュニタリアニズムという法則で、この事の意味の重さが美智子を宮内庁のボスにしてしまった。
虐める側も「法則」を知らなかったのだ。
アリストテレスは、「勇敢とは臆病と向こう見ずの間の自制にある、とし、武勇伝を自慢するものは不適切なものから快楽を得るだろう」として、このような行為を戒めている。
野糞をするというのは軽犯罪であり、誰かにきつく怒られるだけで済むものだが、美智子は野糞をすることで退路を絶った。

「罪の告白」
画家は、一生懸命絵を描く。
しかし、うまく描けた絵も描けない絵もある。
なぜうまく描けなかったのか?
それを語る行為が「罪の告白」である。
神の意志により近づく行為だと言える。

精神錯乱を起こした人には「時計を見せる」「カレンダーを見せる」ということが大事だ。
ウェルニッケ失語症を起こした人は発狂と区別がつかないため「あなたのお名前は?」と聞いてわれに返らせることが周囲に求められる。

不定愁訴。
持続的で、過剰で、非現実的な心配。筋肉の緊張。集中力が下がる。
いつも崖っぷち、休めない、不眠症。二十歳の前の子供の頃の心配。
家族の歴史から研究。

「行李ひとつで来てください」というのは、美智子が野糞をして、社会に居場所をなくし、皇室に来るしかなくなることを意味した。明仁の独占欲であったのだろうか?
Morning Musume (モーニング娘。) Dokusenyoku (独占欲)

【研究途中】

2015年5月19日 (火)

真ちゃんの歌

Deep Purple - Demon's Eye Lyrics
俺は気にしない。お前が何を言おうと。
俺は聞かない。気にしない。お前が何をしようと。
偽り、偽り。
俺の悪魔の目にはそう見える。
すべてうまくいく。お前の時代は終わりだ。
お前の時代の終わりをどう思う?
俺はもう何も必要ない。
倒れてしまえ。
お前がそんなに賢いなら、お前はキチガイだ。
俺の悪魔の目にはそう見える。

Bob Dylan - John Wesley Harding (Cover)

俺は心の貧しいものの友達だ。常に助けの手を差し出し、理解力のある人を味方にした。
俺の名前は全国に打電され、間違いは決しておかさなかった。
両方の腰に強烈な武器を持ち、いろんな人の家の門をくぐった。

俺は最も高い山に登った。誰よりも歩いた。ただあなたといたいために。
俺は走った。街を測定した。
しかし、まだ答えは見つかっていない。
涙を流した。欲望も燃やした。
天使にも囲まれた。無知な悪魔にも出会った。
しかし、まだ答えは見つかっていない。
俺は王国の到来を信じている。
しかし、走っている。
サディズム、マゾヒズム。
まだ答えは見つかっていない。
U2-I Still haven`t found What I`m looking for

スタンフォード(左)、東大(右)のデュアリズム。二つの選択肢を与えて他に情報がなければ相手は動けない。

どのようなプランか?離れろ、ノックダウンするな?どのような計画か?行け!
左を当てろ、右を当てろ、これは戦いだ!
リングでは王者だ、左を振れ、右を振れ。
第二のプランはない。
悲鳴が上がる。
止まるな、発見しろ、気にするな。
固いパンチ、警察を呼べ、
これは戦いだ!
Three 6 Mafia - It's A Fight (Best of Rocky Balbo…:

電話が俺の間違いを伝え、しかし、よくきくと俺は歌っていた。
俺の歌がラジオから流れた。
蛇の集団がひたすら登っていく。
俺たちはひたすら先を争い、破壊しあった。
境界線も超えた。
夜中に光を求めた、同情もあった。
Duran Duran - Union Of The Snake

俺は砲弾の後方支援を受けて死の道を歩んだ。
栄光から遠いところに生まれた。
俺を取り巻く天使もいなかった。秘密を人々は話し合った。
誰も俺を飼い慣らすことはできない。
常に俺は輝く。
決して負けない、決してこの道を歩まない、決して目をそらさない。
常に輝く。
Duran Duran - The Wild Boys

2015年5月18日 (月)

ダンケルク撤退の美学

美のために美を捧げる、こういう男を女性は支持する。

「どうやって相手を撤退させるか?」
過去の歴史にはどうしても記録に残しておきたい撤退劇がある。
時には相手のリビドー・フェチを狙い、時には衝動を引き起こすために研究するのだ。
ダンケルク撤退作戦はその一例だ。
イギリスは、ドイツを攻めるためにヨーロッパ大陸に上陸したが、ヒトラーSSによって「強烈なショック」を与えられる。
イギリス司令官は撤退を決めたが、イギリス兵士にとって、ダンケルクはまだ地平線の向こう側だった。
20世紀後半にイギリス兵士は「この経験をした俺の心はもはや誰にも壊せない」と言った。
Rolling Stones - Heart Of Stone
イギリス兵士の勇敢さが称えられる撤退劇だったが、実際はなんの武器も持たずに徒歩で地平線の向こうを目指していた。
何の役にもたたない犠牲も生じたし、捕虜も多く出た。
ドイツ側も戦いへの興味を失っていた。
ダンケルクは防衛に最も適した海の要塞だった。
ショックを受ける前のイギリス司令官は撤退などまるで想定していなかった。
GHQは「役に立たない口は英国に返せ」と命じた。
ここで、コードネーム:オペレーションダイナモは始まった。
イギリス側は、果たして何名がダンケルクまで生還するのか分からなかった。
ロンドン司令部は「2日でヒトラーSSがダンケルクを制圧するだろう」と見ていた。
掃海挺で機雷を排除したルートY、最短距離のルートZ、夜間でも行動できるルートXなどの航路がダンケルクから英国まで見つかった。
60年後、海軍力を落としたイギリスは、もはやオペレーションダイナモは実行できなくなっていた。

相撲

「相撲~国家と同じぐらい古い」
現在では北アメリカやヨーロッパのケーブルテレビで放送されているが、
エジプト、セネガル、スイスでも同様のことが行われている。
「くにつくり」や神道、米と関わっている。
あるいは皇室では天覧相撲が行われ、稲の豊作を占った。
平安時代には地方の強い男を探しに行ったし、農民の忙しい時期に力士は相撲をとった。
鎌倉時代には武士が熱狂し、トレーニングスキルを磨いた。
室町時代には勧進相撲が行われ、神社仏閣の修理の費用を集めた。
織田信長は、暴れまわるゴロツキを1500人集めて、貧しいものが出世する世界を作った。
江戸時代には辻相撲が行われ、刀での切りあいを防いだ。
雷権太夫が相撲トーナメントを始めた。
かつては文徳天皇の後継者の清和天皇も子飼い力士が勝ったため即位した。
江戸時代には「チチガハリ」(デカイ乳)、「アナガフチ」(深い塹壕)などの女性力士もいた。
農家や漁業の家の出身が多い。
北海道の雪は下半身を鍛えるのにうってつけだった。
在日だった力道山は、外国人力士の出世禁止の象徴だったか、その後、韓国、ブラジル、中国、トンガなどから力士が来た。
ハワイ人の高見山の背景にはニクソンがいたし、曙(チャド・ローワン)は64代横綱になっている。
小錦269キロもあったし、武蔵丸は1994年に全勝優勝(15人目)を果たしている。
力士になるためには173センチ75キロが必要で、力士の平均は157キロだ。
総武線両国に部屋があり、今ではウェイトトレーニングルームもある。
中卒、両親の同意、戸籍が必要なこともあれば、大学生もいる。
850人の力士がいて、のぼりのごとく出世を競いあう。
ボトム4(序の口、序二段、三段目、幕下)とトップ2(十両・幕の内)がある。
序の口は100名、序二段は300名、三段目は200、幕下は120名いる。

2015年5月17日 (日)

白人優位の世界の崩壊

20世紀初頭にロンドン会議が行われて人種問題について話し合った。
ナイジェリアは1903年までイギリスは征服できなかったし、モロッコは1912年までフランスは征服できなかった。
エジプトは1914年までイギリスが征服できなかったし、エチオピアは1936年まで墜ちなかった。
その他はベルギー、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガルが征服していた。
1936年にナチスが虐殺を行い、アフリカに衝撃が走った。
1904年にナミビアのヘレロの虐殺、1994年にルワンダのツチ族の虐殺があった。
これらの人種問題は権利、教育、雇用、住宅、所得などで指摘された。
日本、中国、韓国も差別される側であったが、日本は残虐に中国や韓国を侵略した。
この日本の中国侵略が、中国をアフリカやアフロアメリカへと関心を向けさせた。
アフリカの国際社会参加が白人優位の世界を終わらせた。
意味による人種にユダヤ人、アラブ人がいる。
ヘロドトスの歴史やヘブライ語聖書は、エチオピアやペルシャ人を「よそ者」とした。
19世紀に人種の生物学的分析が可能になり、ナチスが民族の優越を指摘した。
モロッコからオマーンにかけてのアラブ人とディアスポラのユダヤ人は区別がつかないし、敵や政治の議論は人種ではなく文化で行おうという発想が生まれた。

尖閣諸島

2007年に中国と日本は東シナ海を平和と協調、友好の海としたが、2012年に石原慎太郎都知事が、尖閣諸島を東京都のものとしようとしたことから、
両者の関係はエスカレートしていった。
12カイリの防空識別圏で、日中米が交錯するようになった。
日本は駆逐艦によるファイアーコントロール技術により、中国の潜水艦を、中国は戦艦による日本のヘリコプターに対する威嚇を行うようになり、
どちらかが譲らなければならないチキンゲームが展開された。
それまで何十年にもわたる日本の安定した尖閣諸島の管理がここで揺らいだ。
2001年にアメリカと中国は海南島で飛行機が激突しており、日本も60メートルに接近する事態が起きた。
低いレベルの衝突が危機に繋がりかねないのがこの地域であり、
日本はここ30年ほどで6回しか起こさなかった行動を、石原慎太郎以来350回も起こすようになった。
日本はしきりにスクランブル作戦をおこし、妥協することはなかった。
しかし、日本も中国もこの地域での戦争を望んでおらず、事務レベルでのホットラインが設けられるなどした。

吉永小百合作品と医学の関係

「スーパーエロゲーション」
過度に人間に義務を課す思想。善であるが必要なものではない。
逸脱に価値を与える。
健康的な生き方を体系化したものではない。
カトリックの疑わしい例外がルター派やツヴィングリ派に批判された。
1958年にJ.アームソンによって「聖者と英雄」で理論化された。
旧約聖書において「良きサマリア人」が、苦しむ人を助ける情け深い人を描いた。
敵がいないのにやる必要があるのかとも言われ、医者に義務と限界、義務と価値を提示した。
行動と混乱の中に秩序をもたらす力が問われる。
新しい生き方の提示でもあった。
世界を描くのではなく新しい生き方を示したのだ。
混乱の中の法則は、反戦運動や借金を返済したり盗みを禁止したりすることに繋がるしイデオロギーであったし、
何をすべきか?という問いは、人生に正解はないということから「満足と暴力の基準」を示し、「~すべき」から「できる」へと人々の考えを変えた。
病人だろうが何だろうが「治める」ための戦力になる。
「一人一殺」のためには安い命が役に立つ。
魅力的なキャラクターの真似をしようとみんなが思う。
新約聖書の英雄物語において、イエスは「人生に意味を与えたければ最新の情報と接するように」と言った。
妻が夫に失恋しない。
旧約聖書は仲間を作る学問で、新約聖書は女性を自由の世界につれていく学問だ。
医者の言った通りになる。これで人々は許しあえる。
人体の法則を知る、これがイエスの教えだと信じていた。
より長く生きればより良い人生の終わらせ方ができるというイデオロギーがあった。
愛は敵だ。ひたすら患者の長生きのために尽くす。
神が作った人体の法則と医者との対話。
ルター派、カルヴァン派、英国国教会は、このような聖書の教えに従わない医者を糾弾した。
カトリックに末期患者へのたかり行為が横行したのだ。
誰にも感謝されない小さな仕事をコツコツとこなしていこうという思想がプロテスタントに共有された。
末期患者へのたかり行為、権力へ近づく手段として医学を用いるものへの怒りが宗教改革にはあった。
「守るべきルール」 「妹を愛するような気持ち」これをカトリックが失ったことが宗教改革の原動力だった。
「どんな人生が楽しいのか?」は医者が一番よく知っている。
「当直、当直。忍耐力」が求められる世界だ。
人生への許しを担っているのが医者だ。
よいことを行うのは義務、どうしていいか分からないことは許可、やらない方がいいことは禁止。
権力者の妻に過剰に薬を投与してやらない方がいいことをやる浅利みたいなのが聖マリアンナ(サマリア人)の意味も知らずに医者をやってるけどな。
「ひたすらやるべき」このときに英雄が生まれる。
三分診療は責められない。腕がよければそれで終わるからだ。丁寧で、よく考えられていればいい。
しかし、医者が自分の情報源に自信を持っていて「やるのが正しい」と確信を持っていた方がいいとされる。
英雄的思想というよりも学問なのだ。
頭がいい方が称賛される。これが医学であり、恐怖を克服したものも称賛される。
「何をしていいのか分からない」では困る。
「~すべき」から「できる」に変えていかなければならない。
まあ、医者も最後には義務だのなんだの言わずに、笑いながら医学をやっていくわけだな。
日活「愛と死をみつめて」吉永小百合・浜田光夫

2015年5月15日 (金)

魔女の調合

「うつ病」
セント・ジョーンズ・ワート。
カヴァカヴァ。

「美容」
ビタミンA:美しい目にいい。肌にいい。
ビタミンBコンプレックス:髪が細くなるのを防ぐ。
ビタミンE:パワーハウス。肌。ビタミンEローション。
ビタミンC:日焼け。
セレニウム(セレン):皮膚がん、若く見える。
ジンク(亜鉛):髪、肌、爪。ジンククリーム:日焼け。
アロエヴェラ:肌の見た目、日焼け。
ベータカロチン:爪を強く。
ターメリック:肌、髪を美しく。
葉酸:指の爪。

「眠り」
カヴァカヴァ、メラトニン、ヴァレリアン。

「女性用サプリ」
鉄:生理、ストレス、ダイエットからくる鉄分不足。顔色が悪いとエネルギー不足。一日の早いうちにとる。
葉酸:特に妊娠したときにとる。心臓病(女性の死亡率がもっとも高い)。
ビタミンK :カルシウムとともに吸収される。骨を強くする。骨粗鬆症。
カルシウム:ビタミンDがなければ吸収できない。
マグネシウム:女性がもっとも不足しやすい。心臓病にいい。

