最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« NHK受信料をめぐる攻防 | トップページ | 洋書の探求 »

2011年10月21日 (金)

「疲労回復に一番いいのは?」

「疲労回復には何がいいのか」
・肉体的には
何もしないで座っている。
運動をしない。
手足を床に投げ出す。
・感情的には
一定期間、競争によるストレスから離れる。
ストレスとなる指導者のもとから解放される。
感情的に危険を冒さない。
・心理的には
その競技のことを考えない。
競争から自由になる。
一定期間テレビを見る。

以上の研究があるが、俺は、勉強の疲労回復に「ゲームは有効なのだろうか」と考えたことがある。勝敗に何ら責任を負わないゲームならば有効かもしれない。しかし、一番いいのは「録画したテレビ番組」のようだ。

「ノーペイン・ノーゲイン」はナンセンス
この言葉はあくまでも気持ちの問題を表現したものであり、通常は、
「痛みは、ストップしろというメッセージ」
「不快感は、注意しろという警告のメッセージ」
であるとされる。不快感を感じたまま物事を続けると「痛み」が発生する。精神的肉体的ストレスは人間を成長させるが、成長するのは回復期の時であるという視点が大切だ。


The New Toughness Training for Sports: Mental Emotional Physical Conditioning from 1 World's Premier Sports PsychologisBookThe New Toughness Training for Sports: Mental Emotional Physical Conditioning from 1 World's Premier Sports Psychologis

著者:James E. Loehr
販売元:Plume
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« NHK受信料をめぐる攻防 | トップページ | 洋書の探求 »

海外スポーツ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「疲労回復に一番いいのは?」:

« NHK受信料をめぐる攻防 | トップページ | 洋書の探求 »