最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« フォーリンアフェアーズ英語版~ダイジェストその10 | トップページ | 「疲労回復に一番いいのは?」 »

2011年10月20日 (木)

NHK受信料をめぐる攻防

NHKは障害者に対しては、受信料の全額あるいは半額免除を行っている。俺はところが、NHKの人が家に来たので、「障害のあんない」というパンフレットを見せて半額免除を申し出たところ、「市役所の書面を出してくれないと応じられない」「とりあえず今日は契約させてくれ」と言われて、キャッシュカードを読み取られている。この時に行った契約では、のちにNHKは「将来債権まで引き落としていた」という事実が明らかになっている。結局、交渉した結果、「横須賀市の非課税の一人暮らし」と計算するよりも、「横浜市の親元から離れた別宅」と計算して、「親の受信料に若干の加算をする」という対応をとってもらうことにした。NHKがおカネの面でこれほど攻撃的だとは思わなかったよ。
この時、市役所に「住民票は居住関係等の公証行為であり、住民の権利義務等を新たに形成・変動させる法形成的行為ではないはずである」と言ったところ、窓口が偉い人に代わって、「横須賀市は判例とは異なる運用をとっているわけですね?」という点を認めさせている。
背景には「住民票を横浜に置きながら横須賀に住んでいる」という俺の事情があったのだ。

« フォーリンアフェアーズ英語版~ダイジェストその10 | トップページ | 「疲労回復に一番いいのは?」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK受信料をめぐる攻防:

« フォーリンアフェアーズ英語版~ダイジェストその10 | トップページ | 「疲労回復に一番いいのは?」 »