「ダイエット」
マジックサプリメントはない。チーズバーガーを一日三回食べたら痩せない。
ビターオレンジ:水虫、たむし、吐き気、便秘にきくダイエットサプリ。
カフェイン:ローカロリーダイエットをしている人の役に立つ。
フーディア:お腹が減らない(ダイエットサプリの七割に使用されている)。
緑茶:ダイエットに効くが飲みすぎると吐き気、だるさ、おならが出るなどする。
エフェドラ:ダイエットに効くが、血圧が上がったり、攻撃的になったり、眠れなくなることに注意。
CLA:ボディービルに有効。
クロミウム:炭水化物を摂りすぎたとき。
5HTP:コルチゾールを減らし、ストレスをなくす。


「男性向けサプリ」
ビタミンD:糖尿病、メタボ、ガン対策。男にとってもっとも重要。
グルコサミン・コンドロイチン:運動による怪我、関節、体を強く。
フェッシュオイル:年をとっても心の働きを良くする。健康的な脂肪。関節を滑らかに。
プロバイオティクス:ヨーグルトのバクテリア。ヨーグルトに入っている。

自殺

警察官に喧嘩を売って殺されるのは自殺であり、自殺とは悟りにつながる概念だ。
タイソンと試合するのも自殺だったし悟りにつながった時代があった。
エティエンヌは負ける可能性が高かった。死ぬつもりだったしそれを知っていた。
戦ったのが間違いだった。
お金目当て。勝ちを望まないのは相手に対する侮辱。反則はゲームを腐敗させ、発信力をなくす。己の価値観をボクシングに委ねられるか?
自殺は人間の死の恐怖から逃げている。
偶発的なノックアウトではなく、意図したものだ。
死刑執行を避ける、リベンジを避ける、他者のいい生活を守る。そういうことを守らないのが自殺だ。男ではなくなる瞬間。
うつ病患者も死にたくない。
わざと倒れるのは自殺ではない。
神は俺を罰した。そのため俺の魂は俺の肉体と共にある。そこから自由になることはできない。
反則ばかりで腐敗しており敵だらけの人間に、プラトンは自殺を許可した。
臆病や怠け心が人生の苦味を知らないから自殺する。
自殺は自分を不正に扱っているのではない。なぜなら自分への害悪に同意している限りボランティアだ。
コミュニティに害悪を与える目立ちたがり屋だ。
自殺は個人のよりよい生活を考えておらず、社会で果たす役割を正当化できないではないか。サイエンスに基づいた人生が不可能だと思うなら自殺も仕方がない。健康などの「サイエンスのアドバンテージ」が自殺から人を守る。
サイエンスとの調和が私を生かすことになる。
たとえ私が社会の少数派でも、サイエンスさえあれば私は死なない。
賢い人は生きることができるのではなく、生きるべきなのだ。
ただ生きるだけでなく、より良く生きる。
量より質。

賢い人は勝てるではなく、勝つべきなのだ。これが悟り。
Mike Tyson vs Clifford Etienne Full Fight

MIKE TYSON knocks out KO Larry Holmes

神から与えられた肉体は限られている。
自殺は神との関係を麻痺させるため、財産を没収したし、キリスト教の様式での埋葬を禁じた。
自殺はユートピアにおいて、重篤な病人なら仕方がないとされたが、もはやキリスト教社会においては譲れないものとなっていた。
マリアをアイドルにしたカルヴァン派は、自殺にもっと慈悲をもてと言ったし、ピューリタンは、いくら自由だといっても自殺の自由など認められないとするなど論戦がなされた。
自殺は罪深いものではないし、無我夢中でやるものだ。しかし、自己保存の法則に逆らっている。
キリスト教の肖像は自殺を批難していないし、戦争も死刑も禁じていない。
1700年代に科学と心理学から研究がなされ、何も知らない人間と悪人の戦いから自殺が生まれるのではないかとされた。
病人にとっての神聖な命令が他者を自殺に追い込むとも考えられた。
神は動脈から血液の川を分けたものから自殺者が出ることを違法とした。

デビルと罪人(sinner)に関わる議論が自殺であり、これは悟りにつながる。
Madonna - I'm A Sinner - DVD The MDNA Tour
殺せるものなら殺しなさい。歌ってあげてるでしょう。

デーモンは「何も知らない者」
サタンは「皇位継承」
ルシファーは「影響力を増すために下ネタに走るもの」
デビルは「自殺」と関わる概念だ。

神からの命令は必ずしも個人を幸せにはしない。
民族の神からの命令は個人を殺せと言う。
この時に、人間は「首吊る覚悟」をするのだ。
神が時にデビルとなり人間と対話するのだ。
我々の血が無駄だったと悟ったときに、人々は集団で「自殺」という選択肢を個人に迫るのだ。

デビルの意思が神と合致したときに自殺を命じることができる。
アマテラスを奪い合ったのが光太郎と天皇サイドなのも頷ける。
社会は多数派のアドバンテージを持っているし、自分達のために痛みを感じている。
それを無視するものを殺したい。
しかし、ここに「神との対話」がなされる可能性がある。
立ち上がったあとに勇気が必要であることを考えると人間は立てない。
Prince Naseem Hamed Highlights (by GP)
治める側としては死んでもらうしかないとしたカントと、デビルという概念を考えたヒュームの戦いだった。
カントは団結を重視したのだ。
しかし、ゲーテは詩によって女性の心をつかむことに活路を求め、シュタイナーの理論的基盤になっている。
ここで、精神医学が登場した。
自分と世界がかけ離れてしまう思春期の女の子や、青年、社会の混乱などから自殺が議論された。
こうなると自殺は官僚と医療の仕事となり、個人の感情ではなくなってしまった。
さらに、二十世紀には右翼の立場から世界の無意味さや、人間の人生の旅という観点から自殺が議論されるようになった。
アマテラスの奪い合い
いじめられたらクラスの女の子が必ず助け船を出す。
男は群れから離れたらデビルと対話するが、女は「目が飛び出る」ということは指摘しておきたい。これは女の前立腺の病気だと思われるが、イエスさまになろうとした女は皆、目が飛び出て、中世の民衆には「魔女」にしか見えなかったであろうことは想像に固くない。

カミュが、バカげたことからの逃げ道という観点を指摘したのだ。
意味がないことの意味の唯一の発信源が自殺だとした。
神が死んだことそのものが信仰心だった。

国が自殺に介入する上でこれらの正確な理解が必要となるのだ。

2015年5月10日 (日)

白色テロ

「白色テロ」
現実の、意図的な、広範囲の紛争。
個人の争いは戦争とは言わない。
政治コミュニティーでなされる。
テロリストも含まれ、国家の発展のために行う。
国家とはなにか?
ネイション:多くのものを共有している人々。人種・文化・言語・歴史的経験・理想・価値・ファッションなど。
ステイト:領土。
地方のエスニックグループ。
その領土で何を言うか。統治。
誰が権力を握るか?富を得るか?資源を得るか?
誰がメンバーで、誰がそうでないか?
平和へのプロセスが分からないからやる。
誰の理想が勝るか?
どの法が作られるか?
何を学校で教えるか?
武器は本物でなければならない。
境界パトロールは戦争とは言わない。
明確なコミットメント(引き受け)がなければならない。
大量の兵士を投入しなければならない。
統治への同意ができない場合。
戦争。残酷で醜い企画である。
人間の社会と変革の歴史。
出来事において何が正しいのか?
我々を常に危険にさらす。
911テロの反撃としてアフガニスタンを攻撃し、サダム・フセインを倒し、スーダンのダルフールで戦い、マドリッドやロンドンの爆破テロと戦った。
暴力から人々は議論し、考える。
何が正しくて何が責任か?
ribbon - .ゆっくりと好き

2015年5月 9日 (土)

プロ野球という宗教

1453690538539.jpg
宝くじ売り場(ゴッホ)
集団が一点に向かうとさまざまな混乱が起きる。
それを描いた作品だ。


ゲームが均衡を維持していれはゲームから逃げ出す人はいない。
圧倒的なビハインドを負ってからチーム全体の利益を考える。情報の共有。

「自分さえよければいいのか」
イチローはチームメートに言われていた。ベンチに帰ってフィールドの情報(ピッチャーの攻略法など)を報告しなければならなかったし、
シングルヒットを打つだけでは割に合わなかった。
チームメートにはイチローを支持する者もあれば批判するものもいた。
彼らはイチローの何が問題なのか?を明確にする必要があった。
それをやらないのならば「俺の方が優れている」と議論してはならない。
イチローとしても「小さなことは気にするな」という言い分はあったし、敵がいるのは当然という発想もあった。
我々は強さを争っているのではない、もっと鈍くなれ、みんな仲良しじゃないかという発想もあった。
終ったことを議論するのはやめようとも思った。
ベンチに帰ったら「仲間が求めていることを伝える」
鈍くなれ、俺が強い。
などの発想と、サイエンスとの和解。

チームメイト、好かれる人、嫌われる人。
男、新しい情報、約束を守る。
一人で男は家を建てるが、近所の作業も手伝う。これだけで好かれる。
俺が強い俺が強いと言い合っている連中に助けの手をさしのべる。
女性の感情の対象になる男。
人気者になる秘密は俺が強い俺が強いと言い合っている連中に"lend a helping hand"することだ。
Bob Dylan - John Wesley Harding (Cover)

ゴッホとゴーギャンは、仲良く絵を描く理想郷を作ろうとしたが、喧嘩別れしている。
これが「耳切り事件」であり、学問である。
たとえば、仲良しグループで誰かが、「お金を盗まれた!」というだけで問題を引き起こす。 
人間は鈍ければいいが、事件を抹殺するといろんなものが腐敗する。
また、仲良しグループで誰かが「俺は神だ!」と言うだけで人々はそれを間違い(False)とは言わないが不誠実(Untrue)になる。
また、仲良しグループも、なにか生産的なことをしなければならない。
Honesty(率直さ)は、成功理論と言って、皆が率直(true)になる。
リアリストというのは「敵がいることを知っている」という人で、通説的立場だ。しかし、敵がいては自分が楽しめないのではないかとも言われる。
あるいは、「俺は神だ!」という発想は常識であるとする立場もある。
この世界では皆が「俺が強い、俺が強い」というため、数字で決めようという立場もあるし、決定権を上司が取り上げようという立場もあるし、実験してみるしかないという立場もある。
また、何かを生み出さなければ「皆仲良し」とは言えないという発想に関しては、何が正しいかは心の問題であるとされ、言葉に頼るか、多様性を認めるかに分かれる。
多様性を認めると、文法・提案・主張が存在するが、認めてもらいたい、ブーイング、雰囲気、命令などの感情が生まれる。
プロジェクト、そこそこ、に分かれる。
自分にとって健康的なことが存在するし、無意識の言語がある。
さらには、何も生み出さなくてもいいと開き直る立場もある。
あるいは、誰かが「被害を受けた」と叫んだときに、義務が生じたり、攻撃を否定したりする。
誰かが、「究極の目標」を宣言したときに不誠実(untrue)になる人もいるし、大雑把な敵を想定することもあるし、時には予言が必要なこともある。
このように、集団が「一点を目指して集まる」時には人々の間に「絶望的混乱」が生まれていることを知らなければならない。
このような状況に秩序をもたらすためにはやはり「男の客観」(混乱の中に法則をもたらす力)が必要なのである。
大きな目標を達成したものほど物事を治めるのが好きだ。

Billy Joel - Honesty

2015年5月 8日 (金)

情報

GUANBARE
この映像を見て、俺は「溶かされた」し、酒井法子は「伸びた」状態になった。
情報とは人を「伸ばす」し「溶かす」のだ。
この状態を作るのに十分すぎる一曲だった。 
この曲で伸びたことがある酒井法子に
俺は溶けた状態で昔の曲を歌ったら酒井法子は俺を見下した。
しかし、ラカンの「なぜあなたはジュリエットなの?」という発言をパクると、のりピーは、ショックを受けた。
王が王冠を戴くと王は去勢される。象徴として去勢されるのだ。
ジュリエットは「なぜ私はジュリエットなの?」と言って、ヒステリーと彼女の歴史(ヒストリア)を戦わせたが、
王も女王も象徴として去勢されてしまう。
女王は特にそうなのだ。
男の女への欲望は他の男の欲望でもある。それは男らしくもあり女らしくもある。
なぜ俺は俺なのか?
お母さんのおっぱいと弟。
「溶けた」人間が最も他人にショックを与えることができる方法が、東大スタンフォード大学の情報をパクることなのだ。

「情報」(過去の女をXとする)
①ランダムで多様なX(パラメーターθ)。
②Xの価値でエントロピー(混乱)Hが決まる。
③二項(やったかやらないか)xのプログラム(恋愛)pに与える影響。
④キュービットは、古典的なビットの一般化。複雑な数字で二次元化(のめり込まずに広い空間へ逃がす)。
⑤信念、正義、真実、が通りすぎたあとにどんな知識が残るか。
⑥意味、真実のデータ→情報の定義(体をなしていない、真実ではない)。

①~④は量、⑤と⑥は質を扱う情報だ。
アウグスティヌスは、情報を、本質・生産的なものを生み出すもの・種類・人(統計・ダイナミック)・知的空間に分けた。
本質とは何が問題になるのか?であり、生産的なものを生み出すものから事案に対処し、ファイルにまとめ、登場人物を単なるデータ扱いするか、ドラマチックなものにするかを記録し、知的空間を作る。

工藤静香 FU-JI-TSU

データとダイナミックな現実の仲介役。
現実から生産的なものを生み出す心の働きを議論する。
認識や考えからボールへの「印象」ができる、我々には記憶がある。
ひとつ目の選択肢を与えるともうひとつの選択肢をピッチャーは見つけようとする。二つの選択肢が与えられてしまうとバッターは動けない。

CoCo はんぶん不思議 1990-02-19

男・女、弦の二分の一を押さえると一オクターブ上がる。世界が数学によって成り立っていることを意味する。
変わったものを変える。形而上学。
スライドギターに注目。
CoCo~Moonlight Express

