最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« アンリ・ベルクソン | トップページ | 体力強化~精神病院入院サバイバル »

2011年10月12日 (水)

天皇への宣戦布告

教えてやるよ。俺の宿敵は天皇陛下なんだ。天皇のボンクラは10年前に俺に「精神病の烙印」を押して身柄の確保をしたのだ。そうすれば企業やいろんな政治勢力も俺の存在に中立を保つことができる。ところが、昨年、俺は独自の「法律構成」をやって「障害年金」を受け取ることに成功したのだ。もはや「親の資金によるコントロール力」は半減することになった。さらに、ブログや動画コンテンツが富を生み出し、「もはやこんなアパートに住ませることすら正当化できない」という状況に天皇を追い込んだのだ。なぜ、俺が「精神病」認定を外れないかというと、「天皇は世の中に一人だけ」であり、俺も「今の天皇が死ぬまで俺は会うつもりはない」と宣言しているからだ。俺は今の天皇制の「腐敗」を批判し、君主制概念からも「説明ができない」と批判している。天皇とは「官僚の補佐を受けて統治権を総攬する」ものなのだ。現代で言えば、天皇に必要なものはこれだけだ。
「政官要覧と携帯電話」今の天皇は、「10年前に学習した精神病認定」を解除できる唯一の首脳であるが、「生きているうちは皇居に入れたくない」という理由から、必死で「口座凍結」もやっている。分かるか?俺は「国家のために勉強する」か「体を鍛える」かして過ごすしかないんだ。天皇が無能だったら物事はこうなるという学習をしている。俺を障害者認定したはいいが、「年金を出してしまった」「所得を発生させてしまった」という完全に破たんシナリオを抱えながら生き恥をさらしているのが今の天皇だ。
俺は次期天皇なんだ。つまり「肉体も頭脳も」玉体と呼ばれることになる。体を鍛えることに誰も異論はないし、学問をすることにも異論はない。とにかく「天皇を半殺しにしてあの世に送ってやれ」という使命を負っている。統治機構を全く機能させなかった人間を半殺しにしているのだ。
「ブログや動画コンテンツからの説明できない富の発生」があったのだが、天皇は「口座の凍結」で応じてきているのだ。ブログは俺の学問の力量を示すものだが、膨大なエネルギーを使う。そこに天皇は「一円にもならない」という回答をよこしたのだ。今となっては「英語文献からスポーツを研究する」という選択肢もありだと思う。「法律」「哲学」「外交」なんでも研究したけどね。
天皇は「タバコで俺の年金を消耗させる」という作戦もとってきている。俺は一応タバコはやめる方向だが、「金銭を消耗させるのに最も有効である」と判断され、俺がタバコを吸う方向に誘導しているようだ。天皇を「国家の利益にはもはやならない人物」とした時点で俺の勝利は決まるのだ。
哲学も外交も、俺一人で背負いこむ性質のものではない。「だいたいこんな感じ」というのがつかめればいいのだ。だから、今後は英語文献でスポーツの研究をしようと思っている。法律はさすがにライフワークにしないといけないよ。
今後の方向性としては「体力トレーニングとコンディショニングの基礎理論」という洋書とメンタルトレーニングその他の英語文献を要約してブログにアップしたい。自分の実践も交えればいいのだ。目的は「俺が玉体であるため」なんだよ。
俺の「玉体の完成度の高さ」を頭脳ではなく肉体で説明するというのは楽しみだね。今までの頭脳労働が楽になり、運動の研究をやればいいのだ。いろんな動画も出せる。

Book政官要覧 平成23年秋号 (2011)

販売元:政官要覧社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« アンリ・ベルクソン | トップページ | 体力強化~精神病院入院サバイバル »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇への宣戦布告:

« アンリ・ベルクソン | トップページ | 体力強化~精神病院入院サバイバル »