最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ゴルゴ13~二人のローレンツ力 | トップページ | 笑いの哲学~続編 »

2013年1月15日 (火)

殺人事件報道の見方~スタンフォード哲学

殺すということはどういうことだろうか。基本的には「あなたの幸せを分けてください」という行為が「殺す」ということだ。
不幸な人間が幸福な人間を殺す。
こういうフィルターをニュース報道にかけてみよう。
いろんなことが分かるようになる。
殺人事件を見てはこのようなフィルターをかけてみたらいろんなことが分かる。
豪邸で殺人事件が起きたとしたら、8畳間に住んでいる人が20畳の部屋に住んでいる人を殺すのだろう。
こういう仮説の立て方は私が発見したもので、警察にも注目された発想だった。
殺すということが「あなたの幸せを分けてください」という意味だとすると、
「年寄り」というのは若い連中を殺したいと思っているのだ。
このデータは非常に重要な意味を持つ。
しっかりと理解しなければならない。
一方で、「これ以上ない喜び」を得たら人間というのは死ぬことができるのだ。
これも理解しなければならない。
この哲学を基盤に人間はお金を動かすのも知らなければならない。

« ゴルゴ13~二人のローレンツ力 | トップページ | 笑いの哲学~続編 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺人事件報道の見方~スタンフォード哲学:

« ゴルゴ13~二人のローレンツ力 | トップページ | 笑いの哲学~続編 »