議論する理由や、物事の考え方は数学的であり、男を知るということが弦の真ん中を押さえたら一オクターブ上がるということだ。
男の経験・女の経験の「二重の経験」が明らかになった。
金・銀・銅の三つを混ぜたら色・味・音が異なる。それはまるで人の心のように異なる。
情報の人へのあたえ方が異なる理由だ。
集団主義教育を経験するようになってから、情報というもののあり方が変わってきた。
孤児や離島で情報の研究をした。
教育(人を変えようとする営み)や探求。情報がやり方を見失った。男女やメカニックの格言が有効だ。
味・匂い・音が意味を見失い、のんびりとした世界では形・数・速いか遅いかが問われた。
男の話題「空間・形・速さ」
女の話題「暑さ・味・色」
出来事は女が語り、心は男が語る。
蝋人形は女の熱で形(男)を変える。
心の探求は女に溶かされながら形を変え、アイデアが浮かぶ。
マシンは男性的で変わることがない。
治める言葉はマシンのように変わることのない男性的なものだとする立場と、経験によって溶かされていくものだという立場がある。
サイコロの表と裏は単純な男女の関係を示すが、これが数千の面をもつサイコロになったのが今の男女の関係だ。
三角形の内角の和が180 度であることは溶かされた蝋人形にはわからない。経験で学ぶことではなく大きすぎるものという美学から学ぶものだ。
女よりも形を愛するのが情報というものだ。
漫画に影響を受けた男を「情報の男」と呼ぶ。
漫画に教える男。
教わったことを他の生徒に話すことで情報は溜まり、測定される。
シャーロック・ホームズでは、レストレード警部は価値を知らない情報をたくさん持っていた。
形を溶かし伝えるのが重要だ。
さらに、近代になって「情報が伸びるようになった」し、不確実性が少なくなった。
経験論と直感。
目に見える暗号システム。
伸びる情報は比較的現実を反映しやすい。
言語と思考の密接なつながり。
女性の間で得られた逆方向のサインが言葉の起源。
はじめに言葉があった。
女性が誤解することから始まる。
言葉は男の発明だ。
日本語も乗り物としてはパーフェクトリーズニング(混乱を治める力)を持っている。
言葉は神が生み出したものだからだ。
文字の目に見える暗号。英語は"e""t"が頻繁に使われ、"x""q"よりも読者は反応しやすい。
これを目に見える暗号と呼ぶ。

ribbon 哀しい方の嘘

プレイスホルダー「ゼロ」は、西暦500年にインドで発明された。
AKB48 'Ohgon Center' 黄金センター in Tottori 2011
"0123456789abcdef"で16進法は示され、16のことをffと表示する。
にひゃくごじゅうごのことを255と書き、バイナリーの0と1では"11111111"と書く。
S=klogW
熱と圧力は、素粒子に還元されるし、その二つのぶつかり合いを政治コミュニティー全体で表現するとこうなる。
Wを正確に表現するとエントロピーによって混乱が生まれ、それがk倍になる。男の抑圧と女の嘘によってそれはすぐにおさまる。
エントロピーはマクスウェルが考えたし、kはボルツマンが考えた。
知らないことが社会に多いほど情報は拡散する。
また、人の噂の内容と数だけ全部足してマイナスにするのもエントロピーと等しいとされる。

言葉は伸びたり縮んだりする。
「独身男性」という言葉がよく伸びる具体例だ。

人々の話題にのぼるテーマの虚偽の立証。

Y軸方向に情報の確からしさがあれば、X軸方向に虚偽の立証(情報の違い)を示し、知的空間に生産的なものを向ける。
なにか確からしい報道があれば真上にものが上がる。それを横方向に言論の側が応じる。
出来事が大きいほど同じ大きさで言論が応じる。
大きさが等しければ斜め45度にものは飛び飛距離が出る。
高い角度で打ち上げてグリーンで止めたければ言論は少なくていいし、パンチショットなら多少言い過ぎてもいい。
言論の側が引き受けてくれなければ真上に上がって落ちるだけだ。
経験から学ぶ。
エントロピー(混乱)が男女の側に分かれ、それを全部足してマイナスにする。
あるいは、男社会の噂話は無視していいとも言われる。

女一人と疑似セックスすると、それは嫌いという「哀しい方の嘘」になり、エントロピーとして拡散し、マイナス、つまり「好き」という感情がみんなに共有される。
イエス(ジーザス)は、カエサル(シーザー)だったと女たちが噂した。

言論の側は、今は結構正確に哲学を示すことができるが、それが通用しなくなったら言論の側の発言は「周波数」に化け、真上に上がったものが売れたり売れなかったり波が生まれると考えられる。

サイン、示したいもの、男と女の知的空間、その基盤。
サインの乗り物。
「仲間と違うサインで呼びあうとき」
もぐらの掘った穴はモグラ(男)を示す。
女にモグラの存在を示す。
男がサインを決める。
解釈する女。
煙と火(男)。
SPEED - White Love

2015年5月 7日 (木)

保守とリベラル

リベラル(ナンパ)な政治コミュニティがフリーダムをうまく利用する。
保守は妻から学ぶ。

「保守」
真実の断言。男言葉。新しい言語を取り入れていく。新しい言語で治める。
女性の支持を基盤にする。女性は豊かさを持っている。
その女性に普遍性を与える。
デフレ:女性と話さないと理論が生み出せない。
PA(バブリックアドレス)で大音響をならす。
男性の知的構造が必要。
経験から法則を知り、新たな経験を証明。
何が起きるか予測しやすい。
男女の真実。レディチャペル。
CoCo〜メロディー
「リベラル」
異なる解釈を試す。
自由を信じる男。
政治的価値:敵をなくす、美学、フェミニズム、神。
男社会、女社会の善。
誰が強いかという女のような議論をしない。
女が求める権威と法則が確かでなければならない。
暴君が痛い目に遭う。アダムのリンゴ(食べ物とセックス)が争いのもと。プリンスが宗教をまとめて王に挑戦。子育て。
謙虚になる。
CoCo~優しさに帰れない

価値~ネットの人気の秘密

石橋貴明と木梨憲武は、母子家庭であり、認めてくれる親父がいなかった。
そのため、学歴は高いとは言えなかった。
褒めてくれる母はいたが、認めてくれる人がいないし、私立高校では母子家庭の子と、他の家庭の子は遊んではいけなかったのだ。
野球部で中途半端な石橋とサッカー部で中途半端な木梨がくっつくのは自然のなり行きだった。
同じ境遇から派閥を作る。
これが、異なる「赤の他人」が異なる動きをする「穴」であるとんねるずの原点だった。妻とは「母と似た者」という意味だ。
二人のお母さんか美しかったであろうことは、奥さんを見ればわかるし、
例えば、松浦亜弥が石橋にとって「可能性のある子」に見えないほど石橋は面食いだったのだ。
松浦亜弥は、「度胸のある子だなあ」と見ていた光太郎が産み出したバグである。
松浦亜弥 -桃色片想い [PV]

「ネット上でのナンパ術」
経験の探求だけでなく、神学的議論もする。
心、コミュニケーション、混乱を治める。
信念を持っていたらもはや動物ではない。
認識が同じ哲学者を信じていれば結論は同じになる。
サイエンスにしたがう哲学者には、経験による限界がある。
いろんな心の仕組みを人間と比較する。
母と娘。霊長類。認識。
これらを明確にしないとオフ会には来ない。
フードソースと言って、食事の確保は重要課題だった。
心。
人類学。
混乱を治める。
信念。
概念(生産的なものを産み出す心)。
実験。
観察。
コミュニケーション。
社会問題。
仲良くなる。

「価値」
ネット空間は価値の発信を行うことで人気が決まる。
敵をなくす学問も必要だし、美学(没頭・顔の美しさ)も必要だ。女を知ることも必要だし、神(芸能人・プロ野球選手)を知ることも必要だ。
健康的な生き方(楽しいこと)も必要だ。
男社会の善(政治・法律)、女社会の善(母の実践・美の探求・フィットネス)を知ることを価値論と呼ぶ。
成功体験をすると脳にメラトニンが流れるため、成功体験を知ることも必要だ。
守るべきルールや、自分とどのような関係にあるのかわからない議論との境界線をまたぎながら議論を深めていった歴史だ。
善悪。快楽とは、行い、コレステロールの数値、ナイフの切れ味、彼、レタス。
いい状況を作る。お前を誤解したのはわかった。

地獄とは人に悪いことをさせない概念だ。つまり、人間界の構造(哲学)を明らかにしてお金を稼ぎ、人々を罰することを言う。
死者はもはや我々を拘束しない。死んだものの墓を荒そうと我々は自由だ。
地球こそがもっとも天国に近い。
天国とはこの世を生きることであり、地獄とはこの世の構造(哲学)のことである。

真理に到達すると、神を取り巻く者と何も知らない者に二極化する。
神を取り巻く者を天使といい、何も知らない者を悪魔と言う。

高橋由美子「天使か悪魔」

2015年5月 6日 (水)

動物園

「動物の意識」

1432154520949.jpg

どの動物か?どのような意識を持つか?
女のような経験を楽しんでいるイグアナのことは机上の研究ではわからない。
命とは何か?
どのように考え、どのように自分の人生に生かし、自分の限界を知るか?
なぜ「意識」というのがあるかを知るのにちょうどいい。
万物の創造主。
人間は特別で優越した役割を宇宙で果たしている。
死後の世界が蟻で満ちているわけではない。
進化の過程。一回きりだったのか?何度もあったのか?
ウサギはより人間に似ていてコウモリには似ていない。
人間だけが意識を持つのではない。
どこで進化の分岐点がチンパンジーと分かれたのか。
人間が動物を殺すとき動物は何らかの形で人間と同じ死の経験をしているはずだ。
人間の幼児との比較、犬と赤ん坊。
喜び、不満、感情→食べる、寝る、交尾するとき、社会契約。
高い声で鳴く、恐怖へのリアクション、子育て、ケガ。
高機能自閉症と動物の経験の研究。
チンパンジーが興味を引こうとするときどのような合図を送るか。
意識という言葉は評判が悪いほど不明確で、民族の心理学に起源をもち、ひとつの概念にはならない。
区別するのに動物の意識の研究をすると有意義だ。
寝る、起きる。
環境への順応。
グループへの属しかた。
知的空間が、混乱の中に法則をもたらすことや、行動すること、話すことを制限する。
世界への発信が、高いレベルの心の働き、混乱の治め方、注意の惹き方を変えた。
世界ネットワークを最初にやったのは猿だ。
すべての動物は他とアクセスする意識を持っている。
話すことは必要ではない?デカルトは、言葉を話す力と混乱を治める力が動物にはないとすると他とのアクセス意識が動物にはないことを意味するとしたし、
意図的に物事をコントロールする力が動物にはないことになるとした。

私の信念は正しいと教えてくれる。

1432154671042.jpg

意識には「己の限界を知る意識」と「自意識」があり、
己の限界を知る意識は、クオリティ、女の人気、経験(クオリア)からなる。
女の人気によってわかる自意識、己の肉体。根強いナレーション(自分と他者)。
なかなか変わらないものだ。
伝説とも動物は向き合っている。
古代文学から研究。人間だけが混乱の中に秩序をもたらす精子をもつ。
生殖と生き残りのために推進力のある魂を人間も動物も持っている。
男とその場所を動物の上に。
混乱を治める法則とは何か?
動物は脳の鏡に反射された衝動のマシンで、知的なキャパシティがない。
メカニカルな反射(reflex)と混乱を治める力を分けた。
とらわれた動物のセックスを観察した。餌をもらう。本能と混乱を治める力の研究にちょうどいい。本能がなくなり混乱を治める力が強まる。
ミミズは飼われた方が柔軟性を見せる。カエルの脳をとってみてもカエルは同じ動きをした。
迷路のトライアル&エラー。満足と不快感(効果の法則)。
鈍いふるまい。女性の感受性、男や出来事について考える。
言葉を使わないコウモリの世界。

Duran Duran - The Reflex

言葉があるから記憶がある。ワンワンの種類だけ記憶がある。
メスはジェスチャーも言葉だ。
楽して子孫を残したがっている。


人間が動物に意識を分け与えた(分配問題)。
動物がどのような経験をするか(現象問題)。
分配問題と現象問題は密接に関わっている。人間の意識の研究だ。
動物が人間と同じように考え、混乱を治めようとしているのは明らかである。
直感がどれだけ信用できないかを示している。
ケガした動物に同情できるか?
犬が尻尾をふる。
楽しい、遊びたい。人間に似ている。
蜘蛛は異なる形で感情を表現する。
動物はどのように他者の意識を知るか?
これは解決法のない問いである。
非常に困難な問題であるが、人間のような言葉を話しているものと考えられている。
苦痛を避けたい、愛されているのがわかるというのは間違いだ。
動物にとって痛みは敵味方の問題ではない。
心を読めるのは人間が他者の心が読めるからだ。
動物の接し方はパターン化され、パワフルになる。
社会への認識、常識で解釈、動物が私の信念を正当化してくれる。
犬が嫌なことでもする(高次の命令)ことを教えてくれる。
神のいない意識。痛みや失う愛を感じる。
人間に類似した動物しか人間になつかない。
蜘蛛は人間とは全く異なる意識を持っているため、蜘蛛を理解することは人間にはできない。
女の写真の登場で男の知覚能力は弱まった。
人間のロボットを作るのは「命のようなもの」を作るにすぎない。
動物に言葉があるのか?という議論は、動物が遠くを見ているのか?何かを信じているのか?という議論だ。
種の制約を受けているのは事実だ。
治めたいと思わなければ自由ではない。
魂のないマシンだとも言われたが、それに証拠はあるのだろうか?
バカかどうかを議論するし、生きてきた実績も語る。
人間と同じしぐさをするのなら心があるのだろうとも言われるし、問題の解決をするか?道具を使うか?を見るために作業をさせてみることが動物の心を語る上で重要だ。

写真と神~ヴィトゲンシュタイン

ヒューマニズムとは「人間が見せる瞬間のショット」である。

「笑いたくないのに笑えな~い」
女性は興味のない男の前ではむしろ60%ポジティブな表情を見せる。
笑いたくないときというのは男に興味があるという意味だ。
女の無表情を堪能するのもまた一興であろう。

