最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 天皇家家訓の意味 | トップページ | 天文学は国づくりの基本 »

2013年1月16日 (水)

酒と法律~それが選挙

基本的に、各家庭は「個性を持った人への悪口」で充満している。
それを理解して敵地に乗り込むつもりで電話する。
自分に個性がなければスムーズに電話がつながるが、そうでなければつながるのは困難だ。
向こうには「明らかにしたくない情報」「悪口」があるために、時には電話にすら出ない。
それがナンバーディスプレイだ。
難しい相手とは酒を飲んで仲良くするしかない。
法律というのは、存在そのものが「女性差別の言葉」であり、法律家ほど女性に憎まれる仕事はない。
そのために、悪口が各家庭に充満する。
官僚や弁護士が選挙に当選しやすい構造は「法律」にあるのだ。
それを「人気がある」と日本では呼ぶようだ。

« 天皇家家訓の意味 | トップページ | 天文学は国づくりの基本 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒と法律~それが選挙:

« 天皇家家訓の意味 | トップページ | 天文学は国づくりの基本 »