最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 「崖の上のポニョ」のモデル鞆の浦の5点セット | トップページ | ペイオフ解禁~でもデカい銀行は安全かもしれない »

2010年12月22日 (水)

皇居前広場でボクシングの世界戦はできるか

1860年の桜田門外の変ゆかりの外桜田門を警視庁本部庁舎の側から入って道なりに進むと、西の丸下に相当するその広場では、たとえば1940年11月10日には「紀元二千六百年式典」が、1946年から1950年までは毎年5月1日に「メーデー」が、1946年11月3日には「日本国憲法公布記念祝賀都民大会」が、1947年5月3日には「日本国憲法施行記念式典」が、催された。旧皇室苑地のひとつであったこの広場は、1947年12月27日の閣議決定により「国民公園」として国民に開かれることになった。現在は使用のためには厚生労働大臣の許可が必要である。
タイでは「王宮前広場」でボクシングが行われているが、日本の皇居前広場でボクシングを行うことは可能であろうか。政府が言論主体となることは必ずしも否定はされていない。一定の見解を表明することも禁じられてはいない。しかし、言論を国家が主導することになり、そのコミュニティーの自律性との調整が必要になる。下級審判決では「主権の存する国民一般の用に供して、国民的行事や集会のために使用することはその本質に反しない」とされる。おそらく、皇居前広場でボクシングの世界戦をやるためには「世界中の注目」という条件が必要になると私は考えている。

« 「崖の上のポニョ」のモデル鞆の浦の5点セット | トップページ | ペイオフ解禁~でもデカい銀行は安全かもしれない »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇居前広場でボクシングの世界戦はできるか:

« 「崖の上のポニョ」のモデル鞆の浦の5点セット | トップページ | ペイオフ解禁~でもデカい銀行は安全かもしれない »