写真は、真面目なとき、ふざけてるときの二種類のものがあり、法則に果たして人間がしたがうか?という観点から議論が必要なのだ。

GHQ→小麦粉→日本
皇室特番←皇族(美智子と紀宮が正座して見る)
クリエイター・オリジネーターが神を生み出す。
神に民を誤解させると人気が無くなる。
女はエネルギーのジェネレーター。
神に愛されるものに価値を与える。
人気が無くなると寂しい。
美智子の証言「麻雀で面白いあがりかたをして私を笑わせてくれ」

風景をぼんやりと見る(妬む神)
天地創造(7日で地球が出来る)
美智子の証言「人間の前にこうも惨めな世界があるのかと思う」(神聖なものを体験している女)

アルキンディサークル。
歌(ネオプラトニズム)を正確に理解し、純粋な現実を理解。
影響力、知性。謙虚さ。
介入、一時的優先権。
神聖な無知への介入。
高度な意思。
正確な介入をしないと一時的なものに終わる(下手すれば一回で神でなくなる)
高貴な世界から低い世界へ。
混乱を治める魂。
獣の魂。
栄養のある魂。
状況の源から、状況を理解する。

加藤登紀子 百万本のバラ

純粋な「こいつ」がすべての発信源だ。
それを解釈する。
物理学の世界と、伝説(神)は異なるメカニズムが働く。
時間の最初に世界ができた。
永遠を否定することに伝説(神)の秘密がある。永遠を否定しないとすべての伝説が天皇になってしまうのだ。

神と背広。
治める、敵をなくす。
理解力、間違い、幻想の世界。
美学が必要。
理解力は、知識や自分とどのような関係にあるのかわからない議論に必要。
教会法(救いの言葉)・女の世界の研究。
デカすぎるヤマ。
人々の未知の世界。
治める力の限界を感じるような前向きな獲物。
男の世界。夢を見たあと日は昇る。
女と向き合う時、何が正しいのか?
男は間違いばかり犯す。女の直感は常に正しい。
男は何か言ってくれる。
夢に間違いはない。夢を見れば判断できる。
治め方のサイエンス。情報への感受性や理解力からのアプローチが「原理原則」の起源だ。
そして原理原則を実践する。
ノーマルな体制へのレジスタンスを売りにしたレイザーラモンHG。
女のマスターベーション動画で男がマスターベーションしなければ本物のホモだ。
レイザーラモンHG 「ハードゲイ」人々をどのように誤解したかで芸人生命の寿命が決まる。
傲慢さと毒。
関わりたくない世界がある。
「市場を歩くただの人」を実践すれば人気は続いたのだろう。

言語、意図的にやること、楽しいこと、宗教、美しい判断、文化。
世界・考え・言語。
世界はすべて問題だ(人と話す)。
世界だけが問題だ(世論)。
考えは言葉の写真。
考えは重要な提案。
考えは感覚の提案。
提案は真実。
提案は細かいものからなる。
話せないことは黙っている。
人間はひとつになることをDNAが拒絶。
女は昔の哲学者と今の男を比べて男と喧嘩する。
問題の解決。知的空間のサイエンス。
男ではなく真実から世界はできている。
男は簡単だ。
男はいろんな世界に適応するし、いろんな経験をする。
男は他の男とふれあう可能性がある。
世界は「事態」であり、男にしかわからないものだ。
写真は現実を示す。写真は論理学の構造を持っていて、言葉で説明する。
写真は人の相談に乗るための学問。
タイトルを考えることが重要だ。
楽しいこと、美学、自分とどのような関係にあるかわからない議論。
センスとナンセンスを使い分ける。

1432283601791.jpg

センス。後藤真希が「子」、保田圭が「父」、市井紗耶香が「聖霊」でいじめられる。
写真はいろんな人がとやかく言う「学説」ではない。
プッチモニ - 01 ちょこっとLOVE

1433650576860.jpg

二人組が三人組の競争を笑ってみている(菩薩じゃ)
CoCoの競争はすべて「何がオフィシャルになったか?」で行われている。
三浦と宮前は今でもブログで親交があることが確認されている。
大野は「写真の配置は覚えていない」と言っている。
宮前が最初センターだったが、それを三浦が奪った歴史があった。
瀬能あづさがクリスタルアイズというアルバムで突出したときに、三浦理恵子と宮前真樹の瀬能追い落としが始まった。
瀬能は脱退した。
そのあと、はしゃいだのが三浦理恵子で、宮前が笑って聞き役になり、羽田が少し笑い、大野はほとんどなにも語らなかった。
羽田が離脱したら、三浦は残り二人の標的になるため、尾木プロは、羽田の動きによりCoCo解散を決めている。

CoCo~優しさに帰れない

男の知的空間の没頭、女の知的空間の超越論的(大きすぎるもの)。涙はインテリジェントなもの。

1432289192853.jpg
昼夜平分線は原罪(オーガニックスリル)だ。
経験を凝縮し、人生に意味を与えるのが音楽。
赤いスイートピー - 松田聖子

ソクラテスが謝った。皆の前で演説したあと牢屋に帰ってきた。隣の囚人が、あなたのような知性がほしいものだと言った。知性への愛(ソフィア)。

1433825839300.jpg

1433825840094.jpg

やはり、異性間のセックスを推進したのはアウグスティヌスであり、子供を産むセックスが好ましいとされた。
ローマ法のジャスティニアンコードにより条文化された。
グレゴリオ改革で、敵の少ないセックスが模索された。
20世紀に、マタシンソサエティや、ビリティスの娘が存在し、レズビアンのサークルがあったが、1969年7月28日に、ストーンウォールインに警官隊が突入して、これを取り締まった。
このあと、ゲイやレズの解放運動が起き、アメリカ精神医学会が病気のリストからゲイとレズビアンをはずした。
反男色法が制定されたのち、ゲイとレズビアンは一般化した。

トラクタタス。写真の哲学的評論を言う。「男は簡単」これが基本。

子供たちは、暴力を見ると性感帯がアナルに移る。男が男を好きになってしまうのだ。対等な男同士で支配従属の関係を作ってしまう。
まるでハンターのようになる。狩人が必要な時代や地域は確かにある。
そんな地域の子供たちをアメリカ兵はこよなく愛した。
「写真の哲学は学説でもなければ教義でもない」
デタラメでもなければ信仰心でもない。

1436590551238.jpg

レディチャペル~神社付属施設

あなたの信念は正しいと教えてくれるサボテン。

1436258586270.jpg

文字を音で読む女の世界。
いろんな意味で学習効果は少ないがタバコの味の違いを明確に見分ける。
自分の信じる世界がタバコの煙。
こんな世界を味わってある男たちを、「不幸で落ち着かない」連中だと考えている。
男にとってはただの煙なのだ。
しかし、女たちは「男はこんな素敵な世界を味わっているのかしら」と思い、自尊心の強い女は育児放棄する。

globe / Anytime smokin' cigarette

神社:人生の仕組みに関しては誰もよそ者ではない。現実があるだけだ。非現実的なイエス。
イエスよ、現実を語れ。

リベラル(ナンパ)な政治コミュニティがフリーダムをうまく利用する。
保守は妻から学ぶ。
優しさへの同情が敵をなくす。
雨が降ったら男を支配。

北朝鮮は、ミサイルを打ち上げるだけで東京とソウルが相手してくれる。
これは、異性とセックスしたいから自傷行為をするということを「ミサイル」と呼んでいるのだ。
amazarashi ミサイル

理想や宗教 対 現実 の限界が進化論と関わる。
これがダンスの議論だ。
現実の限界、理想や宗教の限界がダンスの進化と関わる。

1433486891468.jpg
Rudolf Laban

Rudolf LABAN が、ドイツの第三帝国で、ダンスのスコアの作り方を教えている。
アカデミズムの空気を感じて欲しい。
Martha Graham - Lamentation

Alvin Ailey Dance-Wade in the Water from "Revelat…

これらの一流の振り付け師の、空間、形、時間、エネルギーを研究する。

無駄な箱物の有効活用。
知的空間は、様々な男女の異なる経験からの贈り物だ。

氷川きよしは両刀使いだ。
子供の頃に親父に虐待され、アナルが性感帯になり、精子の量が少ないことのトラウマから両刀使いになっている。
両刀使いという情報から「虐待」「精子の量が少ない」という情報がとれる。
さらに、上京してから親父に便りもよこさず、お金に苦労したこともわかる。
氷川きよしは札束を見ないと勃起しないのだ。
お父さんとお母さんが、公演のために上京したということから何がわかるか?
誉めて育てたいはずのお母さんは、すでに他の御婦人方にその役割を奪われ、他の演歌歌手を応援しているだろうし、お父さんは氷川きよしと会うたびに貧乏ゆすりをしていることを知って欲しい。

氷川きよしが両親も上京した明治座公演を終えて

哲学、ユング。ヒエラルキー。
男の本能。
自由と光、繁栄。
夫婦の秘め事。
宗教。
空間のハーモニー、努力。呼吸、物語、表現力。
色は民族の記憶。時間の集約に言葉という価値をのせる。ダンスの心臓。振り付け師が、踊り子に形容詞、形容動詞をつける。
Lets Pretz! プリッツ CM

「世界大恐慌とダンス」
永遠の焦り。
根っ子のない踊り。
病気の嘆き。
強欲の踊り。
狂気の笑い。
1920年代の欲望はアドルフ・ヒトラーを登場させた。ヒトラーとナチスは、金とセックスの問題を解決しなければならなかったのだ。ドルと堕落と裏切りだけは失ったらもとには戻らなかった。人々がもはや笑いを見失うのだ。
ジュリアナ東京バージョン

神 世界
男 女
心 体
理性 情熱
白 黒
異性愛 同性愛

「鳥人間コンテスト」
動物は記憶から学習する。
鳥は人間を襲って皆殺しにされた記憶を持っており、人間を襲ってはならないと学習している。
これをカップルで見物するのも一興であろう。
食い物は持ってかれるので気を付けよう。食い物は争いのもとだ。

天皇の国事行為。
象徴行為。
公的行為。
私的行為。

象徴行為について。
象徴とはシンボルであり、天皇のおことばも、象徴行為とされる。
それは、人々の「衝動」を生み出すものだ。記号論と呼ばれる。
ソクラテスのデジタルイメージ。

1433455186207.jpg

自分の信念を強烈に人々にアピールするやり方はイエスや仏陀に影響を与えた。
外見、個性、振舞い、方法。
ソクラテスの時代には政治コミュニティは、ハンサムで性格のいい男が好まれていた。
しかし、ソクラテスは醜く、奇妙な男だった。
傲慢で服も替えない。アルコールと風邪で顔は赤い。敵は警戒して距離をおいて歩いた。法学・哲学を外国から学んだ。
国家とも関わらず、彼は先生と名乗り、お金を受け取らなかった。
国家は時に彼の知性に関心を寄せた。
ソクラテスは女に詳しかった。

自由はナンパのために使う「ちょっと歩こうか?」
女流文学もナンパのために理解する。
道を選んでくれる男が、多様な女の道を作る。
暴力からの自由。暴力は女に脅威を与える。活動範囲も狭まるし、自尊心とも関わる。
家父長制が、不当に売春を制約する。
貧困の女性化(家計簿)。
別の人生の可能性の想像。

人間性、私であること、体、哲学者の言葉。
「彼はオカマだ、彼は絶対だ。彼女は他人だ」
他人になることは女でなくなることだ、人ではなくなることだ、哲学者でなくなることだ。
文化の実践、あたりまえのこと。
体系的に従属した、消滅したことを否定したい。
肉体的に劣った。
白人至上主義。男性中心主義。
私とは何か。

人種、男性中心主義、階級闘争。
個人として、集団による抵抗の可能性。
社会、政治の有名人に関する議論が権力の意味を決める。

国の生い立ち。
文明化のアルカイック(古風)な段階。
真実を明らかにしない。
哲学者は叡知を他者に伝えるべきである。そして、それが難しいことを知る。
プラトンは、ソクラテスを好まなかった。
人と話し合うよりも、人との話し合いを書くのが好きだった。
哲学的な真理を書くよりも、哲学に興味のない人に話をしたかった。
洞窟の外にあるものが本物の存在だ。
アマテラスを洞窟の外に出し女の真実を明らかにするのが国の生い立ちでもある。
哲学者は、女の真実を明らかにする義務がある。
男と女の話し合い。歴史とフィクション。
本物のようで、偶然で、正確な話がしたい。

神は言った。 
女。汝が味わう子供を産む痛みを周囲に分け与えよう。
汝の欲望は夫に向かい、夫はリンゴを食べるだろう。
あなたはそのリンゴを食べてはならない。
なぜならあなたが汚した土からそのリンゴは作られたからだ。
男は仕事に励み、あなたは作物を食べるだろう。
女がかいた顔の汗により、女はパンを食べる。
あなたは塵からなるし、塵にかえっていく宿命だ。
男は彼の父親のもとを去り、彼の母親は妻に近づいてしまう。
お前の骨は俺のものであり、お前の肉体は俺のものだ。それを女と呼ぶ。
男と女は裸になり、恥ずかしさすら感じなくなる。
大工はどの野獣よりも技術に満ちていた。
彼は言った「神は本当にあなたに庭のどの木でも食べていいと言ったのか?」
「庭の真ん中の木だけは食べてはいけないと言われました。食べたら死にます」
「あなたは死なない。あなたの目ははっきりと見え、まるで神のようになり、善悪を知るだろう」
(キリスト教の女性観)
キリスト教が女性を差別してきたのは事実である。しかし、現代においては「女性の仲間作り」の研究が発達したのだ。

権力:男女に不平等に分配されている。
人によって力が違う。
妻と夫の不平等。
権力とは致命的な社会の善。
体の安全を保障する。
権力とは人間関係である。
西太后は、権力からの体の安全を考えていた。
あなたも権力からの体の安全を考えている。
あなたには心がある。
体の安全を守る力を男は持っている。俺も持っている。
階級闘争をしている女は他にもいる。
普通の女とターゲットの女。
類似しているものからターゲットを分析する。
あなたはキリスト教に熱心だ。
キリスト教をもっともうまく説明するといい。
あなたは心を持っている。
モーニング娘。 『ザ☆ピース!』 (MV)
もし、ある時、ある状況で他の女に同意できないことがあるのならば、
俺の話を聞くべきだ。
体の安全と動物のふるまい。
痛みを味わうもの。助けるもの。
記憶、思い出、道案内。
もはや言葉はいらない。
女への義務。
少女漫画の世界。

