最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 垂加神道の経済学 | トップページ | 優性学 »

2014年12月16日 (火)

自己欺瞞

シティハンターで、黒いチューリップが三代続けて咲けば歴史に名を残すと言われた。
病床のおじいさんに三代目のチューリップを持っていく。
おじいさんはそのチューリップを見て震える。
「お嬢さん。このチューリップは何色かい?わしゃ目が不自由での」

勇敢な形で負けることは非常に美しい。
これが自己欺瞞である。

ヨゼフ・ゲッペルスの最期。大臣が死んだ以上勇敢さはあったのか?のちのドイツ人が健康的な生き方を見失わないためにこの姿勢をとった。

1441150883355.jpg

勇敢であれば負けてもいい。


1441151471417.jpg

今まで信じていた信念などが、それが間違いであるという強烈な証拠を突きつけられたときに、
人間は「自己欺瞞」という高度な学問を表現する。
俺たちのような田舎出の秀才が司法試験など受かるわけない、と思っていて五年後に本当に受かったとすると、
意図的に自己欺瞞を利用したことになる。
また、第二次大戦中に、日本が戦争に勝つと思っていた人も、敗戦の時に自己欺瞞に陥った。
しかし、愛子さまが学習障害を持っているのに「ご優秀」と聞かされてきた人たちと、敗戦を経験した人は「意図的に騙されたかどうか」で、自己欺瞞も全く異なる議論になる。
しかし、祖国が滅亡の危機に瀕するのと、いち皇族子女の障害では、自己欺瞞のダメージが違うとも言われる。
自己欺瞞という議論は大体このようなものだ。
あるいは、妻の浮気という「望まないもの」を疑って調べたら浮気をしていなかった、というようなものも倒錯した自己欺瞞だとされる。
我々には「信じたいもの」があるから自己欺瞞も生じる。
自己欺瞞とは、私とはなにかという心理学の問題である。
また、生きていく上での「致命的な嘘」というのが自分が生きる上での障害物をつくるという道徳の問題とも結び付く。
ワールドカップに出ることはすごいことだ。
しかし、国民を自己欺瞞の状態に陥らせたことが批判された。
敵をつくる自己欺瞞とそうでないものがある。
良心を腐敗させる、美学を侵害する、自制や勇気が欠ける、
これが一番敵をつくる。
それ以外なら「負けてもいい」のだ。
善や良心は人生の道案内だからみんな怒ってしまうのだ。
また、美学はその人の判断の美しさに繋がる。
勝ってはいけない人というのがいる。
場合によっては人々が健康的な生き方を見失うのが自己欺瞞であるが、しっかりと基本を踏まえればそんなに危険なものではない。
日本代表総集編 2014年ブラジルワールドカップの戦い

« 垂加神道の経済学 | トップページ | 優性学 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己欺瞞:

« 垂加神道の経済学 | トップページ | 優性学 »