最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 「年寄りの復讐」 | トップページ | ようやく俺の正体を明かす時が来たようだ »

2012年6月17日 (日)

首脳会談をする理由と「情報」

「本当か嘘か」が「常識」と関わり、「許容限度内」であるか「抽象性」がどのくらいあるか、「真実」とどう関わるかが問われる。
これが簡単な物事すら難しくする。
「許容限度内」で人間というのは「利益になる情報」を「簡略化して」伝える。
同じ物事を観察しても、抽象の空間をうまく利用して情報を伝える。
「真実の情報」には強烈な敵がいる。「嘘の情報」も真実に劣らない強さを持っている。
最後には「規模の大きさ、建物の質、場所、気候、物理学的生物学的環境、労働力、技術、目的、安全、時間の制約」を考えながら話し合うしかない。
情報の構造にどのような制約があり、どのように許容されるか、リアリズムとどう向き合うか間違った情報とどう向き合うかなどを詰めていけば簡単になる。

« 「年寄りの復讐」 | トップページ | ようやく俺の正体を明かす時が来たようだ »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首脳会談をする理由と「情報」:

« 「年寄りの復讐」 | トップページ | ようやく俺の正体を明かす時が来たようだ »