女の「女の仲間作り」
忍耐により自分の限界が広がる。女の次元。生き物としての意識ではなく、心の状態としての意識。心の状態の「漫画」により自分の限界を広げる。
理想の心の状態を単純なフレーズにする。

狼は、おばあさんを最初に食べた。
その形をなくし、そのあと赤ずきんを食べた。
猟師は狼のお腹から赤ずきんを助けた。
安定と豊かさ。
活動が世界に広がる。
ヨナ(マグダラのマリア)。
太陽は海に飲み込まれ、朝の水から生まれ変わる。心理学の神秘。
男の潜在意識。民族の永遠。
母は子に似たものを食べ、母のお腹から出てくる。

1433476425056.jpg

汝の偉大な芸術、主よ。
称えたまえ、汝の力を。
汝の知恵は無限だ。
女が生み出した男は永遠だ。
男の罪も見た。
あなたがプライドに逆らったのも知った。
女が男の目を覚ます。なぜなら男は称えられると喜ぶからだ。
男が哲学・芸術を知っているか知らないか。
子供を産みたいという感情は、女性の性欲の発信源だ。
信仰心のない男を信じられるか?神は彼を称えているか。
人々が彼を称えているか。
どのように説教されたか。どのように必要とされたか。
歌がどのように私を呼んだか。私の居場所。
生きている世界とその構造。なぜよそ者のあなたが私の中に入ってくるのか説明してください。
人間界の構造。なぜ主は私を呼んだのか?天と地。

男がうまく男女の構造を説明できずに、セックスに失敗したけれども、いつか男が私の哲学の先生になってくれるだろう。
ribbon "Be My Diamond"

「眠れる森の美女ゲーム」
人間は悪いことがひとつあると、いいことが三つ欲しい。
そこで、起きるときに「食べ物、飲み物、好きな人とのキス」を思い浮かべると起きられる。
二次元、デュアリズム。
「タバコ、男の完全性の議論、ブラックコーヒー」でもいい。
朝飯より優先順位の高い女。
Prince - Breakfast Can Wait

男女の関係をうまくコントロールする上で、「男性らしさ」を思い出させるフィルムは、女性の支持を得るのに苦労しなかった。
女性が平気で金を払うのだ。
カウボーイは、痛い目に遭いながら何人かの女を落とすことを知り、敵を作り、もっと簡単な生き方を知り、
カウボーイのコスチュームをゴミ箱に捨てて町を去る。
カウボーイとは船乗りであり、製造業に従事する労働者であった。
ゲイは搾取される対象として描かれている。
性の成熟を示し、人々に衝撃を与えたのがこのミッドナイトカウボーイであった。
ホモの自己完結した世界であり、カウボーイのレイプ体験なども女性が想像する。
二人の男をうまく使い、一人はホモ(狩り、狩られる側)となる。
Everybody's Talkin' . Midnight Cowboy

「感情」
生きるに値するあなたの存在の意味。

1432153580270.jpg

女は性的に成熟したあとに歳をとりはじめる。怪我をしても糖尿病でも歳をとる。

無害な動物、バター犬。ご主人様である女がどれだけバイオレンスな発見に満ちているかを教える。
ステファン・キングのシャイニングでは、引きこもりのライターが徐々に殺人鬼になるというユダヤ教を基盤にしている。
練習に出てきて己の限界を知り、五週間休んで化け物になって帰ってくる強者もいたそうだ。
The Shining Trailer

酒を飲むと酔っぱらいは「ボボック」と言う。死者は嘘を言われるのにうんざりしていた。死者にならなんでも話せる。
すべての時が過ぎ、拡散していく。
命はどのように始まり、終わるのか。
死とは真実の瞬間。
この瞬間から人間は孤立している。
連帯もなく?創造主の容赦ない裁き。
いつか男は兄弟から自由になり、母は父から自由になり、女性は子供から自由になる。
Risa Niigaki, Eri Kamei & Reina Tanaka - INDIGO B…

女性はライブに良いことを求めてくる。
自分を守りたい。その空間の支配権を譲り渡したくない。
抑圧との戦い。経験の共有により周囲の敵をなくす。
典型的男性の方法で解釈する。
男が共有してきた伝統。
哲学の共有。
カントのような暴力を否定。
心を統制。
歓声。みんな仲良く、そして義務へ。
なんの思想的隔たりもなく。
「促進」私的空間。子供を育てる。感情の領域を守る。
永遠の名曲「オリビアを聴きながら」杏里
経験・趣味・宗教の共有は女について語ってこなかった。
女性は男より弱い。敵のなくしかたを知らない。
母からの一方的な愛。
混乱を治める力がライフステージによって違いすぎる。
すべての人が傑出した人生を望んでいることを知る。
今までは義務の正当化しかしてこなかった。
子供を育てたくなるために。
緑のものを緑と考える、痛いものを痛いと知る、自分語り。
男性社会に子供を送り出すことが抑圧の原因。
感情的な仕事から逃れるしかなくなる。
夜明けを待つしかない議論、売り言葉に買い言葉。
敵を作るが抑圧からは逃れられる。
自尊心と性差別の戦い。
One
子育ての楽しみ。
子供の感謝を求めない。
理論を教えるのが楽しい。
道徳(敵のなくしかた):経験・趣味の共有。
緑を緑とわかるようにする。痛みを痛みとわかるようにする。
痛みは悪ではない。
哲学:犬をけとばすことから愛を語り、いじめから三位一体を語り、近所の子供を誕生日に呼ばないことから嫉妬を語る。
なにも暗号化しない。
法則から治めることを知る。
これが女性の搾取との戦い方だ。
母の怒りと優しさは男性社会からもたらされる。
男が子供を育てると金が必要になるし、女の喜びを家族にもたらさなければならない。
子育て:怒りをこらえる感情的な仕事。子供と抑圧を共有。
男は身を守るためのサービス(セックス)を女に求めてくる。
女の子育てはサバイバル戦術。
お母さんは「キライ」といわれるのを恐れ、いい関係も悪い関係も差別しないで向き合う。
三浦理恵子/日曜はダメよ 【PV】
子供が非行に走らないために必要なもの。
非行は人間中心主義だ。動物を飼うと非行に走らない。動物を飼うと非行に走らないというのは、統計的なものであるか、何かの因果関係から説明できるかかの議論がある。例外を語り合うことも必要だ。
日本にはマンション居住者が1400万人いるのでサボテンでもいいだろう。
[PV] 筋肉少女帯 - サボテンとバントライン

男の子は、陰毛が生える前に精通している。

仮説を売り付けるスキーム。格言(本来ならわからないもの)を生み出したいモチベーションがある。
難しい状況ではないことを示すために売り言葉に買い言葉もやりあう。
深刻な場面では正しさへの確信が必要だし、価値という難しい学問の複雑さを知らないといけない。
ここに権威の誕生の秘密がある。
どうすべきかわからない人は本当の信念を知らないし、どのみち敵が多いということだ。
幼い頃の春の「ショック」と結び付いてマスターベーションを覚えるが、それは無意識に人間の本質と結び付いていて、それが抑圧のトラウマとなる。
マスターベーションの時、想像するのはアブラハムだ。
日本ではアブラハムは天神さまだろうか?

年の初めはさだまさし「飛梅」

1432152780640.jpg

夫の言いなりになり、家事を行い、子育てをし、セックスをする。
夫より劣ると考えていても、男とは対等だと考えている女性。
喜んでやる場合もあるが、自尊心に欠ける場合もある。社会が「劣っている」というメッセージを出しているが、
誇りを持ってやるかどうかが問われる。
歪んだ欲望、適合できる嗜好。
支配システムが夫に尽くす女性という間違ったニーズを満たす学説を考えた。
教育差別、少女漫画などによる情報統制がなされているのだ。
女性は、不平等で無防備な世界にいくのが怖い。自治もなく、よく考えられていない。「酸っぱい葡萄現象」食べてみなければわからない。
お金を夫に依存し、子供や夫に尽くす。
自らを豊かにする文化ではない。
「ファッションビューティーコンプレックス」
女は得るもののない、性差別のもとにおかれることに熱狂する。
女は自分のキャリアを追求する代わりに「教授とデート」をするという少女漫画を読んで熱狂し、自ら従属的地位に納まるのだ。
強い男にしたがう知的ではない女に憧れる。
「俺物語」(別冊マーガレット)
剛田猛男は、唇が厚く眉も太い。
身長二メートル、体重120キロ。
溺れている人がいれば見境もなく川に飛び込む。
大和凛子は、剛田猛男が好きで、友達に「会わせてくれ」と言われ、会わせるが、「これはないわ」と言われ傷つく。
うしろゆびさされ組

1432153445665.jpg

一元論とは、ひとつであること。
何を狙い、何を数えるか。
存在はひとつ(記念品)とするか、優先順位が高いものはひとつ(男、基本的な記念品)とするかの対立がある。
優先順位が高いものはひとつとすると、自分とどのような関係にあるのかわからない議論、最も高いレベルのもの、確かな男という議論に発展する。
男とは、テーマの決め方であるし、哲学の最重要課題だ。
他のより高い概念とも比較するし、存在や芸術とも関わる。
女と一緒にいる男。
何か、は男を意味する。
文章にし、探求する。
言葉の最も高いレベル。
議論する理由。
男の理想と現実。女性的な解釈。そして他人。一般論とその人。
混乱と歪み。
歳、男、白、いろんなものから男を連想する。
女が立ち入れない世界。
言論、信教の自由から言葉を学んだ。
現物を動かす女性の表現。
知恵。
濃さ。
幸福。
悪人。
赤い(在日、部落、共産党)。
これらを語り合っている。
松田聖子 ハートをRock
出世を求める男についていくと自分も豊かになるという思想が形成された。
女性は自ら志願して抑圧されているが、この女性たちに選挙権を与えたということが問題を豊かにした。
女の子は男の子よりも良縁に恵まれるように多額の投資がなされ、お稽古ごとをやらされる。
お幸せに。
短期的な女性の幻想は幻に終わる。
セックスは男が楽しむものだ。
漫画家が何を欲したのか。女性の利益ではなく自分の利益を求めていることを理解しなければならない。

1432153208167.jpg

支配階層には都合がいい。
なぜ女性は競争しないのか?経験しないのか?蓄積しないのか?
「女性勝利戦略」
いい相手と結ばれて、セックスし、家事と給料を与えあい人生を支えあう。
若くて競争力のあるうちに金を持っている男を見つける。
女が本当に男に求めるものは若さとルックス、お行儀がよく知的で思いやりがある。
女は不幸な状況で選択肢を与えられることを好む。低賃金労働。
セカンドベストを選べ。
セクハラは自尊心や健康を傷つける。女は興味がないようで黙っている。いい会話に参加したい。
女になりきった方が抑圧されにくい。
女はのんびりした抑圧や差し迫った抑圧に身を売る(結婚)。
家父長制の虜にする。
酸っぱい葡萄現象は自然のメカニズムであり、混乱を治める営みとは関係ないとする立場もある。
変化に適応するのを好み、編成に適応するのを好むと混乱はおさまる。行動に移すのが大事。
テニスでオリンピックに出ようとしたヴェロニカ。彼女はやがて限界を感じ、地方のスターになることにした。
自分で決めたことではなかったが、適応した方がいい。少女漫画を読む。
コントロールできないことは、漫画家が治める方法を教える。
女性は、少女漫画をに自分の状況を合わせる責任が生じるし、男性社会の善につながる。
家父長制の囚われもの。のんびり、そして差し迫った。
きゃりーぱみゅぱみゅ - にんじゃりばんばん,Kyary Pamyu Pamyu - Ninja …

チャタレー夫人の恋人。
コニーとメラーの、男女の平等に極めて悪影響を与えるセックスがフェミニズムの観点から批判された。
自由で対等な男女でなければ愛を謳歌することはできないが、愛は狂気をともなう。制御された男性ほどセックスに暴力を使うが、そういう男ほど政治コミュニティで得るものが多い。
女の抑圧の世界がセックスだが、女の後悔は、女がのちに自分の美しい映像を見直して、「あなた、誰とセックスしたかわかってるの?」と言って自分の救いにすることを「男性化」という。
「キャンパス」
[OPV][ENG] 亀井絵里 「えりりん」- 片思いの終わりに Subbed

女性の善、男性の善。
漫画家が犠牲者を出す。
文化をまたいだよく考えられたプロセス。
繁栄とは何か?栄養のため。
自立した女は女性の直感に反する。
女性との対話を行わない社会。
少女漫画にしたがっていると敵が少なくなる。
抑圧されたものの価値と経験を豊かにする。
社会の男性化。女性を体にするしノイローゼにする。
侮辱、価値を低める、恥。
自信を取り戻す必要がある。
男の責任。女を施設化してはいないか?
男だけが混乱を治めるというのは強すぎる発想。
女を弱めるというのも強すぎる。
性差別も考え抜かれていなければならない。
無視、裏切り、罪のない動機でやるのがよくない。
体系的性差別。
自立した女性。
何が敵を作るのかを教えてくれる。
境界線。意のままにならない人。売春婦としての結婚。
知らなければならないこと、知らなくてもいいこと。
女の子、女性の言葉の区別はこの世界に無知なものの言い訳。
人間らしさ。認めあうこと。
「ホワイトライン」
男。差別や偏見を嫌うが、乱暴で傲慢で女を手なずける。
文化の帝国。
抑圧と世界旅行。
白人による黒人少女のレイプは考えるが、逆は考えない。
「レイプカルチャー」
集団でレイプしない文化。
自己統治・自己満足の少女漫画。
批判的性格の理論。
性格を女性の側から神学化。
悪を知ることは規範(守るべきルール)の上で重要だったし、子育てをする上でも敵を作らず抑圧と戦う必要がある。
性格のダメージをのんびりと体系的に、さらには緊急に治さなければならない。
抑圧のような不正な社会条件と戦うために。
特権、傲慢、自己中心的、無関心、社会的無責任と戦う。
おかわいそう。抑圧の世界を豊かにする。支配の悪。
利益を選び、繁栄を避ける。
腐敗した社会。
他者にしてほしいことをあなたはするな(ゴールデンルール)。
他者への尊敬の欠如。
他者を傷つけることに無頓着になり、敵を作ることに慣れ、悪となる。
愛されて育った子は、直感的に価値を愛し、自分を愛し、勝手な自分を愛し、他者の感情を汲み取る。人生の苦み、そして復讐(復讐神ロレッタ)。
男の体系的な敵対。
体系的な差別。
性差別。
女人禁制の軍事組織、男女別学、プライバシーを守る、軍人をモルモット扱いするな、暴力との戦い、若者の攻撃性。
夫への従属(レイプ)。
このレディチャペルの趣旨は「抑圧との戦い」である。
しかし、自由で対等な男女でなければ本当の愛を謳歌することはできないという観点は指摘していいだろう。
酒井法子は、富士山(大きすぎるもの)や、ハワイ、スペインという友情の17度を経験させられては「女の敗北」を味わってきた。
これが抑圧だ。
写真は女の勝利。

