最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 過払い金返還請求権の理屈 | トップページ | 住居侵入罪と戦争の後方支援 »

2010年11月16日 (火)

パンチングボール(スピードバッグ)の打ち方

これがボクシング界の「秘密」である。基本的にスピードバッグは、叩いたら向こうに当たって、跳ね返ってきて、さらに向こうにあたる、そうしたらまた「叩くポイント」が生じる。音としては「タンタンタン」という三回の音を一発ごとに聞くことになる。これをスピード化する作業だ。レナードは「右で二発、左で二発」を繰り返していたが、タイソンは片腕を延々と繰り返していたのを映像で公開している。どんなに目に見えないほど高速化しても「三回の音」を間にはさんでパンチを打っている。
この映像を見てみて欲しい。
Youtube「スピードバッグの打ち方」



« 過払い金返還請求権の理屈 | トップページ | 住居侵入罪と戦争の後方支援 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンチングボール(スピードバッグ)の打ち方:

« 過払い金返還請求権の理屈 | トップページ | 住居侵入罪と戦争の後方支援 »