最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 北朝鮮の最新情報 | トップページ | フェミニズムの見地から見る障害児 »

2011年9月26日 (月)

帝愛グループの考察

帝愛グループ:会社の目的:警備業法部門・介護部門・その他のインターネット活動

このグループは、皇族や創価学会など、警備に値しない人たちに過剰に警備を施して精神的満足感を得させることで報酬を得る仕事だと言っていい。そこに大口顧客がいるのだ。これは主に黒服と呼ばれる人たちが担当する。しかし、黒服にも軟弱なものが多く、ウェイトトレーニング講習などのようなものはやっていないという。他の職員は介護部門に回す。ヘルパーの資格を取らせるのだ。こちらの方は地道なお金の掘り起こし作業になる。不況時にはこの産業が主流になり、景気のいい時には警備業務が主流になる企業だ。これらの人材を抱えることで、ネット工作を行う人材を大量に確保している。特に、次世代の天皇をめぐる争いで、上層部は敗北を知っていながらも、下部組織には優勢であることを伝えて活動させ、また、資金源にもかなりおしているという虚偽の報告を行っていたとされる。
創価学会本部周辺になぜ黒服がいるの?あそこは公道ではないの?
雅子さんなんかになぜ何十人も警備がつくの?そんな価値のある人なの?
というすべての疑問に答えるのがこの帝愛グループという、行き止まりの仕事にいかに夢を与えるかを考えた会社なのだ。貧乏人でも有名人に会えるというのが彼らのもっとも強みとするものなのだ。

消費者金融業界では確かに、アイフル・アコムのような優良企業から「下に落としていく」仕組みがあるのだが、判例は闇金を目の敵にしていて、「闇金から借りた金は踏み倒してもいい」としている。そのことから、「人的つながり」を重視した金貸しをやっている可能性はあるね。知り合いだから返さなければならない、あんなに泣いて頼んだから貸してあげたのに、というのが闇金の生命線になっている。

俺は「行き止まりの仕事」の代表に「警備・イベント設営」を挙げている。これは、契約そのものが「当日来れないのなら別の人をよこせ」という、労働法上も想定していないような運用がなされている。このような仕事に、「在日」などが流れるのは当然なのだ。こういう行き止まりの仕事をやっている人間に「夢」を与える技術を探求しているのが帝愛グループだ。従業員そのものには「キャリアが蓄積されない」という構造をもっている。そのことから、わざと「派閥争い」などの「社内イベント」もやっているのだ。
帝愛グループはおそらく警察官の公私混合企業であり、再就職先としてうまみをもつことは当然やっているだろう。

どんな独裁国家も、国民に「食料・衣服・薬」を与える限り倒れないとされる。
食料」・・・お金・生活保障
衣服」・・・女性の関心事・お色気
」・・・健康・酒・エンターテイメント
これを、帝愛グループは実践している。
しかし、日本国は独裁国家ではないのだ。国家統治に参入するためには学問が必要だ。税金の仕組みまで踏み込めれば法律家としてはかなりレベルが高い。東日本大震災でどのような税金での対応がなされたかを理解すれば、「税の柔軟性」をどのように行うかが分かるのだ。
帝愛グループは、組織として「普遍性からの挑戦」を受ける宿命だ。それは「自分は働いている」と強烈に自分に言い聞かせることを特徴とする。これが「普遍性」の最後のよりどころなのだ。職業としては「何の実績にもならない」仕事を自分たちはやっているのだ。

「偏向集団」を知らない社会は「経験を知らない社会」だとされる。そういう意味で「帝愛グループ」の存在は日本国に経験をもたらしている。日本の労働市場はいやおうなしに中国・インドの労働市場の影響を受ける。そういう背景の中で「未熟練労働者の扱い」を研究している組織だ。

« 北朝鮮の最新情報 | トップページ | フェミニズムの見地から見る障害児 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帝愛グループの考察:

« 北朝鮮の最新情報 | トップページ | フェミニズムの見地から見る障害児 »