1432198173129.jpg

このようなアイドル(偶像)を崇拝することをカトリックは禁止していたが、カルヴァン派やツヴィングリ派がアイドルを利用してカルト的人気を誇ったのでカトリックもこれを容認したのだ。

酒井法子 男のコになりたいPV

ゴシック建築は子供をいかに頭よく育てるかという建築の研究であり、バロック音楽というのは人間の悲しみを地球の奥底に沈める研究だ。
人間は最後の審判を恐れなくなった。
ゴシック:解放感、ロックンロール、重厚さ。境界線、他人とのふれあい。

辻井伸行。目の見えない人は聴覚が発達する。
そのような人が聴いている音を私たちは聴くことが出来るし、私たちは目が見える。
まさに神が見ている風景だ。
この事をアメリカ政府はヘレン・ケラーから学習した。ヘレンはラドクリフ(ハーバード女子学部)に入っている。
辻井伸行 ラ・カンパネラ

精神錯乱になったら、名前を言えという。カレンダーを見せ、時計を見せる。
俺が最初に紀宮と話をしたとき、周囲のおばあさん(小山さん)が時計を見た。
小山さんは歴史を確認したのではなく、精神錯乱に陥っていたのだ。
彼氏とデートしていて彼氏が時計をちらっと見たら女は泣きそうな気分になる。
二人の間に正統性もいいこともないのかと女は思うだろうが、彼氏は精神錯乱を陥っているのだ。

「アーケードプロジェクト」
子供はアーケードを歩み裏道に入らない。
性的にフラストレーションを抱えながら知性だけを跳ねあげる。
iPodやDVDなどの芸術の再生産技術が発展したことからこのプロジェクトをウォルター・ベンヤミンが考えた。
歴史というのは勝者が書いており、青春時代に何があったのかも、大人になってから書き直していることがわかっている。
公立高校もこれを理解するだけで灘・開成と変わらないとされる。
恋愛というのは男は話を聞くことを覚え、女は優しくなることを覚えるというキリスト教の栄光を基盤にしている。いろんな発想がある。
恋愛をすると子供は認知症のようなものになり成績が下がるため、ナチスドイツは「心の弱い女性(ユダヤ)差別、ローマ人ジプシー差別」を行った。
成績を下げないためには「自分を持つことか必要」というリバタリアンという立場もある。

学問は男言葉だ。
女は感情的だから抑圧される。
しかし、女の中にも出世する人がいる。
家父長制と戦うために欲望に走る女は出世しない。
感情のマスターでなければならない。
また、男の言葉をよく聞いて共感できる人は出世する。
女は自ずから優しくなる。
学問とは男の言葉でなされるものだが、女子の進学校は女子高であることが多く、校内で男言葉を使える方が遥かに有利だろう。

小池百合子:甲南女子中学・高等学校。
田中眞紀子:日本女子大付属中学・高等学校。
マーガレット・サッチャー:Kestevan and Granthan Girl's School

男言葉を使える女子高を出ることが何を意味するかを痛感する。

「女の群れのボスの決め方」
人々の総意、エチオピアの世論調査。お金と女の意見が必要なのでリニューアルが必要だ。

女の狙い、貢献する個性的な人はマイノリティーだが調査は簡単だ。
方法①人口「N」 1/Nの可能性。
方法②1/n 1/n-1 ... 1/n-(n-1)のN回のセレクションをやる。
年齢やエスニックではなく、星か人間中心主義か。

抑圧。
正義と不正。
平等、抑圧、不利な立場から権利へ。
不正が嘘をつく。
どのように? お約束。
尊敬してください。
社会を変えてしまいましょう。
「月の夜には男になれない」
中島みゆき/悪女

日本独自の文化「認知行動療法とは何か?」
人間はレイプなどの恐怖にさらされたときにPTSDになり眠れなくなる。
体から心に情報を吸い上げるという快楽の作業がうまく機能しなくなる。
大事なのは「恐怖にあえて身をさらしてストレスに慣れていく」ということであり、
120分のメニューを12回行う。
病院では点数が同じであるため20分ぐらいでごまかしてしまうことが多い。
臨床心理士ならば金はかかるが120分やってくれるとされる。
厚生労働省は承認していないが、SSRIsといううつ病の薬もPTSDに有効だとされる。
女性の抑圧との戦いは言語の研究からもなされた。
抑圧「コアデザイアー」真実、言語、一貫性、男性、混乱を治める、男性中心主義。

妊娠するとインスリンレジスタンスにより太り、腎臓にくる。吐いたり消化不良を起こしたり、背中が痛くなったら心臓にくる。
歳をとるというのは遺伝子のふるまい、終着駅への下り坂。性的成熟から歳をとりはじめ、怪我をすると一気に老化が進む。

ハンナ・アーレント。
悪の概念。ホロコースト、ルワンダの虐殺。9.11テロ、ジェフリー・ダーマー。
敵をとことんまで作る。ひたすら「悪」。
ハリケーンも虫歯も悪だが、人殺しは敵を作る。
サイエンスに基づくか、敵を作るかのどちらかの悪がある。
パワフルで、全知で、最高善の神が作った世界で、話題にふさわしい。
Bill Burr - The History Of Gropecunt Lane
「神など信じられない」それがハンナ・アーレントのテーマだった。
一方、些細なことも「敵を作る」として女たちは語り合う。
ニーチェ:悪とは危険なものであるとして排除した。
人間のポテンシャルにネガティブな効果があるし、強いものを抑圧する。
嫉妬、憎しみ、怒りなどのネガティブな効果。
生産的な自己表現と達成よりも苦しみに救済を得る不健康な考え方。
解決不能として悪を否定する人もいる。しかし敵をなくす研究が必要かもしれない。
正しい、間違い、善悪。
暗い魂・キリストはカッコよかった。
説明できないし、かっこつけは敵を作る。
悪については議論の必要がないとされた。
悪とスーパーサイエンス。
バンパイア、魔女、狼男。
君主を産み出すイスラエルの東からの陛下の声、西からの風。
スーパーサイエンス、暗いイエス
特別な生き物。
ひたすら「悪」をフィクションにする。
「悪の復権」
宗教ではなく政治だとする。
混乱を分析しない奴。仲間に情報を伝えない奴。
これを悪とした。
様々な強制収容所・大量虐殺

やはり、異性間のセックスを推進したのはアウグスティヌスであり、子供を産むセックスが好ましいとされた。
ローマ法のジャスティニアンコードにより条文化された。
グレゴリオ改革で、敵の少ないセックスが模索された。
20世紀に、マタシンソサエティや、ビリティスの娘たちが存在し、レズビアンのサークルがあったが、1969年7月28日に、ストーンウォールインに警官隊が突入して、これを取り締まった。
このあと、ゲイやレズの解放運動が起き、アメリカ精神医学会が病気のリストからゲイとレズビアンをはずした。
反男色法が制定されたのち、ゲイとレズビアンは一般化した。

日露戦争の時、戦場に出ていった男たちの妻が、他の男と浮気することがあとをたたなかった。家に男を連れ込んでいたのだ(お百度参り)。
この事に学習した警察は、第二次世界大戦で兵士にも住居権があるとし、家に男を連れ込む行為を住居侵入罪として処罰した。
警察が戦争の後方支援を行ったのだ。

Cocco - 強く儚(はかな)い者たち  【VIDEO CLIP SHORT】

抑圧の部、終了。
「欲望」「深刻さ」「出口がない」泣く。

支配の部。森林を歩く、きれいな水。
治め方の細かい議論を避けて、動物やサイエンスに勝っていること知り、男性らしさを取り戻す。
男性らしい自然風景、エコロジー、文学少女。

1432196141223.jpg

1432197398993.jpg

家畜について語り合う。人間が責任を負う生き物。
動物の楽しいことではない。土地の楽しいこと。
土壌、水、植物、動物。
人類は土に帰れ。
調和と安定、動物ムラの美しさ、他は間違っている。
見て聞いて理解して愛して尊敬して感銘を受ける。
正しさ、間違い、これらの行動の結論。
女子は持ち物だ。持ち物を捨てるのは便利かどうかだ。正しいか間違いかではない。
文化の多様性、生物の多様性。なぜ、どのようにこれらが交流するのかを理解することが重要。
歴史の動物の生態からの解釈。
大平原のインディアン、改革を決め、服、言葉、芸術、宗教。
動物の生態が私をこの世に授けた。
Mr.Children「Tomorrow never knows」Music Video

アジア・アフリカの森。
女性によって運営された森。
一月の月と凍った森。果実を実らせない木を女が育て、輸出するものを男が育てる。
生態の多様性を失うと女性はいろんな意味で害されるし、経済や文化コミュニティーに悪影響を与える。

ディープエコロジーというのは空気、水の汚染、資源、大量消費、人工過剰などをテーマにするものだ。
これにより女性は自分の優劣を争うのだ。
このような女性の争いは経済にいい効果がある。
文化とサイエンスが向き合うことは、女性がサイエンスと向き合うことだ。

種というのは地球の部品。どれかが欠けたら何かがおかしくなる。

社会契約論。高校を卒業する、夏休みが終わる。社会契約が終わる深刻さ、欲望、出口がない。
夏休みは終わらない

「男を治めるマジックの基本的な発想」
誕生日に、窓の見慣れた風景を見て「誕生おめでとう」と自分で言った。
明日になったら「ありがとう」に変わるだろう。
女性が服のジッパーを下ろし、また上げた。
「君は何をやっているんだ?」
誕生日にはフェラチオをしてあげよう。どんだけ彼のは大きいのか。
作業が終わって、女は言った。
「あなたはこれを秘密にしてはなりません。隠されたものについて語り合いましょう」

女性と歴史、文学批評、政治学、社会の知的空間の作り方、有名人に関する議論。
女性によるサイエンスの不正な支配。女も語りたいものがある。
女の知的空間がこれらを語ることをデノミという。
男の偏見との交流と、偏見の批判。
相対性理論 - 帝都モダン

女の抑圧と戦うためには男が作り出した学術用語を覚えることが必要。女は抑圧されても、サイエンスや大自然が男を支配する。混乱も治めてくれるし、知的空間も広げてくれる。感情的であることから抑圧される。
石、植物、川は女と違って抑圧されない。

価値のない浮浪者を愛することで、浮浪者に価値がつく。慈悲。

1432761671119.jpg

「キス」
あなたは私が世の中の何を経験したのかは知らない。
私は世の中の何者でもない。
絶望的なキスが始まる。
赤の他人の、言葉を探している。
信頼と約束。
確かな方法で、あなたが俺の主人であることを語らなければならない。
鏡に移る私ではない。

「もしあなたが、私がどれだけあなたを愛しているのか知っているのなら、そして、まだ愛しているのかを知っているのなら」
夜中の飛行場のタワーが見える。サーチライトがまわっている。
彼はそれを見て、タバコを吸った。
タバコ(ぺニス)
3.5秒の映像。
人はイエスかノーを迫られる。自分に「この瞬間を楽しめ」とスーパーエゴが言う。
Globe - Anytime Smokin' Cigarette

「従軍慰安婦問題」
いなくなった妻のために何ができるでしょう。
女性たちはベンヤミンに破壊された。
ベンヤミンの子孫がいるに違いない。
部族はイスラエルを離れようとしない。
ましてや、娘の中から妻になどやれるわけがない。
ベンヤミンに女をやったものに呪いを。
シローの新嘗祭があり、シュケムのベテルから北のハイウェイの西、レバノンの南、ベンヤミンに命ず、
彼を見張れ、シローの娘が踊っているところを、
彼から女を奪い取れ。
女はベンヤミンの地へ、
女の父が怒っても、お前らの妻は奪わなかっただろう。
男は妻を持ち子孫を持つ。
イスラエルの王は何が正しいのかをその目で見た。
くるみ割り人形 「金平糖の踊り」
踊っている韓国人女性は非常に美しかった。
韓国の芸能界で「チャンノート」というのがあり、枕営業した男を全部記録し、自殺した女がいた。
売春は差別の対象となるが、神は私を罰したため、肉体と心が離れることを許可していない。
チャンは幸せだったのだろうか。
女はいつも本気。
ribbon - 愛してJustice

天国というのはこの世のことであるが、この世の人間界の仕組み(地獄)を知ることから昇天というのがある。
マリアが「神の母」とされるのにも没後300年以上かかっているし、
処女(失恋を知らない)だっただろうと噂になるのにももっと時間がかかっている。
さらには「昇天した」とされたのは二十世紀になってからだ。
誰かの夫が殺されたんだろう。
女が地獄を知ったときがあったものと思われる。
ISIS | Iraq | execution of Iraqi policemen on cha…

誰も態度悪くは接していない。
システムへの参加である。
システムの無知、無視、信じていたものが裏切られる。
これは「罪のない動機」から行われている。
人種差別、性差別。全く終わりが見えない。
ノーマルな敵の文脈の立場にたつか、アブノーマルな敵の文脈の立場にたつかの違いがあるだろう。
境界線、他人、売春としての結婚に関する洗練された分析がなかった。
Wink PV - 結婚しようね
興味のない人は議論する動機がない。

この話を男が女に話し、世の中の何者でもない女が自分からキスをせがんだ。
【エホナラから嫁はとるな。
清朝中国の言い伝えだ。
次の皇帝になる王子が、王宮の女の群の横を通りがかる。
女の群れは、ハンカチで手品をしている女を取り囲んで笑っていた。
王子がその女立ちに近づくと、女たちは去り、手品をしている美しい女だけが残った。
王子は名前を聞き、出身はどこか?と聞く。

