最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« フリッカーの基本~ボクシング | トップページ | Googleスニペット表示 »

2011年4月21日 (木)

「親」の研究

基本的に、親というのは将来のある子供の利益のためになるからこそ子供を拘束するという構造がある。一方で、社会に対して自分の子育てのありようを説明しなければならないとされる。それは「世の中」からの信託を受けて子供を育てているからだとされるようだ。内向きには子供の利益を、外向きにはしっかりとした説明が求められるとされるようだ。これは基本モデルであり、親子にまつわるいろんな仕組みを作るうえで大事な視点だ。生物学的な理由から親を説明すると、子供を親の所有物であると説明することが容易になってしまうことから、生物学的な理由は「親である」という説明にしかならないと考えるのが主流のようだ。
一方で、「育ての親」という観点を強調すると、より子供の利益のために親が行動する可能性が高い。子供を育てるのは親だけではなく様々な社会とのつながりを通じて行われるものであることから、親による拘束という観点よりも、親への信頼という観点が強くなるのだ。
しかし、「お腹を痛めて産んだ子」という説明はいまだに強力であることから、「育ての親」という説明は、その基盤の説明が求められている。ましてや、代理出産が可能になった現代においてはなおさらそれは必要になっている。また、父親にとっても、子供とのつながりを強めるには、「お腹を痛めた」女性との親密さが要求されるのではないかとされている。「育ての親」という説明もそれだけではなかなか「親」であるという理由としては弱い部分があるのだ。
そこで、「その子供を欲していたから」親であるという説明が有力になされている。この視点は今までの議論に新たな展開をもたらした。この「子供を欲していた親」という観点は、夫が妻に自分の精子を人工授精させて出産させようとしたところ、精子の取り違えがなされて別の男の遺伝子を持った子供が生まれた、という事例を極端事例とみなして研究がすすめられた。親はその子供の遺伝子に関しては意図してはいなかったが、「その子供を欲していたかどうか」は遺伝子のつながりとは別の説明が可能であるとされたのだ。
この事例に対しては、子供が両親の存在を前提にしている以上、ボランティア精神でもなんでもなく、夫は子供の親になる義務があるだろうという割り切りをする見解がまず提示された。
また、最初は「養子に出してしまえ」と思う夫も、子供が生まれて15分しかこの気持ちは続かないとも言われる。生まれたばかりの子供を15分見ているだけで「本当の親」になれるという主張があるのだ。
さらに、「子供が生まれてくる原因となったから」親であるという説明もある。この説明では、性交渉による妊娠も、代理出産も「生まれてくる原因」を与えた親という説明が可能であるという意味で非常に広い概念だ。しかし、ここまで議論を拡散させると「尻尾が犬を振っている」ような議論になってしまうと批判されている。現在においては「親の説明」の到達点はこのあたりで収束しているとされる。
親であることは「出産をどう考えるか」が核心部分にある。「共産主義的保守派」は「優生学重視」で、「リバタリアン・リベラル」は「性の開放」に近い。しかし、リベラルの中にも「ベビーブーム」「ダウン症」などを野放図にはできないだろうという発想があり、性をコントロールしようという「ポリシー・リベラル」という発想がある。リバタリアンは「自己実現」を強く志向するが、ポリシー派は「普通の社会の一員」を志向するという違いがある。家族は大きく分けてこのように分類できる。
どのような家族の形態をとるにしても「女性の立場は悪くなる」とされる。あらゆる説明をしても、女性が出産をする以上、その結論は避けられないのだ。必要な視点は結局、自治と平等・社会の助けだとされているのだ。テレビ局に電凸するおばさんが一番頭がいいのだ。
【書きかけ項目】
参考「親であること」スタンフォード哲学百科事典

« フリッカーの基本~ボクシング | トップページ | Googleスニペット表示 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

まあこのように文部省とサヨクを足して2で割ったような文章を
学校文化を吸収すると漏れなく書けるようになるわけだが
まったくもってベーシック・インカムとか最低限度の生活保障とか言っている共産党と同じ思考である
しかし社会にでてみるとまったくの平等などはベンチャーみたいなのしかなく
平成の今でさえ絶対上下関係の丁稚奉公みたいなのしかないわけだ
で、あなたさまは今現在親の責務を果たせと
すなわち国民を養う国家であれという文脈と同じ方法論でくるわけだが
絶対上下関係の丁稚奉公が今でしたとなったとき
どうするのかと問いたいわけ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「親」の研究:

« フリッカーの基本~ボクシング | トップページ | Googleスニペット表示 »