最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 「責任」への尊敬の足りん奴だ | トップページ | 人間は記憶を失うだけでこのような影響を受ける »

2012年1月27日 (金)

孔子~神学以前のテーマ

「父は子のために隠し、子は父のために隠す」という言葉がある
父親が羊を盗んでいることを子供が官吏に訴えなかった、という事例をどう処理したらいいかと、官吏は孔子に問うた。この問題は、実はソクラテスも議論した問題であった。まさに「神学以前の問題」として、中国の思想の原点となったのだ。「父親が羊を盗んでいることを子どもが隠した」という問題を官吏が孔子に問うたことが、実は中国の思想の「百家争鳴」で争われたと言われている。その中から「道」「理」「仁」などという概念が生まれたのだ。
たとえば、中国には「仁」という言葉があり、この言葉を外国語でどう翻訳するかが非常に難しいとされた。狭い意味では「知恵と勇気」とされるが、広い意味では「道徳的・倫理的に優れた人」という意味でもある。また、「仁」とは、「道」にしたがって生きることができる人物であると説明される。「論語」というのは、自然から骨を切り落としたり、角を削ったり、玉を磨き上げるがごとくに、人間性を「切り落とし、削り、磨き上げる」ことを狙いとして書かれたものである。祖先をどのように敬うべきか、両親をどのように弔うべきか、尊敬される統治とは何か、親子の好ましい関係とはどのようなものか。そのようなことが書かれた書物であり、読むことによって人間性が「切り落とされ、削られ、磨き上げられる」ものだとされる。そのなかにおいて「理」にかなうというものが、「仁」という美徳とどのように関わるかなどが探求されたのだ。

孔子は「悪しき人間」と「儀式」の関わりを論語において論じている。指導者が玉座に上った後に頭を下げる儀式を「悪しきもの」としているのだ。玉座に上る前に頭を下げるべきであるとした。なぜなら、周囲が「彼が玉座に上る前に頭を下げる」ということは「政治的予見性」を表現するものであり、玉座に上った後に頭を下げる行為は「予見性に欠ける」ことを表現してしまうとしたのだ。権力闘争の渦中にあって、孔子は「予見性に欠ける人間」を目の当たりにし、指導者になる人間が誰であるかをを全く予測できない現状があることを知っていた。そのため、せめて儀式においては「あなたが指導者になることは分かってました」ということを表現しようとしたのであろう。孔子の「儀式」に関する考えを端的に示しているのだ。
孔子は「儀式」というものを、「己を律し、儀式を顧みるだけで良いものが得られる」とした。そして、儀式というものは「為」というキーワードが重要な意味を持つとしたのだ。「理」は「仁」によって支えられていなければならず、それを「為す」のが儀式であると考え、そこに「現実」と「儀式構成」の解釈が存在するとした。儀式の構成の背景には現実の政治社会が存在し、現実の政治社会の解釈が儀式である。これが孔子の考えたものである。その解釈は儀式の構成の意味をその共同体が理解し、共有していなければならず、それは共同体によって異なると考えた。政治社会の現実を、共同体が共有している発想で解釈し、儀式の構成に意味を与えるとした。
儀式がなぜ必要であるかというと、政治社会における勝者の決定プロセスと、そのあとに続く人間の感情の世界には緊張関係があり、何らかの和解が必要であることが多く、決定プロセスという「理」の世界と、人の道という「仁」の世界を和解させ、調和をもたらす必要があるのだ。ここに儀式が必要であると孔子は考えたようだ。
孔子の「論語」は、のちの時代に、あらゆる地域であらゆる政治情勢を議論する基盤を提供し、当然さまざまな解釈が展開されたのだが、次第に「儀式」というものの意味が強調されなくなり、彼の持つ「美徳」に関心が寄せられるようになった。「格言」のように言葉は残るが、背景にある激しい政治闘争などが意識されなくなったようだ。そのようにして、現在は「論語」という書籍は残っている。
論語は以上のように「儀式」の意味、そして、「美徳」を重視するアプローチがなされたが、やはり、「論語に書かれている記述と共通の哲学的基盤」を有する物事へのあてはめが学問として成立するわけである。そこでカギを握る概念が「仁」と「理」の二本柱となることになる。
結局、「儀式」というのは「ある物事への重要性をみんなに認識させる」効果がある。また、「お供え物」というのも、人間生活に絶対必要な「食事」というものを反映しており、両親に食事を提供することの重要性をその文化が反映しているのではないかとされる。その儀式がその共同体のどのような死活問題を表現しているのか、あるいは、何に重要性を与えているのか、という観点からも「儀式」というものはアプローチが可能だ。



« 「責任」への尊敬の足りん奴だ | トップページ | 人間は記憶を失うだけでこのような影響を受ける »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

昭和16年正月頃から凛とした河内守様など太子様の朗読に歌詠で、

記紀や風土記などから家物語、論語などや万葉集などに小倉百人一首が、

一挙生放送されたのを御存知ですか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孔子~神学以前のテーマ:

« 「責任」への尊敬の足りん奴だ | トップページ | 人間は記憶を失うだけでこのような影響を受ける »