「エホナラ」
王子は首をふって去った。
王子は再び王宮の庭を散歩した。エホナラの女は歌を歌う。そこで王子とのおいかけっこが始まる。
清朝は、アヘン戦争に直面していた。
イギリス兵に、レイプされた娘がいた。
レイプされた娘は、母親に死なないでくれといって追いかけるが、母親は井戸に身を投げてしまう。】

「マリアのファーストキス」
私の脳は万物の創造主を味わい、私の根性は神、救世主を楽しんだ。
彼は私のようなはしためを見た。
のちの世代まで祝福された。
彼の力は私に素晴らしいことをしてくれた。
彼のあわれみは彼を恐れるものに祝福を。
いく世代にわたって。
彼の腕は強さを証明し、心の悩みは物理学すら見失った。
王朝の力をくじき、私のようなはしためを高いところへつれていった。
彼は私の空腹を満たし、金持ちはどこかへ行った。
イスラエルを助け、イスラエルのあわれみを思い出させた。
彼は理想の男アブラハムに似ていた。

「エッチなムード作り」
人間の無意識は言語と同じ構造を持っている。
性的欲望は抑圧されている。
おしっこを通じてエゴが身に付く。
エゴには性的欲望(攻撃)と抱かれたい(フェチ)がある。

平清盛は、宋から書籍を持ち込み、日本の知的空間は大騒ぎになった。
保元の乱、平治の乱などが起きて人々は争った。
清盛は大和田の泊(現在の神戸市)に拠点をもうけ、瀬戸内海の港を栄えさせた。
宋は、異民族の侵入などのインテリジェンスに満ちていて、科挙においては白髪の合格者が「50年前23」(二十三で受験をはじめて、合格したのが七十三だった)と言ったとされる。
この知識を島国日本が引き込んだのだ。

織田信長は、ヨーロッパの哲学を背景に全国を統一しようとしたが、明智光秀が四つの福音書を書こうとして信長を殺した。
信長は、暴力による権力闘争を戒め、全国の力士に相撲をとらせ、次の権力者を決めようとした。
そのときの横綱が豊臣秀吉であった。
秀吉は、福音書を書こうとした明智光秀を処刑し、バテレンを追放し、刀狩りを行っている。

明治天皇の暴力革命を経て、大正天皇が即位した。その大嘗祭はアジア地域においてはチンギスハーン以来の巨大イベントだった。
しかし、彼の傲慢さが周囲の反発を受け、毒を盛られて明るい時代の空気は短命に終わった。
傲慢なやつには毒を盛るというのは王朝の宿命として知られていたが、それを理論的に明らかにしたのはレヴィナスだった。
乃木希典は、大正天皇の即位の時に、明治天皇に政治生命を依存しすぎたために自殺したし、大正天皇は傲慢さのために毒を盛られている。
今の天皇と俺の貴重な教訓なのだ。

マリア崇拝を行ったカルヴァン派(長老派)は、自殺に慈悲を与えていたが、チャールズ一世が議員を逮捕したことから内乱が起き、クロムウェル(独立派)が、ネイズビーの戦いで勝利し、
国王を処刑した。
クロムウェルは、いくら自由を与えるとしても自殺は自由ではないとして、心の弱い女性を中心とするカルヴァン派を大虐殺した。
これは、ヒトラーのユダヤ虐殺と同じ規模で行われたのだ。

蘇我入鹿は、高句麗の知識を背景に権勢を誇っていたが、国家体制を整備し、中臣鎌足と中大兄皇子が、僧旻と高向玄理が唐から情報を持って入り、国の博士となった。
高句麗を背景とする蘇我入鹿、蝦夷は殺され、蘇我氏本宗家は滅亡した。
留学生や学問僧が唐から情報を持って入り、最新の統治技術から、国家体制を整備し、そのなかに諸豪族を編成することで官僚制的な中央集権国家を建設し権力を集中しようという動きだった。
高句麗から唐へ、これが大化の改新のパワーシフトだった。

ヨブ記。ヨブを試した。旧約聖書。
ゾロアスター教。善の神(アフラマズダ・光)、悪の神(アーリマン)。
オリンピア、ヘレネス(ナイスガイ)とバルバロイ。
野獣、666、カエサルが宇宙を探求。
ローマ帝国が力を維持するためにサタンを利用。
ローマ帝国の皇位継承で処刑が繰り返された。
アウグスティヌスは、女が皇位継承を邪魔するために研究した。
悪の神が問題を複雑にし、善の神に教えた。
肉体とスピリチュアル。
コーラン、非イスラム(サタンと友達が多い)と戦う。
処刑をなくす。拷問を規制
マジック(音楽)が新しい方法として考えられた。
毒を盛る魔女は皇位継承のすべてを知っていた。
ルター(プロテスタント)は、聖書だけが頼りだと知った。
ピューリタンだけがサタンを知っていた。
マサチューセッツ、魔女の時代は終わり。教育。地獄という概念を考えた。
バイロンの詩、ヒーロー。
カウンターカルチャー。サンフランシスコにいろんなソサエティができた。
SaTaN / MAGIC IN YOUR DREAM - 夢の中でかける魔法(THE STORY…:

1960年代のアラブ民族主義は、エジプトのナセルの影響を受けて社会主義の傾向を強めた。
これに警戒的なイスラエルとの間の緊張が高まった。
1967年、エジプト・シリアが対イスラエル統一戦線を組んだので、イスラエルが電撃戦を試み、六日間でイスラエルの圧勝に終わった。
ガザ地区とシナイ半島をエジプトから、ヨルダン川西岸と、エルサレム旧市街(嘆きの壁)をヨルダンから、ゴラン高原をシリアから奪った。
アラブは石油を背景とした資源ナショナリズムの方向を確立、イスラエル占領地域ではアラファトがパレスチナ解放機構を作り武装闘争を行った。
(第三次中東戦争)
ナセルが死に、サダトが後継者となると、1973年に、エジプトはシリアと共にシナイ半島とゴラン高原を奪い返すためのイスラエル攻撃を始めた。
石油戦略が功を奏し、サダトはこの勝利を基盤にエジプトを改革した。
1978年アメリカのカーターが、キャンプデーヴィットにイスラエルのベギンとエジプトのサダトを呼んだ。
カーターは、それまでフットボール場でユダヤ人を見ただけであり、インディ500でアラブ人を見たことがあるだけの田舎者だった。
エジプト・イスラエルの国交正常化、シナイ半島の返還を合意し、1979年、エジプト・イスラエル平和条約が結ばれた。
このことで、アラブの大国が中東の安定勢力となった。
思想的背景、イスラエルは、メシア信仰と安息日を基盤にし、子育てのために神・男の完全性を語る。
アラブは、ユダヤもキリストもアラーを信じなければ地獄に落ちるというイスラムの思想だった。
神・男の完全性とは、「気が弱いけど素敵な人」であるのが女の本能だが、「男の獰猛さ」を理想とするのは女にとっては改革だった。

Bonnie Tyler - I Need a Hero (Lyrics)

サクリファイスは、母親が息子を生け贄にすることで優劣を競いあうことをいう。
安倍晋三には洋子が、光太郎には登始子が、徳仁・文仁には美智子がいた。
男のタフネスを決める概念がサクリファイスだ。
男は、生きるとは何か?繁栄するとはどういうことか?を証明するしかない。
無縁坂 さだまさし
法律にしたがい、経験で敵をなくすことを知る。
労働者の参加義務。楽しいこと、法律論。
確信以外の何者でもない。
アカデミズムに納得できないことを記録する。

「私のためどのぐらい無理できるのか見るのも飽きたゲーム」(菩薩じゃ)
女二人 対 男三人 で海で遊んでいるグループがいた。
女二人は笑って立っている。 
男三人は二つの枠を争って必死で競争する。
男三人の三位一体。
男三人はぐるぐる回転して目を回し、旗に向かって一直線に走る。 
途中でずっこけるやつ、中途半端に終わるやつ、大人げなく旗をつかむ奴。
何が勝利かはわからない。
女の感情を見極めるのには夕方まで続けなければならない。
旗をつかんだ者もそうでない者も、海に向かって歩き出す。
海に入る男二人、見ている一人。
勝ったと思った男は海に入らず、負けたと思った男は服を着たまま海に入っていく。 
男二人は「経験の共有」をして、一人をいじめるだろう。
五人組から一人弾き出せれば二対二の男女が出来上がり、二組のカップルが出来上がる。
俺が今日目撃したゲームは最高のゲームだった。

ポイズンの退屈"めまいへの招待状" 日比谷野音 '91

三位一体は、父と子、聖霊であるが、子=キリストのことを「ロゴス」という。
三人組のいじめのなかで、聖霊は追い出されるが、ロゴスは何でもとる。
キリストは子であり人間であったが、死後、神性を増していった。

中論というのは「欲しがらなければお前はハイウェイスターだ」という教えであり、
いつ、誰が、何を、どのように取るか?
という政治コミュニティーを戒めるものだ。
哲学者としては破綻した思想だとも言われる。
Deep Purple - Highway Star Lyrics

「天皇プロレス」
よぼよぼのじいさんと筋肉質の大男が戦う。
一通り技を見せあって、じいさんはかなわないことを知る。
じいさんは指を天に向ける。
その瞬間、筋肉質の大男は頭を抱え込んで倒れる。
これが思考盗聴だ。
何度もこの技を使うじいさんに、筋肉質の大男は六法全書を持ち込み「私は憲法を守ります」といい「デカルト」(私の心の探求は誰にも知られず安全な営みだ)という技を使う。
じいさんは「ウォォー」と言って倒れる。

「光太郎プロレス」
光太郎がアメリカの情報を発言したら場内が総立ちになる。
筋肉質の大男はその雰囲気に飲まれ技が出せなくなる。
そこで、光太郎の恥ずかしい写真を場内に写し出すと光太郎は「ウォォー」と言って倒れる。

「安倍晋三プロレス」
安倍晋三は、茶色のトランクスに、電通に探させたスポンサーの刺繍をして登場。
相手は、ガタイのいいイケメンプロレスラー。
安倍は、いきなりイケメンと叩きあうふりをしながらへたばっていく。
陣営が怪文書を飛ばす。
へたばるイケメン。
しかし、イケメンはさらに反撃。
突然、場内が暗くなり、ハーケンクロイツと光太郎の肖像が映し出される。
日の丸、君が代、そして宇宙の映像。
終わると、安倍にひれ伏すイケメン。
しかし、今度は、フリーメーソンの入会の儀式のモーツァルトの魔笛によりイケメンはフリーメーソンに魂を売ると誓う。
最後にイケメンが安倍をボコボコにして終わる。

上半身裸になるということは素直になるということだ。
独裁者はバカにされることで民の心をつかむ。

「夢判断で影響力を増したヨゼフ」
ファラオの晩餐会に、水を注ぐリーダーや料理人のリーダーはヨゼフを覚えていなかった。
ヨゼフはファラオの夢の解釈をした。
ナイルのほとりの緑、そして牛。
ヨゼフは、7頭の牛を7年とし、7つの耳は7年を、
夢はひとつ、
醜い牛は7年を、
東からの風は飢饉を、
つまり、7年は豊かさを、7年は飢饉をと解釈した。
(キリスト教における政治)
これは、フロイトの夢判断が後に政治的技術として発展する基盤となったものだ。
フロイトは、それまで「敵か味方か」しかわからなかった夢判断に対して、肉体と健康、肉体的活動がより高い状態へ登るという要素を入れた。
シューベルトは「日常のサイエンスのプレッシャーから脳が自由になる」とし、夢の重要性を指摘した。
本当の脳の興奮、あなたの自由なムーヴメント。
一部の領域で夢にしたがうとボーナスがもらえる。

男を支配してくれる大きすぎる海。
中島みゆき‐ミラージュ・ホテル[2003年]

倭(ヤマト)は国のまほろばたたなづく青垣山隠れる倭しうるはし


1433247831923.jpg
農地が農地でなくなることを転用統制という。それをやって宗教施設を作る。法人とは利益を翌年まで持ち越せるものだ。自然人とは別の法人格。個人保証をしなければ損をしない。
マホロバと交互計算をして宿泊施設を確保。

2015年5月 3日 (日)

中道とは何か

「中道」
女性の支持の得かたで左翼に共感を覚える立場。
男は心であり、女は体である。
この男・心と、女・体の「何が本質か」「その関係」「心を知る」というものが中道という立場だ。

別れた男に神への失望を経験させられ、言葉を見直し、いい思い出になる。
新しい女にジェラシーを感じることもなく、やり直すこともできるという境地。
松田聖子 続 赤いスイートピー スタジオ収録 高音質:ラジオ

寛大な法則主義者。心と体、男と女の関係を生産的に解釈。
女性の側に立つのでもなく、女性を排除するのでもない。
排除の論理にたいしても中立的である。
経験主義者とも距離を置く。
野球の神様の存在を認めたり、人間にはどうすることもできない自然災害を「無知の聖域」と位置付けたりする。
私は一人である。自分で考えるし、金だけが欲しいのでもない、むやみに仲間を求めない。
自分の限界も感じるし、体で感じたことを心に反映させたい。
男は異なる経験の集合体であり、私と他者の違いを教えてくれる。
彼の話にバカげたことなどひとつもない。
彼の言葉は私の記憶になり、アイデアになる。世界と私の間にはなんの矛盾もない。
庭を見ると永遠が見えた。
命を燃やし続ける男の噂話もした。それはより高いレベルの愛を求める営みであった。彼の魂は哲学の世界に消えた。
中道の世界を明るくするのは神とサイエンスだ。
日々の経験の中で神とサイエンスを感じるのだ。
大事なのは経験であり、男と対話し、生産的なものを生み出す心の働きを男に求める女は過去の偉大な哲学者と比較して男を攻撃する。
目で見たものはどこにいくのか?蒸発する。哲学だけが残る。
彼の過激な発言は、私の心には純粋な形で残る。
急進的なことに一貫性があれば中道は開放感を味わい動く。強いものが勝つ世界に神経が魅了される。心の交差点。
CoCo:恋のジャンクション(CD音源)

