最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 日本と中国法~暴れん坊将軍は法律マニアである | トップページ | ゴルゴ13「種子探索人」と生物多様性条約 »

2010年10月28日 (木)

エホバの証人・輸血拒否の概略

「エホバの証人Jehovah's Witnesses」は、1870年代にアメリカで生まれたキリスト教系の宗教団体(団体自体は「ものみの塔watchtower」と称している)である。世界各地に広がっており、日本でも戦前の1920年代から「灯台社」という名のもとで活動していた。「兵役を拒否した日本人~灯台社の戦時下抵抗」という稲垣真美という人の著作がある。団体自体の発表している統計によれば、現在、日本には22万人弱の信者がいるという。「王国会館」と呼ばれる施設をもち、二人一組で個別訪問を行っていることはよく知られている。聖書中にある「血を食べてはならない」(創世記9章3,4節や申命記12章23-25節など)という教えは輸血によって血を体内に取り入れることにも当てはまるとする。「命を創造者からの賜物として尊重する人々は、血を取り入れることによって命を支えようとはしない」というのだ。平成4年に悪性の肝臓血管腫との診断を受けたエホバの証人の主婦が、輸血をしないで手術が行えるのは東京大学医科学研究所付属病院だけだと考え、9月に手術を行ったが、手術の際に出血がひどく、医者は輸血を行った。患者がこの事実を知ったのは、本件輸血の事実があったことを知った週刊誌の取材申込みが10月に病院にあったことから、11月の退院時に病院側が輸血の事実を告げたのだ。
法学教室2010年10月号「不法行為判例に学ぶ~社会と法の接点」大村敦志

« 日本と中国法~暴れん坊将軍は法律マニアである | トップページ | ゴルゴ13「種子探索人」と生物多様性条約 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エホバの証人・輸血拒否の概略:

« 日本と中国法~暴れん坊将軍は法律マニアである | トップページ | ゴルゴ13「種子探索人」と生物多様性条約 »