最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 「疲労回復に一番いいのは?」 | トップページ | 洋書の研究「テトラビブロス」トレミー »

2011年10月24日 (月)

洋書の探求

「競争優位」を参考に、作家として成功する方法を考えました。
第一に「コストをかける」という競争があります。
たくさん本を買う。本を読むためにどれだけ時間と体力を使うかの競争がある。
第二に「違い」という競争がある。
どれほど他人に差をつけたか。他者よりどれだけすぐれた能力をもっているかの競争がある。
第三に「技術」がある。
競争力のある技術をどれだけ持っているか。いろんな技術をもっていることが条件になる。
第四に「どの分野で競争するか」
第五に「自分の代わりがいることも織り込み済みで、どの程度代わりがいるのか」を考える。
そこでようやく「どういう作品をリリースするか」が明らかになる。
そのうえで「他の作家との技術や知識の交流・競争」が起きる。
市場が「不確実である」ことを踏まえて、弱者を攻撃し、強者から身を守る。

これが"Competitive Advantage"の全貌だ。
俺もこれを踏まえて600ページの英文を読んでみようと思っている。

Competitive AdvantageBookCompetitive Advantage

著者:Michael E. Porter
販売元:Free Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

同様に、「ハリネズミの正義」ドウォーキンのダイジェスト。
①独立すること
モラルを探求する
外部から批判される
俺のモラルの理由を主張する
自分でよく考える
②解釈
モラルに責任をもつ
みんながやっている解釈の方法
解釈について
③倫理
尊厳を知ること
自由意思と責任
③道徳
尊厳が道徳へつながる
救い
害悪
義務
④政治が生まれる
政治にともなう権利
平等
自由
民主主義
法律

これが「ハリネズミの正義」の全貌だ。
アメリカの法哲学のすべてがここにある。

Justice for HedgehogsBookJustice for Hedgehogs

著者:Ronald Dworkin
販売元:Belknap Press of Harvard University Press
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アンナ・カレーニナの場合。

アンナは浮気をした。
批判された。
よく考えずに男と逃げた。
それが私のモラルだ。
みんなの解釈とは食い違った。
カレーニンの尊厳。
アンナの自由意思。
道徳。
救い・害悪・義務。
愛に法律などなかった。
アンナの自殺。

アンナ・カレーニナ(上)
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
アンナ・カレーニナ(中)
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
アンナ・カレーニナ(下)
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

「世界平和を願う人へ」
地球の裏側にいる人と「私」は「同じ価値をもつ人間」ですが「何の関わりもない」というのが現実です。「私」は関わりを持った人たちといろいろな交流をもちますが、地球の裏側にいる人がもし「間違った行い」をしたのなら指摘しなければなりません。それが「お互いの尊厳」を語り合うことなのです。世界平和を願うというよりも、「地球の裏側の人たち」とはそういう関わりをすべきだとされています。
断片的になりますが、ドウォーキンの本に書いてありました。

« 「疲労回復に一番いいのは?」 | トップページ | 洋書の研究「テトラビブロス」トレミー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洋書の探求:

« 「疲労回復に一番いいのは?」 | トップページ | 洋書の研究「テトラビブロス」トレミー »