女性の時間と空間は限られているが、午前・午後すら一週間にしてしまうのが男というものだ。
男の知的空間と女の知的空間は異なり、女は下の方に位置する。
これが政治コミュニティを動かす秘密だ。
心と体、男と女。心が男であり、体が女である。これが中道の政治の核心部分だ。
しかし、人間世界に「罪」というものがある限り、中道はさほど大きな集団にはならないのだ。
だが、男と女では知的空間も異なるし、お互いに認められないものがある。そのため、中道とはかなり安定した立場となったのだ。
直感的に男でも女でもない要素(軍事)が中道の論争の的となる。男女の法則が複雑に入り乱れ、モテることを目的とした左翼とは異なる議論が必要だからだ。

「国のために死ねるか~カサブランカ」
イリザは、リックと愛し合っていた。
リックはカサブランカからポルトガル、そしてアメリカへと渡る通行証発行権限を持っていた。
イリザは、リックに後ろから拳銃を向ける。
ビクターと共にアメリカに渡るためにリックと付き合っていたのだ。
リックは本気でイリザを愛していたし、職務に熱心だった。
「撃てよ、俺のために」
これが美しい女性イリザとリックとの間にある「拳銃」の存在だ。
カサブランカ・最後の場面/ Casablanca Final

アリストテレスはレスボスで女の政治を学び、アレキサンダー大王の先生になっている。
ペルシャの征服に参加し、アレキサンダーの死後、マケドニアコネクションを活用し、政治学を完成させた。
魂よりサイエンスをという立場をとり、物理学・形而上学・政治学を対象にした。
市民の幸福・高貴な行動を探求した。
市民の幸福には価値があるが、国家の利益は神聖で高貴だった。
軍事・家族の統治・レトリックを研究した。
たとえば、軍事における家族の幸福とは「隣のお兄さん死なないかな、死んだあとセックスしたいな」
という女性の発想が戦争を誘発し、
隣のお兄さんは戦場に行くというカサブランカを経験する。これは高貴な行動だ。
背景には倫理学(楽しいことの探求)がある。

2015年5月 2日 (土)

右翼の思想

昨日できなかったことが今日できる(信仰心)。
今までできたことがいつまでもできると思うな。
『ZARD Forever Best ~25th Anniversary~』MEDLEY

坂井泉さんは、死んだことになっているが、地方の精神病院で隠頓生活を送っている。
月一万五千円のお小遣いで、こてっちゃんを差し入れしたら、生のまま汁まで食べた。
私も一緒に食べた。
糖尿病、腎臓病、肝臓病の薬の飲み過ぎによる鬱病であり、人工透析をやらせたら急に笑いが止まらなくなった。
彼女は有名人の意見しか聞かない。
医療用麻薬をやれと行ったら、本当にやっていた。
人体の不調を訴えることができなくなるのが医療用麻薬であり、やめた方がいいと思った。
二重瞼と、本人の証言でかろうじて坂井泉さんだとわかるほど太っており、誰とも口を利かない。

右翼は、「どうやってこの楽器を使うの?」「俺の命をどう用いるのか?」
という観点からジャズを愛した。
sayuri kokusho - 雨のニューオリンズ

楽器と人間の使い方、それだけが俺が議論する理由だ。
これはクラシック音楽への重大な挑戦だった。
復活など信じない。異なったやり方への尊敬。
「神は死んだ」
システムなど信じない。自由に楽しもうぜ?
ジャズピアノ


「俺をバカにしろ、お前は死ぬ」(ストリートの法)。
サイエンスの尊敬、堕胎の敵、死刑の敵。
自尊心を維持できなければもはや人生は生きるに値しない(死んだ方がまし)。知恵と尊敬がこの言葉と関わっている。公正ではない社会。
「自尊心・政治コミュニティの不正・知恵」が尊敬の基盤だ。
女から求めるキス(フェイタルキス)。究極的に認めあう。
Duran Duran - A View To a Kill [HD]
尊敬とは敵をなくす学問。
伝説と戦うならボクシング(人間)を誤解するな。近代の瞬間のショットと政治における女へのモテ方。
吉野弘幸VS山口真澄 日本ウエルター級タイトルマッチ
人を尊敬することと自分を尊敬することは同時にはできないものだ。何が男らしいのか?という観点からまとめあげるものだ。

人間は自由ではなく、男と女も交流しない。人間の自然は否定しないが、敵を作ることを恐れない。
人間の本質をつかむ美を探求。
退屈、自分と世界の対立、バカげている、自由、無などを背景に、日常にはない緊急性や情熱を煽る。
人生を無為にすごすと、自分の存在と時間について考えるようになる。
個と公を対立させ、公に関心が向かう。
女を政策から排除する。
心配、死、無、正解を求めている人を批判することへの魅力にとりつかれる。
俺は何者なのか?自由への道のり。
怖いときは人と話せ、など自分の存在から自分の限界を探求する世界である。
心理学からアプローチするのではなく、大きすぎる目的を持った人間について研究する。
経験は意味に満ちていてなにか特別なものだ。
自分の意思は世界にオープンにしてこそ成り立つ。
目的は心にはなく、もっと高い次元にあり、世界が説明困難になる。
意識の限界は、自分とどのような関係にあるのかわからないものからなるのではないし、何かのものから生じるのでもない。ただ、意味の構造なのだ。
ハイデガーは、存在の意味をこのようなものだと示すことができず、ただ命を燃やすことでそれを表現しようとした。
最初はただの探求者にすぎない。女性に愛されて世界に存在するだけだ。
この思想が急進的キリスト教信仰と結び付き、神は死んだとニーチェは言った。
一見、無神論者に見えたが、これこそがキリスト教だったのだ。
この世界は今までの哲学では見えなかったし、多くの敵を作るものだった。
人生の一回性は神を語るのには十分すぎた。
この問題を解決するためには自分を普遍的なものにするしかなかった。それは魂によってなされるだけではなく、自然法にしたがっていなければならなかった。
それは私のテロであったし、私がすべきことであった。
私は個性を失い、人生は意味に満ちた。しかし、それは守るべきルールにしたがっていた。
健康的な生き方を支配する宇宙の法則に説明できたときだけ神は御褒美をくれた。
しかし、アブラハムが息子の犠牲になったことは健康的ではなかっただろう。それでも彼の人生は意味に満ちていたのだ。
アブラハムの健康的な生き方は意味がないように見えるだろう。しかし、神が与えた他者にはない命だったのだ。
この彼の支離滅裂な人生にも意味を与えなければならなかった。
否、アブラハムこそが人生の意味について語るアイドルだったのだ。
彼の人生を考えると「女らしさこそが真実である」ということがわかる。
アブラハムは、このバカげた行いに神の言葉など聞いてはいなかった。女たちだけが聞いていた。「息子こそが生き甲斐だ」という男に、女は男の内面の知性の限界を感じ、神の声を聞く。
スピリットは肉体より前をいく。スピリットとは「自分で状況を作る」ということだ。

松田聖子  赤いスイートピー 【60fps】

バスケットボール~メモ

ポイントガード(PG):ゲームプランをよく理解し、適切なパスを出す。
シューティングガード(SG):ポイントをとる(Two)。
スモールフォワード(SF):キー、スリーポイントライン(点をとる、リバウンダー)Three。
パワーフォワード(PF):ポスト、ローブロック(Four)。
センター(C):ビッグマン、体のデカさを利用。

左翼思想の系譜

「分析哲学」
言葉は性的に中立だとされるが、女医と医者という言葉すら中立ではないことを表現している。
人間の無意識の構造を表現した言語から女が消える。
主語も男性だ。
その言葉から精子を作る人か卵子を作る人かを分析する。
何にフェチを持っているか?男女のどちらにジェラシーを感じたか、女同士のやり取りしか理解できない人なのか、男と知恵による疑似セックスをしたか、
男同士で知恵を交換しあったか、男の業績に感謝を持ったか、女を奪い合ったか、男を奪い合ったか、いろんな分析が可能だ。
言葉の分析を「分析哲学」という。
[MV] Perfume「ポリリズム」

「ポーランド~連帯」
①限界を知る。
大きすぎるもの。意識、プロットとその結果。
議論する理由。モテるための知識。
リアル。
②議論する理由。他者との違い、知ることができる流行。
③美学。芸術、文学。どのように接するか?私とどう関係あるか?読者反応理論。第二次世界大戦の時の理論を引き込む。
言葉の壁(英語・中国語)

世界の存在に関する議論
芸術作品を議論する理由、経験、作品の価値。
若者。
ナチスによる侵略を「偉大なる恥」とし、明るい魂を作ろうとした。
あらくれものに美学を求めた。

CoCo:Live Version

「ナチス~連帯」
密かな哲学のブーム。打ち合え>科学へ。
愛の源。
あなたが他者にしてほしいように、あなたがするな(ゴールデンルール)。
もはや古典には期待しない(中産階級の支持による統治の否定や、未開地域への侵略の否定、物を贈ることは相手からの侵略を引き起こすということの否定、王子による宗教界独占による即位の否定、都会で痛い目にあって孤立することの否定)。
他の哲学者との対話。
モテる理由。
混乱を治めるには神を使った方がいい。海・山・スカイツリーは敵をなくす、宗教の探求の学問、経験の共有。
男らしさの探求。肉体が統治者であること。知性。哲学の正確な解釈を争う(絶対的魂)。法則。
男女の対話。宇宙、星の法則を語る。
法則をリードするのではなく、プラトン、カント、ニュートンについていく。法則にしたがわないときの罰。
出来事と知性の対話。
知性を明らかにする。
時間と空間、今がすべて、ぼんやりと過ごすとき。
男の知的空間と、女の知的空間。
混乱の男性化。女の知的空間の限界。
法則の数学化。
両思い。空想、そして科学、時の流れ。
科学を振り返り、命を与え、そして新しくする。
ドイツ第三帝国は、トイレの便がよく見えるように作られていた。フランスではすぐ便が見えなくなるような作りだった。
これが戦争の勝敗を分けたため、アメリカはアメリカは水洗トイレを作った。
言葉をサイエンスに。開放感を感じる言葉。

[OPV][ENG] Tanaka Reina 「 愛の炎 」

「イギリス労働党~連帯」
経験論、女性の影響力を認める。細胞。
ギリシャのデータ(くじ引きでカップルを決めると子が祖父母になつかない、家族を大事にすると国が強くなる)。
健康的な生き方。
哲学と経験の融合。話し合いが大事。優れた個性を認める前向きな個人。
読んで場数を踏め。
心の働き、押して引いて。
自然と絶対的知性。話し合いによる個の発展。絶対的個人。永遠の資格。
目の前にあるものと、私とどんな関係があるのかわからない議論を結びつける。
法則ばかりで馬鹿げている。
宗教と経験を結びつける運動。伝導活動。
現実と好奇心から音楽による救済。
キリストに足りないものの探求。宗教をいかに快適にするかが学問の基盤。
無限と絶対を求めて神を見いだす。
悪は神に似ている。
治める言葉と救いの言葉の違い。
人工的な美があらくれものどもを治めるのであり、海や山ではない。恋愛。顔の美しさ。
美しさは時として簡単だ。難しい美は時として理解されにくい。
島国だから外国から侵略される理由がなく、明るい魂がともりにくい。変な考えが多数派を占めやすい。
一般意思の探求が重要になる。自由になりたくて勝手な真似をする。
神の国の王国と呼んで団結を求める。閉鎖的な国だからこそ外国の芸術が国を豊かにする。

「欲望」「深刻さ」「出口がない」から涙を流す。男の知性に涙を流したら最高の媚薬となる。
すみれ色の涙 岩崎宏美

男がどんな形で存在するか?私とどんな関係にあるか?という議論が金になる。
言葉の分析もするし。文学、音楽、芸術。意識と男の関係を研究する。
三次元の大きすぎるもの(海・山)が政治的に有効だという考えを却下する一方、女の「大きすぎる男の理想像」は開放感につながるが、そのような男ほど行動の自由はないとし、政治の世界では小さな男ほど自由度が高いとした。

Darling - 西野カナ(フル)

流行。男のプロセスと関係、芸術と男、曖昧さが存在。なにかを成し遂げたときに語り合う。
俺たちはなんだったのかを流行から語り合う。音楽とリアル、男の意味。
脳というケミカルスープ。
松田聖子 天国のキッス

女の流し目が荒木経惟によって女性の生殖器に見えることが指摘されている。

1433285840819.jpg

資本主義は縦の動き(水・風・蒸気)を「回転」にすることから始まった。
労働者は機械の回転に従属するようになり、それはまさにゲイの「掘る側と掘られる側」であった。
支配従属の関係だ。
男は女になり、ブルジョアに掘られる側になった。
なにか生産的なものを産み出したいという男の深層心理が、男をゲイに向かわせた。
抑圧からの革命がゲイだったのだ。
子供は抑圧され、ストレスで首を動かすアカシジアになり、女の子はなにか生産的なものを産み出す発信源になったのだ。

Eros And Civilization (A Love Story) - Final Cut

男女の関係をうまくコントロールする上で、「男性らしさ」を思い出させるフィルムは、女性の支持を得るのに苦労しなかった。
女性が平気で金を払うのだ。
カウボーイは、痛い目に遭いながら何人かの女を落とすことを知り、敵を作り、もっと簡単な生き方を知り、
カウボーイのコスチュームをゴミ箱に捨てて町を去る。
カウボーイとは船乗りであり、製造業に従事する労働者であった。
ゲイは搾取される対象として描かれている。
性の成熟を示し、人々に衝撃を与えたのがこのミッドナイトカウボーイであった。
ホモの自己完結した世界であり、カウボーイのレイプ体験なども女性が想像する。
二人の男をうまく使い、一人はホモ(狩り、狩られる側)となる。
Everybody's Talkin' . Midnight Cowboy

女流文学と自分とどのような関係にあるのかわからない議論。
我々は夢を見るが夢が幻だったと悟る。
哲学者だけが夢を知る。
女の夢は男に参加することで達成される。
女が宝くじに当たったら、彼女の信念がどのようなものか?どんな真実があったかを考えなければならない。
男の神のような動きを星や惑星の法則から悟る。
いかなる経験からも法則を見いだす者を「統治体」という。
統治体の限界は精子である。
家庭内の治め方はなにより破滅的であった。
しかし、外ではかなり精度の高い法則が見られる。
天国まで届くバベルの塔、それがカントの夢であった。
この世の構造を明らかにすれば自然と世界は天国になると思われた。
神は、人間がバベルの塔を作ろうとしたら怒って言語をバラバラにした。 
カントが恐れていたのは混乱を治める方法を知らない権力だった。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »