最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 貧乏ゆすりから何が分かるか | トップページ | 酒と法律~それが選挙 »

2013年1月16日 (水)

天皇家家訓の意味

①『嘘やごまかしをしてはいけない』
②『人にはきちんと挨拶をするように』
③『課題には全力で取り組むこと』
④『常に他者を思うように心がけなさい』
⑤『伝統文化を大事にすること…』。

解釈)
①嘘はカオスを生み出すので気を付けよう。嘘は人に高度な学習をさせるので悪ではないが、混乱は一度引き起こすと収拾がつかない。

②「色即是空」・・・目を見てあいさつすれば仲良くなれる。
         (目を見るとは金を払うということだ)
③「空即是色」・・・物事に没頭して時間を無にすれば何か業績が残るだろう。

④他者も自分を愛しているということを忘れたら何も分析できなくなる。

⑤いざとなったら歴史上一人はそういうことを考えたんだろうなと考えろ。

« 貧乏ゆすりから何が分かるか | トップページ | 酒と法律~それが選挙 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇家家訓の意味:

« 貧乏ゆすりから何が分かるか | トップページ | 酒と法律~それが選挙 »